横浜市・希望ヶ丘☆どんぐりひろばは子育ての不安を前向きな意欲に変えるお母さんと子ども(0~6才)の教室です。幼児期にこそ『見えない学力』を豊かに育てましょう。☆お問い合わせは下記HPのメールで。


by どんぐり先生
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28

カテゴリ:小学生のひろば( 31 )


願ってもない教材到来


前回記事、
『国語辞典の間違い』ということで、
小学生を持つ多くの保護者の方、
先生方が、

『え?何なに? どれどれ?』

と思われたことと思います。

SNS全盛のこの頃、
私がジャジャーン!

と、それについて具体的に示すのは
とても簡単なことです。

しかも、アクセス数を増やすとか、
その他いろいろに利用しようと思えば、なおのこと。
この類の話は、簡単に拡散すると思うのですね。

でも、
それでいいのかな?

私も
教室保護者の皆さんも
そのようには、思っていないのです。

ただ、
おおおー!
有名処でもこのようなことがあるのねー!?

の事実に直面した、
レアなケース。

ですから、
こういう時に、
どのように振舞うか?

これが、課題だと思っています。

私が、保護者に確認したところ、
一人の生徒が、帰宅後、
出版社宛にお手紙を書いたとのことで、

どんぐり先生見てください、と
メールが来ました。

とても感心しましたので、
簡単にご紹介をしましょう。



179.png179.png179.png179.png179.png179.png179.png179.png179.png179.png


(出版社 辞書名)を出版された方へ、
お伝えしたいことがございます。

わたしは、いつも(辞書名)をつかって勉強をしています。

P(ページ)の「(項目)のことについてですが、
(良いところは良いのですが、
(悪いところ)が逆になっていると、気が付きました。

今後の出版の際には、(悪いところ)を正しく直したほうがよいように思います。

179.png179.png179.png179.png179.png179.png179.png179.png179.png179.png


いかがでしょうか。

オレンジ色のところは、
私がここでは加工をしているところです。
実際には、具体的に書かれています。

この後、加筆があったかどうかは、
確認しておりませんが、
子どもの字で、
2年生ですが、しっかりと書かれておりました。

お母さんの知らないうちにさっと書いたようです。
おっとりされたお母さん(ご自身ではのろい、と言われますが、
「待ち」の姿勢はすばらしいのです。)も
驚いておられました。

これをご覧の
大人の皆さまから見たら、
足りないところや、
生意気に感じるところなど、
たくさんあるかもしれませんね。

でも、
SNSで鬼の首を取ったような炎上するほどの書き込み、
意見というと、相手をぎりぎりまで追い詰めるような手法、

そのようなものに比べると、
なんと立派でしょう!

と私はただただ感心しました。

恩師の
岸本裕史先生(100マス計算の提唱者・前ドラゼミ監修)は、
『学力は人格を牽引する』と
いつもおっしゃいましたが、
この子も、育ってきているな、と感じましたよ。

『わたしはいつも(辞書)をつかって勉強をしています。』

の一文は、子どもながらに、出版社に対する敬意です。

そして、知らない大人に意見するのだからと、
きれいな文字、知っている漢字(漢検5級合格済み)は使う、言葉遣い、
など、いろいろと意識をして書き上げています。

そのまま、送ってみたらいかがです?
とお伝えしています。

願わくは、
たかが子どもの言い分と、
みくびらずに、
出版社の方が誠実な対応をされること、

そして、
次の改訂の際には、
その項目が改まっている、
そのような対応であればな、と。

また、今年度については、
出版済みの辞書に、
差し込みの紙っ切れでもいいので、
訂正が付記されるとよいな、と。
このように思います。

辞書って、立派なもの。
すごいもの。

そのように思ってきましたし、実際そうだと思います。

でも、人間が作るもの。

間違いだって、あるかもしれない。

いいことではないけれど、責めるものでもないよね。

気づいた人がその力をそっと貸してあげるのもいいんじゃない?

そんなふうに思っています。

ちょっと、鼻が高くなりそうな時、
そっと指で押さえておどけた顔してりゃ、
みんな愉快になるってぇわけでね。


そうは言うものの、
私が、この子だったら、
真似ができなかったと思うんですね。

実際、
とっても、悪いことをしたことがあります。

この子と同じくらいの年の頃のこと。

教室で、あるまじき香りが漂ったことありまして。
低学年においてのあるまじき香り、といえば、
人気の〇〇〇ドリルと同じ、〇〇〇ですよ…。

みんなが、口々に異常を唱えだし、
鼻を頼りにクンクン捜索し始め…。

いやいや、私ね、小学生がまさか、お漏らし!など、
考えたこともなかったので、
それこそ、「みんなのため」と思い、
私も張り切ってクンクンクン・・・。

そして!
見つけたんです。
ある男の子の椅子に少し、
〇〇〇がついているのを!

『先生!!!』

そうです、大きな声で報告したのは私です。

・・・ああ、
あの子は、
どんなに辛かったろうかな・・・。

その場では、いいことをした、としか思っていませんでした。
翌日くらいから、ふと、
頭の中に「?」がよぎりだし・・・

まもなく、罪悪感にかられました。

そんな思い出があるのです。

これも、先生にせめられたわけでも、
親に叱られたわけでもないのですが、

…叱られたほうがよかったのだと思いました。

そんな私とは、比べ物にならない、

こども教室どんぐりひろばの
子ども達、お母さま方です。

これからが、本当に楽しみな皆さんです。

この項、続きます。




応援よろしかったらお願いします。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ

by dongurihiroba | 2018-03-21 12:23 | 小学生のひろば

国語辞典



春は、国語辞典の売り上げの上がる季節ですが…。

先週のことです。
教室の小学生が私に
「小学生新聞に載っていたんだけどね…、」
と教えてくれたのは、

『辞書も間違うこともある』という記事を読んだそうで、それに驚いた、という話でした。
その記事にも興味ありましたが、
私は
「そう言えば!」
と思い当たることがあり、
子ども達に私の15年ほど前の国語辞典を見せました。
間違いに気づいてくれました。

そして、同じ辞書の9年ほど前のも見せましたが、こちらも改訂版にもかかわらず、間違いは見逃されたままでした。

それで、2年ほど前の版のを持っている子に、確かめてもらいましたら、やはり、変わらず間違いのままでした。

とっても、売れ筋の辞書ですので、
最近、購入した方も多いのではないかなと思います。

さて、間違いを見つけた話、
子ども達はその後、
どうするかな。

あなたが親ならどうします?


応援よろしかったらお願いします。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ



by dongurihiroba | 2018-03-21 08:59 | 小学生のひろば




小学生の学習風景
b0177103_19404520.jpg

春期講習会の様子

この春の講習会では、
1・2年生は、2~3年生の漢字の読みを全て制覇!
を必須として、『かるた』を使った学習をしました。

かるたでの学習はみんな大好き。

少し疲れたら、『坊主めくり』でリフレッシュ。
そして、五色百人一首も。

算数は、図形を折り紙を使っての学習。
角柱、正三角形、正方形を作るところから、
正四面体、立方体を作ることも。
b0177103_19393164.png
また、折り紙を使っての図形パズル。
1回~5回と折ってからの切り取った形を考えること。
それから、線対称の学習。

短い期間に一日からの参加でしたが、
5~6人までの少人数での学習は
私としては全員の苦手もきちんと把握でき、
子どもとしては、達成感のあるものになったのでした。

幼児や小学生で、特に男の子に多いのですけど、
折り紙苦手と自分で思い込んでいる子、
そして、折り紙を二つに折る、折り線をピシッとつける、が
身についていない子は、徹底指導をしました。
不器用なんかじゃない。
できるし、きちんとできる喜びも味わってもらえました。

そして、そんなに上手でなくても、
好きと思って、たくさん手しごとをこなすことも大事。
そんなことも感じてもらえました。


高学年は、学年の学習の残りは徹底しました。
特に6年生は、中学の1学期分の数学までは、
きっちり習得してもらいました。

みんなの新学期が楽しみです。
2年生のクラスの一部だけ、写真撮れましたので、載せておきます。

とても落ち着いた良いスタートでした。
10日月曜日から、新学期のクラスが始まる方もいますね。
頑張りましょう。
b0177103_20004624.jpg

応援よろしかったらお願いします。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ

by dongurihiroba | 2017-04-09 20:01 | 小学生のひろば



この春休みのテーマは『漢字』と『図形』


b0177103_17465263.jpg

日程 3月27日~31日(5日間)

時間 16:00~17:20(80分間)

受講料 7,500円




内容

『漢字』

学年のまとめとして「漢字検定」の過去問題を使って実力試しをします。
答案は、翌日に添削指導をつけて返却。
弱点補強と漢字検定ならではの深みのある学習をします。
進級前に弱点補強をぜひ行いましょう。

また、講習会中の毎回のテストの伸び率が優秀な方は、
6月18日(日) どんぐりひろば会場で実施の漢字検定に
奨学生としてご招待をいたします。(受験料免除ということ。
詳しい基準については、お申し込みの際にご確認ください。)


『図形』
おりがみや工作用紙を使っての制作。
制作したものを使って考える学習。

異学年同室ですが、学年差、個人差に応じた
課題を用意していますのでご心配なく。
はさみ、のり、じょうぎを持参してください。

興味はあるけれど・・・、
もっと上の級の漢字、下の級の漢字がいいな、とか、
5回とも出るのは難しいな、とかいう方はご相談ください。
受講しやすい形をご提案いたします。

ご予約・お問い合わせはこちらからできます(タップしてね)



応援よろしかったらお願いします。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ

by dongurihiroba | 2017-03-11 17:55 | 小学生のひろば



一年生の図形遊び

立方体を自分で作る

  


b0177103_21211632.jpg

どんぐりひろばの1年生は、今、
算数では長さの学習をしています。

まずは、ものさし、じょうぎのことを学習。
ものさしは、物の長さを測る道具。なので、目盛りは端っこからついていますね。
じょうぎは、主に測った線を引くためのものなので、
えんぴつが当てやすいように端っこには目盛り以外の余白がありますね。

どんぐりひろばでは、幼児のうちにいろんな道具にも慣れましょうということをやっているので、
子ども達は、線を引くのはかなり上手。

いろんな線の長さを測ったりということも、
幼児の遊びの中で、「1(㎝のところ)から5(㎝のところ)まで、線引く~」というようなことを
やってきているので、プリント上の線を測るのも簡単。

・・・でも、1年生になってからの入室でじょうぎの扱いに慣れてない子は、
なんだかフニャフニャの線・・・。←練習が必要。
ハサミもフニャフニャ…ではないのに、線の通りに切るのが難しい
・・・。園で、利き手に合うハサミの指導がなされてこなかった証拠。

ぜひ、ぜひ、幼児のうちにできることは幼児のうちに身に付けたいものです。
でも、ご縁あって入会している子は、一人も残念なことにはいたしません。
幼児期になんなくできたこと、大きくなるとやや大変なこともありますが、
一人ひとり、きっちり指導しますからご安心を。

学齢期になって、学習が進むとき、
このようなことで子どもは遅れや劣等感を感じます。
大人が思う以上に、うまくできない自分を恥じ、
みんなよりダメなんだと思ってしまいます。
先生からの評価もよくないと、
とたんに『自分はできない』と暗示にかかってしまいます。

でも、線の引き方、例えば、じょうぎの上で引くか下で引くかわからない子、
じょうぎの厚みや、はさみの刃の厚みが扱い方次第では
大きな狂いをもたらすこと、
知らなければ、直されなければ、
その子はずっとできないままです。

そんなちょっとしたこと、結構見逃されていたりします。
左利き(のことは、私自身が経験者なので、イヤというほどいろいろあります)の
子の、不便だけど大人には言わない悩み、などきちんと向き合ってほしいのです。

みんな、『不器用』なんかじゃない。
でも、指導しないとコツがわからない。
経験してから練習する十分な時間や環境も要る・・・。

どんぐりひろばでは今回、ひととおり、じょうぎで測る、引く、を行った後、
(それだけではつまらないので)
サイコロを作ろう!(工作は、子ども達大好きです。)ということに。

サイコロの面はいくつあるか?
実際に見てみて、6つ、と判明。

真四角が6個と理解。
1辺が5㎝の真四角を・・・
このとき、真四角を正方形と呼ぶことも伝えました。

サイコロ制作、1回目は、私が十字型(上の写真の右下の形)の展開図を教えて、
その通りに切らせました。
折り目になるところには、はさみを開いた状態で片刃をじょうぎに当て、
スーッと筋を付けさせました。
こんな使い方もあるんだよ。へえー!の世界。
そのように筋をつけておくと、折り曲げがきれいにできるの。
図工の時にも使える技だね~なんて話しながら。
のりしろは作らずに、マスキングテープで組み立て。

それだけでも、楽しい様子。

さあ、今度は、6つの面を切り離してね、と指示。

そして、さっきの十字型以外の展開図でサイコロができるように
考えてもらいました。
便利なマスキングテープのおかげで
ああでもないこうでもない、と、
何度もやり直して、友達とは違う並べ方が結構できましたよ。(上の写真)

最後に、色を塗ったり、絵を描いたり、
本当のサイコロのように、数の目を描いたり。

・・・そのときに、向かい合う目の数の和が7になる!と言い出した子がいて、
みんな興味深くサイコロの目を入れ出しました。
友達同士で、ここは4とか、教え合い、確かめ合っていました。
そして、できあがりがこちら。
b0177103_22455451.png
マスキングテープも、平面上では扱いやすかったのですが、
立体になると難しく感じた子もいましたね。

さて、下の写真は4年生のドラゼミ2月号。
いろいろな経験・・・今回は立方体を作ることでしたが、
こんな経験のあるなしは、その後に影響してきます。
人は、経験したことから物事を判断するのは容易です。
経験したことないことをイメージするのは難しい。
子どもならなおさらです。

今回、サイコロ作った1年生は
4年生になってこのような問題見てもなんてことはないでしょう。
いえ、1年生の今でもわかると思われます。
b0177103_22461863.jpg
















できるとおもしろいですからね。

勉強って楽しい~!
と子どもに思わせるよう、
大人の知恵で導くことは可能ですね。


でも、もしピンと来なかったらどうする?って?

『ああ、この子は今、〇○はよく理解してないのね。』
と大人が理解すること、これが大事です。

そして、生活の中で、苦手だったことに
関連したことを少しずつ取り組ませる。
そういう工夫を大人がすること。

できなかったところの直しを子どもにさせることは
大事ですが、少し先のことをやっているときは、
無理に今、正解にたどり着かなくても差し支えないことは多いです。
子どもにとっては、その過程で感じたことや考えたことってとても大事。


子どもの苦手を今後、どのように強化していくか、
大人が考えることがとても大切です。

大人のあり方が大事!です。




ちなみに昨日、算数検定実施日でした。

幼児~4年生までが受検しました。
どの子も学年より、1~3つ上の学年相当の級を受けました。


算数検定は次回は6月24日(土)が実施日です。

教室生徒でなくても受けることができます。
次回はあなたもいかがですか??


応援よろしかったらお願いします。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ






























by dongurihiroba | 2017-03-05 21:21 | 小学生のひろば


●単科コース 「かるた」

b0177103_00220565.jpg
どんぐりひろばのかるたは、それはもう、たくさんの種類をそろえております。

本日〈総合コース〉の授業で使ったかるたは、『日本全国名物カルタ』。
小学生には、大変人気のかるたです。
これは、数年前のドラゼミの学習教材。
b0177103_00210820.jpg
かるた教材って、その使い方は、『読み札読んで絵札取る』のワンパターンになっていませんか。
子ども達とかるたをしていると、いろいろなアイディアがどんどん湧いてきて、
やり方もいろいろ。
かるた道場と言われたどんぐりひろばならではの楽しみ方もあります。

・・・これは、主に小学生に人気のかるたですが、
どんぐりひろばでは、かるた遊びは1才から楽しめます。
それには、普通のやり方だけではダメなんです。
子どもの年齢、発達や興味に応じたやり方。
教室のお母さんには見て学んでいただいています。

だから、子ども達もかるたで自然に遊びながら、
多くの知識と意欲と集中力を養っています。

悔しい想いとか、我慢とか、ゆずる優しさなども
ずいぶん育っています。
これは、おうちではなかなかできないことですね。・・・

前置きが長くなりましたが、
このドラゼミの社会科のかるた、
ダジャレも効いているし、
憶えやすいし、
楽しいんですよ。

学校の机上で全国都道府県を習い、
無理やり憶えなくてはならなくなって
暗記だけするのと違い、
気が付いたら憶えているというラッキーさ。
県の位置や形や面積、人口までもわかります。

かるたをやっているうちに、
全国の〇〇について調べた~い、
なんて気持ちが湧き起こったら、
やってみるといいし、
実際に、地図に馴染んだ親子が発展的に
研究した事例もいくつかあります。

私自身の記憶でいうと、
各地への旅行や知識もないまま、中学の地理で
いきなりいろいろ憶えないといけないのが、
何の興味もなかったので、面白くなかった、苦痛だった思い出があります。
興味が持てていたら、もっと早くにいろいろなことに
気が付く眼が養われて楽しかったのに・な・・と残念な思いです。

なかなか奥深い、ドラゼミのこのかるたです。

せっかくなので、今年度は、
〈単科コース〉の「かるた」講座でも実践をしていきます。
単科コースは、どれも都度申し込みの1回1,000円です。
どうぞ、ご希望の方はご連絡ください。
今後の日程の中に取り入れていきたいと思います。

そして、秋くらいには「かるた大会」をしてみたいなあ、と
思っています。

もちろん、受講会員ではなく、『かるた大会』に参加してみたい、
一般のお子さんも歓迎します。

とりあえず、このドラゼミのかるたでお友達と遊んでみたいな
その他かるたについてのお問い合わせは、

→こちらへどうぞ056.gif056.gif056.gif


ドラゼミといえば、どんぐりひろばの幼児のドラゼミ会員は
割引価格で受講できます。

まだまだ間に合いますよ。
お問い合わせくださいね。

→こちらへどうぞ056.gif056.gif056.gif

遊びや学びの参考になれば幸いです。
応援よろしかったらお願いします。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ

by dongurihiroba | 2016-04-14 00:46 | 小学生のひろば



見えなかった補助線が見えてくる


先日、小学生のクラスで学習の後に最近取り組んでいる、
図形パズルゲームのことをお話しました。

今週も引き続き行いましたよ。
b0177103_00425911.jpg

b0177103_00433071.jpg
b0177103_00435803.jpg
出来上がったのを見るのは簡単ですが、
やってみると、保護者の皆さんでも、
んん?

こんなのカンターン!のはずが
やや焦るということもしばしば。

やっとのことでできた!という『燭台』。
あれれ、でも・・・。
お手本となんか違う!

b0177103_00451398.jpg



というので、ああだこうだ、と考える子ども達。
「もう、無理~。」と諦めかけた途端、
できちゃったりすることも。
b0177103_00442370.jpg
なるほど、こういう使い方するのね~、と納得。

おもしろいことに何度かやっていると、
シルエットだけの手本図形に
補助線が見えてくるという。

そういうわけで、新しいお題にもかかわらず、
正解まで要する時間が短くなってきています。

とにかく、楽しいわけですよ。
遊んでいるだけに見えるかもしれませんけどね。
算数の力がつくんでしょ、って。それもYESですけど、
それ以上に、取り組む姿勢・意欲といった、
学習するうえで何よりも大事で効果のある芯の部分を養えます。

勉強することそのものをおもしろがれるって、
ワクワクするじゃないですか。

勉強おもしろいと思える子になってほしいと
いつも思っています。

幼児期からの学習の進め方次第では簡単に勉強嫌いになります。
それは、とても残念なことですね。
大人が、子どものやる気スイッチをオフにしないように。





ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
上の『幼児教育』バナーをポチッといただけるとランキングが上がり、
とても励みになります。応援よろしくお願いいたします。










by dongurihiroba | 2015-05-30 01:26 | 小学生のひろば

タングラム

簡単そうに見えますが、難しいんです。
ちょっと、イラッとすることもありますよね。

でも、友達とゲームにしてしまうと、
時間を忘れるほどおもしろいのです。

お題のとおりの図形を7枚の色板で作ります。
できた順に得点カードを引き当てます。

大人よりも子ども、
大きい子より小さい子が先にできることもあります。

副教材にしているドラゼミでは、1年生の時に、
ワークの中でも結構難しいのがありましたから、
子ども達は慣れています。

でも、友達と群れながら、ワイワイやるのが一番楽しいですね。

学習の終わりがけに、ちょっとしたゲームをやることも多いです。
b0177103_18095283.jpg

b0177103_18093930.jpg
b0177103_18090662.jpg
b0177103_18101755.jpg



お帰り前にポチッと一押しの応援をどうぞよろしく060.gif
にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ



by dongurihiroba | 2015-05-16 18:18 | 小学生のひろば

1年生の読書


習ってない漢字がどんどん出てくる読書。


どんぐりひろばの幼児クラスでは『スローリーディング』を続けています。
(カテゴリ:スローリーディングをご覧ください。)

ところが、小学生についてはあまりふれていませんでしたね。
というわけで、1・2年生で購読の本のご紹介です。

『ぐりとぐら』などでお馴染みの『福音館書店』さんの『たくさんのふしぎ』を
毎月購読しています。
ものごとの『不思議だな』を入り口に、自分で考える力を育むものとして、
大変興味深い内容です。
大人の私も知らないことばかりで思わず引き込まれてしまいます。
b0177103_20211444.jpg
b0177103_20215678.jpg

絵本ではありますが、40ページほどのもので、学年で習っていない漢字がたくさん出てきます。教科書レベルで言うと、3,4年生の内容です。

ただ、ぐんぐん引き込まれていく内容であることと、
漢字にはルビがふってあることで、子ども達はどんどん読むことができます。

たとえルビがなかったとしても、
学年以上の漢字を子ども達はいくらでも読めるのです。
子ども自身がそのことに気づく機会を設けるようにしています。

ただ、内容レベルが高いので、ルビにお手伝いしてもらってもいいのかな、とは思います。欲をいえば、物語の中で既出の漢字には2回目以降はルビなしだといいのにな、というところです。

文章の中だとさらに読み方は、わかりやすいです。読めるけど書けない、とは、よく嘆くときに言われますが、まずはどんどん読める、それでいいと思います。

『この漢字まだ習っていない』・・・とは、子ども達が口にしがちな言葉ですが、このごろは教室ではめっきり聞かれなくなりました。
教室では、『学校で習ってなくても絶対満点を取らなければならないテスト』をしています。問題は予め公開済みですので、どのくらいどうすればどこに到達するかを自分で想定する訓練でもあります。
今年度は漢字のハードルをぐっと引き上げましたが、子ども達は(決して漢字得意ではなかった子達が)しっかりついてきています。



お帰り前にポチッと一押しの応援をどうぞよろしく060.gifにほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ



by dongurihiroba | 2014-11-21 21:05 | 小学生のひろば




小学生  
春期 漢字学習集中講座

15時~16時

(学習の進み具合により、延長あり)

b0177103_19232080.jpg
冬期講習会でのテストの様子



小学生会員の皆さんも
会員以外の皆さんも
お申込みできます。

通常教室では小学生は
締め切っていますので、
特に漢字について
悩んでいる方にはお勧めです。

少人数徹底指導のため、
定員10名で締め切ります。

今回の講習会では、
6月22日の漢字検定に向けての
学習にも取り組みます。

漢検での受検級は、
原則として
25年度学年相当級以上としますが、

そんなのとんでもない!
苦手できらいでどうしようもない!

という方にもこれまでにないスピードで
覚えられる方法を伝授します。

受検級に悩む場合には、
アドバイスの上、
合格していただきます。

なお、2013年の冬期講習会にて、
漢字の習得のめざましかったため、
『どんぐりひろば奨学生』認定をもらった方は
本講習会に是非ご参加ください。

(認定の3名には個別に連絡をしております。)


それから、



 漢字検定の受検予約
 始めました!

 26年度 第1回 日本漢字能力検定試験

 6月22日(日)実施

 時間・検定料は級により異なります。

  漢字検定協会からの案内書はもうしばらくお待ちください。
  ご連絡いただけましたら、
講習会についても漢検についても詳しくご案内します。

  くわしくはこちらへ→030.gif


お帰り前に ポチッとまだの方はどうぞよろしく060.gif
にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ

by dongurihiroba | 2014-03-01 19:08 | 小学生のひろば