横浜市・希望ヶ丘☆どんぐりひろばは子育ての不安を前向きな意欲に変えるお母さんと子ども(0~6才)の教室です。幼児期にこそ『見えない学力』を豊かに育てましょう。☆お問い合わせは下記HPのメールで。


by どんぐり先生
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

小さい秋の収穫

ようこそ060.gifブログランキングに参加しています。
今週は少し疲れ気味!?
でも、散歩でワクワクすることがあり、
元気をもらいましたよ。
060.gif

今日もお手数ですが、
ポチッとしてからお入りくださいね。
 
 ↓    ↓    ↓
                 にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ




散歩のおみやげ

夏の終わりに見上げたどんぐり「マテバシイ」の木には
カラカラになったせみの抜け殻は今もついたままだけど、
待ちかねているどんぐりの姿は見えませんでした。

一昨年は木にも、木の下にも大量にあったマテバシイ・・・。
去年はついに発見できず、2年に1度実のなるの木かと思っていました。

今年はとっても期待していたのですが、
わずかに木の下でみつけたのがこれ・・・。
b0177103_1151997.jpg


では、3年に1度の木なのでしょうか????
でも、少しでも拾ったということはゼロではないのですね。不思議。

マテバシイ。これはどんぐりの一種です。

ご存知の方も多いと思いますが、
「どんぐり」とは、秋に生(な)るコロコロッとした木の実の俗称、総称で、
種類としては、シイ、ブナ、ナラ、カシ、その他何種類もあるのですね。

その中でも、大人の指の第1関節ほどもある「マテバシイ」は
ぷっくりした形がきれいで、しかも、細工しやすく、
おまけに虫がつかない、とってもうれしいどんぐりです。

今年はその マテバシイが手に入らなくて ピンチ!

どんぐりが生(な)っている、横浜市の情報あったら教えてくださいね。


でも、今日はうれしいおみやげも見つけましたよ。
道路に散らばる黒い実、これはもしかして、と見上げると
小高くなった藪の中から突き出すように咲いている
おしろい花が見えました。

道路に向かって種をたくさん落としていたので、
少しもらって帰りました。
b0177103_1172658.jpg

ね、いい感じですね。

今日の午後のクラスの小学生に分けてあげようと思います。
小学生は今、九九の勉強に入っています。

身近なものを使ってたくさん体験をしてもらいますが、
お楽しみのおみやげに持って帰ってもらいましょう。

ところで、おしろい花っていう名前の由来は
みなさん 知っていますか?

種を割ると中には白い粉が。お母さんのおしろいのよう・・・(かな?)。
b0177103_1175841.jpg

昔、女の子はそうやって遊んでいたのかもしれませんね。

昔遊びの中には、自然の物と触れ合うことで、
知らずに薬効が働くものもあったそうです。
おしろい花がどうかは知らないのですが(ごめんなさい)
ホオズキとかはそのような話を聞きましたね。

昔遊びに詳しい方、こちらも情報ありましたら、教えてくださいね。
こんなことやったよ~の体験談もお待ちします。

おまけの情報です。
おしろい花は、夕方に花が開き、朝方にはしぼむ、夜の花です。
英語では「4時の花」のニックネームがあるそうです。

なんて書くと、いろんなこと知っているのね、と思われそうですが違うんです。
今でも、ちょっとしたことは、教室にある「こどものずかん」で調べると
結構知らないことが見つかるのですよ。

今、どんぐりひろばでは、「ずかん」がブームみたいです。
今度、「ずかん」についてもお話しますからね。お楽しみに。



いろんなどんぐりがあるように
いろんなお子さんが集まるどんぐりひろばです。
003.gifお帰り前に ポチッとまだの方はどうぞよろしく060.gif
にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ

# by dongurihiroba | 2009-10-01 11:36
ようこそ060.gif
いつも1ポチありがとうございます。060.gif

感謝をこめてイベントのお知らせをします。
今日もポチッといただけると嬉しいです。
 
 ↓    ↓    ↓
                 にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ



11月10日(火)11時~
     どんぐりまつり開催します



今回で5回目を迎えるどんぐりまつりです。


①11時から   と  ②12時から  の二部構成になっています。



11時からは

「幼児教室 どんぐりひろば」の教室の体験と
地域の子育て拠点としてのあそび紹介の機会です。

実際の未就園児さんの通室と同じ曜日・時間です。
お子さんとお母さんでおいでくださいね。

地域に開くおまつりの日なので、参加費は要りません

なお、差し上げるおみやげの準備の都合上、予約が必要となります。

ブログをご覧の方は、左記「どんぐりひろばのHP」よりメール
お問い合わせ、お申し込みください。

チラシをお持ちの方は、お電話でも結構です。



12時からは

出店がオープンします。

区の逸品認定の「かぼちゃちーず」で、一躍全国区の人気店になった
「お菓子工房Keimin」の大忙しパティシエ「Keimiん」さんが
どんぐりまつり限定の「どんぐりくっきー」ほか、素敵なお菓子を販売します。

「どんぐりひろば」からは人気の教材も販売します。

まだまだ続きがありますが、一旦ここまでお知らせします。
ご案内が予定より遅れて、申し訳ありません。
# by dongurihiroba | 2009-09-26 20:24

夏休み子ども作品展より

ようこそ060.gifブログランキングに参加しています。
今日も楽しい作品がありますよ。ぜひ、ポチッと応援してくださいね。060.gif

                    
 
 ↓    ↓    ↓
                 にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ




子どもたちの一生懸命がたくさん!!



先日、抽選結果をお知らせした夏休みの子ども作品展。
プレゼントの発送については個別にお知らせしていますが、
お届けは10月上旬予定ですので、それについては後日レポートしますね。

さて、お預かりした作品をこれから少しずつ
このブログ上で見ていただくことにします。
いつ、どれが出るかわかりませんから、
応募の方はお見逃しなく。
応募してない方も楽しんでご覧いただければと思います。

トップバッターはbanananaさんとその妹さんの作品ですよ。
b0177103_12593598.jpg

b0177103_1302943.jpg



あ、060.gif  どんぐりちゃんだ。
お顔つきで、ハートの上のと、葉っぱの上のとありますね。

どんぐりで縁起がいいので、トップを飾らせていただきました。
ありがとうございました。


それから、先日の「Takuyaおにいちゃんの折り紙ひろば」の作品ですが、
ぜひ補足しておかなければならないことがありました。

作品は1枚の紙から全てできているそうです。
切ったり、貼ったりはしないとの信念で作成しているんですって!すごいですね。
(ユニット作品という分野は別。そちらは組み合わせているそうです。
そのうち見せてもらえると思いますけどね。)

もう一度「折り紙」見てみたい方はこちらからどうぞ!
# by dongurihiroba | 2009-09-26 13:19


とても素敵なケーキやさん




本日11時より「お菓子工房Keimin」にてカットケーキ、
それから、素敵な雑貨の展示販売がありますよ。
(←クリックできます。)





いつも、お客様の立場で研究熱心な、私の尊敬するお菓子屋さんです。
その誠実さで区内はもとより、遠方からもお買いものに来る方が増えています。
ふだんはオーダーメイドのみですが、今日は月に一度のイベント日。お勧めです。



そして、この人気のお菓子屋さんの人気パティシエママKeiminさんは
11月10日(火)にどんぐりひろばで開催のどんぐりまつりにも
たくさんの焼き菓子とともにおいでくださいます。お楽しみに。



ようこそ060.gifブログランキングに参加しています。
みなさんの1ポチがとても励みになります。060.gif

ポチッとしてからお帰りくださいね。  ↓    ↓    ↓
                 にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
 

# by dongurihiroba | 2009-09-26 07:50
ようこそ060.gifブログランキングに参加しています。
みなさんの1ポチがとても励みになります。060.gif

ポチッとしてからお入りくださいね。
 
 ↓    ↓    ↓
                 にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ


Takuyaおにいちゃんの折り紙ひろば


昨日の折り紙は、中学2年生の男の子、「Takuyaくん」の作品でした。



数年前、公会堂ホールでの演奏会でたまたま近くの席にいた少年が、
お手本もなしに、手元のパンフレットやチラシでまたたく間に次々と作っていく折り紙を・・・005.gif見てしまったのでした。素晴らしい出来栄え!!
Takuya少年、まだ小学生の頃のことでした。

そんなTakuyaくんのことが忘れられず・・・
先月、連絡してみました。

もちろん今も折り紙大好きな彼でした。
今回、お母さんも含め、新コーナーを作ることを快くご承諾くださり、
どんぐりひろばのブログ上でご紹介することになりました。

作品の権利は「Takuyaくん」、
いえ、中学生の「Takuyaおにいちゃん」にありますので、
無断転載はできませんが、楽しくご覧くださいね。


それでは、初回を飾る作品のご紹介ですよ。

まずは、昨日掲載の赤いドラゴンから。
b0177103_1012637.jpg
「エンシェントドラゴン」(神谷哲史さん考案)


b0177103_1023217.jpg
「ペガサスの騎士」(神谷哲史さん考案)




次は「ゴジラ」と「ペガサス」をつづけてどうぞ。
b0177103_103121.jpg


b0177103_104443.jpg


「Takuyaおにいちゃん」のお母様からも
ご紹介の言葉をいただいていますので、
読んでくださいね。


072.gif072.gif072.gif

はじめまして”Takuyaの折り紙ひろば”の拓哉の母です。
作品制作は、折り紙大好きな横浜市の公立中学2年生の男の子です。
 
幼稚園の年中位だったでしょうか。
私が折り紙を折っていると、興味を持ち始め
”キティのおりがみ”という本を見ながら片端から折り始めました。
その当時の事で
『お母さん、こんな四角い紙でいろんな物が出来るんだよ。折り紙ってすごいね。』
と熱く語っていたのを思い出します。

それからも波は、あったもののずっと折り続け
小学校も高学年のころTV東京のTVチャンピオンという番組の中の
折り紙王選手権でチャンピオンになった神谷哲史さんを知り、
彼の中で折り紙の存在が大きく変わりました。

今では、世界一尊敬する人は神谷さんだそうです。
(親でないところが、悲しい。)
そして、神谷さんの本が宝物で、
一度でいいから会いたいというのが今の夢だそうです。

 折り紙=教育勉強と考えられる中、
拓哉はなかなか良い成績にはつながらないのですが
(がっかりさせて、ごめんなさい。)
でも私は、折り紙を通じて創る楽しさ、出来たときの達成感、
作品を見て喜んでもらえることを成長する中で学んでいけたらいいなと思います。
つたない作品ですが、見ていただければ嬉しいです。

072.gif072.gif072.gif

中学生の「Takuyaおにいちゃんの折り紙ひろば」いかがでしたか?

Takuyaおにいちゃん、どうもありがとう!!

ご覧のみなさんへお願いです。
コメント欄より Takuyaおにいちゃんに激励の言葉をぜひぜひぜひお願いします。


お帰り前に ポチッとまだの方はどうぞよろしく060.gif
にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ

# by dongurihiroba | 2009-09-25 01:35
ようこそ060.gifブログランキングに参加しています。
今日は抽選の結果をたくさんの方が見に来てくださいました。
ありがとうございます。060.gif

さて、今回の記事には、ポチッとしたくなる画像が出てきますよ~。
というわけで どうぞよろしく。
 
 ↓    ↓    ↓
                 にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ






今夜は予告編ですが・・・



b0177103_22172486.jpg


折り紙作品です。

何に見えますか?

作り方はわかりますか?

続きはまた・・・。
# by dongurihiroba | 2009-09-23 22:20

教えてください。




写真が消えてます!ごめんなさい


先程、 お楽しみの抽選結果を写真入りで公開しました。
すると、今になって写真がない「×」になって消えてしまっている・・・。

こういうことって更新して1日以内くらいにたまにあるのですが、
パソコンに詳しい方でこういった状況について
アドバイスいただける方、ご連絡くださいませんか?

どうぞよろしくお願いします。

それと只今、修正作業をしていますので
お待ちくださいね。


060.gifブログランキングに参加しています。
みなさんの1ポチがとても励みになります。060.gif

ポチッとしてくださいね。
 
 ↓    ↓    ↓
                 にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ

# by dongurihiroba | 2009-09-23 00:17


「夏休み子ども作品展」の賞品 抽選


ご応募の皆様 ありがとうございました。
お待たせしました抽選結果の発表です。

写真で公正さが伝わるといいのですが。
まずは、応募総数↓。当選確率高いかも。
b0177103_16543690.jpg

すべてをかごに入れます。
b0177103_16562658.jpg

1枚ずつ選んでいきますよ~。
b0177103_1659823.jpg

知育玩具の3名さまから。
b0177103_1741181.jpg
                          まずはrocco*さん。024.gif



b0177103_175980.jpg

                          次はfuumuuさん。024.gif



b0177103_177611.jpg

                          3人目は♡さん。024.gif



次はお菓子「ぐりどんくっきー」の3名さまですよ。

b0177103_17204418.jpg
                         〇1さん。024.gif


b0177103_1711118.jpg

                           banananaさん。024.gif


b0177103_17254897.jpg

                           そして最後は・・・TAKE2さん。024.gif




以上の皆様に当たりました。おめでとうございます。

ところで、みなさんはすでにお気づきですか?写真の中。
なんでだか、玩具の玩の字を間違って
「頑張る」のを書いてしまってました。
失礼しました。。
でも、書きなおすのも嘘っぽいので、
悪しからずご了承ください。008.gif

自分なりに落ち込んでいたところ、
「頑固の頑」じゃないか、とか「頑なの頑」だね、とかって
このときとばかりに軽く家庭内イジメにあいました。(笑)

気を取り直して・・・っと、

当選の方には、個別にメールを差し上げますので
よろしくお願いいたします。

当たらなかった方、ごめんなさいね。

皆さんからいただいた作品は、
ブログ上にてご紹介していきます。

お楽しみに。058.gif058.gif058.gif





当たった方も当たらなかった方も、見に来ただけの方も、
お帰り前に ポチッとどうぞよろしくお願いします060.gif
にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ

# by dongurihiroba | 2009-09-22 21:23
本日 ブログで発表します。

ご応募くださった皆様、只今 記事アップ 準備中です。
いましばらくお待ちくださいね。
# by dongurihiroba | 2009-09-22 13:22
ようこそ060.gifブログランキングに参加しています。
みなさんの1ポチがとても励みになります。060.gif

ポチッとしてからお入りくださいね。
 
 ↓    ↓    ↓
                 にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ


ひらがなの 

先日 誕生したばかりの 「ストラップぐりどん」、
小さいながらも 頭の上のほうに ひらがなの」「ど」の「゛」までが
ちゃんと編んである、芸の細かさ。

編み物作家のAmuletさんの作品であることを申しあげましたが、
このたびAmuletさんのブログが開設されました。(←クリックできます。)058.gif

また、左側リンクの欄では「Garden of the wind~癒しのひととき~」
というところを押すとAmuletさんのブログへ行けます。
ぜひ一度のぞいてみてくださいね。

さてさてそのストラップですが、
初回注文分は教室の生徒に小さい子から順に渡していくと
すぐに足りなくなってしましました。
それで、只今、次回納入分を追加でお願いしているところです。

b0177103_064613.jpg

      写真および写真デザインはAmuletさん  ストラップでひらがなの「ど」を描いてる・・・


11月10日(火)のどんぐりまつり では
一般のお客様もお求めになれるように準備しています。
会いにきてくださいね。
どんぐりまつりのご案内は来週中にできそうです。
お楽しみに!!!
# by dongurihiroba | 2009-09-20 00:12




紙飛行機を飛ばしたよ!!


年少・年中で今月より憧れの「岡先生のワーク」を始めることになったクラス。
みんなの大好きキャラクター、ぐりどんも出てくるので愛着いっぱいです。
えんぴつを持ったキャラクターの「えーたろーくん」は、
「**********」という、
どんぐりひろばオリジナルの呪文を教室で唱えるので、
子ども達は少しずつ「正しい持ち方」になっていきます。

教室にはえんぴつを正しく持つためのユビックスと言う道具もあります。

それは矯正のためというより、
正しく持っているかを確認するために使用しています。

楽しくえんぴつデビューするときに
そういう装具がもとで却っていやになるお子さんがいます。

使い方についてはお母さん方にも正しい理解をしていただきます。
b0177103_065084.jpg


さて、ワーク初日は、子ども達に愛着を持ってもらえるよう
みんなで出てくるキャラクターについてのおしゃべりをしました。

それから、途中のページにある「紙飛行機」を折り紙で作りました。
2才でも折るときの「アイロンかけ」上手な子もいますね。
おうちでも折り紙や洗濯たたみをよくやる子は器用です。

子どもたちには、しばし思い思いに飛ばして遊んでもらいました。
うまく飛んだり飛ばなかったり・・・声をあげながら楽しそうでした。。

で、お母さんたちには
「鉛筆をちゃんと持てる子は飛行機をうまく飛ばせるよ。」
ということを話しました。
b0177103_015229.jpg

飛ばすには手首も腕も顔の向きも連動します。
何度もやるうちに少しずつうまくなるものです。
b0177103_048033.jpg

ダーツのグリップも3フィンガーで持てますから似てますね。

紙飛行機の持ち方に注目したのは、
「鉛筆の先が向こうではなくて自分の方を向く」子の
指導法について考えていた時にふと気づいたからです。

子どもが何かに取り組んで、それがうまくできないときに
「できていませんね」と教師がえらそうに評価するのは簡単なことだけれど、
そうなるとお母さんは落ち込むか、子どもにきつくあたることになり、
何も生み出すものはありません。

それで、じゃあどうしたらできるのかなあ~と思いめぐらしていくうちに
アイデアが出てくることが多々あります。

子ども達の現状や反応が次のアイデアのヒントになるのですね。

「**********」という呪文も、
うまくできないときのきっかけづくりになるように考えたときに生まれたものです。

青い***の部分は体験教室に来たら聞けるかもしれませんよ。

でも、いつも思うのですが、
勉強だけに力を入れようと思って連れて来られる子より、
一日の中の多くの時間をたっぷり遊んでいる子のほうが
ワークの勉強もちゃんとできます。

しっかりと遊んだ上で通うと効果的な教室です。



しばらくぶりの更新記事でしたが、
いかがでしたか?

年長児の入室はそろそろ締切になります。
他学年は今のところ余裕があります。
お問い合わせは左記「どんぐりひろばのHP」のメールまで。

お帰り前に ポチッとひとつ、どうぞよろしくお願いします。060.gif

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ

# by dongurihiroba | 2009-09-19 01:06


「夏休み子ども作品展」
         受付終了しました!!


9月15日をもちまして、「夏休み子ども作品展」の受付を終了いたしました。
ぎりぎりまで、メールいただきました。
みなさま ありがとうございました。

本日までに「作品をお預かりしました」という旨の
こちらからの応答がなかった方がもしいらっしゃいましたら、
なんらかのミスでエントリーからもれている可能性があります。
そのような場合は、すみませんが、
このブログのコメント欄を使ってご連絡くださいね。
抽選および発表は20日の予定にしていますので、お早めに。

ご応募いただいた方は連絡事項をブログ上に
発表することがありますので、
チェックのほどお願いしますね。
# by dongurihiroba | 2009-09-16 10:34
ようこそ060.gif秋の気配が感じられるようになりましたね。
なにか始めるにはとってもよい季節です。060.gif

今日もポチッとしてからお入りくださいね。
 
 ↓    ↓    ↓
                 にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ


夏休み子ども作品展は
       明日が最終締め切りです



まーだ夏休みとか言ってるのオ002.gif
というくらい過ぎてしまいましたが、
夏の思い出の中になんかないかなあ~?

明日いっぱい受け付けていますよ。
記念にどうぞ。

詳しくはこちらへどうぞ。
# by dongurihiroba | 2009-09-14 09:43
ようこそ060.gif
ランキング下がり気味で、いつも応援のみなさまごめんなさいね。

教室生徒のお母さんにとっては、
教室時間中に話せないことなども
少しずつ盛り込んでいきますのでぜひご覧ください。
保護者のみなさんにはPC苦手な方も多いようなので、
感想や質問は口頭でも構いませんからね。

どんな教室か気になる方は、ご遠慮なく左記HPより
メールをくださいね。

今日も1ポチお願いします。060.gif
ポチッとしてからお入りくださいね。
 
 ↓    ↓    ↓
                 にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ





効果的な絵本の読み方???

「効果的な読み方って、ありますか?」
お母さんに聞かれることがあります。

「どこかで何か聞いてこられましたか?」
と聞くと、ちょっともごもごしながら、
「賢い子になる読み方があると、人に聞いたから・・・。」
とのこと。

やっぱり~、予想通りです。

私は、お母さん方には ただ
「毎日 1回でもいいから、本を読んであげてね。」
とだけ言っています。

毎日続けた家庭のお子さんは学校にあがってからも本が大好きです。
中学生くらいになると、読解問題での苦労はまずしません。

だから、こんな質問が来るときは、お母さん自身に迷いのあるのかなと
思い、またそうであることが多いです。

気に入りの電車の本しか見ない、とか。

同じページばかりを何度も見て、先に進まない、とか。

自分で読ませようとしたらいやがった、もう大きいのに、とか。


お母さんはそれじゃ駄目だと思っているのですか~?
だれしもそういうときは多少の差はあっても必ずあるので、
逆にちゃんと「そのとき」を肯定して、過ごしてほしいと思っています。

電車の本を熟読しているの。
文字だけではなく、電車のボディのつるっぴかっとした塗装の色がたまらなくいい。、
パンタグラフの形はひらがなの「く」に似ていいるなあ。・・・・と思ってみたり。

このページは、うっとりするほどのごちそうが並んでいるのでずっと見ていたいよ。
その中のケーキのクリームのしぼり方がくるん、くるんとなっていてきれい。
(何度か目に読んだときに)あ!動物の数よりケーキが少ないよ、足りないね。・・・と気付いたり。

読み聞かせは、寝るときの儀式になっているので、
自分で読めと言われたのは心外だわ。きのうまではそうじゃなかったじゃない。
文字は読めるけど、自分で音読はまだしんどいんだってば。
ママがいるからいいのに。・・・と叫んでいたり。


上のオレンジ文字のような現象に対して、
その下のグリーン文字の部分はは子どもの心です。
というか、私が子どもに成り代わり、
「もし、言い訳する言葉を持っていたら・・・」の
想像での答えです。

つまり、進んでないようで、子どもなりにしっかり考えています。
言葉でうまく言えないだけで、心の中の内なる言語(内語)では
さまざまに考えを巡らしているものです。


だから、目に見えないものを、つまらないと思わないでくださいね。

「賢くなる読み方」だと思って、読んでいる途中にいろいろと
発問したくなるお母さんはいらっしゃいませんか?
いわゆる「よくできる子」のお母さんに多くみられる現象です。
b0177103_12225139.jpg

                        ひかりのくに刊



「最後まで見つからなかった子ヤギはどこにかくれていた?」
「オオカミは何匹の子ヤギをたべたのかな?」
等々。

これらは、知的発問のように思われます。おそらくそうでしょう。

しかし、どんぐりひろばでは、
お母さんの声で読むことが一番大事。
毎日読むことが大事。
問題を出さないことが大事
と考えます。

お母さんのゆっくりした優しい声での読み聞かせは
人気女子アナの声にだって勝るものです。
子どもは、安心してたっぷりした気持ちを満喫しています。

毎日の習慣になれば、お母さんも苦にはなりません。
親子の楽しみな時間ですが、「継続は力なり」に結びつきます。
内なる言語の発達するとき、自分らしい読解ができる時ですから、
学校のように問題を出されることは、雑音であり、中断です。

もちろん子どもから質問してきたときに
何も答えてはいけないかというとそうではないです。
ただ、会話よりは自身の内的言語を育みたい時間です。

うちの教室でも必ず途中で、
思いついたことなどを子どもが語りだす瞬間があります。

これはこれで、素晴らしい宝の原石ですから、
大事にしなくてはなりません。

そんなときの私の様子を見ているお母さん方は
ずいぶんと学んでおられると思います。


テレビを見ながら、とか、いつでもケイタイを手にしながら、
という大人の何かしながらのスタイルを
子どもの絵本の世界にまで
持ってこない方がいいと思います。

読み聞かせは素のままでいいのです。
子どもが自分で読み解く楽しみをとっておいてあげませんか?
b0177103_12235095.jpg

                   ひかりのくに刊 「おおかみと七ひきのこやぎ」より



何度も読んだり見たりしているうちに、読み解く力が高まり、
子どものほうから、
「子ヤギは7匹のうち、6匹は食べられたんだね。
残りの1匹は、時計の中にいたんだよ。」
と言ってきたときに、
「本当だね。よく見つけたね。」
と言って喜んであげたらいいんですね。

どんぐりひろばで、4週続けて同じ本を読み聞かせたりするのも
同じ理由からです。私が手を抜いているわけではありませんよ。

学校の教材には必ず「学習のめあて」があり、
「大きなかぶ」でも「おむすびころりん」でも、
教材学ぶというよりは「教材学ぶ」ことに
重点が置かれています。
だから、先生はいろいろな発問をします。

親子で絵本楽しむ自由なとき。

それは、そんなに長くはないものです。ぜひ楽しんで。


敢えて「効果」を気にするならば、楽しんだ挙句に最も表れるものと思います。


以上は、「人より早く」ということを目的としている幼児教育を目指す人には、
あまり参考にはなりませんので悪しからずご了承くださいね。


なるほど~と思っていただけましたら、 ポチッとどうぞよろしく060.gif
にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ

# by dongurihiroba | 2009-09-10 12:37
ようこそ060.gifブログランキングに参加しています。
みなさんの1ポチがとても励みになります。060.gif

ポチッとしてからお入りくださいね。
 
 ↓    ↓    ↓
                 にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ




メダル!!!

6月に送った「毎日 ひらがな かきかた コンクール」の表彰を
教室内で行いました。

b0177103_1162080.jpg



下の写真は年中以下の木曜日のクラスのもの。
b0177103_120525.jpg


賞状を色紙にセットして、
実際に送った作品のコピーも
添付しました。

お子さんの作品をコンクールとか、
学校とかに出す際は
戻ってこないものもあるので、
その都度コピーをとっておくとよいですよ。

それから、教室でのちょっとした一コマの写真なども
いい機会なので一緒に飾りました。

一人ずつみんなの前で呼ばれて
表彰状と、メダルを受け取りました。

とてもいい笑顔でしたね。
お顔を出せないのが残念なくらいです。

実は、この表彰と前後して、
「全国 硬筆コンクール」にも
数名応募したところです。

当初、予定にはなかったのですが、
みんながどんどん書けるようになったので
応募することにしたのです。

まだ、人間初めて何年かしか経ってない子達です。
書けた時点でもう立派なのです。

書道教室ではないのに、めきめき上達できた子どもたち、
本当にえらい!!!

夏休み子ども作品展はまもなく締切です。最後のご案内はこちらから❤
# by dongurihiroba | 2009-09-09 01:34



贈り物をありがとう


去年の9月22日と23日のことでした。

門柱の上にまだ青いどんぐりの小さな実が枝葉付きで
二日連続で門柱の上に届きました。
(このことは、左記HPの「今日の一言」に
去年記していましたから、よかったらご覧くださいね。)

ははん、だれか生徒が持ってきてくれたのね。
そう思っていました。

けれども、生徒や保護者のみなさんは、みな違うと言い、
私の友達も知らないと言う。

それでは、散歩が日課のワンちゃんママかと思いましたが、
それも違った。

仕方ないので、「どんぐりを届けてくれてありがとう。」と
書いたプレートを写真とともに表に掲げていました。

そして今日。
5時前に郵便局に行った時にはなんでもなかったのに・・・。
5時半前に「文章・表現のひろば」の生徒が通りやすいように
と思って、ガレージの車をちょっと移動させた後に気づきました。

またまた どんぐりの贈り物が!!!


b0177103_0401541.jpg
去年と同じ青いコナラの実です。
いや、シイの実かな?
調べておきますね。

今年こそは
送り主にありがとうと言いたい!
という気持ちと、


ずっと、ミラクルでいてほしい!
という気持ちと

両方が混じっています。

明日も来てくれるかしら060.gif???



お帰り前に ポチッとまだの方はどうぞよろしく060.gif
にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ

# by dongurihiroba | 2009-09-08 00:46
ようこそ060.gifブログランキングに参加していますが、更新ができてなくて下がってしまいましたね。
お待たせしましたが今日もよろしくお願いしま~す。
みなさんの1ポチがとても励みになります。060.gif

ポチッとしてからお入りくださいね。
 
 ↓    ↓    ↓
                 にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ




夏のなごり

この頃は市販の教材も、通信の教材も
良いものがたくさんあります。

幼児教室も大小さまざま、個性もさまざま。

そんな中で、どんぐりひろばに来て
どんなことがよかったか、聞いてみました。

072.gif072.gif072.gif072.gif

056.gif家では続かないであろう家庭用教材も週に1回みんなの前で見てもらったり、
他の子の教材への取り組みを見ると気持ちも新たに次の週もやり始める。

056.gifクラス編成が必ずしも学年で線引きをしてないので
お母さん同士が比較してカリカリすることがない。

056.gifそればかりか、小さい子やそのお母さんを見ると自分自身の振り返りとなり、、
大きい子のお母さんからは時にアドバイスをもらえコミュニケーションが取りやすい。

056.gifかるたを家でもやっているので、教室でもやるかるたに意欲がわく。

056.gifいろんな子がいるが、一人ひとりを認めてもらえるのがうれしい。

072.gif072.gif072.gif072.gif

ありがとうございました。
簡単にご紹介しました。

私がお子さんやお母さんと接して
おうち学習だけでなくてよかったなと思うこと、
色々ありますが、その一つについてお話します。


同じ課題でも、早い子、遅い子、のれるとき、のれないときなどあります。

おうちで親子だけで取り組むとなると・・・。

よくできる時、早くできる時、当然お母さんはほめると思います。
それで、子どももうれしくなって、次もがんばります。

できない時、遅い時、しばしば親子で衝突が起こります。
場合によっては、子どもを傷つける言葉が出る方もあります。
本当はここの対処の仕方が一番大切かもしれません。

いつもいつもできがいい子の場合はさらにやっかいで、
順位がいいことに常に喜びを感じるようなる場合があります。

親からそういうオーラが出まくっていたりもします。

そうなると、もはや勉強そのものの楽しみより、人よりどうか、
ママは自分を受け入れてくれるか、そんな評価が気になる子になります。

遅れている他の子への思いやりどころか、
自分より下位に誰かいると安心し、そういう子を見下します。

子どもには、「優しい子になってほしい」と
親なら願っているはずです。

それには、優しい子がつぶれてしまわない環境を
大人が作っていくことが大切です。

どんぐりひろばに集うお母さん方は、
みなさん周りからも学ぶ姿勢が感じられ、
クラスがとてもいい雰囲気です。

かるたをやろうと思っても、
自分勝手に交ぜくる子がいたら・・・。

甘えてず~っと泣いている子がいたら・・・。

他の子のお弁当の中身を勝手につまんでしまったら・・・。

順番を守れない子がいたら・・・。

課題を進めるのが遅い子がいたら・・・。


全部子どもに関わってもらいます。
こんな時の子ども同士の育ちあう姿はすごいです。
お母さんが叱ったり、
邪魔になるからと教室から退室、
という必要もありません。

けれども、ごめんなさいね、とか、
ありがとう、の言葉が、
まずは大人から真摯に発せられています。
子どもたちはちゃんと周りを見ていますね。
そのうち、どうしたらよいかまで、学習しているようです。

指導者の言葉かけと子ども同士の素直な気持ちの交流、
こればかりはおうち学習ではかなわないなあと思います。

お母さん方もうまくいかないときの対処がとても上手になっています。
よそのお子さんへのかかわり方もいい感じです。
b0177103_1133317.jpg

もし、プリント学習のみに命を削っているなと感じる方が
いらっしゃったら、ちょっと散歩にでも出てみませんか?

カードを見て「せみ」と言える小さな子。
十分りっぱだけど、
今なら、せみの穴や、ぬけがらがまだいっぱいありますよ。

今朝、近くの公園に行ってみました。
私の目当ては「今年のどんぐり」の出来加減のチェック。
でも、目にしたのはたくさんの「せみの穴」と
どんぐりの木の葉の裏にあるたくさんの「ぬけがら」でしたよ。
(葉についた茶色の物は全部ぬけがらですよ。)

夏のなごり  でした。


お帰り前に ポチッとまだの方はどうぞよろしく060.gif
にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ

# by dongurihiroba | 2009-09-07 09:56
ようこそ060.gifブログランキングに参加しています。
ここのところ、新学期の準備や個別相談に力を注いでいました。
記事更新をあまりしていなくてごめんなさい。
また、それでも毎日ポチッとしてくださり、感謝いたします。
さて、新学期もよろしくお願いしますね。060.gif

ポチッとしてからお入りくださいね。
 
 ↓    ↓    ↓
                 にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ




ジャンボぐりどん


ずっと頭の中にあって、手元にはなかったぐりどんの人形。
小さな子が抱っこしたり握手したりと「こんにちは」の
挨拶ができるバレーボール大のぐりどんがやってきました。
b0177103_19115028.jpg

頭のところには緑の帽子。
ぐりどんは元々ひらがなの「ど」をモチーフにして描いた絵です。
「゛」もちゃんとついた帽子で、作者Amuletさんの小技が効いています。

子どもたちは大喜びでしたが、照れたり、
ちょっと乱暴に扱ったりいろいろでした。

次はどんな反応があるでしょうかね。

椅子に座ることができる人形です。
「ぐりどんが見ているね。」、という一言だけで
自分のいいところを見せたくなった子も。

そもそも、0~1才くらいのお子さんが、入室後すぐに
馴染めるためにほしいと思っていた人形です。

小さいときから通うほど楽しめる教室です。
どのクラスも、今なら特に入室するには区切りが良いです。
年中は、「憧れのワーク」が始まります。

お問い合わせはメールでどうぞ。
(メールはリンクのところのどんぐりひろばのホームページから送れますよ。)

# by dongurihiroba | 2009-09-03 19:22
ようこそ060.gifブログランキングに参加しています。
みなさんの1ポチがとても励みになります。060.gif

ポチッとしてからお入りくださいね。
 
 ↓    ↓    ↓
                 にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ



夏休み子ども作品展


夏休みはおわったけれど、応募はまだまだ受付中ですよ❤



         教室でも使用の知育玩具を 3名さまに、

                写真はイメージ。お子さんの年齢に合った賞品となります。

b0177103_8335640.jpg


       

         オリジナルぐりどんクッキーを  3名さまに、

                人気のスイーツ店「お菓子工房Keimin」製。 
 
b0177103_8345568.jpg
   
                   
         合わせて6名さまに抽選でプレゼントいたします。
 016.gif


次に応募の仕方について・・・。

  


    060.gif060.gif 応募要領 060.gif060.gif


応募資格 : 小学6年生以下(下限は問いません。)のお子さんの保護者。
         
         このブログ上、および教室内で作品展示することをご了解いただける方。

         ランキングでポチッと応援下さる方。

         このバナーです。初めての方は練習ですヨ!押してみてね。 
                 にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ




内容 :    小学6年生以下の子どもの
         絵画・工作(折り紙やブロックなども可)・鉛筆書き・お習字など。

           お子さん一人につき、締切日ごとに作品一つ。
           自作未発表の作品であること。
           (ご自身のブログ内公表は構いません。)
           また、年少以下はおうちの人と一緒に作ったものでもいいです。


応募方法 : メールによる写真応募のみとなります。

           手順としては・・・
    
           作品完成 → 作品をデジカメで撮影 → メールに添付して送信

                                           ・・・となります。


b0177103_18404013.jpg
         
参考作品です。(7月14日記事掲載写真より)
このように写真に撮ってメールで送ってくださいね。






また立体作品の場合は次のように、


b0177103_11265512.jpg
b0177103_11372441.jpg
b0177103_11273994.jpg





↑とか↓のように、作品の様子が分かるように違うアングルからの複数枚を送っていただいてもいいですよ。
これは、作者のを許可を得て参考作品としてアップしたものです。



b0177103_1128486.jpg
b0177103_11282433.jpg





画面左側の 「ex以外のリンク」というところの
 どんぐりひろばのHP[❤作品応募はここから] をクリックし、
         「生徒募集」画面 クリック、 「オレンジ色のアドレス」 クリックで、
         メール画面になりますので、そこから送信してください。
    
         なお、応募はHN(ハンドルネーム)で構いませんが、プレゼント当選の方は
         後日お名前や住所をお知らせいただくことになります。
         この場合知り得た個人情報はプレゼント発送にのみ使用します。

         ここまでをふまえて、メールには以下の内容をご記入ください。

         ①お名前(HN) ②お子さんの生年月日
         ③作品について(タイトルや内容について)
         ④お住まいの都道府県と市区  ⑤どんぐりひろばのブログのご感想
         
         件名は 「どんぐりひろばの作品展」と明記してくださいね。


締切日 :  第1締切日  8月15日(土)       
          第2締切日  8月31日(月)
            第3締切日  9月15日(火)

        ※締切日ごとに1作品ずつ応募できます。
          最大一人3作品の応募が可能となりますね。
          どんどん応募して、当選チャンスを増やしましょう!!!

発表 : 9月下旬を予定しています。
      ブログでの発表となります。


お問い合わせは、ブログの非公開コメントか、応募先と同じメールにお願いします。

たくさんのご応募をお待ちしております。
# by dongurihiroba | 2009-09-03 00:07

   
    ぐりどんストラップ




b0177103_17404917.jpg



どんぐりひろばのキャラクター”ぐりどん”が、
かわいいストラップになりました。

手作りのあみぐるみで、
温かみのある優しい表情していますよ。
作家のAmuletさんに 無理言って作っていただきました。

生徒のみなさん楽しみにしていてくださいね。

それから・・・
11月10日のどんぐりまつりまでにご入会の方にも
差し上げます。 

教室のことが気になった方は、
メールでお問い合わせくださいね。




新しいストラップ、かわいい~と思ってくださった方、 
ポチッとどうぞよろしくお願いします。060.gif
にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ

# by dongurihiroba | 2009-08-29 18:39




                めさきを変えて


「かるた道場」と呼ぶ人もいるどんぐりひろば。

未就園児のクラスでは、今「おはなしかるた」に取り組んでいます。
幼児教育ポータルサイト」の記事の中ですでに話をしましたのでご覧くださいね。
                                        ↑  ↑  ↑
                                       クリックできます
さてさて、46ものおはなしの一部について
子どもたちは耳からフレーズとして、
目からはかわいらしい絵で
それぞれの昔話を憶えています。

ここまで取りかかった
(テレビでいうと予告編をさんざん見た状態と同じ)ものを
読み聞かせのときに使わない手はないと、
いつもお母さん方には話していました。

だけど、おうちではなかなかむずかしいというのも本音のようで、
実際に読破したという声をあまり聞きませんでした。

そこをそっと後押しするのが、私の役目ですね。
このたび「おはなし よんでね カード」というのを作りました。

お母さんが忙しくしていても、お子さんが
「これ読んで~。」
「まだこれ読んでないよ~。」
とお母さんに催促できるようにしました。
お母さんから見ても読んだのと読んでないのとが
すぐに一覧できる仕組みにしました。

教室に来て、読んだのを自己申告してくれたときに貼るための
シール(これがまたいい)も用意しましたからね。

写真でお見せできないのが残念ですが、
生徒さんは教室でのサプライズですよ。お楽しみにね。

今日は写真なし?ではつまらないので・・・。
ちょっと、目先を変えたかるたとりのご紹介です。

かるたはテーブルの上でしますか?
畳の上が好きという子のほうが多いかしら?

ジャン!
こんなのも、有りですよ。
「壁に向かって よーいドン!かるた」です。


b0177103_12253613.jpg
子どもたちは、すごく燃えます。
接着は「リムカ」という弱いタイプの両面テープ。
または、それより少し強いタイプ。
これなら、壁も、カードも傷つきません。

壁の前に座っていて、はいっと取るか、
数メートル手前からよーいドン状態で走ってきて取るか、
取り方は、お子さんの特徴や体力に応じて変えるといいです。
安全には、配慮してくださいね。

どうしても、力が有り余るタイプのお子さんなら外でもできますよ。
パン食い競走のように紐に洗濯バサミなどで
つりさげたのを取るようにしても面白いのです。

この方法は、以前に雑誌「子どもと学力」(フォーラム・A刊)でも紹介いただきました。

かるたの遊び方は、まだまだたくさんあります。
教室では、人数、年齢、その時の空気などにより
方法も臨機応変に変えていきます。

全国均質にしなければならないとマニュアルで決まっていれば
できないようなことを、その場に応じて取り組んでいきます。
教育の主体は、教師でないのはもちろん、
他の誰でもないその時ここにいるお子さんたちだからです。

かるたや教室について、お聞きになりたいことがありましたら、
メールプライベートなものはぜひこちらに)、
またはコメント欄(記事の最後の右下の"comments"を押してね。)
をご利用くださいね。




楽しんでいただけましたか?060.gif
お帰り前の1ポチがとても励みになります。060.gif

また おいでくださいね。
 
 ↓    ↓    ↓
                 にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ

# by dongurihiroba | 2009-08-27 12:01

和室の工作



       和室の工作


どんぐりひろばの教室の和室。

古い部屋なので、砂壁の暗さが気になっていましたが・・・。
b0177103_158267.jpg


夏休み中になんとかしようと急に思い立ちました。
b0177103_21541533.jpg

板壁でふさぎます。

ふさいだら、どんぐりの木を作りたくなりました。
b0177103_10344381.jpg

明るい感じになりました。
木の幹は、和室ならではの柱をそのまま使ってみました。


他の工作もないのかなあ~と思った方はポチッとの応援よろしくお願いしますね。060.gif
にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ

# by dongurihiroba | 2009-08-24 06:36

えんぴつとおはし






             えんぴつ と おはし




えんぴつを正しく持つことを気にしていると、
おはしもきれいに持てるようになります。

おはしをきれいに持つ子は
えんぴつ使いも滑らかです。

日本人なので、言うまでもないですが、
えんぴつとおはしの上の1本とは
同じ持ち方ですね。

教室の子ども達、
ユビックスという持ち方の補助具で
正しい持ち方を何度も体感します。

正しくなってきた子は多いですよ。
あと一息の子も増えてきました。

このとき、見落としがちになるのが
左手(おはしを持ってない方の手)のことです。
b0177103_6401819.jpg


こちらの写真をみてくださいね。
書くときは左手がこの位置に来る習慣がついている子です。
ワークが大きいので、少し全体的に上の方を押さえていますが、
この子、いつも短い時間の集中力は抜群です。


次の写真では問題があるでしょうか?
b0177103_781418.jpg

左手が手前すぎるでしょう。

そうすると、首や背中は左にやや傾きます。
短い時間でもすぐ疲れます。
手で押さえないので紙が動いたりずれたりして
鉛筆の先が思うように動かないですね。
すると、気持ちの集中も途切れます。

こうした姿勢のときは、えんぴつだけでなくて
案外食事のときの姿勢と関連していることがあるのです。
その子だけでなく、家族皆、左手がテーブルの下に
下がっていたりとかですね。
だから、大人がまず気をつけたいですね。

どんぐりひろばで、お弁当の時間やおはし遊びがあるのは、
そういうことともつながるからというのもあります。

それから、右手の指は?
中指が人差し指とがえんぴつの軸に沿って
そろってしまっています。

この癖の子が意外に多く、
今のところ一番直しにくいです。

でも、一度に全部は修正できません。

こんなときは、ケチは付けずによくできている他の子をさらっとほめます。
次の瞬間から、持ち方がよくなったりするからエライ!
子ども同士の育ちあう姿っていいなと思うし、
大人としては楽チンですね。
楽チンなんだけど、回を重ねるごとに確実によくなってきます。

もちろん、こちらのお母さんも立派なことによく理解していらっしゃいます。
(ちゃんとできることも多いのにこの写真使ってごめんなさいね。)
周りの方も温かく見守ってくださり、できたときには大勢で褒めまくりですよ。

「家ではできないのにここではなぜかできる」ことが
それぞれみなさんあるようです。

素晴らしいと思いますよ。


さて、
秋からのどんぐりひろば、
       体験教室の参加をお勧めしますよ。


幼稚園児向きの2つのクラスは、
午後 幼稚園から帰ってきてからの参加です。

6つの幼稚園のお子さんが集まっていますが
十分に間に合っています。


未就園のお子さんは、お弁当の時間があるため、
午前11時からとなっています。

知っている方がいなくても大丈夫。
雰囲気いいのですぐ馴染めると思います。

お子さんの様子を見て、ちょうどのクラスを提案いたします。

また募集クラスでなくても、2人以上でのご希望があれば
クラス新設が可能な場合があります。

11月10日のどんぐりまつりのあとは締め切って入会できないクラスも出ますので、
ゆっくりしたこの時期にご一報くださいますことをお勧めします。

駐車場がなくなってしまいましたが、バス停のそばなので交通は便利です。


お問い合わせはこちら(作品応募と同じメール)からどうぞ。 
お帰り前に ポチッとまだの方はどうぞよろしく060.gif
にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ

# by dongurihiroba | 2009-08-22 07:34

夏休みの宿題







宿題  私の工作



夏休みも残りが少なくなってきましたね。

7月中にしっかり宿題を終えた人、
計画的に少しずつやっている人、
全てははこれからの人、
に分けるならば、私は完全に3番目に当てはまりますね。

只今、教室内工作中と言いましたが、
これもその一つ。

b0177103_11442897.jpg

100円屋さんで買った薄い板棒と、塗料。
さて、何ができるか、休み中に間に合うか。

宿題まだできてない全国の子達!
ともにがんばりましょう!!


今日は、完全に自分励ましモードです。
暑いし、焦るので、この辺で。

060.gif
何ができるか、楽しみにしてくださいましたら、ポチッと応援お願いします。060.gif
 
 ↓    ↓    ↓
 にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ

# by dongurihiroba | 2009-08-20 11:45

夏休みこども作品展


どんぐりひろばの「夏休み子ども作品展」作品募集中!

夏休みのこの企画まだまだ募集は続いていますよ。024.gif
次の締め切りは第2締切日8月31日(月)
ですよ。

今回の応募が一番多いかもしれないですね。




応募作品と一緒に、製作中のお子さんの写真もいただきました。

b0177103_8223930.jpg


いい雰囲気ですね。


作品応募は、「生徒募集のページ」からだから、
なんか気遅れするし・・・という方、
お問い合わせのない方に勧誘することはないですよ。
安心してくださいね。
それにHN(ハンドルネームでの匿名)でいいんです。

お気軽にどうぞ。

↓      ↓      ↓ 

ちょっとでも気になったら、こちらを見てくださいね。
# by dongurihiroba | 2009-08-19 21:18

救急救命講習

お盆休みは明けましたね。060.gif
1ポチのお手間いつもありがとうございます。060.gif

 
                 ↓    ↓    ↓
                 にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ




         AED




昨日(もうおとといになりましたけど。)近所の消防署にて、
町内会のために「救急救命のための講習会」が開催されました。
所帯数が多いので、三日間に分けての講習。

ここの自治体は本当にみなさんがよく動いてくださいます。
ありがたいことです。

b0177103_0372252.jpg

         写真撮れなかったのでこの画像は前日Keiminさんが撮ったのをお借りしました。



やってみると、人工呼吸は口の端から息が漏れてる、と気づきました。
心臓マッサージは落ち着いてできました。
「課題」をこなすのに必死で実際にはこうした方がいい、という反省も・・・。
008.gif

大事なのは技術的なことに夢中になることでなく、
患者さんの様子を的確に把握すること。
009.gif

やってみたら参加者からも質問もいろいろ出ました。
消防士さんはとてもわかりやすく教えてくださいましたよ。

吐物があるときの人工呼吸は?
女性の場合は胸に手を置くのは躊躇するが?
人工呼吸で気道確保したのに、心臓マッサージ中は首が元にもどるが?
AED操作で感電するというが、アクセサリーつけている時は?
そういえば、押尾学容疑者が心臓マッサージしたという女性が
ろっ骨折れていたという報道あったが、骨折の心配は?
039.gif


などなど、教えていただかないとわからないことばかりでしたよ。
みなさんは、いかがですか?

乳児の場合、小児の場合のマッサージの違いも習いましたよ。

救急車を呼ぶときは、周りにたくさん人がいても
「誰か」じゃなくて、目が合った人に「あなた、119番お願いします。」
とはっきり言うこと。AEDも場所を知っていたら
「あなたは自治会館のAED持って来てください。」
と言うといいそうです。

慌てますものね。
私はいざというときに自信がなかったので参加しました。

AEDと書いた箱を時々見るようになりましたよね。
いざというとき、見かけたら「使用できる自分」に誰もがなること、
大事だと思います。

小学生以上の子どもたちにも正しい知識(操作はまだでも)を
与えてほしいですね。


夏休みの私のひとコマでした。

さて、実は、現在教室内改装中です。
う~ん、改装というより、工作中と言った方がいいかもしれません。
悪戦苦闘中です。
写真でお見せできるようになるといいのだけれど・・・。
宿題に追われる子どもの気持ちと同じです。

# by dongurihiroba | 2009-08-18 01:09
こんにちは。060.gif
お盆休みの方も多いのでしょうね。
ご家族でご覧くださいね。
おいでくださり、いつも1ポチっとありがとうございます。
060.gif
にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ





「11月10日 火曜日 11時~」

どんぐりまつり開催  します


恒例の どんぐりまつり。
今年の秋の日程が決まりました。

体験教室のテーマについては もう少し後に 発表しますが、
みなさんに 得したと思っていただける内容を考案中です。
日程だけはお早めに、スケジュールに入れてくださいね。
時間的に0~4才の「未就園児」対象ですが、
園児のお母さんだけの参加(妊娠中のプレママ含む)もできますよ。

詳しいご案内は9月になってから行いますね。
どうぞ お楽しみに。


→前回の「どんぐりまつり」の様子はこちらでご覧くださいね❤
# by dongurihiroba | 2009-08-12 11:50

おはしの話ー2

ようこそ060.gif
みなさんのいつもの1ポチのお手間に感謝しています。060.gif
                 にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ



 あそべ   あそべ  あそべ



5月のどんぐりまつりのテーマが「おはし」でした。

お母さん方の関心は思った以上に高いものでした。

「4才なのに、まだ持てない。」(ちょっと悩み気味?)
「2才できれいに持つ。」(ちょっと自慢気?)

持ち始めの時期も持ち方もいろいろでした。

人より早いことが素晴らしいのではありません。
運動能力的に2才は早すぎはしないか?
そうでもないです。
どんぐりひろばでは、2才代にはほとんどの子が
進んでおはしを使うようになっています。

しかも、全然無理してないので、
その後の活動にもメリットが大きいです。
だから、そのころにはおはしを持たせてOKです。

まちがっても、おはしを持たせたいために
「〇〇はし」などの矯正箸は使わないでくださいね。

矯正箸は強制箸であり、
介護用品であっても、育児用品ではありませんよ。
(教室でお母さん方に実証済み)

人生において、おはしを使えるその始まりの喜びを
苦痛にしないであげてください。

お箸使いのために教室では何をやっているのか。
手指を使う遊びをたくさんやります。
教室で紹介した遊びをヒントに
家庭でもお母さんが工夫して取り組みます。
b0177103_914269.jpg
  
大人は意図して用意していますが、子どもは、無意図的に遊びます。
遊んで遊んで遊びつくしてほしいです。
子ども自身は「~のために」遊んでいるわけではないですね。


この写真、おはしじゃないんですけど・・・?と言われそうですネ。
写真は、100円屋さんのアイアンに
教室で使用の「赤青シールつき洗濯バサミ」を
どんどんくっつけて遊んでいるところです。

「発達は連続する」といつも申しておりますが、
こういう遊びで伸びる、身につくものを大切にしましょう。
もちろん、他にも遊びは用意していますよ。

なんとなく気になった方は とてもいいタイミングですよ。
秋からの どんぐりひろばに遊びにおいでくださいね。(体験できます。)
お問い合わせはメールでどうぞ。
↓     ↓     ↓
HPの生徒募集ページのオレンジ色のアドレスから送れますよ。
                         ↑     ↑     ↑
                  子ども作品展もこちらから応募してね。



5月6日記事「おはしの話」をもう一度ご覧になりたい方はこちらへ
# by dongurihiroba | 2009-08-12 09:48

どんぐりひろばの「夏休み子ども作品展」作品募集中!

夏休みのこの企画第1締切日8月15日(土)が近づいてきましたよ。
え?何それ?
と思った方や、
他の人はどんなふうに送るのかなあ?と思った方は、クリックしてくださいね。
↓      ↓      ↓

応募についての詳細はこちらですよ!
# by dongurihiroba | 2009-08-10 00:42

060.gifピンポーン!
は~い。・・・あれ、誰もいない・・・?!060.gif

・・・・・ポチッとしてからお入りくださいね
 
                  ↓    ↓    ↓
                 にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ





ピンポンダッシュ



「玄関チャイム」「マナー」といえば、
そうそう 、先日近所を歩いていた時こんなことがありましたよ。



私の前方を、こちらに向かって歩いてきたお母さんと3歳くらいの男の子がいました。
男の子が、ある家の前で、急にピンポン!と押しました。


b0177103_19381871.jpg
      写真は人気のスイーツ店「お菓子工房Keimin」さんの玄関。
                     オーダーメイドのケーキをピンポ~ンと鳴らして受け取りに行くんですよ。





その子のお母さんはびっくりして、
「だめだよ。ピンポン押したら、お客さんと思って
その家の人が出てくるでしょ!」
と諭していたので、立派だなと思っていましたら、
そのまま二人でまた歩き始めました。
えっと・・・家の人にとっては、それって、025.gif
「ピンポンダッシュ」と同じですよ、もしもし・・・。

そうこうするうち、
その家の前には親子ではなく、
私が立つタイミングなんですけど・・・。

ということは、家の人が出てきたら、
顔を合わすのは私、なわけで・・・。
いやあ、参ったなあ。042.gif

「子どもが間違って押してしまいました。すみませんでした。」
と、そのお宅の方にお母さんがお詫びを入れなかったのは、
結局は子どものためにはならない行為でした。
それに「親子ピンポンダッシュ!」ですよっ。

で、私は、というと、
そのお宅、お留守だったようで私も困らずに済みました。

いえね、知り合いのお宅だったので、まあどうにでもなったのですが、
「さっき通り過ぎた親子が~」と言うのも気持ちのいいものではないですからね。

# by dongurihiroba | 2009-08-08 19:07