横浜市・希望ヶ丘☆どんぐりひろばは子育ての不安を前向きな意欲に変えるお母さんと子ども(0~6才)の教室です。幼児期にこそ『見えない学力』を豊かに育てましょう。☆お問い合わせは下記HPのメールで。


by どんぐり先生
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

<   2010年 09月 ( 13 )   > この月の画像一覧

幼児教室どんぐりひろばへようこそ!060.gif
今日は募集のお知らせです。
060.gif

ポチッとしてからお入りくださいね。
 
 ↓    ↓    ↓
                 にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ




限定30名です!
(こんな方はぜひおいでください)


b0177103_1156065.jpg

(高嶋先生の指導はどこに行っても大盛況!サイエンスフロンティア高校での「名人授業」のときの1枚です。)


幼稚園になってもおはしを持てない子、

いえいえ幼稚園どころか小学生になっても持ち方がヘンな子、

いえいえ、実は母親の私もなんだか自信ないんですと言う方。

そうそう、『〇〇のおはし』などの矯正箸を持っている方、使っている方!


それから、字が汚い小学生、

勉強が長続きしない小学生、

漢字を覚えられな~いという小学生。


いやあ、いずれちゃんと教えたいけど
子どもはまだまだ赤ちゃんなんでね~、というママ。


そして左利きの人。(私も、左利きです。012.gif




11月21日(日)14時(2時間半程度)
とても役に立つ勉強会が実現します。


※ 時間について調整の必要が出てまいりました。
  恐れ入りますが、直接メールでお尋ねください。
  

当日、横浜市のどんぐりひろばへお出かけ可能な親子限定30人対象に、
小学館の学習書やドラゼミ、それからユビックスなどでおなじみ、
『児童かきかた研究所』所長のの高嶋喩(たかしま いさむ)先生をお招きして、
きれいな字をかくためのお話と、おはし、えんぴつの持ち方指導を
一人ひとりに行っていただく機会をいただきました。


それだけではありませんよ。
小学校の先生から現場の『給食』や『書きかた』の実態の問題点や
それを克服するために研究を重ねた指導法まで伝授いただけます。
b0177103_124759.jpg

そして、まだまだ小さいからうちはムリ!
と思うような小さいお子さんには
どのように生活の中で導入していけばよいのか、
その辺はどんぐりひろばの実践をご紹介&プチ体験できます。

b0177103_122319.jpg

どんぐりひろばでは、高嶋先生と知り合う前から教材の一部として使ってた物の中に
高嶋先生の開発された教具がたまたまあったのでした。
私のほうからは、どんぐりひろば流にアレンジした使い方で
皆様にお知らせできると思います。

つまり、いろいろな時期の子どもの実態とそれぞれに対応した指導の仕方、
そして実際の上達についての報告までを、違った立場の専門家から
お話する機会になります。


お子さんが小さくてまだ座っていいられない方は保護者だけでご参加ください。
(お子さんはお父さんかお母さんがおうちで見ていてくださいね。)

おはしをまだ持ったことがなくても座っていられる幼児~小学生なら、
保護者の方と御一緒にぜひご参加ください。

そのほか、参加の仕方についてご質問があればどうぞ。

参加費は大人一人でも親子ペアでも1000円です。

参加ご希望の方は
左記HPに入り、(さらに生徒募集のページへ入り、オレンジ文字をクリックでメール画面になります。)
そこからお申し込みください。


混乱を避ける意味でコメント欄からのお申し込みは受け付けません。
ただし、お問い合わせのみでしたら、コメント欄をご利用になっても
差し支えありませんからね。

メールには

件名は 勉強会参加希望 として、

住所 参加者全員のお名前(年齢) 電話番号を明記してください。

受け付けた方には3日以内に返信メール差し上げます。
3日以上たっても返事がない場合は、
下のコメント欄より「非公開コメントでアドレスを教えてください」 


応募多数の場合は抽選になりますので御了承をお願いします。
締切り時期はこちらの判断となりますので、特に明記しません。
お早めにお申し込みくださいね。

皆さんとお会いするのを楽しみにしています!058.gif058.gif058.gif

慌てて申し込みしてポチッとまだだった~という方はどうぞよろしく060.gif
にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ

by dongurihiroba | 2010-09-30 11:16
幼児教室どんぐりひろばへようこそ!060.gif応援のみなさん、ごめんなさい。
今、見たら、トップテンから転げ落ちていました!
更新が遅れていますからね、仕方ありませんね。
私の場合、順位(ランキングに参加の他の皆様のブログ)を
気にした内容のものでは無いのですが、
トップテンに入っていないと、どこにあるか分かりづらくなるので
皆さんにも御迷惑かけますね。
あと、遅れているとつまらないですものね。(反省)

それでもいつものポチッとをいただけませんか?060.gif

 
 ↓    ↓    ↓
                 にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ



和やかに入学準備が進む年長児のひろば

年長児の時間、みんなより少し早く教室に入った子が、
にこにこうれしそうな顔でした。

手元を見ると、先日『早めの入学プレゼント』としてお渡しした
国語辞典を持ってきて、とは言っていないのに持ってきていましたよ。

はは~、いっぱい調べた付箋がびらびらと付いている、付いている!
それを見せたくて持ってきてくれました。

辞書を見てお父さんは
「へえ、もうそんなんやっているの。」と言って、
付箋を貼る上部部分のところだけ、紙のケースを
切り取ってくださったらしいです。

そういう静かな関わりもいいもんだな~、
子どもがますますやる気になるいい対応をしてくださいましたね。
辞書に愛着がますます湧きますよ。
b0177103_264543.jpg


付箋に字を書きますから、
集中して書いているその字がどんどん上達しています。

また言葉としては、「ドア」などのかたかな言葉を
見つけるのを得意がってどんどん引いていた様子です。
「イーシー  [EC]」など、もきちんと書いてある!

「英語も勉強した!」っと、ちょっと高くなる鼻をそっと抑えているような
その子の気持ちが伝わってきました。

楽しい学習を続けていると思うと嬉しいですね。
by dongurihiroba | 2010-09-30 02:14 | 園児のひろば

ミラクルは起こりました

ようこそ060.gifブログランキングに参加しています。
みなさんの1ポチがとても励みになります。060.gif

ポチッとしてからお入りくださいね。
 
 ↓    ↓    ↓
                 にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ


どんぐりの贈り物

いつの間にか誰かが届けてくれる9月下旬の青いどんぐり。
この話、翌日に更新してなかったからもう今年は1回きりと思ったかしら?

今週になって、保護者の方から結構聞かれました。
その後、どんぐりはまた来たのかどうかって。
(皆さん結構ブログを見てくださっているのですね。ありがとうございます。
ポチッともうれしいけれど、コメントもくださ~い!!!)

それがね、先週の土曜日に来たんですよ!!!
ということは、2日連続で来てくれたわけですね。


その日はお世話になっている お菓子工房Keimin さんの
カットケーキ販売の日でした。

すぐ近くなので、この日も工房に行ってみました。
いつもは開店前に行くのですが、
このときは開店後30分を回っていました。

もうすでに半分以上のスイーツが売れた状態でした。
新作もあっという間に完売!

すごく楽しいお店なので一時間近くのんびりしてから、
お客さんとして来店してらした教室のお母さんと一緒に歩いて帰りました。

どんぐりひろばの入り口に来たら、

「あ、また どんぐり!!」

不思議などんぐりまたまた発見!
あるかな?と思って気にしているときは見つからなくて、
話しながら歩いていてすっかり油断していたときにこうやって見つかる。

話しながらだったので、すぐに写真を撮るはずのところ、
うっかり部屋に持って上がってしまいました。

嬉しかったのですが、これって、ブログだけ見ている人からは
本当かな~って、信じられないような出来事ですよね。
不思議すぎて、うそっぽいとか思われないかな~、なんて
ちょっぴり心配しているうちに撮影を忘れました。

青々したかわいいどんぐり。
3日経った今日、撮ってみると、
b0177103_19363714.jpg

ほら、3つのうちの2つがすでに茶色に変わっていましたよ。
葉っぱもみずみずしかったのに、乾燥しています。

ということは、取ってすぐのどんぐりを
いつも届けてもらっているわけです。

今年はこの2回で終わりかな。
その人はこのブログを見ていらっしゃるでしょうか!?

不思議だけど信じるわ!って思ってくださる方、
お帰り前に ポチッとまだでしたらどうぞよろしくね。060.gif
にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ

by dongurihiroba | 2010-09-28 19:41

独立します

幼児教室どんぐりひろばへようこそ!060.gifブログランキングに参加しています。
みなさんの1ポチがとても励みになります。060.gif

ポチッとしてからお入りくださいね。
 
 ↓    ↓    ↓
                 にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ



人形劇遊びの会


生涯教育、ボランティア活動の一環として春より始めた

『人形劇遊びの会』は
       どんぐりひろばから 独立をします。


そういう活動に適した公共の場所を定期的に借りるための
アドバイスを市民活動をする方からいただきました。

そうすれば、どんぐりひろばの教室の生徒以外も
参加がしやすくなりますね。

しばらくは、どんぐりまつりやその他イベントの準備で
『人形劇遊びの会』はお休みにしますが、
そのうち、別のブログを立ちあげられたらと思います。

それまでは、便宜上、こちらのブログでの案内になりますが、
御了承くださいね。
by dongurihiroba | 2010-09-26 11:37
幼児教室どんぐりひろばへようこそ!060.gif

今日も不思議なことが起こりました。
060.gif

今日もチッとしてからお入りくださいね。
 
 ↓    ↓    ↓
                 にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ



姿はやっぱり見えません


去年の9月のこの時期にもお伝えしました『不思議な出来事』
覚えてらっしゃいますか?

ふと気が付いたら、玄関の問柱の上に、
青くてかわいいどんぐり≪コナラ≫の実が置いてある。
(訂正:よく見たら、去年のと違って≪シラカシ≫でした。)
9月のこの頃に2~3日続けて知らぬ間に誰かが置いて行くのです。

幼児には手の届かない高さ。
そして、教室の保護者もみんな知らないと言う。

一昨年、昨年と2年連続でこんなことがあったので、
もしかしたら、とは思っていましたが・・・。

こんな小雨の寒い朝とは・・・。
b0177103_8122349.jpg

これが今年の小さい秋の贈り物です。

相変わらず手掛かりはありません。

「トトロじゃない?」
といろんな人が言うのです。

あんまりわからないので、私もそう思うことにしたのです。
そのままがいいかなとも思うのですが、
誰なのか、知りたい気持ちもあります。

今朝、ということは、今日か明日中にもう1回来てくれるのかな???
と期待しています。

でも、そうやって見てみよう、と思うと、見れないものかも。
だって、いつも不意打ちなのですから。

とにかく不思議不思議な話も3年目なんです。

不思議ねえ~と思った方は ポチッとしてくださいね。060.gif
にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ


昨年の『不思議』な話はこちらです!
by dongurihiroba | 2010-09-24 08:20
幼児教室どんぐりひろばへようこそ!060.gif

今日はお彼岸。
皆さんの予定は?

おはぎを作ろうかと思っていたのですが、
私は朝から栗ご飯を炊いてみました。

少しずつ、秋めいてきましたね。
今日もみなさんの1ポチお願いしてもいいですか?060.gif

ポチッとしたらお入りくださいね。
 
 ↓    ↓    ↓
                 にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ



人形劇をやりますよ~

10月26日(火)11時 開始です。
お部屋の中で、子ども参加型の人形劇を考えています。
おみやげもつきます。
b0177103_6354960.jpg

       写真は前回のどんぐりまつりの舞台です

無料ですが、準備の都合と会場の広さの関係で予約をお願いしています。
(左記リンク欄のメールをご利用ください。)

50分くらい遊んだら、外のガレージでお店を出している
人気のKeiminさんのお菓子や
どんぐりひろばおススメの絵本やグッズをお買い求めになれます。

Keiminさんはとても人気なんで、
お部屋遊びに参加はしないご近所の方々も
早くから開店を待って並んでいたりもしますが、
どんぐりひろばのあそび会の終了を待っての開店となります。

だから、あそび会に来た方が優先というわけです。

もちろん、ご近所の皆さん、
遠くからでもKeiminさんファンの皆さん、
どうぞお買い物にいらしてくださいね。

午後、幼稚園児さんが帰宅後に参加するあそび会(15~16時)
の頃には、スイーツは運がよければあるかもしれませんが、
大体、午前中で完売近くなりますので、
おいしいお菓子をお求めの方は
12時~1時にはおいでくださいね。

それから、今年もチューリップの球根プレゼントを
用意しています。

今年のは、去年の『5色のうちの何色咲くかはお楽しみな3コセット』から、
『とってもかわいいピンクと黄色の2個セット』に変わりました。

エコ活動の一環なので、『ペットボトルキャップ』『アルミ缶プルトップ』を
少量でも良いのでお持ちの方に差し上げます。

小学校に贈る『ベルマーク』も集めているので、それでも良いですよ。

去年は
「時間中には行けないけれど、
明日持っていってもいいですか?」
とのお問い合わせの留守番電話が入っていました。

どうも近くのおじいさんらしかったのですが、
お名前、お電話などがわからず、
お返事ができないままでいました。

どうぞ、ご近所の方もおいでください。
お子さん連れの皆さんはお荷物多いでしょうから、
重くない程度にお持ちくださいいね。

球根はたくさん用意しますが、
気持ちとしての品ですので、
万一、品切れの時はご了承くださいね。
by dongurihiroba | 2010-09-23 06:30 | 地域にひらくどんぐりまつり
ようこそ060.gifブログランキングに参加しています。
みなさんの1ポチがとても励みになります。060.gif

ポチッとしてからお入りくださいね。
 
 ↓    ↓    ↓
                 にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ


高嶋喩先生の実技指導会


おはしの持ち方、えんぴつの持ち方といえば、
誰でもが普段使うものでありすぎて
『別にそんなこと』と言う方もあるでしょう。

でも、幼児期にこの『持ち方』に気をつけていると
きれいな字で長い時間勉強ができるようになります。

11月下旬に高嶋先生がどんぐりひろばに実技指導に
来てくださることになりました。

どんぐりひろばにお子さんが来られている保護者の皆さん、
よかったですね。いっぱい質問もしてください。

小学校の先生のお話も聞ける予定です。

座っていられる子なら、幼児も小学生も参加できます。

せかっくの機会ですので、教室外の皆様にも参加いただけるよう、
今、準備を進めています。
ご関心のある方はメールをくださいね。

以上、ちらっと告知まで。
by dongurihiroba | 2010-09-20 14:43 | おはし・えんぴつ

今年は できがいい!

幼児教室どんぐりひろばへようこそ!060.gif朝の散歩時うれしいことがありましたよ。060.gif

今日もポチッとしてからお入りくださいね。
 
 ↓    ↓    ↓
                 にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ



3年ぶりのマテバシイ

3年前の秋、公園のどんぐり「マテバシイ」の実がたくさん取れたものの、
その翌年、翌々年、つまり去年まではほとんど取れませんでした。

どんぐりの実は毎年生るものもあれば、2年に1度のもあると
聞いてはいましたが、マテバシイは3年に1度なのかしら?

昨日まではなんともなかったのに、
今朝公園に行くと、マテバシイの実、それも枝付き、帽子付きの
とてもいい感じのがあちらこちらに落ちていました。

雨だったのと、袋が無かったのとで今日の持ち帰りはこれだけ。
まだ若い感じなので、これからますます落ちてくるのが楽しみです。
b0177103_11155343.jpg
皆さんもどんぐり拾いに出かけてみてくださいね。

でも、どんぐりが落ちているようなところは
犬もよく歩くところです。

マナーの悪い飼い主もいて、
ウンチが落ちていることもありますからね。
ちょっとお母さんが気をつけてあげてくださいね。

犬を飼っている方は子どもが行きそうなところで
ウンチさせるのは避けてほしいですね。

犬を飼っている皆さんはどんなふうにウンチさせていますか?
できれば家で済ませたいところですよね。

外でモヨオシタときは私はビニール袋を手にはめて犬のお尻の方に当て、
地面に落ちる前にダイレクトキャッチしています。

飼育歴が浅いので標準的な方法とかを知らないのですが、
そうすると、どこも汚れなくて済むんですよ。


さて、マテバシイをなんでこんなに待っていたかというと、
ぷっくりした形がかわいく、加工もしやすいため。
虫がつかないため。割れにくいため。
枝にも帽子にもお楽しみがいっぱいのため。

あとは、くぬぎを探しています。
まるい実とパーマヘアのような帽子が魅力的です。

あちこちのどんぐり情報や、遊び方もお知らせくださいね。
コメント欄で待っています。
犬のウンチのさせ方、困った経験などもあったら、聞かせてくださいね。
by dongurihiroba | 2010-09-16 11:15

正しいのはどれ?

幼児教室どんぐりひろばへようこそ!060.gif

ここのところ、パソコンに向かう時間がとても少なくなっています。
応援の1ポチを無駄にしないようにしないといけないのにすみません。
更新遅れがちですが、イベントはちゃんとやりますよ。
大事なお知らせも多くなります。
どうぞお見逃しないようご覧くださいね。
060.gif

それでは、ポチッとしてからお入りくださいね。
 
 ↓    ↓    ↓
                 にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ



「えんぴつ」
正しい持ち方はどれでしょう?



私は学校の先生ではないので、
鉛筆を持った子ども達を一度に大勢見るのは
どんぐりひろばが会場となっている『漢字検定』の時くらいです。

それでもまあ、感心するくらいいろんな持ち方があるのですね~。

下の写真で、正しく持っているのはどれかわかりますか?
(この写真と漢字検定とは関係ありません。)
b0177103_16291077.jpg


奇妙な持ち方がいっぱいあるでしょう?
でも、学校で注意を受ける子はほとんどいません。

なぜなら、先生方でも、正しい指導のできる人がほとんどいないのが
現状だからです。

入学前に勉強を進めていない子でも
とりあえず、えんぴつは持つでしょ?

勉強をたくさんしている子で、正しい持ち方でない子は
しっかり悪い癖がついてしまっています。
今は勉強できる子でも悪い持ち方は体によくないので
長続きしないかもしれませんよ。

勉強して、体悪くしては元も子もないですしね。

幼児でも小学生でも初めに正しい「型」を身につけてさえいればなんでもないことを
一旦悪い癖がついてしまったら、
自然に正しくなることは絶対にあり得ません。
(発達段階における赤ちゃん握りは、別です。)

どんぐりひろばでは、何度もお話ししているように
幼児期からの正しいえんぴつの持ち方の指導に力を入れています。
もちろんおはしも正しく持って食事をします。

ただし、無理があってはいけないと思うのですね。
人より早いことをねらているのではありませんし
無理強いして意欲の無い子になっても仕方ないですからね。

発達段階や子どもの性格に合った指導が大事です。

体験をして教室に入ったお母さん方は、すぐには無理ですが、
何カ月もしてから狙いの意図を『こういうことだったのか』と
実感なさいます。

そして、このことが子どものさまざまな成長に
いやというほど影響してくる場面にも出会うものですから、
後になって「なるほど」と納得なさいます。

こうして、私もやっていてよかったと思う瞬間に
何度も出会うことになるのです。

どんぐりひろばのこのような取り組みに対してこの度、
児童かきかた研究所の高嶋喩(たかしま いさむ)先生より
お言葉をいただきました。

『箸、鉛筆の持ち方を指導できる先生は
今や何人おられるでしょうか?

誇るべき日本のこの伝統文化が
立ち直れないほど崩れている中で、
正しい持ち方に着目、実践されている
どんぐりひろばに敬服すると共に、
希少な継承者として期待します。』

先生にこのように言っていただける日がくるなんて
思ったこともなかったので、
とてもうれしく、ありがたく受け止めました。


どんぐりひろばへ岸本裕史先生(故人)がおいでにの時に
『鉛筆の持ち方』を一人ずつ見ていただいたことがあります。
20人くらいの大人の中で自信アリの人も5名くらいいらっしゃいました。

結果は、・・・正しい持ち方は20人中1人でしたよ。

侮るなかれ、ですね。


「正しく持たなくても上手に字を書く人はいっぱいいます。」
「正しく持ったからと言って字の下手な人もいる。」

色んな声が聞こえてきそうですね。
高嶋先生だったら、なんとおっしゃるでしょうかね?
(上記写真は先生の御著書の表紙です。)

高嶋先生のお話に関心のある方はポチッとどうぞよろしく060.gif
にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ

by dongurihiroba | 2010-09-15 17:14

SUSU

ようこそ060.gifブログランキングに参加しています。
みなさんの1ポチがとても励みになります。060.gif

ポチッとしてからお入りくださいね。
 
 ↓    ↓    ↓
                 にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ





校長先生を悩ますバスタオル



今日は、近所の小学校の校長先生の「学校便り」の文章が気になったので
引用させていただきご紹介します。


072.gif072.gif072.gif
宿泊体験当日、入浴の際、
子ども達の一部は、バスタオルを持って湯船に入り、
バスタオルを濡らしてしまいます。

脱衣所を出るとき、濡れたバスタオルを絞るのに四苦八苦して、
上手に体を拭くことができない子がいます。

またタオルを持たずに風呂に入り、濡れたまま脱衣所にあがり、
周囲を水浸しにする子もいました。

大勢の人が使う公共の場所ですから、
タオルの使い方や体の拭きかたの指導も必要です。
ここ十年近くフェイスタオルを持って風呂に入り、
しっかり体を拭いてから脱衣所を出るよう指導していますが、
なかなか徹底しません。

考えてみれば、子ども達の生活スタイルは、
家に風呂があって、銭湯の経験は皆無だろうと想像できます。

家では、湯船から出るとバスタオルで体を拭く習慣ができているので、
フェイスタオルでしっかり拭いて出る経験もあまりないでしょう。
銭湯や温泉などに出向く経験がなければ
その必要も感じられないと思います。

ところが、最近新聞の投書欄におもしろい記事が載っていました。
『風呂上がりはフェイスタオル』という題で、
兵庫県在住の70代の女性が書いておられます。

その主旨は「バスタオルは季節によっては乾きにくく、
洗濯物として手間がかかる。
フェイスタオルは洗うのが簡単な上、
体をしっかり拭くことができる。
両端を持って背中を拭くと気持ちよい。」
そこで、
「3歳のお孫さんに拭きかたを教えよう。」
と結んでおられました。

公共の場でのマナーが論じられています。
脱衣所をびしょびしょにすることなく、
上手に行動できるととても気持ちがよく、
周囲もすがすがしく感じられます。
小さなことですが、そんな知恵を
子ども達に伝えて行けたらいいなと思っています。
072.gif072.gif072.gif

いかがですが。
素敵な校長先生です!
でも、お気の毒なことですね。

バスタオルの功罪については私も感じていて、
先月も『しぼる』記事のところで
「バスタオルは、赤ちゃんと、介護の必要な方以外は要らない。」
と言ったばかりでした。

この頃、こんな商品見たことないですか?
b0177103_0293974.jpg

これはいいな~と思った方も少なくないはず。
私もほしいな~と思ったけど、そんなに足元濡れないので
ま、いっかと思ってまだ購入していません。

でもでも、浴室の中で体を拭かず、
脱衣所にあがってから初めてバスタオルで拭く習慣の家庭なら、
足元マットが濡れることが多いでしょうから、
こういう商品は必須アイテムかも!?

家庭での習慣が校長先生をも悩ますことになるとは・・・。
くわばらくわばら~。

お帰り前に ポチッとまだの方はどうぞよろしく060.gif
にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ

by dongurihiroba | 2010-09-12 00:47