横浜市・希望ヶ丘☆どんぐりひろばは子育ての不安を前向きな意欲に変えるお母さんと子ども(0~6才)の教室です。幼児期にこそ『見えない学力』を豊かに育てましょう。☆お問い合わせは下記HPのメールで。


by どんぐり先生
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28

<   2017年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧

春休み かるた道場




どんぐりひろば15周年記念
こどもの学び応援事業



少しずつ春めいてきましたね。

本年4月、どんぐりひろばは15年目に入ります。
地域の皆さんをはじめ、
気が付いたら、全国に卒業生や指導くださった方々が・・・。
とにかく、人に恵まれてきました。

この度、感謝の気持ちを込めて、
どんぐりひろばの活動の中でも特に人気の高い『かるた』を
皆さんに楽しんでいただける企画をいたしました。


名付けて
春休み

b0177103_17113442.jpg

どんぐりひろばの『かるた』のすごさは、結構知られてきていて、
いろんな方に『かるた大会優勝おめでとう!』と言われたりするこのごろです。
(毎年、入賞してきた瀬谷区のかるた大会では、第1回から参加しています。)

かるたって、本当に子ども達が大好きな遊びであり、
集中力、記憶力がぐんと伸びる!
それに、ゲーム進行上、いろいろな感情も生まれます。
譲る心、がまんする気持ち、
チーム戦の場合は、責任感や信頼する気持ちも大事。
そのような『心』の成長も見られるのが大きな特徴です。
まだ、「もののなまえ」くらいしかわからない子・・・。
例えば、「みかん」の絵を見て「みかん」と言える程度の子も、
かるたあそびに参加できるんだよ、っていうと、
皆さんえええ?って驚かれますが、本当です。
おうちの方が少しでもご興味あれば、年齢に関係なく参加できます。
(見るだけでも大丈夫ですよ。)

普通の取り方ではできないのだけれど、
こうやるとできるよ、うれしいよ、というのをお伝えします。
その気持ち、とっても大事で、必ず次への意欲につながるものなのです。



3月27日(月)28日(火)①10時~11時 ②11時~12時

会場はどんぐりひろばです。

参加費は要りませんが、予約制です。
キャンセルはできますので、ご予約はお早目にどうぞ。
各回、限定8組です。

056.gif056.gif056.gif056.gif056.gifご予約やお問い合わせはコチラ(クリックしてね)056.gif056.gif056.gif056.gif056.gif




応援よろしかったらお願いします。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ


by dongurihiroba | 2017-02-26 17:31 | 行事・イベント

プリント学習の前に




早期教育の定義って?

3才にもなれば1から10の数を唱えない子はないくらいです。

うちの子は、1才で既に言っていた。
2才前で、100まで言えた。

そんな時は、なんだかうれしいものですよね。

逆にそうではない時・・・、
なんだか親としては不安になって教えなきゃと焦ったり・・・。

どちらも親心。
うんうん、わかるわかる。

中には、もうプリントで
たし算や引き算をすらすら進めているんだって、
という子もいますよね。

そういう子に対して、
『子どもらしくない』
『親が詰め込んでいる』
と、どちらかというとマイナスの目を向けがちなのが、
世間と言うものでしょうかね。

私は、好きで興味持っている子が
そういう学校のような内容のことができてしまうのを
何度も目の当たりにしてきました。

でも、それをもって、天才とか秀才とかって言いふらしたり、
そういう子を輩出する『どんぐりひろば』と思われたりは
必要ないと思っています。

幼児期にこれができたら、
学校で何やってもつまらなくなる。

と言う人もいますが、
それは、『詰め込まれた』子。

本当に楽しくて、いろいろなことに興味を持ってきた子は、
年齢相応の発達に応じて同じ内容でも『深める』とか
『視点を変える』とかできてくるので、
さらに学習が楽しくなります。

幼児期は、全ての入り口であり、それはいろいろであるということ。

電車の知識であったり、
体操がうまいことであったり、
ピアノが素晴らしく上達したり、
ということもよくあります。

それはそれで何の問題もなくよろしいこと。


でも、計算できたりすると、
・・・なんなんでしょうかね、世間の見る目が違ってくる。

計算も、電車も、体操も、ピアノも
どれかが好きで、それでいいじゃない。

好きこそものの上手なれ。

そういう子と仲良くなって、同じことで遊ぶ(あえて全て遊びと呼びます)と、
みんなどんどん、電車に詳しくなって、
体操にどこででも取り組んで(危ないところ、狭いところ、だめだよー)
ピアノも取り合うように弾いて、って
なんでも楽しくなるのですね。

子どもによって、興味の方向はいろいろ。

そこに仲間が居て、
遊べる空間あって、
同じ時間を過ごせたら、

その、ややもすれば偏る興味も多方面に向けられるというもの

『子どものことくらい、(学歴の高い母親の)私ができます!』

と、言い切る方もあるけれど、

子ども同士の力は、大人のそれにはかなわない
大きさと魅力に満ちています。


『計算』には世間の目は冷たいけど、
『子どもらしく遊ぶ』はよろしいことで公認。

でも、どれもつながっていて、
子どもは線引きすることもなく、
好奇心で取り組んでいく。

遊んでいるそばから、
『洋服が汚れるから、〇○したらダメ!』
と言われているのは、

『計算を詰め込まれ』ているのとなんら変わらない、
子どもにはマイナスなことだと思います。

おそらく、『早期教育』という言葉は、
『詰め込み』とイコールであるという意味に定義されている(誰がした?)
のかなあ、と思うのです。
定義とまではいかなくても、そのように思われがちな言葉といいましょうかね。

要は、なんでも持っていき方。
そろそろ、大人には正しく気づいてほしいなあと思います。



by dongurihiroba | 2017-02-16 13:49 | 園児のひろば




お話が弾みましたねえ

b0177103_18534070.jpg
寒いですね。
おなかの風邪やインフルエンザもはやっていますね。

先日までに予約された方の中で
今日御具合悪くなられた方も・・・。
お大事に・・・。

さて、そんな中でも、
初めてさんが3組、2回目以上の方が4組とにぎわいました。
月齢は、もうすぐ3ケ月という子から、1才ちょっとの方まで。
このくらいの人数ですと、フリートークもしやすかったみたい・・・。

オリジナルの『トントントン、こんにちは』の歌で、順番に自己紹介。
やはり、お名前って大事で、それと月齢を言ってもらうことで、
話が弾みましたね。

日に日に成長著しいころですので、
その時その時の我が子自慢も少しずつ語っていただきましたよ。

お母さん同士もだけど、ハイハイ直前の子が多くて、
その子達も互いにおしゃべりしてましたよ。

どんぐりひろばのメニューは、
そのあとは、音とともに手足のマッサージへ。
カンタンなので、おうちでもやっていただけると思います。

難しかったり、準備が大変だったりのベビマにこだわることはないですね。

ちょっと運動した後は、水分補給タイム。
試食は主にお母さん向けでしたが、『かぼちゃのビスケット』『牛乳きなこゼリーと夏ミカン(缶)』
食べられる子はお子さんも。
お母さんのお茶は、瀬谷のおっぱい先生こと大塚ヨシ先生ご推奨の『よもぎのお茶』

でも、いつも、おいしいものは、写真撮り忘れます。

アレルギーとか、離乳食に向く素材向かない素材とかについてお話も。
前にお出ししたノンオイルのサツマイモチップス、
おうちでやってくださったのね、うちではうまくいかなかったわ~なんて話も。

缶詰のみかんも薬で向いている話とか、食品添加物とか、表示の見方とか・・・。
短い時間ではお伝えしきれないけれど、
知らないよりは知っとくといいことをいろいろ資料などもお渡ししました。

わかりにくいことは、後日でもご質問どうぞ。

それから、絵本語りもね。
その中で、今日はおしくらまんじゅう、ちょうど、
『おしくらまんじゅう 押されて泣くな』というフレーズがあるじゃないですか。

わらべうた、あそびうたは、体を密着させるものも多いですね。
ベビマ、とわざわざ言わなくても親子で触りっこして遊べる、
そんな知恵が古くから日本にもありました。

そんなわらべ歌遊びもこれからもいいね、そんな話もしましたよ。


最後はひな人形の前でにっこり写真撮りました。


次回は3月6日 10時~11時

場所は こども教室どんぐりひろば(横浜市瀬谷区)

ご予約・お問い合わせは 専用℡045-391-8289
または、ホームページよりどうぞ。


参加費は1,000円で試食もついています。

絵本の貸し出しは無料で1週間できます。
また、良質安価な絵本の頒布も、4月以降分を始めていますよ。
教室に通わなくてもお世話いたしますよ。ご利用ください。




応援よろしかったらお願いします。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ

by dongurihiroba | 2017-02-13 19:17 | あかちゃんのひろば

瀬谷かるた大会のこと




どんぐりひろばのかるた学習法(の一部)



どんぐりひろばでのかるたの取り組み。
今回は瀬谷かるたの練習風景です。
上の句、最初の5文字以内で取る。
そのためには、絵も文字も覚え、
読み札も全てそらで言えるようにはなることが
条件です。

大人よりも子どもの方が、
しかも低学年でもしっかり憶えられます。
そういうことのできる時期なのです。

憶えてしまうと、さらにいろんな気づきがありました。
かるたの絵の細部の特徴、文言の意味するところ、
地域の歴史への興味、実際に訪ねてみたい気持ちなどが
現れてきて、子ども同士の語らいがどんどん学習を深めていっているのが
手に取るようにわかりました。

b0177103_22282672.jpg
下の写真は絵合わせ。
時間内に何枚、合わせられるか。
目的を持って、自身をそれぞれが強くするためにと、頑張りました。

b0177103_22273131.jpg

下は、かるた大会終了後、選手の子ども達が私を呼んでくれて
一緒に記念撮影。
予選でいきなり教室のチーム同士が当たってしまい、男の子チームは残念ながら敗退。
・・・強かったのに早々に試合は終わってしまいました。
(決勝で会いたかったのにね。)
でも、本番まで頑張って力を出し切ったので、いい表情。
チームのメンバー同士励まし合い、信頼して臨め、仲も深まりました。
b0177103_22280611.jpg

優勝したのは、女の子チームの1年生。
b0177103_22270223.jpg


優勝トロフィーは、3人で1つだったので、
『どんぐりひろばに飾って!』とのことで
なんと教室にて飾られてもらうことに。
トロフィーの前にある紙には、大会前に、出場の子達の書いた
意気込みのメッセージ・・・。
b0177103_22270223.jpg
『みんなのためにも優勝します』・・・というものありました。


実は、教室の子達、みんなかるた大好きなのですが、
出られなかった子達もけっこういたのです。
どんぐりひろばには、8つの小学校からの子達が通っています。

瀬谷区外の子は出られませんでした。
人数3人組が組めなかった子も出られませんでした。
どうしても予定が合わなかった子もありました。

そんな子達は、泣く泣く応援団として、
それでも、みんなで力をつけようと、
ひと月あまりでしたが、練習をしました。

出場の子達がとっても強くなったのは、応援団のおかげもあったのです。

そして、みんなで、出場選手に応援メッセージを送りました。
メッセージをポケットにしのばせて、本番を戦ったのでした。

b0177103_22263621.jpg
自分の子が出られないのに、一緒になって見守ってくださったお母様方。
出られない子達のことも、忘れずにいてくださったお母様方。

皆さんの温かさが、出る出ないとか、勝ち負けとかを超えて、
子ども達みんなを成長させてくれたと思っています。

子どもの育ちは、『自分の子が一番になってほしい』思いが先走ると、
思うほどの成果が出ないことも多いですよ。
仲間の力ってすごいです。
b0177103_23040496.jpg
さて、瀬谷かるた大会が済んで2月になってからは、
「百人一首」に取り組むところです。

まあまあ、まずは、ぼうずめくりから・・・。
先週の1年生は、初めてのことだったらしく、
『ぼうずめくり』っていうゲームのおもしろさに
おなかを抱えて大笑いしながら、
大盛り上がりでした。



応援よろしかったらお願いします。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ

by dongurihiroba | 2017-02-11 23:07 | 行事・イベント


9日のタウンニュース紙に載りました

b0177103_00192134.jpg
            2017.2.9 タウンニュース瀬谷区版2月9日号より

b0177103_00232842.jpg
                 会場の雰囲気・・・


前回記事は、赤ちゃんのひろばのことでしたが、
今回は、小学生のことです。

すでにホームページではご報告しておりましたが、
先月29日に開催された第13回瀬谷かるた大会で、
教室生徒のチームが優勝しました。
これまでも教室生徒達は毎年のように入賞してきました。
第1回~2回頃と違い、現在では子ども達のレベルが年々上がってきていて、
観戦する側も手に汗握る熱戦が繰り広げられています。

そんな中、今回も教室の子ども達は、圧倒的な強さで勝ち進みました。

強いのには、ちゃんとしたわけがあります。
集中力、記憶力は、日頃から意識して磨いています。
題材である『瀬谷かるた』そのものについての研究も徹底的にしています。
どうすれば早く取れるか、多く取れるかについては、
私もヒントを出しましたが、
攻略の方法、子ども達同士も実によく意見を出し合いました。

楽しいかるた遊びの延長なので、回数だけを多く重ねるというのも
もちろんいいですし、基本はそこかと思います。

でも、限られた時間の中で力をつけていくには?
と考えることで工夫も生まれ、いろいろな気づきができ、
自分自身を伸ばすことができるんだ!と感じてほしいと思い、
さまざまな練習方法をとりました。

保護者の皆様もびっくりの方法でしたが、
どの子も短期間で楽しんで取り組みました。

前回記事、赤ちゃんのことの次にこの話では
なんだか、ギャップあるように思いませんか。
『赤ちゃんはまずは健康に』、と言いましたしね。

だから、一見無関係のようですが、
・・・実はちゃんとつながっているのです。
お母さん方、賢く育ってほしいとも思っているでしょう?
でも、まだそれは今じゃないと・・・。
本当にそうでしょうか???

赤ちゃんのお母さん、家庭教育の取り組み方次第で、
6年後の1年生になった時、とっても楽しんで勉強する子になりますよ。

どんぐりひろばのかるた学習はそんな取り組みの一つです。
今の1年生はみんな成績優秀です。
赤ちゃんのひろば、未就園児のひろばからの方が大半です。

あるお母さんに言われたことがあります。
『どんぐりひろばには、幼児の友達を作りにとか、
あそびが大変おもしろく、家でもすぐに応用できるのが
良くて通っていました。でも、1年生になって、
こんなに学習がどんどん進む子達になっていくのを見て、
ああ、すごいなあ・・・。
どんぐりひろばでは遊んでるだけみたいだったのに、
次第にお勉強が楽しい時間になっていて。
母親の私が失礼ながらどんぐりひろば、あなどっていました・・・。』
と。

そうですね。
小学生になって、勉強がおもしろい!もっと学びたい!
お友達大好き!もっと遊びたい!
と思う子になってほしい、というのがどんぐりひろばの願いだと
ずっと話してきた意味を実感いただいているみたいなんですね。

幼児教室では、どんなにか素敵なことを、または人より早くにすごいことを
教えてもらえる、身に付けられる、っていうことを期待して
通おうとする方も多いです。

でもね、幼児期、一番大事なことは子どもに何を習わせるか、ではなくて、
お母さんの学びなんです


どんぐりひろばに永く通っているお母さんは、
そのことがよく理解できておられます。

この項、続きます。



応援よろしかったらお願いします。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ

by dongurihiroba | 2017-02-10 01:32 | 行事・イベント

赤ちゃんのひろば

来週13日 10時から(*^_^*)


b0177103_15234493.jpg

前回の赤ちゃんのひろばは、1月23日に開催しました。
2月の節分の部屋飾りの前で写真撮ったり、
赤ちゃん用のおやつの試食をしたりしました。

また、絵本については
どんぐりひろばで貸し出しを無料でしていること、
ご希望の方には安価で良質の絵本購入もできることもご案内しました。

年賀状で大吉が出た!でワンレッスンご招待!
ご紹介や特典チラシでも無料になった!
そんな方が集まりましたよ。
なるべくおトクにご受講ください。
できるだけ、皆さんにお気軽に知っていただけるよう、
今後とも工夫をしていきます。

赤ちゃんや幼児期の教室っていうと
なんだか、詰め込み教育のようで・・・
と思う方も多いです。

はい、私も詰め込み教育には賛成していません。
まずは、健康に育てていくこと。
赤ちゃんの場合、関心事はそれにつきます。

でも、これでいいのかな?
ママは不安もつきもの。

本当に世の中のママは頑張っています、皆さん。
ちょっとした息抜きをしたり、
子育てのアイディアを知ったり楽しんだり、
どんぐりひろばはまずは、そういう場。

そうして笑顔になる親子さん、お友達がたくさんです。

もちろん、そうではない悩み事の場合もよくあります。
どんぐりひろばでは、前々から、教室生徒以外の方の
お悩みもなんだかここへよくたどり着いています。

昨年末まで、地域の児童委員をしていた関係で
そのような関わりの行政的なところも知り得ました。
必要があれば、いろんな機関におつなぎすることも
できますので、ご相談もご遠慮なくどうぞ。

地域の赤ちゃんを訪問する事業にも私は関わっているのですが、
そのことを知らずにどんぐりひろばの体験教室に来られて、
あらあら・・・ということも、ホント、よくあります。

でも、皆さん、安心できる教室といって、リピートしてくださいます。

そうこうして関わっていく方々、
長く関われば関わるほど・・・
優秀な小学生、中学生以上になっています。

子育てについてお母さん方が大事なことをちゃんと理解され
実践なさるからだと思っております。

こういうところにちょこっとでも興味持たれる方は、
お子さんをあと伸びさせられるなあ、とよく思います。

今月の赤ちゃんのひろばは

2月13日(月)10~11時

ご予約は、ホームページdongurihiroba.jp

または、専用℡045-391-8289
  
で、受け付けております。








応援よろしかったらお願いします。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ

by dongurihiroba | 2017-02-08 15:44 | あかちゃんのひろば