横浜市・希望ヶ丘☆どんぐりひろばは子育ての不安を前向きな意欲に変えるお母さんと子ども(0~6才)の教室です。幼児期にこそ『見えない学力』を豊かに育てましょう。☆お問い合わせは下記HPのメールで。


by どんぐり先生
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2018年 01月 ( 18 )   > この月の画像一覧

瀬谷かるた大会



どのチームも頑張りました!


b0177103_08475693.jpg
b0177103_08482990.jpg

b0177103_08483044.jpg


インフルエンザでお休みした子の分まで頑張りました。

選手のみんなと、選手ではない(瀬谷区在住でないと出られないので涙をのんだ子)のに応援に来てくれた小学生に、どんくりひろばのぐりどんちゃんのイラスト入りのおみやげ。ほんの少しずつでしたが。


この日は、素晴らしい活躍・成績の、他のチームの方との交流もできて、新たな出会いに感謝する場にもなりましたよ。


さて、次のかるたイベントは


2/10の『かるた道場』
(おみやげかるた付き)

あと数組、入れますよ。
初めてさんでも大丈夫です。

かるたの入り口に立ってみませんか?

かるたって、驚くほど色々な力がつきますよ。

学習面でも
受験の頃になって、
『やっていてよかったこと』の
中に必ず入る活動です。


b0177103_08555098.jpg

応援よろしかったらお願いします。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ



by dongurihiroba | 2018-01-30 08:43

すごい写真撮れました

かるたの練習

b0177103_20191260.jpg

子ども達が跳んできました!

どんぐりひろばのかるたの学びは
深いです。

明日、かるた大会に出場の選手の皆さん、
頑張ってください。

by dongurihiroba | 2018-01-27 20:25

27日のシリウス会場でのかるた道場は 中止決定


インフルエンザ蔓延中です。

残念ながら、明日のシリウスは中止とさせていただきます。

なお、2/10のかるた道場は予定のとおりです。

明日の分まで盛り上がっていきましょう。

まだお申し込みできます。
b0177103_13214798.jpg

                写真は、先週のどんぐりひろばの様子。






応援よろしかったらお願いします。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ

by dongurihiroba | 2018-01-26 20:49 | 行事・イベント

練習することの意味


b0177103_10244515.jpg


どんぐりひろばでは、
幼児期からかるたで遊びながら積み上げた力の成果が、
ぐんぐんと出始めています。

楽しいから大好き。
勝てるとうれしい。
そんな理由で人気です。

勝てないと悔しい。
自分の取れる枚数が少ないとおもしろくない。
チームだと、弱い人がいて不利。
時間がなくて練習できない。
こんな、なんだかつまらなくなる要因もはらんでいます。

いろんな力や心が養われます。

さて、瀬谷かるた大会を来週に控えて、
今日も教室外の生徒も招いて、
無料で練習会いたしました。

インフルエンザや風邪が非常に流行っており、
本日何人もの子が、
欠席となりました。

そんな中で本番さながらの練習でした。

かるたを並べるところから、始まっています。
気持ちはうきうきしていても、よそ見したりおしゃべりしていては、
取れるものも取れません。

目を皿のようにして、見る!
子どもの見る、覚える力はすごいんです。
あなたもそうよ!
そう言ってあげるだけで、
本当にそうなります。


b0177103_13214798.jpg


ただ見るのではだめで、
赤い絵の2枚はこことそこにある。
青いのは、あのあたり。
間違いやすい「ゐ(旧・い)」と「い」は区別できている?
家紋のついたのは?
侍の絵は?
・・・

覚えれば覚えるほど、
自分の中での気づきがあり、
次の課題が見えてきます。

伸びる子は、そういう子です。

ただ、漫然とやっていては、
膨大な時間を要して
ただただ繰り返すのみです。

それでも、やらないより全然ましですよ、もちろん。
やっているうちに気付くこともあり、
やったことは、血となり肉となります。

ただ、ここ一番勝負!
というときに、
どうやったら、
何で
秀でることができるか、
自分で考える、
そして次に試してみる、
そして、それを振り返り、
さらに次に活かす。

それが練習。


「集中して!」
「落ち着いて!」

大人はよく言います。
でも、具体的にどうするのか、
あんまり伝えてないです。

小さいことから、少しずつ、
伝えてあげましょう。
もちろん、気付きを待ってあげることも大事なので、
口うるさくではなく、
これはどうも気づきそうにないな、とか、
とんちんかんな勘違いをしているな、というときに
そっと指示してあげる・・・。

その時に、自分を振り返る力が少ない、
いわゆるうぬぼれやさんは、
伸びしろが小さくなります。

気づきを持ち、自分と闘えるか、
これに尽きると思います。

仮に、もし勝てなくても、
精一杯自分を出しきれたら、
悔いはないし、
そのあとに、実は
ググっと伸びるものなんです。

これは、何の習い事でも同じことです。

今のところ、
『どんぐりひろば生徒+外部生』で作ったチームが優勢です。

どんぐりひろばチーム、巻き返しなるか!!?

どんぐり先生は、どの子も応援していますよ。

次、自分で練習するとき気づきをもてるか?
そしてその気づきを活かせるかな?

そこ、がんばってほしいですね。



応援よろしかったらお願いします。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ

by dongurihiroba | 2018-01-20 13:23 | 行事・イベント

2/10(土)分はまだまだ申し込めます!
b0177103_00353667.jpg
b0177103_00363946.jpg



どんぐりひろばの かるたの力は、すごい!
いつも思います。

昨年優勝した瀬谷かるた大会の季節がまたやってきました。
13日(土)は、教室の参加チームが集まって2時間練習しました。

かるたは楽しい。
そして負けると悔しい。

どうやったら確実にとれるか、とか、
あの子が強いのはなぜか、とかを考えてやるか、
ただただ楽しいからやっているだけか…。

伸びる小学生は、
いろんな気づきができるものです。

帰るころには、
どんな構えがいいのかの研究も
話し合ってやっていました。

ある保護者の方からは、
『心地よい緊張感でした。
みんなが互いに学び合う姿がどんぐりひろばらしくて、
楽しいひとときでした。』
との感想をいただいたりしました。

かるたの読み札の初めの音を聞いた瞬間に
絵札を取れるよう訓練しています。

そのためには、
例えば、取り札(絵札)ある最初の文字が「なし」の状態でも
取れるよう、すべての札を覚えています。

子どもはこのような記憶の力が高いので、
大人が思うより簡単に覚えてしまうものです。

でも、そんな絵札がフィールド上にいろんな向きに散らばっています。
探していたら相手に取られてしまいます。
瞬時に取れるには?
そんなコツも伝授しています。

本日、勝ったチームも負けたチームも、
たくさん取れた人も取れなかった人も、
次回までに練習しておいてください。

ただ、やるのではなく、
本日の取り組みの中で気づいたことを活かしてほしい…。

それってどういうことかな???
って考えるだけでもずいぶん違いますよ。


シリウスで開催の『かるた道場』

2月10日(土)9:30~11:40

かるたプレゼント付きで1800円


お申し込みはお早めにどうぞ。



応援よろしかったらお願いします。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ

by dongurihiroba | 2018-01-14 01:05 | 行事・イベント

2/10(土)分はまだまだ申し込めます!
b0177103_00353667.jpg
b0177103_00363946.jpg



どんぐりひろばの かるたの力は、すごい!
いつも思います。

昨年優勝した瀬谷かるた大会の季節がまたやってきました。
13日(土)は、教室の参加チームが集まって2時間練習しました。

かるたは楽しい。
そして負けると悔しい。

どうやったら確実にとれるか、とか、
あの子が強いのはなぜか、とかを考えてやるか、
ただただ楽しいからやっているだけか…。

伸びる小学生は、
いろんな気づきができるものです。

帰るころには、
どんな構えがいいのかの研究も
話し合ってやっていました。

ある保護者の方からは、
『心地よい緊張感でした。
みんなが互いに学び合う姿がどんぐりひろばらしくて、
楽しいひとときでした。』
との感想をいただいたりしました。

かるたの読み札の初めの音を聞いた瞬間に
絵札を取れるよう訓練しています。

そのためには、
例えば、取り札(絵札)ある最初の文字が「なし」の状態でも
取れるよう、すべての札を覚えています。

子どもはこのような記憶の力が高いので、
大人が思うより簡単に覚えてしまうものです。

でも、そんな絵札がフィールド上にいろんな向きに散らばっています。
探していたら相手に取られてしまいます。
瞬時に取れるには?
そんなコツも伝授しています。

本日、勝ったチームも負けたチームも、
たくさん取れた人も取れなかった人も、
次回までに練習しておいてください。

ただ、やるのではなく、
本日の取り組みの中で気づいたことを活かしてほしい…。

それってどういうことかな???
って考えるだけでもずいぶん違いますよ。


シリウスで開催の『かるた道場』

2月10日(土)9:30~11:40

かるたプレゼント付きで1800円


お申し込みはお早めにどうぞ。



応援よろしかったらお願いします。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ

by dongurihiroba | 2018-01-14 01:05 | 行事・イベント

2/10(土)分はまだまだ申し込めます!
b0177103_00353667.jpg
b0177103_00363946.jpg



どんぐりひろばの かるたの力は、すごい!
いつも思います。

昨年優勝した瀬谷かるた大会の季節がまたやってきました。
13日(土)は、教室の参加チームが集まって2時間練習しました。

かるたは楽しい。
そして負けると悔しい。

どうやったら確実にとれるか、とか、
あの子が強いのはなぜか、とかを考えてやるか、
ただただ楽しいからやっているだけか…。

伸びる小学生は、
いろんな気づきができるものです。

帰るころには、
どんな構えがいいのかの研究も
話し合ってやっていました。

ある保護者の方からは、
『心地よい緊張感でした。
みんなが互いに学び合う姿がどんぐりひろばらしくて、
楽しいひとときでした。』
との感想をいただいたりしました。

かるたの読み札の初めの音を聞いた瞬間に
絵札を取れるよう訓練しています。

そのためには、
例えば、取り札(絵札)ある最初の文字が「なし」の状態でも
取れるよう、すべての札を覚えています。

子どもはこのような記憶の力が高いので、
大人が思うより簡単に覚えてしまうものです。

でも、そんな絵札がフィールド上にいろんな向きに散らばっています。
探していたら相手に取られてしまいます。
瞬時に取れるには?
そんなコツも伝授しています。

本日、勝ったチームも負けたチームも、
たくさん取れた人も取れなかった人も、
次回までに練習しておいてください。

ただ、やるのではなく、
本日の取り組みの中で気づいたことを活かしてほしい…。

それってどういうことかな???
って考えるだけでもずいぶん違いますよ。


シリウスで開催の『かるた道場』

2月10日(土)9:30~11:40

かるたプレゼント付きで1800円


お申し込みはお早めにどうぞ。



応援よろしかったらお願いします。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ

by dongurihiroba | 2018-01-14 01:05 | 行事・イベント

8年前の記事ですが・・・




幼児教室どんぐりひろばへようこそ!ブログランキングに参加しています。
みなさんの1ポチがとても励みになります。

ポチッとしてからお入りくださいね。
 
 ↓    ↓    ↓
                 にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ





赤ちゃんのひろば



             どんぐりまつり人形劇遊びの『お花畑』より


今週の月曜日は『赤ちゃんのひろば』でした。

歩くには少し遠い距離から
ベビーカーを押しながら来る方も数人。
だから、お天気よいとホッとしますね。

今回は軽く汗ばむくらいのポカポカ陽気。
お部屋に入ると、早速薄着になりました。

これからは、つとめて薄着にね、と声かけをしました。
大事な赤ちゃん。つい大事にしすぎそうになりますものね。

今、一番多いのは春生まれの1歳前後の子達。

その中に、3カ月のお子さんが体験に来られました。

まだネンネの赤ちゃんです。
もちろん歯もありません。
泣き声も新生児の時にまだ近い感じ。

1年近く月齢が離れた赤ちゃん達ですが、
学年でいうと同級生です。
わかっていることだけれど、なんと大きな発達の差!!!

1歳前後、ちょっと人生の先輩の子のお母さん達は、
3か月の赤ちゃんを見てわが子のその頃を思い出すのでしょう。
「わあ~、小さくってかわいい~!」と歓声をあげました。

常に子どもの今やこれからが気になるものですが、
3か月の月齢の頃がとっても懐かしいのですよね。

3か月の子の初々しい「ママ」は1年も経たずに
子どもはこんなに大きくなるのねというふうに
よ~く観ていらっしゃいました。

お互いに発見がたくさんあったのではないかしら?

どちらも幸せな子育ての時間をお過ごしです。
そして、人生で最も日々激変の1年間であることは
間違いないですね。

だからこそできる、っていうこともたくさんあるのです。

さて、月に2回のこのクラスですが、
聞いたことのある音がピアノから聞こえてくると、
嬉しそうに体を動かす子達。

明らかに覚えたよ、知ってるよという目でこちらを見ます。
知っているものは、うれしいし、心地よくて好きなんです。
いろんなことをぐんぐん吸収していきます。

その一方で、3か月の、動きのないように見える赤ちゃんに対して、
お母さんはどう対処したらいいか、少し緊張してらしたかも。

「お母さん、大丈夫よ。他のみんなに合わせなくていいのよ。
赤ちゃんもちゃんと聞いているからね。この子のペースでゆったりとね。」

そんな気持ちでフォローをしました。

『教室』というと、お母さん方は頑張ってしましがちですが、
子どもにしてみれば知らない所に来たというだけでも大変なことです。

いきなり、周りに合わせることはないですよ、っといつもお伝えしています。

そのうちに少し動ける子達の間で子ども椅子の取り合いが始まりました。

主張して大きな声が出、しまいには泣き出す子。
それにびっくりして泣きだす子。

なんともほほえましくて大人たちは大笑いでした。

その泣き声は、3か月の子とは違って
明らかに文句を言っている声だったり、
助けを求めている声だったりしました。

赤ちゃんとの絆を深める触れ合い遊び。
赤ちゃんを賢くする刺激について。
どんぐりひろばでご一緒の時間を過ごしてみませんか。


初回無料体験できますので、お気軽にどうぞ。


お帰り前に ポチッとまだの方はどうぞよろしく
にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ

by dongurihiroba | 2018-01-11 23:44 | 入園前(未就園)児のひろば


お弁当が楽しみなんだ!



どんぐりひろばの未就園児クラス『入園前児のひろば』は、
お弁当持参でたっぷり遊べるクラスです。

この時期の子どもにとっては、食べるということそのものが
大きな大きな課題だし、学習のめあてになる要素がいっぱい。

でも、未就園児の場合、サークルとか習い事とかでも小さい子は、
午前中の活動がほとんどでしょ。

ですので、どんぐりひろばではあえてお昼時を挟むつもりで
11:00~12:30、という時間設定
にしています。

食事に関するお母さんの悩みは実は結構多いのですよ。
でも、パーソナルはこととして、ノータッチの分野でもあります。

食事の進め方から、内容、栄養、量、つかみ食べ、だらだら食べ、偏食、
立ち歩き、スプーン、おはし、左利き・・・などなど、まだまだたくさん
ありますよ。

だって、お母さんの一番の関心事ですもの。
たくさん食べて、健康で大きくなってほしいというのは。
そして、事実、体は、食べ物でできていきますし。

お友達と一緒の食事は、何より楽しく、そして、食べるときって、
人と仲良くなれる和やかなひとときなんです。
この、通称『おベんとクラス』で出会った方々は、
毎年、本当に皆さん仲良くなりますね。
食べることって、人をつなぐ力、絶大!

お友達親子と共に囲むテーブルでは、いろんな情報交換もあります。
食事に関することも、日頃、お母さんが悩んでいたことがすんなり解決したり、
月齢が少し上の子や下の子がいることで、発達の道筋が見えて参考になったり、
先輩お母さんから、気が楽になるようなアドバイスがあったり。

中でも、特筆すべきは、『お母さんの食べさせたがり過ぎ』が直ること、と、
『正しいおはしの持ち方』を意識できるようになること。
b0177103_02333856.jpg
お母さんは、みんな、子どもに、ちゃんといっぱい食べてほしいんですね。
ただ、『子どもの食欲を超えている』ことが多くて・・・それを続けると、
ノロいとか、意欲が無くなるとかにつながるのですが、
おうちで子どもと二人っきりで向き合っているばかりだと
その加減ってわからないことだったりもします。

教室では私がチェックしたり、注意をいちいちすることはないですが、
周りの様子から、お母さんがそれぞれに気づくことも多い模様です。
私がお母さん方の工夫に感心することもしばしばです。

『おはし』は、開設当初より教室のテーマの一つにもなっています。
おはし、実に多くのお母さんが関心高いことがわかっていますが、
悩みも深いようです。
小さい時から、おはしを正しく持つことは大事です。
え?入園前から??
そうです。大丈夫です。無理をしなくても、可能です。
あとで、修正するのは親も子も苦労しますよ。

でも、その前に!
・・・大人はどうでしょう?
周りの大人も正しい持ち方でない場合が多いのが現実です。
持ち方に自信ないんですけど・・・という大人の方もご遠慮なくどうぞ。

私は、ドラゼミでお馴染みの、
児童かきかた研究所の高嶋喩先生に直接ご指導もいただいてきました。
残念ながら先生が故人となられた現在ですが、
ありがたいことに私は今も研究を続けることができ、
皆さんにわかりやすくお伝えするこができます。
実は、おはしは、その後に続く『えんぴつ』につながります。

たかだか、幼児のお弁当・・・と侮るなかれ、
学習の基礎・基本に直結するからこそ、
大切なテーマと考えています。


本年度のおべんとクラスである
   
『入園前児のひろば』の体験教室

毎週火曜日11:00~12:30です。

対象は1~3才。(年齢により通室は火曜日or金曜日になります。)
入園前のたっぷり時間のあるこの時期からが、一番『あと伸び』します。


お申し込み・お問い合わせは 
どんぐりひろばのホームページ(←クリックしてね)へ。


入園前児のひろばの他にも今すぐ通えるクラスのご案内もしています。 



ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
上の『幼児教育』バナーをポチッといただけるとランキングが上がり、
とても励みになります。応援よろしくお願いいたします。







by dongurihiroba | 2018-01-07 22:56 | 入園前(未就園)児のひろば

小学校入学までにぜひ!

初公開 どんぐりひろばの秘密

紙1枚でどの子も伸ばす『のほん学習』


b0177103_20520815.jpg

先ほどお知らせしました2/26のヤル気スイッチの講座に続き、
シリウスでのお母さんの勉強室の2回目は、


3/24(土)9:30~11:40

紙1枚でどの子も伸びる「のほん学習」

大和市文化創造拠点シリウス マルチスペース(3階)にて


これまで門外不出だったオリジナル学習法を
今年はどんどん放出しますよ。

子どもが楽しんでどんどん伸びることが
15年を通して明らかになってきたので、
自信を持って、披露します。

これは特にとっておきの内容です。
お母さん方にも実技をしていただきます。

限定18人のため、お申し込みはお早めにどうぞ。
(2/26の講座もすでにお申し込みが入ってきています。)


応援よろしかったらお願いします。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ



by dongurihiroba | 2018-01-06 21:01 | 行事・イベント