横浜市・希望ヶ丘☆どんぐりひろばは子育ての不安を前向きな意欲に変えるお母さんと子ども(0~6才)の教室です。幼児期にこそ『見えない学力』を豊かに育てましょう。☆お問い合わせは下記HPのメールで。


by どんぐり先生
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

かるたは 子どものためのみならず


小学生冬期講習会
 保護者説明会

12月13日 (金) 10:30~11:30

どんぐりひろば 希望が丘教室にて



21日から始まる冬期講習会の説明会を実施します。

既にお申し込みの方,
これからお申し込みの方対象です。
ご都合の合わない方はご連絡くださいね。







忘年会・新年会でも『かるた』


私は、とある高校でPTAの役員をしています。

本日は活動の後、お昼の会食会でした。


「なんかゲームを。」
と事前に話し合ってはいましたが、「ビンゴゲーム」くらいしか思いつかないねえ・・・
とのことで・・・。

「かるたでなんとかなるかも~」っと提案をいたしました。
(ふだんは、とってもおとなしくしている私ですけどね。)

どんぐりひろばでは、いつも子ども達が大好きで大盛り上がりのかるたです。
大人が使っても面白いはず!!(←根拠はこれだけ・・・)

・・・あまり深く考えないまま、『かるたで何かする』ことに決まりました。
決まってから、考える、という状態。

日頃より、追い込まれた方が発想はできるかな、と思うところがありまして、
たぶんに漏れず、見切り発車をしてみました。


さてさて、どんぐりひろばには、数十種類のかるたがあります。

その中で選んだのは、これ。

『うたかるた』 (ひかりのくに)

丸いフォルムが可愛らしいですね。
b0177103_02281737.jpg



考えたゲームは、次の通りです。

まず、読み札を入室の際に選びます。

部屋に入ると、取り札(絵札)がテーブルの上に。
札の一致するところへ、めいめい着席です。

はい、これで、座席が決まりましたよ。

委員会活動もなんとなく、顔見知りや学年ごとに着席しがちですが、
ランダムに着席、というのも、たまには、新鮮ですよね。

不思議なもので、普段のどんぐりひろば教室でも、
なんとなく、座る位置がみなさん、決まってきています。
大人も子どもも、慣れた状況というのが居心地よろしいのでしょうかね。
おもしろいですよね。

さてさて、そんな、ちょいと居心地悪いような、新鮮なような座り方、
いつもと違って、また新しい話題も出るし、
何と言っても、隣に座った人の新たな一面も発見できて、なんか楽しいかも。

さて、宴もたけなわ、というところで、プレゼント交換です。

主婦の集まりでもあり、家庭にある、ちょっとしたもので・・・。
(例えば、私がもらったのは入浴剤のタブレットが4個!でしたよ。)

かるたを使い、プレゼント交換をちょっとお遊びにしてみました。

先ほどのかるたの絵札、裏には『歌詞』が書いてあります。
はい、『うたかるた』だけあって、当然ですけどね。

司会者が、袋の中から1枚の紙を取り出すと・・・
そこには、コピーした絵札が。

同じ絵のかるたを持った人が、
「はい!」
と挙手し、歌を歌います!

・・・実は、私は、こんな仕事をしていながら、
こういう場面では結構気恥ずかしく思うほうなのです。
他にもそんな方があるかも・・・、と思い、
持参したミニピアノで、曲を弾いてみました。

こういう時は、絶対音感がちょっと役に立ちます。
一人ひとりの歌いやすいキーに合わせて演奏すると
安心してもらえますね。

Ok、これなら、多少の気恥ずかしさもクリアできる!
皆さん、照れながらも、懐かしの童謡を1コーラス熱唱!

歌った人は、順番にプチプレゼントをゲット!
そして、次に歌うべき人を抽選・・・。

難しいことではないけれど、少し緊張!
ドキドキワクワクしながら、20人ほどの熱き歌が続きました。

短い歌の人もいれば、長い歌の人もいて、それもおもしろい!
わらべ歌や、「せっせっせーのよいよいよい」ではじまる手遊び歌もあり。
・・・手遊びが楽しくなって、2回も歌う羽目になった人もいて。

少し子どもに戻りつつ、皆さん笑顔と拍手で盛り上がりましたよ。
いつもより、また仲良くなれたようで、それもうれしかったです。


年末年始。
大人も子どもも、集まりの機会が多いです。
お手持ちのかるたで他にもいろいろな遊びができますよ。

アイディアありましたら、みなさんも教えてくださいね。

でね、とにかく、やってみて楽しんでください。
元気のいい人も、少しシャイな人もみんなで楽しめるのがいいなあ、と思いましたよ。

どんぐりひろばでは、子ども達の『かるた』も
ただ、普通に取ったりするだけではありません。

教室においでの方々はご存知ですね。
『かるたの使い方』に子どもを合わせず、
その日に集まった子ども達の様子、興味関心に応じて、
どのかるたをどのように使うかを変えていきます。

楽しいと集中し、記憶に残りやすいです。

『またやりたいなあ』そう思えると、長く続き、
よい学習の習慣にもつながります。



お帰り前に ポチッどうぞよろしく060.gif にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ








by dongurihiroba | 2013-12-08 02:28 | 社会