横浜市・希望ヶ丘☆どんぐりひろばは子育ての不安を前向きな意欲に変えるお母さんと子ども(0~6才)の教室です。幼児期にこそ『見えない学力』を豊かに育てましょう。☆お問い合わせは下記HPのメールで。


by どんぐり先生
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

2013年度漢字検定実施しました




神奈川県の入試制度が変わってから…



2013年度漢字検定実施しました_b0177103_13293891.jpg


6月30日(日)、どんぐりひろば会場での 『日本漢字能力検定試験』、
通称『漢検』の実施をいたしました。

教室生徒はもちろん、卒業生や、生徒でない地域の小学生、中学生、高校生も参加しました。

どんぐりひろば教室では、昨年は受検の小学生の教室生徒は全員合格しました。
前年までは、不合格になる生徒も数名いたので、たいへんうれしく思っていました。

なんと今年は、満点を狙えるレベルに成長した生徒が何人も出てきました。
結果が楽しみです。

現在の1年生は来年はこの検定を受けることになります。

また、幼児部でも漢字に関心を持つお子さんお母さんが増えてきています。
学習することが楽しい!そんな環境づくりをますます進めていきたいと思います。

漢検は、漢字について多方面からの出題があり、
「オモシロムズカシイ」、なんだかクイズのような楽しさがあるようです。

それで、1回受けると、毎年のように受け続ける人が多く、
漢字がずいぶん得意、好きになったという声をよく頂戴します。

神奈川の高校入試の内申書に記載されることもあり、
一昨年までは、中学生、それも部活をやっていて、遠くの検定会場にいけないのはもちろん、
塾にもいっていないという人達の申込で別日程枠を設定するほどの人気でした。

ご存知の方も多いでしょうが、今の高1生の高校受験より、神奈川公立高校の選抜方法が大きく変わり、
中学によっては、『漢検受けても、何もおトクになりません。』と進路説明会で公言されたところもあったそうです。

それでなくても忙しい中学生、彼らの漢字検定受検が軒並み減少しました。
これは、どんぐりひろばのことですが、教室卒業生の現在の中学生に聞いても、
周囲で検定受けるという子は少なくなったとのことです。

そもそも、入試のために頑張る・・・
それは、委員会であったり、ボランティアであったりも内申にカウント(それもどうか)されていたからでしょう。

ただ、本来の目的を考えると残念な気がします。

ぜひ、低学年のうちから、このような質の高い学習をしておいていただきたいものです。
高校入試の国語においての漢字問題は、ただただ『得点源』となり、特段の学習は不要となります。
何よりも、国語力がアップすることで、国語はもとより、例えば社会における人命、地名もなんなく書けるなど、
他の教科の成績にも良い影響となることが多いです。

時間のたっぷりあるうちに楽しんでできること、漢字もその一つでしょう。







お帰り前に ポチッとまだの方はどうぞよろしく060.gif
にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ

by dongurihiroba | 2013-07-01 13:21 | 漢字検定