横浜市・希望ヶ丘☆どんぐりひろばは子育ての不安を前向きな意欲に変えるお母さんと子ども(0~6才)の教室です。幼児期にこそ『見えない学力』を豊かに育てましょう。☆お問い合わせは下記HPのメールで。


by どんぐり先生
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2017年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

七草粥

地域の方とたくさん会いました


本日は、七草粥の日ですね。

私は一緒に行けたらなと思った人が

ことごとく都合が合わず、

一人で長屋門公園に行きました。

そう、今日は長屋門公園で七草粥の振る舞いの日。


ところが、本日、カメラの調子が悪く、1枚も撮影できず、本当に残念!


なので、4日の長屋門の写真・・・。
b0177103_18450446.jpg
この長屋門の奥の母屋で七草粥のふるまいがありました。

紙芝居を演じるわくわく座さん。

子ども達は熱々で具だくさんのお粥を食べながらの鑑賞。

子どもの声援や合いの手が入るライブ感は紙芝居ならでは。

少しうす暗い母屋の中で、実に風情のあるたたずまいでした。

見渡してみると、教室の生徒とご両親・・・

いつもはあまりお会いすることのないお父様ともお話ししたり・・・。

横浜市の『こんにちは赤ちゃん訪問』で

訪問員の私がお会いしたご家族も何組もお見かけしました。

中には、気づいて

「こんなに大きくなりました!」

と言ってくださる方も。

どんぐりひろばに漢字検定だけ受けに来られるお子さんのお母さんも

手を振ってくださったり。

お粥をよそおってくださった公園スタッフの方も声かけてくださったり。

横浜に来て25年、

この町に住んで、14年が過ぎようとしていますが、

すっかりこの地の人間になってきたのだなあ・・・と

自分で感じました。

親戚も知り合いもない横浜に来て、

今みたいに子育て支援のいろいろなことが整備されてなかった時代に

楽しく元気に過ごせたのは、お友達に恵まれたから。

だけど、育ママも今どきは、すぐに職場復帰じゃないですか。

本当に孤独な方も少なくないみたいなんですよね。

そんな時は、横浜だったら、『子ども家庭支援課』に電話してね。

他の地域の方も、それぞれ連絡先、母子手帳にあるでしょう。

また、私のどんぐりひろばでは、

ずっとずっと以前、まだ私が区役所に出入りするより前から、

ご連絡いただいた方のご相談にはのってきました。

電話でもいいし、体験教室のときにでもいいし、

お話ししたいことのある方はご遠慮なくどうぞ。


b0177103_19085070.jpg
ちなみに今日は、着物で出かけてみました。

帰宅したときにスマホで、家族に撮ってもらいました。

着物初心者なので、アラがいっぱいありますが、

もう、実はそもそもアラだらけの私でもあります。

完璧目指していたら、人生の時間が足りないので、

まあ、今日より明日、よくなればいいかっていう、

『よい加減』で今年過ごしたいなと思っています。

体験教室にお越しの方もどうぞお気楽にね。

そうそう、

「年賀状のおみくじが 『大吉』だったんですけど・・・。」

と今日、お二人に言われました。

気になるけど、どうしようかと思っていた、とのこと。

お気軽にどうぞ。

口頭でお話しした方はこのままでもいいですが、

できましたら、ホームページの予約欄にご記入くださいね。


今月は『赤ちゃんのひろば』23日10時~11時が人気みたい。

あと、『1・2才』のクラス、毎週火曜日11時~12時半、

ことしの4月に幼稚園に入る『新年少(中)』さんの入園前のクラス毎週水曜日11時~12時半も

今がとっても旬ですよ。


ホームページ見てお電話でもご予約フォームからでもどうぞ。












応援よろしかったらお願いします。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ

by dongurihiroba | 2017-01-07 19:20 | 行事・イベント
私が見つけた『便利なおはし』


売れに売れている育児グッズの代表的なモノに
『持ち方箸』『矯正箸』の類があります。
結構、イイお値段ですが、
子ども用品を置くお店にはたいていあります。
それだけ、お母さん方の関心の大きさが
反映されているというわけですね。

でも、
どんぐりひろばでは、
『使わないでね』、とお伝えしています。


近くの100円ショップでも、幼児に持ち方をしつけるためのおはしがあり、
どんなんだろ、と思い、購入してきたことを前回お話しいたしました。

ただ、こちらも、商品のことを傷つけることはできませんので、画像は控えます。

2種類買ってきました。

1つ目は、箸と箸をつなぐジョイントがついたもの。
そして、親指を置くところがシリコンゴムにより、大体の位置に誘導されます。

なるほど。
持って見て、開閉しようとすると・・・。
閉じるのは自分の意思で、しかし、開くのは自動!
つまり、ジョイント部分にはバネが内蔵されていました。

だったら、トングと同じこと!
よって、NG!(※)

たしかに小さい子はゆびの力は弱いし、
力の加減も難しいものです。

でも、「なんちゃってお箸」、実は「トング」、ならば
トングを使ってればいいんじゃない、ということです。
b0177103_09171895.jpg
b0177103_09173295.jpg
b0177103_09164155.jpg


さあ、教室においでの方は「トング」といえば、ピン!とくるあそびがあるでしょ。
その遊びの意味は、こういうお箸を持たなくていいためです。
バネの返しの力で育つ遊びをうんとします。



2つ目。
こちらは、指を入れる穴が1本につき1つ、リング状になってついています。

(ん?なんだか、人気の持ち方箸に似ている!
・・・でも、あちらは確か、リングの穴は3個でしたよね。)

下の箸には親指用のリング、上の箸には人差し指用のリング、でした。

あ~、これだとですね、
もう1本の中指が下の箸につく持ち方でも
OKになってしまいます。
そういうわけでNG!(※)

高嶋先生との持ち方教室でも、
持てているようで違っている、
非常に残念な持ち方の人に
『中指が下の箸につく』(←コレ、正しくないですよ)というのがありましたが、
それを助長してしまいますね。


では、3個リングの人気の持ち方箸に
軍配が上がるかな?
~~~っというところですが、NG(※)なんですよ。

これについては教室で全てのお母さんに
納得いただいています。

むしろ、この3つの中で言うと、
あえてどれか、というと
2つ目のが、一番良いと思いました。

それは、2本で使うとダメだけれど、
上の箸だけに注目した場合、
これだけを持たせると、
親指、それとどこへ行ったらいいか
一番問題な中指の位置が
人差し指を固定することで
理解しやすい点があるからです。

つまり、箸の持ち方とは、
親指、人差し指、中指の3点で上の箸を持ち、
これのみを動かしているわけです。
この3点持ちを促せるのは、
人差し指リングだからです。

でもね、なんのことはありませんよ。
つまり、人差し指とお箸を輪ゴムで
固定してみてください。

その上での3点持ち、みんなできますからね。

ただし、これでは上の箸のみですけど。

これまでの説明で
裏を返せばおわかりと思いますが、
人気の持ち方箸では、
3点持ちができてなくても
それは使えるわけなのです。

3点持ち、そして下の箸の固定、
このためにかかる力の方向、
それはリングでは指導できないものです。

つまり、これを使うことと
お箸が持てることが
イコールではないということです。

初めはこの手かせのような箸を持っただけで、
『持てたね』と褒められる子どもが、
そのうち、『まだ、こんな箸しか持てない』と責められ、
普通の箸になっても
グチグチと言われながら
食事をすることを想像すると、お気の毒で仕方ありません。

実際、大人でちゃんと持てていない人の多いこと!
それはすっかり棚に上げられて・・・。

大人のその場しのぎの便利に付き合わされた子どもが、
いろんな指示にふりまわされていることに
気づいてあげましょう。

お箸が持てることも大事ですが、
その前に食事がつまらなくなります。
b0177103_09225649.jpg
どんぐりひろばでは、
遊びの中で、うんとおはしを使います。
遊びに夢中になるとき、
持ち方次第でうまくいく体験を自分でたくさん積みます。

ですから、おはしには『なじみ』があります。
それで食事にもはじめから普通の箸を使います。

段階を踏んでいるので、食事における持ち方ストレス・ゼロです。

大人の便利に子どもを合わせないからです。
子どもの発達に歩幅を合わせて促すからです。
具体的な方法を教室で楽しくお伝えしています。


       056.gif056.gif056.gif056.gif056.gif056.gif

以上は、2011年の記事です。
最も多く閲覧されているので、再投稿してみました。




お帰り前に ポチッとまだの方はどうぞよろしく060.gif
にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ

by dongurihiroba | 2017-01-05 09:31 | おはし・えんぴつ

『大吉』でたら ワンレッスン無料で体験

b0177103_14234491.jpg
この年賀状の届いた方へ。

年賀状の左下におみくじを付けておきました。

もし『大吉』だったら・・・。

1月のどんぐりひろばの講座、ワンレッスンが無料で受講できます。

対象は下記のすべての講座。

期限は1月中です。

1月の『講座カレンダー』よりお選びいただけます。

今月は都合がつかないけれど、気になるなあ・・・という方、

お問い合わせをいただけましたら、期限を延長いたしますよ。



それから、大吉ではなかった方、今回はごめんなさいね。

また、年賀状のない方も下記のとおり、今月の講座をお申込みできますよ。



〈総合コース=週に1回決まった曜日・時間に通うコースのことです。〉

1・2才・・・ 1月10・17・24・31日(火)11時~12時半(通常2,100円)
b0177103_22474278.jpg

3才(新年少プレ=4月から幼稚園)1月11・18・25日(水)11時~12時半(通常2,100円/回)
b0177103_22480976.jpg

年少・・・1月16・23・30日(月)15時~16時(通常2,100円/回)
b0177103_22483395.jpg
年中・・・1月10・17・24日(火)15時~16時(通常2,100円/回)
b0177103_22485710.jpg

年長・・・1月13・20・27日(金)15時~16時(通常2,100円/回)
b0177103_22494602.jpg


小学生は、1・2月は、定員に達しているため、募集していませんが、

3月25日(土)~31日(金)の春期講習会は、1~7日間の参加ができます。(2,000円/回)
b0177103_22501095.jpg



〈単科コース=1回ずつの申込制のコースです。〉

赤ちゃん・・・1月23日(月)10時~11時 (通常1,000円) (締切間近)
       『離乳食に向く食材・向かない食材』
        リズム・うたあそび
        お母さんの試食
        絵本のこと
b0177103_22392197.jpg

文化講座『きものの着付け』・・・1月12・19・26日(木)10時~12時(通常2,000円/回)
                専門の着付け師が指導します。持ち物は初回は要りません。
                販売は一切ありません。初心者大歓迎。(私も初心者で習っています。)
                       

1月のかるた『瀬谷かるた』・・・1月14・21・28日(土)10時~11時(通常1,000円/回)
b0177103_22390181.jpg
1月の手しごと『アイロンビーズ』・・・1月21日(土)13時~15時(通常1,000円/回:材料費は別途1,700円)
b0177103_22504122.jpg

詳しくはこちらからお問い合わせください。





応援よろしかったらお願いします。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ

by dongurihiroba | 2017-01-03 22:51 | 教室全体のこと
b0177103_14234491.jpg

新年のご挨拶


皆様、お正月はいかがお過ごしでしょうか。

どんぐりひろばは2017年、教室開設15周年となります。

ここしばらくは、いろいろなことがありましたね。

どんぐりひろばは、自宅リビングから始まった小さな教室です。

もちろん、各種資格や経験はありましたけどね、

地域の中での教室となると

アットホームなことだけが印象的な始まりだったと思います。


次第に地域の皆様に広まり、

手狭になった部屋をなんとかしなくては、

ということで2013年、専用の教室スペースができあがりました。

依頼、思った以上に、快適な学習環境となったのでした。

ところが、順調であったその後の3年間、

市や区の子ども関係のお仕事の依頼が増えて、

泣く泣く2つのクラスを閉鎖せざるをえなくなり、

入会をお断りする事態も生じました。

苦悩の挙句、昨年には、コースを〈単科〉と〈総合〉の2つの設定にして、

一人で運営する教室の時間的ピンチを切り抜けました。

皆様のご理解とご協力と口コミにより、

その間、衰退することなく教室業務を続けることができました。

公務におきましては、幅広い支援の形を身に付けることができ、

よい刺激となり、またとない自己研鑚の機会でもありました。

様々なジャンルの先生やお仲間に出会え、

また、たくさんの、教室以外の子どもや保護者の方とも出会えました。


しかし、私にしかできない本業に立ち返るべく、

任期満了の本年より公務は返上、

どんぐりひろばの業務に専念することにいたします。

これまで、ご不便をおかけしました皆様にはお詫び申し上げると共に

今後ともよろしくお願い申し上げます。


募集中の講座については、次の記事で詳しくお知らせいたします。













応援よろしかったらお願いします。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ

by dongurihiroba | 2017-01-03 15:15 | 教室全体のこと