横浜市・希望ヶ丘☆どんぐりひろばは子育ての不安を前向きな意欲に変えるお母さんと子ども(0~6才)の教室です。幼児期にこそ『見えない学力』を豊かに育てましょう。☆お問い合わせは下記HPのメールで。


by どんぐり先生
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28


「夏休み子ども作品展」
         受付終了しました!!


9月15日をもちまして、「夏休み子ども作品展」の受付を終了いたしました。
ぎりぎりまで、メールいただきました。
みなさま ありがとうございました。

本日までに「作品をお預かりしました」という旨の
こちらからの応答がなかった方がもしいらっしゃいましたら、
なんらかのミスでエントリーからもれている可能性があります。
そのような場合は、すみませんが、
このブログのコメント欄を使ってご連絡くださいね。
抽選および発表は20日の予定にしていますので、お早めに。

ご応募いただいた方は連絡事項をブログ上に
発表することがありますので、
チェックのほどお願いしますね。
# by dongurihiroba | 2009-09-16 10:34
ようこそ060.gif秋の気配が感じられるようになりましたね。
なにか始めるにはとってもよい季節です。060.gif

今日もポチッとしてからお入りくださいね。
 
 ↓    ↓    ↓
                 にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ


夏休み子ども作品展は
       明日が最終締め切りです



まーだ夏休みとか言ってるのオ002.gif
というくらい過ぎてしまいましたが、
夏の思い出の中になんかないかなあ~?

明日いっぱい受け付けていますよ。
記念にどうぞ。

詳しくはこちらへどうぞ。
# by dongurihiroba | 2009-09-14 09:43
ようこそ060.gif
ランキング下がり気味で、いつも応援のみなさまごめんなさいね。

教室生徒のお母さんにとっては、
教室時間中に話せないことなども
少しずつ盛り込んでいきますのでぜひご覧ください。
保護者のみなさんにはPC苦手な方も多いようなので、
感想や質問は口頭でも構いませんからね。

どんな教室か気になる方は、ご遠慮なく左記HPより
メールをくださいね。

今日も1ポチお願いします。060.gif
ポチッとしてからお入りくださいね。
 
 ↓    ↓    ↓
                 にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ





効果的な絵本の読み方???

「効果的な読み方って、ありますか?」
お母さんに聞かれることがあります。

「どこかで何か聞いてこられましたか?」
と聞くと、ちょっともごもごしながら、
「賢い子になる読み方があると、人に聞いたから・・・。」
とのこと。

やっぱり~、予想通りです。

私は、お母さん方には ただ
「毎日 1回でもいいから、本を読んであげてね。」
とだけ言っています。

毎日続けた家庭のお子さんは学校にあがってからも本が大好きです。
中学生くらいになると、読解問題での苦労はまずしません。

だから、こんな質問が来るときは、お母さん自身に迷いのあるのかなと
思い、またそうであることが多いです。

気に入りの電車の本しか見ない、とか。

同じページばかりを何度も見て、先に進まない、とか。

自分で読ませようとしたらいやがった、もう大きいのに、とか。


お母さんはそれじゃ駄目だと思っているのですか~?
だれしもそういうときは多少の差はあっても必ずあるので、
逆にちゃんと「そのとき」を肯定して、過ごしてほしいと思っています。

電車の本を熟読しているの。
文字だけではなく、電車のボディのつるっぴかっとした塗装の色がたまらなくいい。、
パンタグラフの形はひらがなの「く」に似ていいるなあ。・・・・と思ってみたり。

このページは、うっとりするほどのごちそうが並んでいるのでずっと見ていたいよ。
その中のケーキのクリームのしぼり方がくるん、くるんとなっていてきれい。
(何度か目に読んだときに)あ!動物の数よりケーキが少ないよ、足りないね。・・・と気付いたり。

読み聞かせは、寝るときの儀式になっているので、
自分で読めと言われたのは心外だわ。きのうまではそうじゃなかったじゃない。
文字は読めるけど、自分で音読はまだしんどいんだってば。
ママがいるからいいのに。・・・と叫んでいたり。


上のオレンジ文字のような現象に対して、
その下のグリーン文字の部分はは子どもの心です。
というか、私が子どもに成り代わり、
「もし、言い訳する言葉を持っていたら・・・」の
想像での答えです。

つまり、進んでないようで、子どもなりにしっかり考えています。
言葉でうまく言えないだけで、心の中の内なる言語(内語)では
さまざまに考えを巡らしているものです。


だから、目に見えないものを、つまらないと思わないでくださいね。

「賢くなる読み方」だと思って、読んでいる途中にいろいろと
発問したくなるお母さんはいらっしゃいませんか?
いわゆる「よくできる子」のお母さんに多くみられる現象です。
b0177103_12225139.jpg

                        ひかりのくに刊



「最後まで見つからなかった子ヤギはどこにかくれていた?」
「オオカミは何匹の子ヤギをたべたのかな?」
等々。

これらは、知的発問のように思われます。おそらくそうでしょう。

しかし、どんぐりひろばでは、
お母さんの声で読むことが一番大事。
毎日読むことが大事。
問題を出さないことが大事
と考えます。

お母さんのゆっくりした優しい声での読み聞かせは
人気女子アナの声にだって勝るものです。
子どもは、安心してたっぷりした気持ちを満喫しています。

毎日の習慣になれば、お母さんも苦にはなりません。
親子の楽しみな時間ですが、「継続は力なり」に結びつきます。
内なる言語の発達するとき、自分らしい読解ができる時ですから、
学校のように問題を出されることは、雑音であり、中断です。

もちろん子どもから質問してきたときに
何も答えてはいけないかというとそうではないです。
ただ、会話よりは自身の内的言語を育みたい時間です。

うちの教室でも必ず途中で、
思いついたことなどを子どもが語りだす瞬間があります。

これはこれで、素晴らしい宝の原石ですから、
大事にしなくてはなりません。

そんなときの私の様子を見ているお母さん方は
ずいぶんと学んでおられると思います。


テレビを見ながら、とか、いつでもケイタイを手にしながら、
という大人の何かしながらのスタイルを
子どもの絵本の世界にまで
持ってこない方がいいと思います。

読み聞かせは素のままでいいのです。
子どもが自分で読み解く楽しみをとっておいてあげませんか?
b0177103_12235095.jpg

                   ひかりのくに刊 「おおかみと七ひきのこやぎ」より



何度も読んだり見たりしているうちに、読み解く力が高まり、
子どものほうから、
「子ヤギは7匹のうち、6匹は食べられたんだね。
残りの1匹は、時計の中にいたんだよ。」
と言ってきたときに、
「本当だね。よく見つけたね。」
と言って喜んであげたらいいんですね。

どんぐりひろばで、4週続けて同じ本を読み聞かせたりするのも
同じ理由からです。私が手を抜いているわけではありませんよ。

学校の教材には必ず「学習のめあて」があり、
「大きなかぶ」でも「おむすびころりん」でも、
教材学ぶというよりは「教材学ぶ」ことに
重点が置かれています。
だから、先生はいろいろな発問をします。

親子で絵本楽しむ自由なとき。

それは、そんなに長くはないものです。ぜひ楽しんで。


敢えて「効果」を気にするならば、楽しんだ挙句に最も表れるものと思います。


以上は、「人より早く」ということを目的としている幼児教育を目指す人には、
あまり参考にはなりませんので悪しからずご了承くださいね。


なるほど~と思っていただけましたら、 ポチッとどうぞよろしく060.gif
にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ

# by dongurihiroba | 2009-09-10 12:37
ようこそ060.gifブログランキングに参加しています。
みなさんの1ポチがとても励みになります。060.gif

ポチッとしてからお入りくださいね。
 
 ↓    ↓    ↓
                 にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ




メダル!!!

6月に送った「毎日 ひらがな かきかた コンクール」の表彰を
教室内で行いました。

b0177103_1162080.jpg



下の写真は年中以下の木曜日のクラスのもの。
b0177103_120525.jpg


賞状を色紙にセットして、
実際に送った作品のコピーも
添付しました。

お子さんの作品をコンクールとか、
学校とかに出す際は
戻ってこないものもあるので、
その都度コピーをとっておくとよいですよ。

それから、教室でのちょっとした一コマの写真なども
いい機会なので一緒に飾りました。

一人ずつみんなの前で呼ばれて
表彰状と、メダルを受け取りました。

とてもいい笑顔でしたね。
お顔を出せないのが残念なくらいです。

実は、この表彰と前後して、
「全国 硬筆コンクール」にも
数名応募したところです。

当初、予定にはなかったのですが、
みんながどんどん書けるようになったので
応募することにしたのです。

まだ、人間初めて何年かしか経ってない子達です。
書けた時点でもう立派なのです。

書道教室ではないのに、めきめき上達できた子どもたち、
本当にえらい!!!

夏休み子ども作品展はまもなく締切です。最後のご案内はこちらから❤
# by dongurihiroba | 2009-09-09 01:34



贈り物をありがとう


去年の9月22日と23日のことでした。

門柱の上にまだ青いどんぐりの小さな実が枝葉付きで
二日連続で門柱の上に届きました。
(このことは、左記HPの「今日の一言」に
去年記していましたから、よかったらご覧くださいね。)

ははん、だれか生徒が持ってきてくれたのね。
そう思っていました。

けれども、生徒や保護者のみなさんは、みな違うと言い、
私の友達も知らないと言う。

それでは、散歩が日課のワンちゃんママかと思いましたが、
それも違った。

仕方ないので、「どんぐりを届けてくれてありがとう。」と
書いたプレートを写真とともに表に掲げていました。

そして今日。
5時前に郵便局に行った時にはなんでもなかったのに・・・。
5時半前に「文章・表現のひろば」の生徒が通りやすいように
と思って、ガレージの車をちょっと移動させた後に気づきました。

またまた どんぐりの贈り物が!!!


b0177103_0401541.jpg
去年と同じ青いコナラの実です。
いや、シイの実かな?
調べておきますね。

今年こそは
送り主にありがとうと言いたい!
という気持ちと、


ずっと、ミラクルでいてほしい!
という気持ちと

両方が混じっています。

明日も来てくれるかしら060.gif???



お帰り前に ポチッとまだの方はどうぞよろしく060.gif
にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ

# by dongurihiroba | 2009-09-08 00:46
ようこそ060.gifブログランキングに参加していますが、更新ができてなくて下がってしまいましたね。
お待たせしましたが今日もよろしくお願いしま~す。
みなさんの1ポチがとても励みになります。060.gif

ポチッとしてからお入りくださいね。
 
 ↓    ↓    ↓
                 にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ




夏のなごり

この頃は市販の教材も、通信の教材も
良いものがたくさんあります。

幼児教室も大小さまざま、個性もさまざま。

そんな中で、どんぐりひろばに来て
どんなことがよかったか、聞いてみました。

072.gif072.gif072.gif072.gif

056.gif家では続かないであろう家庭用教材も週に1回みんなの前で見てもらったり、
他の子の教材への取り組みを見ると気持ちも新たに次の週もやり始める。

056.gifクラス編成が必ずしも学年で線引きをしてないので
お母さん同士が比較してカリカリすることがない。

056.gifそればかりか、小さい子やそのお母さんを見ると自分自身の振り返りとなり、、
大きい子のお母さんからは時にアドバイスをもらえコミュニケーションが取りやすい。

056.gifかるたを家でもやっているので、教室でもやるかるたに意欲がわく。

056.gifいろんな子がいるが、一人ひとりを認めてもらえるのがうれしい。

072.gif072.gif072.gif072.gif

ありがとうございました。
簡単にご紹介しました。

私がお子さんやお母さんと接して
おうち学習だけでなくてよかったなと思うこと、
色々ありますが、その一つについてお話します。


同じ課題でも、早い子、遅い子、のれるとき、のれないときなどあります。

おうちで親子だけで取り組むとなると・・・。

よくできる時、早くできる時、当然お母さんはほめると思います。
それで、子どももうれしくなって、次もがんばります。

できない時、遅い時、しばしば親子で衝突が起こります。
場合によっては、子どもを傷つける言葉が出る方もあります。
本当はここの対処の仕方が一番大切かもしれません。

いつもいつもできがいい子の場合はさらにやっかいで、
順位がいいことに常に喜びを感じるようなる場合があります。

親からそういうオーラが出まくっていたりもします。

そうなると、もはや勉強そのものの楽しみより、人よりどうか、
ママは自分を受け入れてくれるか、そんな評価が気になる子になります。

遅れている他の子への思いやりどころか、
自分より下位に誰かいると安心し、そういう子を見下します。

子どもには、「優しい子になってほしい」と
親なら願っているはずです。

それには、優しい子がつぶれてしまわない環境を
大人が作っていくことが大切です。

どんぐりひろばに集うお母さん方は、
みなさん周りからも学ぶ姿勢が感じられ、
クラスがとてもいい雰囲気です。

かるたをやろうと思っても、
自分勝手に交ぜくる子がいたら・・・。

甘えてず~っと泣いている子がいたら・・・。

他の子のお弁当の中身を勝手につまんでしまったら・・・。

順番を守れない子がいたら・・・。

課題を進めるのが遅い子がいたら・・・。


全部子どもに関わってもらいます。
こんな時の子ども同士の育ちあう姿はすごいです。
お母さんが叱ったり、
邪魔になるからと教室から退室、
という必要もありません。

けれども、ごめんなさいね、とか、
ありがとう、の言葉が、
まずは大人から真摯に発せられています。
子どもたちはちゃんと周りを見ていますね。
そのうち、どうしたらよいかまで、学習しているようです。

指導者の言葉かけと子ども同士の素直な気持ちの交流、
こればかりはおうち学習ではかなわないなあと思います。

お母さん方もうまくいかないときの対処がとても上手になっています。
よそのお子さんへのかかわり方もいい感じです。
b0177103_1133317.jpg

もし、プリント学習のみに命を削っているなと感じる方が
いらっしゃったら、ちょっと散歩にでも出てみませんか?

カードを見て「せみ」と言える小さな子。
十分りっぱだけど、
今なら、せみの穴や、ぬけがらがまだいっぱいありますよ。

今朝、近くの公園に行ってみました。
私の目当ては「今年のどんぐり」の出来加減のチェック。
でも、目にしたのはたくさんの「せみの穴」と
どんぐりの木の葉の裏にあるたくさんの「ぬけがら」でしたよ。
(葉についた茶色の物は全部ぬけがらですよ。)

夏のなごり  でした。


お帰り前に ポチッとまだの方はどうぞよろしく060.gif
にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ

# by dongurihiroba | 2009-09-07 09:56
ようこそ060.gifブログランキングに参加しています。
ここのところ、新学期の準備や個別相談に力を注いでいました。
記事更新をあまりしていなくてごめんなさい。
また、それでも毎日ポチッとしてくださり、感謝いたします。
さて、新学期もよろしくお願いしますね。060.gif

ポチッとしてからお入りくださいね。
 
 ↓    ↓    ↓
                 にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ




ジャンボぐりどん


ずっと頭の中にあって、手元にはなかったぐりどんの人形。
小さな子が抱っこしたり握手したりと「こんにちは」の
挨拶ができるバレーボール大のぐりどんがやってきました。
b0177103_19115028.jpg

頭のところには緑の帽子。
ぐりどんは元々ひらがなの「ど」をモチーフにして描いた絵です。
「゛」もちゃんとついた帽子で、作者Amuletさんの小技が効いています。

子どもたちは大喜びでしたが、照れたり、
ちょっと乱暴に扱ったりいろいろでした。

次はどんな反応があるでしょうかね。

椅子に座ることができる人形です。
「ぐりどんが見ているね。」、という一言だけで
自分のいいところを見せたくなった子も。

そもそも、0~1才くらいのお子さんが、入室後すぐに
馴染めるためにほしいと思っていた人形です。

小さいときから通うほど楽しめる教室です。
どのクラスも、今なら特に入室するには区切りが良いです。
年中は、「憧れのワーク」が始まります。

お問い合わせはメールでどうぞ。
(メールはリンクのところのどんぐりひろばのホームページから送れますよ。)

# by dongurihiroba | 2009-09-03 19:22
ようこそ060.gifブログランキングに参加しています。
みなさんの1ポチがとても励みになります。060.gif

ポチッとしてからお入りくださいね。
 
 ↓    ↓    ↓
                 にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ



夏休み子ども作品展


夏休みはおわったけれど、応募はまだまだ受付中ですよ❤



         教室でも使用の知育玩具を 3名さまに、

                写真はイメージ。お子さんの年齢に合った賞品となります。

b0177103_8335640.jpg


       

         オリジナルぐりどんクッキーを  3名さまに、

                人気のスイーツ店「お菓子工房Keimin」製。 
 
b0177103_8345568.jpg
   
                   
         合わせて6名さまに抽選でプレゼントいたします。
 016.gif


次に応募の仕方について・・・。

  


    060.gif060.gif 応募要領 060.gif060.gif


応募資格 : 小学6年生以下(下限は問いません。)のお子さんの保護者。
         
         このブログ上、および教室内で作品展示することをご了解いただける方。

         ランキングでポチッと応援下さる方。

         このバナーです。初めての方は練習ですヨ!押してみてね。 
                 にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ




内容 :    小学6年生以下の子どもの
         絵画・工作(折り紙やブロックなども可)・鉛筆書き・お習字など。

           お子さん一人につき、締切日ごとに作品一つ。
           自作未発表の作品であること。
           (ご自身のブログ内公表は構いません。)
           また、年少以下はおうちの人と一緒に作ったものでもいいです。


応募方法 : メールによる写真応募のみとなります。

           手順としては・・・
    
           作品完成 → 作品をデジカメで撮影 → メールに添付して送信

                                           ・・・となります。


b0177103_18404013.jpg
         
参考作品です。(7月14日記事掲載写真より)
このように写真に撮ってメールで送ってくださいね。






また立体作品の場合は次のように、


b0177103_11265512.jpg
b0177103_11372441.jpg
b0177103_11273994.jpg





↑とか↓のように、作品の様子が分かるように違うアングルからの複数枚を送っていただいてもいいですよ。
これは、作者のを許可を得て参考作品としてアップしたものです。



b0177103_1128486.jpg
b0177103_11282433.jpg





画面左側の 「ex以外のリンク」というところの
 どんぐりひろばのHP[❤作品応募はここから] をクリックし、
         「生徒募集」画面 クリック、 「オレンジ色のアドレス」 クリックで、
         メール画面になりますので、そこから送信してください。
    
         なお、応募はHN(ハンドルネーム)で構いませんが、プレゼント当選の方は
         後日お名前や住所をお知らせいただくことになります。
         この場合知り得た個人情報はプレゼント発送にのみ使用します。

         ここまでをふまえて、メールには以下の内容をご記入ください。

         ①お名前(HN) ②お子さんの生年月日
         ③作品について(タイトルや内容について)
         ④お住まいの都道府県と市区  ⑤どんぐりひろばのブログのご感想
         
         件名は 「どんぐりひろばの作品展」と明記してくださいね。


締切日 :  第1締切日  8月15日(土)       
          第2締切日  8月31日(月)
            第3締切日  9月15日(火)

        ※締切日ごとに1作品ずつ応募できます。
          最大一人3作品の応募が可能となりますね。
          どんどん応募して、当選チャンスを増やしましょう!!!

発表 : 9月下旬を予定しています。
      ブログでの発表となります。


お問い合わせは、ブログの非公開コメントか、応募先と同じメールにお願いします。

たくさんのご応募をお待ちしております。
# by dongurihiroba | 2009-09-03 00:07

   
    ぐりどんストラップ




b0177103_17404917.jpg



どんぐりひろばのキャラクター”ぐりどん”が、
かわいいストラップになりました。

手作りのあみぐるみで、
温かみのある優しい表情していますよ。
作家のAmuletさんに 無理言って作っていただきました。

生徒のみなさん楽しみにしていてくださいね。

それから・・・
11月10日のどんぐりまつりまでにご入会の方にも
差し上げます。 

教室のことが気になった方は、
メールでお問い合わせくださいね。




新しいストラップ、かわいい~と思ってくださった方、 
ポチッとどうぞよろしくお願いします。060.gif
にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ

# by dongurihiroba | 2009-08-29 18:39




                めさきを変えて


「かるた道場」と呼ぶ人もいるどんぐりひろば。

未就園児のクラスでは、今「おはなしかるた」に取り組んでいます。
幼児教育ポータルサイト」の記事の中ですでに話をしましたのでご覧くださいね。
                                        ↑  ↑  ↑
                                       クリックできます
さてさて、46ものおはなしの一部について
子どもたちは耳からフレーズとして、
目からはかわいらしい絵で
それぞれの昔話を憶えています。

ここまで取りかかった
(テレビでいうと予告編をさんざん見た状態と同じ)ものを
読み聞かせのときに使わない手はないと、
いつもお母さん方には話していました。

だけど、おうちではなかなかむずかしいというのも本音のようで、
実際に読破したという声をあまり聞きませんでした。

そこをそっと後押しするのが、私の役目ですね。
このたび「おはなし よんでね カード」というのを作りました。

お母さんが忙しくしていても、お子さんが
「これ読んで~。」
「まだこれ読んでないよ~。」
とお母さんに催促できるようにしました。
お母さんから見ても読んだのと読んでないのとが
すぐに一覧できる仕組みにしました。

教室に来て、読んだのを自己申告してくれたときに貼るための
シール(これがまたいい)も用意しましたからね。

写真でお見せできないのが残念ですが、
生徒さんは教室でのサプライズですよ。お楽しみにね。

今日は写真なし?ではつまらないので・・・。
ちょっと、目先を変えたかるたとりのご紹介です。

かるたはテーブルの上でしますか?
畳の上が好きという子のほうが多いかしら?

ジャン!
こんなのも、有りですよ。
「壁に向かって よーいドン!かるた」です。


b0177103_12253613.jpg
子どもたちは、すごく燃えます。
接着は「リムカ」という弱いタイプの両面テープ。
または、それより少し強いタイプ。
これなら、壁も、カードも傷つきません。

壁の前に座っていて、はいっと取るか、
数メートル手前からよーいドン状態で走ってきて取るか、
取り方は、お子さんの特徴や体力に応じて変えるといいです。
安全には、配慮してくださいね。

どうしても、力が有り余るタイプのお子さんなら外でもできますよ。
パン食い競走のように紐に洗濯バサミなどで
つりさげたのを取るようにしても面白いのです。

この方法は、以前に雑誌「子どもと学力」(フォーラム・A刊)でも紹介いただきました。

かるたの遊び方は、まだまだたくさんあります。
教室では、人数、年齢、その時の空気などにより
方法も臨機応変に変えていきます。

全国均質にしなければならないとマニュアルで決まっていれば
できないようなことを、その場に応じて取り組んでいきます。
教育の主体は、教師でないのはもちろん、
他の誰でもないその時ここにいるお子さんたちだからです。

かるたや教室について、お聞きになりたいことがありましたら、
メールプライベートなものはぜひこちらに)、
またはコメント欄(記事の最後の右下の"comments"を押してね。)
をご利用くださいね。




楽しんでいただけましたか?060.gif
お帰り前の1ポチがとても励みになります。060.gif

また おいでくださいね。
 
 ↓    ↓    ↓
                 にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ

# by dongurihiroba | 2009-08-27 12:01

和室の工作



       和室の工作


どんぐりひろばの教室の和室。

古い部屋なので、砂壁の暗さが気になっていましたが・・・。
b0177103_158267.jpg


夏休み中になんとかしようと急に思い立ちました。
b0177103_21541533.jpg

板壁でふさぎます。

ふさいだら、どんぐりの木を作りたくなりました。
b0177103_10344381.jpg

明るい感じになりました。
木の幹は、和室ならではの柱をそのまま使ってみました。


他の工作もないのかなあ~と思った方はポチッとの応援よろしくお願いしますね。060.gif
にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ

# by dongurihiroba | 2009-08-24 06:36

えんぴつとおはし






             えんぴつ と おはし




えんぴつを正しく持つことを気にしていると、
おはしもきれいに持てるようになります。

おはしをきれいに持つ子は
えんぴつ使いも滑らかです。

日本人なので、言うまでもないですが、
えんぴつとおはしの上の1本とは
同じ持ち方ですね。

教室の子ども達、
ユビックスという持ち方の補助具で
正しい持ち方を何度も体感します。

正しくなってきた子は多いですよ。
あと一息の子も増えてきました。

このとき、見落としがちになるのが
左手(おはしを持ってない方の手)のことです。
b0177103_6401819.jpg


こちらの写真をみてくださいね。
書くときは左手がこの位置に来る習慣がついている子です。
ワークが大きいので、少し全体的に上の方を押さえていますが、
この子、いつも短い時間の集中力は抜群です。


次の写真では問題があるでしょうか?
b0177103_781418.jpg

左手が手前すぎるでしょう。

そうすると、首や背中は左にやや傾きます。
短い時間でもすぐ疲れます。
手で押さえないので紙が動いたりずれたりして
鉛筆の先が思うように動かないですね。
すると、気持ちの集中も途切れます。

こうした姿勢のときは、えんぴつだけでなくて
案外食事のときの姿勢と関連していることがあるのです。
その子だけでなく、家族皆、左手がテーブルの下に
下がっていたりとかですね。
だから、大人がまず気をつけたいですね。

どんぐりひろばで、お弁当の時間やおはし遊びがあるのは、
そういうことともつながるからというのもあります。

それから、右手の指は?
中指が人差し指とがえんぴつの軸に沿って
そろってしまっています。

この癖の子が意外に多く、
今のところ一番直しにくいです。

でも、一度に全部は修正できません。

こんなときは、ケチは付けずによくできている他の子をさらっとほめます。
次の瞬間から、持ち方がよくなったりするからエライ!
子ども同士の育ちあう姿っていいなと思うし、
大人としては楽チンですね。
楽チンなんだけど、回を重ねるごとに確実によくなってきます。

もちろん、こちらのお母さんも立派なことによく理解していらっしゃいます。
(ちゃんとできることも多いのにこの写真使ってごめんなさいね。)
周りの方も温かく見守ってくださり、できたときには大勢で褒めまくりですよ。

「家ではできないのにここではなぜかできる」ことが
それぞれみなさんあるようです。

素晴らしいと思いますよ。


さて、
秋からのどんぐりひろば、
       体験教室の参加をお勧めしますよ。


幼稚園児向きの2つのクラスは、
午後 幼稚園から帰ってきてからの参加です。

6つの幼稚園のお子さんが集まっていますが
十分に間に合っています。


未就園のお子さんは、お弁当の時間があるため、
午前11時からとなっています。

知っている方がいなくても大丈夫。
雰囲気いいのですぐ馴染めると思います。

お子さんの様子を見て、ちょうどのクラスを提案いたします。

また募集クラスでなくても、2人以上でのご希望があれば
クラス新設が可能な場合があります。

11月10日のどんぐりまつりのあとは締め切って入会できないクラスも出ますので、
ゆっくりしたこの時期にご一報くださいますことをお勧めします。

駐車場がなくなってしまいましたが、バス停のそばなので交通は便利です。


お問い合わせはこちら(作品応募と同じメール)からどうぞ。 
お帰り前に ポチッとまだの方はどうぞよろしく060.gif
にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ

# by dongurihiroba | 2009-08-22 07:34

夏休みの宿題







宿題  私の工作



夏休みも残りが少なくなってきましたね。

7月中にしっかり宿題を終えた人、
計画的に少しずつやっている人、
全てははこれからの人、
に分けるならば、私は完全に3番目に当てはまりますね。

只今、教室内工作中と言いましたが、
これもその一つ。

b0177103_11442897.jpg

100円屋さんで買った薄い板棒と、塗料。
さて、何ができるか、休み中に間に合うか。

宿題まだできてない全国の子達!
ともにがんばりましょう!!


今日は、完全に自分励ましモードです。
暑いし、焦るので、この辺で。

060.gif
何ができるか、楽しみにしてくださいましたら、ポチッと応援お願いします。060.gif
 
 ↓    ↓    ↓
 にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ

# by dongurihiroba | 2009-08-20 11:45

夏休みこども作品展


どんぐりひろばの「夏休み子ども作品展」作品募集中!

夏休みのこの企画まだまだ募集は続いていますよ。024.gif
次の締め切りは第2締切日8月31日(月)
ですよ。

今回の応募が一番多いかもしれないですね。




応募作品と一緒に、製作中のお子さんの写真もいただきました。

b0177103_8223930.jpg


いい雰囲気ですね。


作品応募は、「生徒募集のページ」からだから、
なんか気遅れするし・・・という方、
お問い合わせのない方に勧誘することはないですよ。
安心してくださいね。
それにHN(ハンドルネームでの匿名)でいいんです。

お気軽にどうぞ。

↓      ↓      ↓ 

ちょっとでも気になったら、こちらを見てくださいね。
# by dongurihiroba | 2009-08-19 21:18

救急救命講習

お盆休みは明けましたね。060.gif
1ポチのお手間いつもありがとうございます。060.gif

 
                 ↓    ↓    ↓
                 にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ




         AED




昨日(もうおとといになりましたけど。)近所の消防署にて、
町内会のために「救急救命のための講習会」が開催されました。
所帯数が多いので、三日間に分けての講習。

ここの自治体は本当にみなさんがよく動いてくださいます。
ありがたいことです。

b0177103_0372252.jpg

         写真撮れなかったのでこの画像は前日Keiminさんが撮ったのをお借りしました。



やってみると、人工呼吸は口の端から息が漏れてる、と気づきました。
心臓マッサージは落ち着いてできました。
「課題」をこなすのに必死で実際にはこうした方がいい、という反省も・・・。
008.gif

大事なのは技術的なことに夢中になることでなく、
患者さんの様子を的確に把握すること。
009.gif

やってみたら参加者からも質問もいろいろ出ました。
消防士さんはとてもわかりやすく教えてくださいましたよ。

吐物があるときの人工呼吸は?
女性の場合は胸に手を置くのは躊躇するが?
人工呼吸で気道確保したのに、心臓マッサージ中は首が元にもどるが?
AED操作で感電するというが、アクセサリーつけている時は?
そういえば、押尾学容疑者が心臓マッサージしたという女性が
ろっ骨折れていたという報道あったが、骨折の心配は?
039.gif


などなど、教えていただかないとわからないことばかりでしたよ。
みなさんは、いかがですか?

乳児の場合、小児の場合のマッサージの違いも習いましたよ。

救急車を呼ぶときは、周りにたくさん人がいても
「誰か」じゃなくて、目が合った人に「あなた、119番お願いします。」
とはっきり言うこと。AEDも場所を知っていたら
「あなたは自治会館のAED持って来てください。」
と言うといいそうです。

慌てますものね。
私はいざというときに自信がなかったので参加しました。

AEDと書いた箱を時々見るようになりましたよね。
いざというとき、見かけたら「使用できる自分」に誰もがなること、
大事だと思います。

小学生以上の子どもたちにも正しい知識(操作はまだでも)を
与えてほしいですね。


夏休みの私のひとコマでした。

さて、実は、現在教室内改装中です。
う~ん、改装というより、工作中と言った方がいいかもしれません。
悪戦苦闘中です。
写真でお見せできるようになるといいのだけれど・・・。
宿題に追われる子どもの気持ちと同じです。

# by dongurihiroba | 2009-08-18 01:09
こんにちは。060.gif
お盆休みの方も多いのでしょうね。
ご家族でご覧くださいね。
おいでくださり、いつも1ポチっとありがとうございます。
060.gif
にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ





「11月10日 火曜日 11時~」

どんぐりまつり開催  します


恒例の どんぐりまつり。
今年の秋の日程が決まりました。

体験教室のテーマについては もう少し後に 発表しますが、
みなさんに 得したと思っていただける内容を考案中です。
日程だけはお早めに、スケジュールに入れてくださいね。
時間的に0~4才の「未就園児」対象ですが、
園児のお母さんだけの参加(妊娠中のプレママ含む)もできますよ。

詳しいご案内は9月になってから行いますね。
どうぞ お楽しみに。


→前回の「どんぐりまつり」の様子はこちらでご覧くださいね❤
# by dongurihiroba | 2009-08-12 11:50

おはしの話ー2

ようこそ060.gif
みなさんのいつもの1ポチのお手間に感謝しています。060.gif
                 にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ



 あそべ   あそべ  あそべ



5月のどんぐりまつりのテーマが「おはし」でした。

お母さん方の関心は思った以上に高いものでした。

「4才なのに、まだ持てない。」(ちょっと悩み気味?)
「2才できれいに持つ。」(ちょっと自慢気?)

持ち始めの時期も持ち方もいろいろでした。

人より早いことが素晴らしいのではありません。
運動能力的に2才は早すぎはしないか?
そうでもないです。
どんぐりひろばでは、2才代にはほとんどの子が
進んでおはしを使うようになっています。

しかも、全然無理してないので、
その後の活動にもメリットが大きいです。
だから、そのころにはおはしを持たせてOKです。

まちがっても、おはしを持たせたいために
「〇〇はし」などの矯正箸は使わないでくださいね。

矯正箸は強制箸であり、
介護用品であっても、育児用品ではありませんよ。
(教室でお母さん方に実証済み)

人生において、おはしを使えるその始まりの喜びを
苦痛にしないであげてください。

お箸使いのために教室では何をやっているのか。
手指を使う遊びをたくさんやります。
教室で紹介した遊びをヒントに
家庭でもお母さんが工夫して取り組みます。
b0177103_914269.jpg
  
大人は意図して用意していますが、子どもは、無意図的に遊びます。
遊んで遊んで遊びつくしてほしいです。
子ども自身は「~のために」遊んでいるわけではないですね。


この写真、おはしじゃないんですけど・・・?と言われそうですネ。
写真は、100円屋さんのアイアンに
教室で使用の「赤青シールつき洗濯バサミ」を
どんどんくっつけて遊んでいるところです。

「発達は連続する」といつも申しておりますが、
こういう遊びで伸びる、身につくものを大切にしましょう。
もちろん、他にも遊びは用意していますよ。

なんとなく気になった方は とてもいいタイミングですよ。
秋からの どんぐりひろばに遊びにおいでくださいね。(体験できます。)
お問い合わせはメールでどうぞ。
↓     ↓     ↓
HPの生徒募集ページのオレンジ色のアドレスから送れますよ。
                         ↑     ↑     ↑
                  子ども作品展もこちらから応募してね。



5月6日記事「おはしの話」をもう一度ご覧になりたい方はこちらへ
# by dongurihiroba | 2009-08-12 09:48

どんぐりひろばの「夏休み子ども作品展」作品募集中!

夏休みのこの企画第1締切日8月15日(土)が近づいてきましたよ。
え?何それ?
と思った方や、
他の人はどんなふうに送るのかなあ?と思った方は、クリックしてくださいね。
↓      ↓      ↓

応募についての詳細はこちらですよ!
# by dongurihiroba | 2009-08-10 00:42

060.gifピンポーン!
は~い。・・・あれ、誰もいない・・・?!060.gif

・・・・・ポチッとしてからお入りくださいね
 
                  ↓    ↓    ↓
                 にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ





ピンポンダッシュ



「玄関チャイム」「マナー」といえば、
そうそう 、先日近所を歩いていた時こんなことがありましたよ。



私の前方を、こちらに向かって歩いてきたお母さんと3歳くらいの男の子がいました。
男の子が、ある家の前で、急にピンポン!と押しました。


b0177103_19381871.jpg
      写真は人気のスイーツ店「お菓子工房Keimin」さんの玄関。
                     オーダーメイドのケーキをピンポ~ンと鳴らして受け取りに行くんですよ。





その子のお母さんはびっくりして、
「だめだよ。ピンポン押したら、お客さんと思って
その家の人が出てくるでしょ!」
と諭していたので、立派だなと思っていましたら、
そのまま二人でまた歩き始めました。
えっと・・・家の人にとっては、それって、025.gif
「ピンポンダッシュ」と同じですよ、もしもし・・・。

そうこうするうち、
その家の前には親子ではなく、
私が立つタイミングなんですけど・・・。

ということは、家の人が出てきたら、
顔を合わすのは私、なわけで・・・。
いやあ、参ったなあ。042.gif

「子どもが間違って押してしまいました。すみませんでした。」
と、そのお宅の方にお母さんがお詫びを入れなかったのは、
結局は子どものためにはならない行為でした。
それに「親子ピンポンダッシュ!」ですよっ。

で、私は、というと、
そのお宅、お留守だったようで私も困らずに済みました。

いえね、知り合いのお宅だったので、まあどうにでもなったのですが、
「さっき通り過ぎた親子が~」と言うのも気持ちのいいものではないですからね。

# by dongurihiroba | 2009-08-08 19:07
ピンポーン060.gif060.gif
は~い!

ポチッとしてからお入りくださいね。
 
 ↓    ↓    ↓
                 にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ



童謡 「おきゃくさまのうた」
 

060.gifおきゃくさまは エヘン、

ドアの 前で エヘン、
        それから すまして ベルをおす。
060.gif



私が子どもの頃には
NHK「おかあさんといっしょ」でもよく流れていた歌です。

今は幼稚園教諭でも若い方は知らないかも・・・。

よそのうちを訪ねた「お客さま」は居住まいを正して、
それから、そのお宅のベルを鳴らす。

本来よそのお宅を訪ねる時は、そういうものだったのでしょう。

今は、フォーマルもカジュアルも、あまりその差異のないことが多いです。

だからこそ、どんぐりひろばでは
「きちんと」あいさつ
をおかあさん方にお願いしています。

みなさんのお子さんも「ピンポーン!」とチャイムを鳴らすのが
好きではありませんか?

どんぐりひろばにやってくるかわいい子どもたちもみんなそうです。

特に自分の用でやってくる教室ですから、はりきって押してくれちゃいます。

でも、私が出ると、チャイムの前にいたためしがありませんでした。

それどころか、いつのまにか、私の足元にかくれていたりする・・・。
とてもおちゃめでかわいいのです。
b0177103_4131445.jpg

でも!でもです。
それでは、いけないと思いました。

「ピンポンしてきちんと応答しないのはピンポンダッシュと同じだよ。
次回からはピンポンしなくていいから、玄関でドアを開けながら、
おかあさんときちんとごあいさつをしてくださいね。」

と全てのおかあさんに約束事としてお伝えしました。

だから、だまって開けて入ろうとする子、
おかあさんより先に飛び込んで来る子、
おしゃべりしながら入ってくる子、
くつをそろえないで上がってくる子、
全部NG!!!です。

みなさん、ピンポンはなくなりましたよ。
「こんにちは!」の声がすると、
私も一人ずつ玄関でお迎えしてごあいさつ、
そして教室へあがっていただきます。

「きちんと」率はあがってきました。
「全員が花丸合格」まではあと少しかかりそうです。

大人ですら、「きちんと」とはなんぞやのこの頃。
おかあさん方は、みなさん賢い方ですから、いずれ、おわかりいただけるとは思います。

なんかこの教室、堅苦しそう~~~と思うでしょうか?
b0177103_4215236.jpg

でも、「きちんと」の場面なんて、今や日常にほとんどないからこそ、
ここでだけでも意識してみる価値はあると思いますよ。

どんぐりひろばではあえて受験指導はしません。
でも、身についたものが合格に導くことについては
それでいいんじゃないかと思うんです。

本来、マナーは受験のためにあるわけではありませんから、
本当にふだんのたたずまいが大事なんですよね。

# by dongurihiroba | 2009-08-08 04:24
ようこそ060.gif
どんぐりひろば、教室はこれから2週間の夏休み。
でも、ブログの方は続きますよ。
どうぞよろしくお願いします。
                 みなさんの1ポチがとても励みになります。060.gif

         
           ↓    ↓    ↓
                 にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ




「幼児教育ポータルサイト」
どんぐりひろば
の記事が更新されました。



幼児教育専門サイト「幼児教育ポータルサイト」さんの中で、
どんぐりひろばの様子をご覧いただけるようになりました。



このブログと抱き合わせで見ていただければ
教室での取り組みの持つ意味などが
より深くおわかりになると思います。



それでは幼児教育ポータルサイト へ

ポチッとしてからいってらっしゃいませ❤029.gif
                  ↓    ↓    ↓
                 にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ

# by dongurihiroba | 2009-08-07 16:08

どんぐりひろばの「夏休み子ども作品展」作品募集中!

夏休みのこの企画第1締切日は、8月15日(土)ですよ。
え?何それ?
と思った方や、
他の人はどんなふうに送るのかなあ?と思った方は、クリックしてくださいね。
↓      ↓      ↓

More詳しくはこちらへどうぞ
# by dongurihiroba | 2009-08-05 18:01
ようこそ060.gifブログランキングに参加しています。
みなさんいつも応援ありがとうございます。060.gif

ポチッとしてからお入りくださいね。
 
 ↓    ↓    ↓
                 にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ


「毎日ひらがなかきかたコンクール」の
                賞をいただきました


本日、宅配便で来ました、来ました~!
待ちに待ったコンクールの賞品・賞状。053.gif060.gif053.gif060.gif

b0177103_17282994.jpg

ワクワク気分で開封ですよ。

特別賞こそのがしたものの、
去年も参加した子は全員が
去年よりも上の賞をいただきました。
本当にうれしく思います。

もう全部を写真に収めきれません。037.gif

b0177103_1745486.jpg

初参加の子もメダルに憧れていましたから
喜ぶでしょうねえ。

どんぐりひろばは、今週をもって
2週間の夏休みとなります。

「メダルはまだ?」
と、会うたびにみんなに聞かれていたので、
休み明けが楽しみです。

一人ずつの賞状と撮りためた写真を
貼った色紙を作るのが私の夏休みの宿題です。


コンクールまでの様子はこちらでわかりますよ。
# by dongurihiroba | 2009-08-05 17:50
ようこそ060.gifブログランキングに参加しています。1日ひと押しお願いしますね。060.gif

ポチッとしてからお入りくださいませ。
 
 ↓    ↓    ↓
                 にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ




幼児期にこそ

     「見えない学力」
を豊かに育てましょう



教室の「めざすもの」が冒頭の大きな文字で登場です。

今回の話は7月25日の記事,「大地のすごさ」の続きとなります。

大地は、ちょっとやそっとの日照りではへこたれない力を持っていました。
...という話をしましたね。

実感したのです。

大地に根を下ろす植物とプランターの植物の決定的な違いを。

右の絵を見てください。b0177103_21515697.jpg植物の芽です。

左は大きな葉を広げる元気な芽。
右は小さめの芽。

見たところ芽の時代に大きいと
なんだか期待できそうに思います。

では、土の中の様子はどうでしょう。

かなり誇張して描いていますが、芽が大きい方が以外に浅くしか植わっておらず、
もう一方は芽は小さいにも関わらず、根っこは広く深く張ろうとしています。
b0177103_215429100.jpg

大地の畑では、日当たりは良く、
土は深く、肥沃で、
十分な水分も蓄えてます。

プランターの花は、時間帯によって日当たりは変わってきます。
夏なら朝夕に水やりを必要とします。

水を蓄えるはずの土も、限られた量なので、乾きやすく、
根を張れる十分なスペースもありません。

見た目には立派そうでも、
しっかりした土台となる根を踏ん張って伸ばせない芽は、脆弱です。

子どもの成長を植物に例えるなら、
この地中の部分、
目では見えない大事な根っこの部分は
まさに「見えない学力」の部分といえると思います。

幼児期における「見えない学力」とは、
「しつけ」であるところが大きいと思います。
 

恩師の岸本裕史先生は、幼児期の大事なしつけを
著書「見える学力 見えない学力」(大月書店)の中で、
4つの分野で示しておられます。

私の書いたこの根っこの絵にちょうどピタッとくるので
ならべてご覧ください。
b0177103_222231.jpg
生活習慣のしつけ 
  早寝早起き 
  朝うんち    
  くつならべ
  あいさつ
  歯みがき
  かたづけなど。      
 
手伝いのしつけ  
  計画性
  忍耐性
  集中力 などが付き、 
  人格の鍛練にもなる。

対人関係のしつけ
 人に迷惑をかけない、
 困っている人を気遣うなど、
 思いやりの気持ちを育てる。
  
家庭学習のしつけ
 学習面での「見える学力」を培うための
 直接的な土台となる。
 読書(幼児期は読み聞かせ)など、
 決まったことを少しでいいので
 継続する習慣をつける。
 
これらのしつけの多くは
小さい時から積み重ねていけるものです。
中には、この時期を逸すると
身につかないものもあります。

大人が意識して、
これらについて働きかける時、
植物でいう地上の部分
すなわち「見える学力」も
健やかに伸びていくと思われます。

もちろん、子ども同士の遊びをうんとすること、、
親が適切な言葉づかいをする、
という栄養も欠かせませんね。

どんぐりひろばでは、
保護者の方に幼児教育で大切なこのことを
お伝えしたくて、体験教室のときにいつも
話してまいりました。

ブログに書いたことで、
教室のポリシーをより多くの方に
お知らせできれば幸いに思います。
お帰り前に ポチッとまだの方はどうぞよろしく060.gif
にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ

# by dongurihiroba | 2009-08-04 19:30



元はみな一粒の種でした


さてお待たせしました。
トウモロコシの話です。

数年前、年長児のクラスが終わったときのこと。
「じゃあ、トウモロコシは何粒ある?」
「知ってる。100(粒)。」
「ブー、101(粒)。」

という子ども同士の何気ないやりとり。
なんか向きになって張りあっている割に、ちっちゃい・・・。

でも、幼児にとって、100ってすごく大きな(偉大な)数です。

「トウモロコシなら、今ちょうどあるよ。食べる?」と私。
「食べる~。でも、その前に数える!!」

教室時間の前にトウモロコシをゆでていました。
うちの子が帰ったとき用のでしたが、
なんかこの生徒たちに今日は触らせなきゃ、
という思いに変わりました。

トウモロコシを子どもたちの目の前に出すと、
「つまようじ貸して!だって、粒が小さいんだもん。」
と言う子がいて、どうするか見ていると、
ようじの先でちくちく指して、というより
刺して穴をあけながら声を出し数えていました。

なるほどねえ。
でもね、トウモロコシの粒って並んでいるようで、
途中で列がなくなったり、結構大変なんですよ。

そこで、10粒毎に1本ようじを
刺しておくようにアドバイスしました。

どこまで数えたか、今何粒目か、
わかりやすいかなと思って。

その子は、100と数十粒のところで、
「もう、やだ。」と言い、やめました。
いやあ、よく頑張ったものだと思いました。

立派なのは全部数えることだけじゃないと思います。

b0177103_13512466.jpg

上の写真は、その時のイメージを
私が再現したものですが、
青い軸のはスタート(1粒目)、
他につまようじは12本立っているから
120粒までは数えたことになりますね。

粒全体から見ると、ごく一部分でしたよ、数えたのは。
さて子どもたちは何かに気づいたでしょうかね。

このあと、各自おいしそうに食べました。
「全部ようじ立てたら、はりねずみじゃん。」
とか言って楽しそうでした。

100でも101でもなく、
全部も数えきれなかったけど、
大きな数を体感できました。

幼児の勉強ではこういう体験を
たくさん踏んでほしいのです。

そしていつか
数え切れないほどのトウモロコシの粒も、
3粒兄弟の枝豆も、
(うちの畑にはないけど)大きなスイカだって、
元はみんな一粒の小さな種なんだよねって気づいたとき、
野菜を数えた記憶は、「算数」の域をも超えるものとなるかも。



b0177103_13542846.jpg
写真の「ふしぎな たね」という本は、
とても数学的です。
(童話屋刊/安野光雄著)

でも、それだけでもありません。

夏休みにいかがでしょうか。






「採れたて野菜~」の話はこれで終わりです。
でも、「野菜畑」の話はまだ続きますよ。
またお越しくださいね。それでは、ポチッともどうぞよろしく。
060.gif
にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
# by dongurihiroba | 2009-07-31 12:43
ようこそ060.gifブログランキングに参加しています。今週は下がり気味ですね。007.gif 
でもでも!今日はみなさんが1ポチがしたくなる内容ですよっ。 060.gif

ポチッとしてからお入りくださいね。
 
 ↓    ↓    ↓
                 にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ



枝豆でできる計算


それでは予告通りの「野菜」の話。
今回は枝豆です。

鞘の中は3粒のものが多いけど中には2粒や1粒のもあって
どこかの兄弟みたいねって前回も話しました。

じゃあ、3粒兄弟、2粒兄弟、1粒っ子、
それぞれいくつずつあるか分けてみようね。

これだけでも、わいわい声が聞こえてきそう。
夕食前のひと時。
枝付きの枝豆なら、なお素敵ですよ。

お手伝いは、素晴らしい家庭教育の時間です。
数がわかるうえに、それよりももっと大事なことを
たくさん体験できるからです。

さて、分けた枝豆の、鞘の数を数えます。。
1粒っ子は、1,2,3,4、・・・。あ、これだけ。
2粒兄弟は1,2,3,4,5、・・・・。これも少なかったよ。
3粒兄弟は1,2,3,4,5,6,7,8,・・・。わあ、あとは、こればっかり~。


「あれ、3粒と思ったのに、1粒分は中がスカスカ。」
「あっはっは~~~。じゃあ、3粒に見えるけど、2粒の兄弟か~。」

こんなことがあるから、体験は面白い。
ペーパーのお勉強だけではこうはいかないものね。

「2粒兄弟は1,2,3、と数えても中身が違うよ。」
「?・・・!!」(一瞬、意味がわからない。)
そう!すぐに気づく子もいますよ。

「1鞘あたり2粒」に気づいたのです。

前回ミニトマトを数えました。
ミニトマトもたまに枝付きがありましたね。
あのときの数え方遊びをたっぷりとやっていると
ここで、 (1)2、 (3)4、 (5)6、 (7)8、 (9)10・・・・・・・
( )の数は声に出さないで目で確認のみ、
という数え方も抵抗なくさっさとできます。

b0177103_13583327.jpg

そうなると、(1,2)3、(4,5)6、(7,8、)9、(10,11、)12、・・・・・・・
と3粒兄弟も簡単に数えます。

これぞまさしくかけ算です。
10粒前後まで数えてもう数えたくなかったら、
こういうときは無理強いはしないでくださいね。

でも、もういいかげんにしたら、というくらい
のめりこんで、メインのごはんもそっちのけで
数えてたとしたら、それもそっとしてあげてほしいです。
数え終わって、ふ~っと上げたその顔は
自信と喜びにあふれていると思います。

このようにうまくいかないときは、
下ごしらえのふりしてお母さんが声出して数えたり、
家族のお皿に6粒ずつ分けたりのお手伝いでいいのです。

6粒で思い出しましたが、
3粒兄弟×2鞘、
2粒兄弟×3鞘、
1粒っ子×6鞘、
それから、1粒っ子+2粒兄弟+3粒兄弟。
こんなさまざまな組み合わせで「6粒」ができるのです。

そうそう、組み合わせはまだありますよ~。


気づいた子どもは、うれしいでしょうねえ~。
答え合わせは、ぷりぷり、つるんっと鞘から出してネ。


次回はとうもろこしでーす!





只今、大募集中の「どんぐりひろばの夏休み子ども作品展」では、
応募者全員の中から、プレゼントが当たりますヨ。


More詳しくはこちらへ
# by dongurihiroba | 2009-07-27 15:55


ミニトマトで10までの数をかぞえる遊び

昨日は畑に行ってきましたよ。
まずは画像から。

b0177103_16362613.jpg


ミニトマト。幹に近い粒から順に赤くなっていきますよ。
先の方はまだ青いのが1,2,3・・・。赤と青どっちが多い?013.gif



b0177103_11351597.jpg

ネギ。根元に土をかけてやると、根が深く長く伸びます。005.gif



b0177103_11471844.jpg

里芋。4月末に植えて、収穫は冬ですから、価格も納得というところです。034.gif



b0177103_11495797.jpg

枝豆。鞘の中は3粒のが多いけど、2つや、1つのもありますね。
037.gifどこかの兄弟みたい・・・。



b0177103_11545660.jpg

とうもろこし。収穫できそうなのがありました。
カメムシやウニョウニョした虫がいないようでいっぱい隠れています。047.gif


収穫した野菜です。


b0177103_12373662.jpg

ミニトマトは、右の空のトレーに、1,2,3,4、・・・・と声を出しながら移す作業を
大人がしていると、幼児は「自分もしたい!」と言って、移します。
右に移ったら、左にまた移します。
一緒に数えてあげるとうれしくなる子には一緒にやり、
一人で数えたい子には、一人でやらせるといいでしょう。

このとき、右から左に、とか、左から右に、
または、青から黄(色)へとか、黄(色)から青へといった言葉を
大人が敢えて使うことが大事です。

やっていることは遊びなのですが、
その子が知らない言葉を適切な場面で
わざと取り入れていく意図を持っていると、
豊かな言葉が意味まで説明しなくても
すっと入っていくようになります。



さて、数えることができたら、
少し早く数えたり、ゆ~~~っくり数えたりして
遊んでみるのもいいですよ。



あっはっは~の笑顔になったら、
次もやってみまましょう。
b0177103_12203666.jpg

収穫のときの枝がついた実がありますよ。
うまく数えられるかな。

b0177103_1225585.jpg

1、 2・3・4(この3つはくっついているため、ちょっと早口になりますよ。)、・・・
さあ、その次もくっついたのあるよ。

b0177103_12301994.jpg

・・・5、 6.7(だって2こくっついているから、ここも早口。)、・・・
くっついている2個のところが画像が少し切れてますね、ごめんなさい。

あまりいじっていると、ヘタがポロっと取れたりします。
b0177103_12483564.jpg

あ、1個取れちゃった・・・。1個取れたなら、遊びは次なるステージへ進むのです。
たぶん、おもしろがって全部取ってしまうでしょう。
b0177103_1251444.jpg

はい、こんな風に。あっはっは~~~。
お帽子みんな取れちゃったねえ。どのトマトさんがどれをかぶってたの?
と聞くと、丁寧に一つずつ元の位置に納めようとしてくれるでしょう。
これが、1対1対応と、算数でいうところのものです。
ペーパーを何枚もこなすよりも前に体験すべき
価値のある体験遊びだと思いませんか?


さてさて、野菜の数遊びはまだまだ続きますが、一休み。

あ、そうそう、生食が定番のミニトマトですが、
いじりすぎて、ぶよぶよになったのは、ちょっとねえ・・・。
でも、炒めてパスタの具にすると、
とても評判がいいのですよ。お試しあれ。


次の野菜の話も聞いてみようと思った方は、
お帰り前にポチッとどうぞよろしくね。060.gif
にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ


あ、ちょっと待ってください。070.gif
畑の全容の写真を前回の畑の記事のところに
載せてますのでご覧くださいね。
# by dongurihiroba | 2009-07-27 13:09


どんぐりひろばの
    夏休み子ども作品展 作品募集中です!
 



コンクールではないので、順位づけはいたしませんが、
応募者全員の中から、抽選で素敵なプレゼントを差し上げます!

More詳しくはこちらへ
# by dongurihiroba | 2009-07-25 21:40
ようこそ060.gifブログランキングに参加しています。
みなさんの1ポチがとても励みになります。060.gif

ポチッとしてからお入りくださいね。
 
 ↓    ↓    ↓
                 にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ



大地ってすごいの、知っていますか?


私が大地のすごさを知ったのは畑のおかげです。



トマト、茄子、きゅうり、ピーマン、ししとう、最盛期、
あと数日で、とうもろこしも 実がそろう頃・・・。

これは、私が作っている畑の今の野菜達のことです。
10年くらい前から農家の方に借りた土地で野菜を作っています。

始めて間もないころ、水やりにはどのくらいの頻度で行ったらいいのか
(遠くはないけれど、毎日は行きたくない中途半端な距離のため)
畑のご主人に聞いたところ、「雨が降ればねえ~」
と言われ、雨が降ればいいけれど、
降らない日には撒くものなのか、と思いました。
夏場は、プランターの花も、朝夕に水やりしますから、
晴れの日なら、水は必要なのね、と解釈しました。

ところが、毎日行くにはやはりおっくうでした。
実際には週に2~3回くらいでした。
その年は雨が降らない日が2週間かそれ以上続き、
うっかり水やりを忘れて出かけた日には、
プランターの花はしおれてしまいました。

それなのに、畑の土は少し掘るととてもしっとりしていて、
ちゃんとみずみずしい野菜がたくさん採れました。

大地はちょっとやそっとの日照りでは
へこたれない力を持っていました。


表面はからからでも、それならそれで下に張る根は深く強く、
地中に蓄えた水分を吸収します。
風が吹いても踏ん張ります。

一方、プランターでは、表面も中もすぐに乾いてしまいます。
根を踏ん張るほどの土もありません。

大地のすごさを知ったとき、
「雨が降ればねえ~」のご主人の言葉は
私の理解とは違う意味を持っていたことに気づきました。
水やりにはそれ以来何年も行っていません。

(注:水やりしたほうがいい場面、場合はないわけではありませんよ。)
b0177103_13283978.jpg

まじめな水やりはしませんでしたが、この広さですから、
必要に応じて子どもたちがとても大きな水鉄砲で遊んでいたので
まあ、一石二鳥といったところですね。

話の続きもお待ちくださいね。
# by dongurihiroba | 2009-07-25 21:29


6月21日(日)実施の
      漢字検定の結果が届きました




どんぐりひろばでは、毎年6月に行われる
第1回検定を実施しています。
希望者が多いためと、実施日の希望が
部活のあるなしによって違っているのとで、
2回に分けて実施日を設けています。
(実施できる日や検定問題は、
検定協会の指示どおりに行っています。)

さて、その2回目の合否結果が届きました。
みなさんの合格を祈りながら今回も開封します。
b0177103_19243263.jpg

1回目の返却を21日(火)に行いました。
「落ちていたらどうしよう・・・。」
と言って取りに来る子もいました。

うれしいことに
「受かりました!!」
と、わざわざ報告の電話をくれる子もいました。

私は、
「受かっていてもいなくても、
できなかったところをきっちりやり直すことができれば
前進だよ。まちがったところに宝があると思って。」
と、どちらの子にもそう言いました。
当り前のことなんですけどね。

漢字検定は良問題が多いですが、
合格点がたいして高くありません。

合否だけにとらわれると、低い点数でいつもクリアしてしまう、
それでもいいことになります。

いえ、合格だったら、何と言われようと合格なので
いいといえばいいんです。

でも、学年より先に行かなくても、ちゃんと勉強して
積み上げていった人の方が漢字の力はついていきますね。

まちがいの中の宝を見つけましょうね。



060.gifブログランキング、いつも応援ありがとうございます。
今日も1ポチしてお帰りくださいませ。060.gif

                  ↓    ↓    ↓
                    "にほんブログ村

# by dongurihiroba | 2009-07-23 19:14