横浜市・希望ヶ丘☆どんぐりひろばは子育ての不安を前向きな意欲に変えるお母さんと子ども(0~6才)の教室です。幼児期にこそ『見えない学力』を豊かに育てましょう。☆お問い合わせは下記HPのメールで。


by どんぐり先生

<   2010年 11月 ( 24 )   > この月の画像一覧

幼児教室どんぐりひろばへようこそ!060.gifブログランキングに参加しています。
みなさんの1ポチがとても励みになります。060.gif

ポチッとしてからお入りくださいね。
 
 ↓    ↓    ↓
                 にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ




ちゃんとしなさい!って言わなくても大丈夫よ、お母さん♪


いわゆる、脱線と言うのでしょうか。
ここは幼児の教室ですから、子どもが唐突に突拍子もないことを
言いだすことも まあしょっちゅうあるわけです。

「ぼく、青い電車にずーっと(長い時間)のったことある。」

・・・え?なんで、音あそびをしているときにその話?
というようなこととかですね。

その日の初めにたまたま飛行機の絵を見たことがきっかけで
その子の内側で→→→といろんな思いが連想されて
そういう話になったのね、とわかることもあります。

でも、何がきっかけでそんなことを言い出すのか
こちらには見当もつかないこともあります。

いずれにしても、子どもの内面でなにかしら
気になったことが→→→とうまく言葉にはならない連想を経て
出てくる場合が多いですね。

お母さん方は、「今は、先生がお話ししてるでしょ。」とか
「何 関係ないこと言っているの!」と

躾のつもりで注意なさることもありますが、
私はこの「唐突で」「とんちんかん」な発言が結構好きです。

この、思わず時と場所も構わずに
自分の中で勝手に盛り上がって言いたいことがあふれるとき、
子どもってすごく生き生きしていますよね。

そして、子どもならではの表現ができている時があるのですね。

では、全体の流れからそれていても、誰かの話の最中でも
そういうおしゃべりはいいのかというと、お母さんの言われるようにNG。

ただ、教室では一旦、どこかで子どものことばには耳を傾けます。
その子どもの思いを受け止めます。
それでいて、「じゃあ、音遊びの途中だったから〇ちゃんも続ける?」
と言うと、納得して嬉しそうに活動に戻ります。
「みんなも待ってくれてありがとうね。〇ちゃんの話、~なんだって。
さあ、それじゃあ、次の音ならしてみようか。」
と全体を予定通りに進めます。

お母さんの制止の仕方とうまくバランスをとるように配慮をしています。
お母さんの個性や性格によってもこちらの言動は違ってきます。
それで、お母さんの注意の仕方も上手になっていきます。

いずれにしても、子ども達は「ちゃんとしていない」とは自分では思ってはいません。
大人の都合である「指示」や「順番」などのルールの存在も初めは知りません。
発達の特性上、自己中心的な世界に生きているので、
こういう行動は仕方ない、というか順調そのものなのです。

大丈夫。
少しずついろんなことわかってきますのでお母さんの心配はいらないのです。

ということを踏まえた上で、
この子どもの≪内なる思いを表出すること≫は素晴らしい表現行動だと思っています。
「唐突で」「とんちんかん」だと否定的に見ることはしないでおきましょうね。


私が自分の子のつぶやきでその昔、いいな~と思ったこと。
一つご紹介します。

3歳くらいの頃。
畑でとれたニンジンをそのまま洗いもせず、
ボウルに入れて台所の床の上に置いていた時のことでした。

しゃがみ込んでそれをじっと見つめていた子どもが一言、
「ニンジンさん、転んだのかな。」
と言いました。

ニンジンに泥が付いているということは
→自分が転んだ時には泥が付いた経験から
→泥が付いているニンジンもさては転んだか

と思ったようでした。

その一言はとても心配そうな語り口でした。
こんなつぶやきは素敵だし、親を幸せにしてくれますね。

遠い思い出のひとコマです。
by dongurihiroba | 2010-11-30 01:09
幼児教室どんぐりひろばへようこそ!060.gifブログランキングに参加しています。
みなさんの1ポチがとても励みになります。060.gif

ポチッとしてからお入りくださいね。
 
 ↓    ↓    ↓
                 にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ





人形劇あそびの会『親ゆび子ゆび』


以前、『人形劇あそびの会』を
教室であるどんぐりひろばから独立させます、という話をしました。


b0177103_13161855.jpg


準備は少しずつ進んでいまして、(ただブログ立ち上げは遅れてますが、)
一緒に活動を始める仲間とに人形劇に関する学習もしています。

それで、会の名前を発表してなかったかも?
ということで、お知らせをいたします。

『親ゆび子ゆび』といいます。
親子で作る、指を使うという意味で
こんな名前にしてみました。

通常、「こゆび」は「小指」と表記する所ですが、
あえて「子」の字を使っています。

まずは、スタッフで『親ゆびの会』と称して、
打ち合わせを多くしていますが、
『子ゆび』ちゃん達に楽しんでもらえるように
頑張りたいと思います。

実は生涯教育の一環としての取り組みにしたいという趣旨で
活動方法を企画中です。

参加の皆さんは教室の生徒である必要はありません。
広く地域の皆さんにおいでいただけるよう、
費用の面なども検討を重ねています。

ブログ完成しましたら、お知らせをしますね。
今後ともよろしくお願いいたします。

お帰り前に ポチッとまだの方はどうぞよろしく060.gif
にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ

by dongurihiroba | 2010-11-28 13:16
ようこそ060.gifブログランキングに参加しています。
みなさんの1ポチがとても励みになります。060.gif

ポチッとしてからお入りくださいね。
 
 ↓    ↓    ↓
                 にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ








明日販売の雑貨 まだまだあります




b0177103_22175467.jpg

b0177103_22175486.jpg

b0177103_22175419.jpg


b0177103_22175496.jpg

どんぐりひろばの活動のスライドショーも展示していますよ。
これは・・・懐かしい! 
恩師「岸本裕史先生」が生前、どんぐりひろばで座談会をしてくださったときのもの。


b0177103_22175469.jpg

さて、こちらのチューリップの球根。
明日、お買い物した方へ抽選で差し上げる品物です。
私からの提供品です。
このほかにも、抽選プレゼントはいろいろ素敵な物がいっぱいありますよ。
b0177103_22175476.jpg


お帰り前に ポチッとまだの方はどうぞよろしく060.gif
にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ

by dongurihiroba | 2010-11-26 22:17 | 行事・イベント

あれ?教室のブログじゃないよ?
と思った方、間違いではありません。
今日は趣向を変えて、お店の紹介です。
ポチッとしてからお入りくださいね。  ↓    ↓    ↓
                 にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ






手作りマーケット 木いちご


どんぐりまつりでおなじみの「お菓子工房keimin」さんの
半年に一度のビッグイベントのご案内です。

Keiminさんのお菓子はますます人気上昇中です。
それで、1日目の今日は、前回より大量に焼き上げた・・・のに、
開店から、一時間ほどで 完売!!!

雑貨のイベントを切り盛りしながら、
仕込み、仕込み、また仕込み。

そんなKeiminさんに代わって今日は教室の話ではなくて、
お店のご紹介をいたします。

2日目かつ最終日である明日はこちらの雑貨達に出会えますよ。
ぜひ ご来店くださいね。

b0177103_19505038.jpg

b0177103_19505047.jpg

b0177103_19505046.jpg

b0177103_19505074.jpg

b0177103_19505091.jpg

b0177103_19505064.jpg

b0177103_19505043.jpg

今日のケーキはすぐになくなったので、写真はありません。
さて、もともとは オーダーメイド専門店。
今なら、クリスマスケーキもご希望の日にお渡しできます。
ご注文はお早めにどうぞ。


b0177103_19505057.jpg

b0177103_19505041.jpg

b0177103_19505063.jpg

Keiminさんの工房で今日と明日27日(土)開催のイベントのお知らせです。
ケーキの準備で忙しいKeiminさんに代わり、こちらのブログで今日はご案内をします。
雑貨のご紹介です。 まだ続きます。

お帰り前に ポチッとまだの方はどうぞよろしく060.gif
にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ

by dongurihiroba | 2010-11-26 19:50 | 行事・イベント

一生のたからものー4

幼児教室どんぐりひろばへようこそ!060.gifおはしの話が続いています。060.gif

ポチッとしてからお入りくださいね。
 
 ↓    ↓    ↓
                 にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ



とてもきれいな手です。

b0177103_20322935.jpg

若々しくて美しい手の方ですね。
そして、持ち方もきれいなので、撮らせていただきました。

さあ、問題はここから。

この手の形はきれいなんだけれど、動きがおかしい!
という方が何人かいらっしゃいました。

上のはしは、親指人差し指中指の3本で持ちます。
動くのは上のはしだけです。
下のはしは固定されていて動きません。


これを知っている人は少なくないのですが、

中指は下のはしについてはいけません。
動くのは人差し指と中指だけです。


というのを知らない人が結構いますよ。

中指が2本のはしの間にあって、ちょっとみるとよさそうなのですが、
いざ動かす際に中指が下のはしに付いてしまっては動きが違ってきます。

実は、灯台もと暗し、当日のお手伝いスタッフの中にこの持ち方の人がいたのです。
私も本人から言われるまできづきませんでした。
「中指は下のはしにも普通付くよね!?」
と言って動かして見せたのは、なんと私の夫でしたよ。

今までだまされてきた?というか、ちゃんと私は見てなかったのですね。
子どものことはよく見てきましたが・・・。
まあ、私の責任の範疇外といえばそうなんですよ、配偶者なんて。

さあ、これで家庭内がいろんなことになってくるわけです。
面白いですよ。
by dongurihiroba | 2010-11-24 20:46 | おはし・えんぴつ
ようこそ060.gifブログランキングに参加しています。
みなさんの1ポチがとても励みになります。060.gif

ポチッとしてからお入りくださいね。
 
 ↓    ↓    ↓
                 にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ




絶対にやめてほしい矯正箸


今や絶大なヒット商品となっている持ち方箸、矯正箸を
どんぐりひろばでは使わないようにしています。

すでに持っている、使っている、この箸でうまく持っているということでも
すぐに止めた方がよろしいかと思います。


理由は宣伝である「ほら、持てたよ。」というような写真でさえ、
正しい持ち方ではないこと。
このはしから普通のはしに持ち代えたときに
正しい持ち方にはならないことが挙げられます。

確かに持てた風(ふう)にはなるんです。風には。

はしはお手ての代用、延長でそもそも便利なものです。
それが、不自由な手かせになるとき、発育はむしろ阻害されます。

手指が不自由な方の介護品としてはすばらしいと思います。
でも、これから、発達する子ども達の手にするものは
慎重に選んであげたいものです。

お母さんの愛情と見守りの中で持ち方を教えてあげてください。

どんぐりひろばのおはしあそびは、
必ずしも初めから完成形を求めてはいません。
たっぷりある時間の中でゆっくり体験を積みながら
たのしく勧めています。

そうすると、矯正箸は一切不要です。

それから、箸使いの訓練になるものは、
実際の食事のときではなく遊びの中で行っています。

食事はおいしく楽しく。
矯正箸で食べてもおいしくないと思いますよ。
by dongurihiroba | 2010-11-24 19:11 | おはし・えんぴつ

一生のたからもの-2

幼児教室どんぐりひろばへようこそ!060.gif

深夜に続き、久しぶりの更新となります。
応援くださる方々から、
しばらく更新ないし、ランキングは急降下だし、
大変心配をいただきました。

060.gif

ポチッとしてからお入りくださいね。
 
 ↓    ↓    ↓
                 にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ




子どもよりも大人が大変な事態!!!


b0177103_1291774.jpg



学習会では、まずは普通に全員がおはしを持つところから始まりました。
大人は全員、持ち方はともかく、持っています。

子どもは小さい子は2才~、まだうまく持てなくても仕方ない、握り持ち。
大きい子は小学5年生の参加がありました。
大きくなると持ち方の程度に差がありますね~。

左利きも多い~。

大人はお母さんがほとんど。
お父さんも一緒のご家族も2組。
保護者のどなたかの兄弟と子ども(いとこ)との参加も2組。

子どもはまだ赤ちゃんなので、おうちでお留守番してもらって
お母さんだけ参加の方が5人。

会場の雰囲気がこのような中、
消しゴム積み重ねゲームを少し行うだけで、
この中の何人が正しく持てているか、先生は一瞬で見抜いてしまいます。

午前・午後とも30人近くの参加者の中で
正しく持っていますね、と指摘された大人は

・・・なんと、1人のお母さんだけでした。


誇らしいことに、どんぐりひろば教室のお母さんでした。


でも、私が誇るのもおかしいことで・・・、
なぜなら、教室では大人の指導はほとんどしていいなかったからです。

しかし、この事態、見過ごすわけにはいかないですね。

おはしの持ち方を教室でも取り組んでいますが、
失礼ながら、大人がこんなにできていないとは思わなかった。
・・・大人の持ち方からもっと真剣に取り組まないといけない、
新たな課題を認識した私でした。

どんぐりひろばでは、未就園児のひろばでは、
親子一緒にお弁当の時間があります。

ですが、お母さんの持ち方については
その時間をご一緒してない方のことはわからないでいました。

おはしの持ち方は、生活の基礎・基本です。
おとなができていなくて子どもには教えられませんし、
教室でだけできても意味ありません。

「おはし」
1日3回、
1年で1000回前後(個人差入れて)近く使います。

お母さんが30歳過ぎとして、
これまで30000回、3万回くらいは使ってきたことになります。
これが違っていて、子どもに正しく使うように指導はできません。

でも、このような機会に直す気持ちと練習ができれば
早い人で3分で正しい形になることを高嶋先生は経験上から語ってくださいました。

「自分の持ち方に自信がない」お母さん方が多く集まったから
正しい持ち方も少なかった、だったら良いのですが、

先生は食堂などでは、必ず周りをチェックしておられるということですが、
やはり正しい持ち方の人は少ないそうです。

学校や家庭できちんと教えられていないから、
正しい持ち方かどうか知らないまま、そんなものと思っている人が
とても多くなっています。

「きちんとしたみなさん」は、テレビを見ていても
変な持ち方の人が目につくでしょ?
正しい持ち方に近い人はそう思いますよね。

さて、今や外人で日本料理に興味ある人は多いですが、
そんな人たちは、はじめに「はしの持ち方」を知らないからと
積極的に習うため、日本人より上達は早いようですよ。

しかも、先生は複数の外人をお箸上手に仕上げる計画もお持ちのようです。
変な癖のついた日本人より、スプーン文化圏の人のほうが
早く上達する理由も教えていただきましたよ。

もう、日本人、ピンチ!

b0177103_1265811.jpg

そんな中、学習会に来られた人はまさに『一生のたからもの』を見つけられましたね。
せっかく「正しい持ち方の感触」を手と脳に刻んだのですから、練習をしましょう。
練習しないと3万回のよくない方の記憶が再び定着してしまいます。
まずは、大人が正しい持ち方を知って、できるようにしましょうね。

ただしいおはしの持ち方は、機能的だし、
なによりもあなたを美しく見せてくれます。

お帰り前に ポチッとまだの方はどうぞよろしく060.gif
にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ

by dongurihiroba | 2010-11-24 11:43 | おはし・えんぴつ

一生のたからもの

幼児教室どんぐりひろばへようこそ!060.gifイベント終了しました!
ご報告をするはずが1台しかないパソコンを
家族に占領されていて更新なしが続いてしまいました!

お待ちのみなさん、ごめんなさいね。

ランキングは、???

トップテンの中には見当たりませんね。

しばらく、大切な話をしますので、
ぜひ、ぜひぜひ
おひとり1日1回のポチッとで応援をよろしくお願いします。

060.gif

ポチッとしてからお入りくださいね。
 
 ↓    ↓    ↓
                 にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ




「おはしとえんぴつの正しい持ち方教室」
          終了しました!



21日に予定どおり開催された上記イベントです。

当初、午前中の1回の公演予定でしたが、
当ブログをご覧の皆さま方であっという間に満席になってしまいました。
皆さんの関心の高さに驚かされました。

急きょ、2回目講演を午後にも実施ということになったのでした。
こちらは、さらに人数が多くなり、
会場をめいっぱいに広げていただいての開催に。

b0177103_2331094.jpg

多くのみなさんでにぎわう会場。高嶋先生は机間を回りながら皆さんの手をとっての直接指導。


小さいお子さんの家庭はこの時期、
風邪引きとかも多く発生するのですが、
ドタキャンも2件だけでした。
皆さん気合い充分!

御年80歳を超える高嶋先生、
しかも大阪から横浜への日帰りということで、
その忙しさを心配しましたが、
ずっと立ちっぱなしで実技指導をして回られるエネルギッシュな一日でした。

さて、今回参加の方は、どんな方かというと、

親として自分の持ち方に自信がない。

子どもの指導の仕方を身につけたい。


という方が全体の半分以上を占めました。



そして、

自信がある、・・・正確には「あった」という方もありました。

なぜ、自信が「ある」が「あった」という過去形になったかというと、
今回学んでみて、「正しくなかった」ことに気付いたからです。

でも、こういう方達は本当に幸運です!

ご覧の皆さんにも
なんだ、そんなこと!と思わないでいただけたらいいなと思います。
その理由は今後お話ししていきます。

私は先生のお話しを聞くのは初めてではありませんでしたが
今回もまた、新しい気付きがありました。

まさに侮るなかれ、の学習会でした。

レポート、まだ続きます。

お帰り前に ポチッとまだの方はどうぞよろしく060.gif
にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ


プレゼント企画実施中! どうぞご覧くださいね♪
by dongurihiroba | 2010-11-24 02:43 | おはし・えんぴつ
幼児教室どんぐりひろばへようこそ!060.gifブログランキングに参加しています。
みなさんの1ポチがとても励みになります。060.gif

ポチッとしてからお入りくださいね。
 
 ↓    ↓    ↓
                 にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ





伸びきったパンツのゴム

「伸びきったパンツのゴム」では、どげんもならんとです。

この表現は私がどちらかというと、融通が利かず、
やりだしたらとことん、みたいなところがあるので、
母からよく言い聞かせられていたことです。

皆さんは子どもの頃、頑張り屋さんだった方もそうでもない方も、
こと、子どもの勉強となると、もっと〇〇ができたらいいのに、とか、
どうして、こんなに時間がかかっているのに〇〇がおぼえられないかな、とか、
他のみんなはできているのにうちの子だけなんで・・・、とか
思うのではないでようか?

自分の子のことですからね。
もっともな感情だと思います。

最近、どんぐりひろばでは、この「伸び悩み」が一気に解消する瞬間に
出会うことがしばしばあります。

私と子どものお母さん、その他のお母さんもその場に居合わせることが多いです。

伸び悩みとまでいかなくても、あることをきっかけに
飛躍的に字がきれいになっていったり、
読み方が上手になってきたり。

大人は子供の成長が右肩上がりに見えるときが一番安心です。

でも、学力がつくときは、長い平行線だったり、
一時的には下向きだったりに見える時期を乗り越えることが多いです。

『溜めの時期』があるからね、大丈夫。
とお母さん方には 慰めるように言っていたかのような言葉ですが、本当だったでしょ?

今、溜めの時期から目に見える上向きの時に入ったお子さんも何人もいます。
伸びてないように見えた時間も止まってはおらず、
無理なく継続することで何もしないでいては得られなかったものが身に付きます。

溜めの時期にむりやりいじくりまわすと『伸びたパンツのゴム』のようなことになりもします。
子ども自身の成長のスピードを大事にして見守って行きましょうね。

溜めの時期に子ども達の中の(私の母の言うところの)『パンツのゴム』 は
一サイズ太いデニールに様変わりしたかのようなたくましさを培うのでしょう。

時間がたっぷりある幼児期ですから、
そもそも慌てる必要はないのです。
それでも、うれしい実りがいっぱいの秋です。

ちなみに、時間に追われている受験生の皆さんへ(そういう人も見てらっしゃれば)。
この秋の模試の結果はさすがに重く受け止めることでしょう。
勉強しているのに、イマイチだった人、
やり方を反省するとともにまだまだあきらめないことですよ。

模試判定での一喜一憂は意味のないこと。
最後の模試が済んだ後に力が発揮できるケースもいっぱい見てきましたから。

頑張ってください!
by dongurihiroba | 2010-11-18 20:32
幼児教室どんぐりひろばへようこそ!060.gifブログランキングに参加しています。
みなさんの1ポチがとても励みになります。060.gif

ポチッとしてからお入りくださいね。
 
 ↓    ↓    ↓
                 にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ




どんぐりまつりのプレゼントスイーツは
この日にお渡しします




お世話になっている『お菓子工房Keimin』さん。(←クリックしてね。)
連日のオーダーにまだ「どんぐりまつり」後のお疲れランチ、いえ、反省会もまだですね。

そんなKeiminさんの半年に一度のビッグなイベント
来る26日・27日の両日に工房にて開催されます。

いつものスイーツの他に
手作りの雑貨が見るも鮮やかにたくさん並びます。

春のイベント時には200人ほどのお客さんが来られましたよ。
お店とはいっても住宅街の普通のお宅の中です。
200人は、すごいですう。

人・ヒト・ひとで大盛況でした。
b0177103_1921743.jpg


10月に行われた『どんぐりまつり』のスイーツ当選者もこのイベント時に
プレゼントのお渡しとなります。

毎回、どんぐりまつりご来場者のために、
豪華なスイーツプレゼントをしていただいています。

いつもありがとう!Keiminさん。

ご当選のN様、26日、27日のどちらでもご都合のよい方でお出かけになってください。
ちなみに、下の写真は、去年のプレゼントの時のもの・・・。
今回は さて何でしょうね。お楽しみに!

b0177103_1971431.jpg

お帰り前に ポチッとまだの方はどうぞよろしく060.gif
にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ

by dongurihiroba | 2010-11-16 19:24