横浜市・希望ヶ丘☆どんぐりひろばは子育ての不安を前向きな意欲に変えるお母さんと子ども(0~6才)の教室です。幼児期にこそ『見えない学力』を豊かに育てましょう。☆お問い合わせは下記HPのメールで。


by どんぐり先生

<   2010年 05月 ( 19 )   > この月の画像一覧

幼児教室どんぐりひろばへようこそ!060.gif

060.gif
園児対象の無料体験

『かたちあそびって おもしろい』


6月9日(水)15~16時 (おみやげ付き)


b0177103_1941443.jpg


ポチッとしてからお入りくださいね。
 
 ↓    ↓    ↓
                 にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ



一生の宝物をいただいて


昨日は日帰りで大阪に行ってきました。
さわやかな日で街もきれいに見えました。
b0177103_1965566.jpg


今ではご存知の方も多い 
「児童かきかた研究所」の高嶋先生にお会いしました。

私は8年くらい前から先生の教具はかなり持っていました。

私は学校の先生方のサークル「学力研」では
これまでもたくさんのことを教えていただきました

私は学校の先生ではないのに、
こちらの先生方はいつもよくしてくださいます。

『子ども達のこれから』を真剣に考えるのなら、
違う立場でも受け入れてくださる器の広さ・・・。

高嶋先生は、先日テレビで国分太一君が
お箸の持ち方を直していった番組で
ご指導なさった先生ですよ。

見た方はいらっしゃいますか?
国分太一君は左利きで、しかも
持ち方がとても変だったので印象深い方でしたが、
先生のご指導でかなり上手になったのでした。

脱線しますが、料理番組『男子ご飯』は大好きなので、
国分君の手元が美しくなるというのは
私にもうれしいことでして・・・。


『お箸とえんぴつの持ち方』はどんぐりひろばでも重視しているので、
どうしても直接ご指導いただきたかったのですが、この日、叶いました。

まずは、お世話いただいた学力研の先生方に感謝したいと思います。
ありがとうございました。

それから私などは教わる立場でしたのに、
「学びに来てくれてありがとう。」と言ってくださいました。
感激して、もったいなくて涙が出ました。

前にも記事にしましたが、私は左利きです。
いろんなことを右手に矯正しました。
(このことを「矯正」と呼ぶのはやめませんか、
と前に言いましたがね。)

でも、どうしても箸だけは右ではできませんでした。

それで、左ならば、右利きの人よりも
きれいにちゃんと持とう、と心がけてきました。

鉛筆は文字は右(左でも書けます。)絵は左。
いったいどういう配線なんだか。042.gif
持ち方は、自分で見ても左の方がきれい。

そんな私は何か、しっくり来ない何かを感じて生きてきました。

先生のお話と実技指導をいただき、
力の「抜き方」を知り、「抜け具合」を初めて体感しました。

お箸が右手でも持てるかも!

点と点が線につながったような、
ぱあっと視界が開けたというか、
開眼したというか、
ある種の興奮状態となりました。

高嶋先生も『お箸とえんぴつの正しい持ち方』は
『一生の宝物』とおっしゃいました。

「もちろんそうね」くらいの気持ちで行ったはずでしたが、
ずっと右手が使いづらかった理由が自分でわかって
それは私がいただいた遅ればせながらの『一生の宝物』かもしれません。

ありがたいありがたいと思って電車に乗り、飛行機に乗り、帰宅し、
そして一日経っても、ありがたい気持ちでいます。

b0177103_2094036.jpg

それは、明日からの教室の方への指導レベルをさらにアップできるからでしょう。

この項、しばらく続きます。


お帰り前に ポチッとまだの方はどうぞよろしく060.gif
にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ

by dongurihiroba | 2010-05-31 20:13 | おはし・えんぴつ
しばらくぶりです。060.gif

更新が遅れてしまいましが
その間も多くの方に応援いただきました。
いつもありがとうございます。060.gif

さて今日も、ポチッとしてからお入りくださいね。
 
 ↓    ↓    ↓
                 にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ


名前って大事


お母さんの性格も、もちろんさまざまで、

いつも話の中心に位置する人。

にこにこして物静かな人。

声の小さい人。

笑い声が愉快な人。

と、いろいろなんですね。


私が長年感じてきたことの中の一つですが、
ご紹介しましょう。

さて、そんな中でもよその子の名前をよく呼ぶお母さんは
他のお母さんからも子どもからも好かれます。

自分の子のことはよく話すけれど、
よその子の名前は呼ばない、または覚えてないお母さんは
友達として仲良くなりにくいように思います。

あなたは、どちらですか?

立場を変えて考えたら、誰だって後者の方といても
あまり楽しくないだろうってすぐわかるでしょ。
でも、悪気じゃないんですよね。

誰でも、初めは知らない同士。
なんとかコミュニケーションとりたいのですけどね。

056.gif056.gif056.gif

どんぐりひろばでは、よくあるように
初めに教師が子どもの名を呼びます。
そのあと、年の数だけタンブリンをたたいてもらったり。

でも、たまには子ども同士で
「〇〇ちゃーん!」「はーい!」
と呼び合うことも敢えてします。

よその子の名前を声に出して発しないお母さんのお子さんは
よその子に対しての接触もに持ちにくいです。

でも、よその子に対する関心はちゃんとあるのです。

お母さん方にも
「お友達(子ども)」の名前、今日は何回でました?」って
聞くこともあります。

無意識にできている方はいいんですが、
そうやって周りから盛り上げてあげて
それができるお母さんもいらっしゃることが
時々あるからです。

それから、全員で輪になって手をつなぐとき、
自分達親子だけでしかつなげなかった方が
それからじっくり時間をかけて仲良くなると
誰とでも手をつないだり、だっこしたり
できるようになっていきます。

この柔軟な心を大人が持てたとき、
小さな集団は、子育て集団として
大きな力を発揮できるように育っていきます。

子育ては、親が「自分の子」だけをよく育てよう
という気持ちを持ちすぎないときのほうが、
楽しくて、ぐんと伸びることも多いのです。

「幼稚園の親子遠足で親子二人だけで
お弁当食べるような親子にはならないでね。」

って私が言う頃には、どのお母さんも
「え~、そんなキモイ親子にはなりませんってば。」
と笑い返してくれるはずです。
by dongurihiroba | 2010-05-27 10:06
ようこそ060.gifブログランキングに参加しています。
みなさんの1ポチがとても励みになります。060.gif

ポチッとしてからお入りくださいね。
 
 ↓    ↓    ↓
                 にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ


おててつないで

060.gifお~てぇて~ つぅないでぇ~
夜道をゆ~けぇば~

・・・って、夜道じゃないでしょ042.gif

ハイ、野道ですね。

学生の頃、私の友達が間違って覚えていました。
037.gif
夜道じゃ怖いですよね。(笑)

b0177103_2334481.jpg

          ダンシングぐりどん達も手をつないでいるよ!




昔、祖父母や両親と手をつないで歩くことが多かった。
私の幼少時代を思い出して、ふっとそんなことを。

大人二人と私の時は、真ん中に入れてもらって
「ブ~ランコ~」とかやってもらうのが好きでした。

今みたいに車は多くなかったのに、
大人がいるのに手をつながずに歩く、
ということはほとんどありませんでした。

皆さんは、日常的に手をつないでない親子を見て、
危ないなあと思うことってありませんか?

それは、どういう状況でしょうか?

歩道なら手をつながなくても安全ですか?
お母さんの前をちょこまかっと歩く幼な子。
視界には入るけれど、いざというときに手は届かない距離だったり。

悪いけれど、犬だってしつけ次第で飼い主の傍らに沿って歩きます。

「うちの子、手をつなぐの嫌がるんです。」という話は結構聞きます。
ええ、手をつなぐ必要がずっとないのなら、
「嫌がるんじゃしょうがないわね」、っで笑顔で済ませていいのだと思います。

でも、必要な時、ありますよね。
道路を横断する時もそう。

親が守れる範囲にいながら、守らないってことに通じます。

シートベルトをしないで車や自転車に乗せるのも同様です。

他人が配慮して設計までしているのに、親が自分の子に対して
「運が悪けりゃ、けがするだろうね。」って言っているということです。

「歩くときは手をつなごうね。」というのを
「外出の際の絶対的な約束」に初めにしてくださいね。

会話をしない犬だって一貫した指示を初めにすればちゃんと聞きます。
お利口なあなたの子ども達はもっとちゃんとできるのです。

「だって、泣き叫ぶんですよ。」
「まだ小さくてわからないので。」
って困っているお母さんいらっしゃいますか?
(初めがよくないとこうなります。)

でも、痛い目に合う方がかわいそうですよ。
痛い目に合ったら、泣くこともできないかも。

おててつながないのは、「夜道」歩くより怖いのではないかしら?

昔の子どもだって手をつながれて、
歩く間中 束縛され続けるのを好んでいたわけじゃないと思います。

嫌がる子もいたはず。この歌はそんな子にも効けたでしょうかね。
大好きな人と、こんな楽しい歌を歌いながら歩くんだったら、
長い道でもつなぐようになるはずです。

親子で手をつないで歩く期間はそんなに永くもないのです。
すぐに懐かしい思い出になります。ぜひ、楽しんで。

このごろ、どうして手をつながない親子が増えたか?
お母さんを批判するのではなく、こうも考えられると思います。

「乗り物の普及」。

おんぶ、抱っこだったら、直接の肌のぬくもりを感じます。
手をつなぐ前段階の移動時の触れ合い。
でも、いまは、それより、機能的なベビーカーが多いでしょ。

運転するお母さんも多いから、目的地までは、
歩くより車に乗る機会のほうが多いという子もいませんか?

そう思うと、歌いながら両親の真ん中でゆったり散歩していたあの頃は
相当幸せな触れ合いの時間だったと思うのです。
手のぬくもりは、心も温めてくれると思います。

手って、ホント不思議ですよ。
私は、父が亡くなるとき、ずっと手を握っていました。
その大きさと感触は何十年経っても
私の手に残り、心に生き続けるようです。

マンホールや水たまりにさしかかる度に
「ブ~ランコ」って飛ばしてもらえて・・・あ~楽しかったな~~~。056.gif056.gif

どんぐりひろばでは、子どもがふりほどこうとしてもはずれない、
それでいて、痛くなく、腕も抜けにくいつなぎ方などを
お伝えすることもあります。

幼児教育というと、
家庭の日常よりも高級なことをイメージしますか?

私の教室では、こんな話もします。
家庭でできることをまず学ぶことが何より大切と思っています。

それを抜きに、どっかに行ったら、「魔法みたいに高級な教育」が
あるかのように思うのはいかがなものでしょう。

一つ、訂正というか、お詫びというか、ここで申し上げておきます。

数日前の記事「同級生なのに発達の差がとっても大きい!」
というのについて、多くのアクセスをいただきました。

ありがとうございます。まずはお礼申し上げます。

だけど、なんでこんなに急に?と思ったときに、
このタイトルがちょっとセンセーショナルだったのかと気付きました。

「同級生でいながら差のつく教育方法」
かと思われた方、ごめんなさい。
期待はずれの内容だったでしょうから。

でも、大事なことは人に「差」をつけてわが子だけが
伸びればいいということでもないと思っていますし、
そんなインチキくさい話にはとびついても意味がないかも。

072.gif072.gif072.gif

さて、週末、お天気良かったら、お散歩してみませんか?
お子さんと手をつないで。
お子さんが大きい方は・・・ご夫婦でも、いいんじゃないですか?
ぜひ、大事な人と。016.gif

058.gif

お帰り前に ポチッとまだの方はどうぞよろしく060.gif
にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ

by dongurihiroba | 2010-05-21 23:55

幼児の図形学習

幼児教室どんぐりひろばへようこそ!060.gif

体験教室のご案内です。
教室の広さ都合上、大勢は入れませんので、
気になる方はお早めにご予約くださいね。 
060.gif

今日も応援のポチッといただけますか?
 
 ↓    ↓    ↓
                 にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ



ポスターできました

b0177103_1828526.jpg



園児対象の無料体験

『かたちあそびって おもしろい』


6月9日(水)15~16時 (おみやげ付き)


教室の通常の学習の流れを体験しながら、

主活動として
子どもの「知っている」〇△☐をベースに
「かたち」学習の面白さを印象付ける遊びを
展開します。

参加ご希望の方はコメント欄またはメールにてお申し込みくださいね。
他日程の体験もあります。お問い合わせはお気軽にどうぞ。

お帰り前に ポチッとまだの方はどうぞよろしく060.gif
にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ

by dongurihiroba | 2010-05-20 18:35

かたちっておもしろい!

幼児教室どんぐりひろばへようこそ!060.gif

只今どんぐりひろばでは ブログ開設1周年を記念して

教室の子ども達が大好きな下の写真の絵本プレゼント企画実施中!
b0177103_1751743.jpg

コメント欄に 「非公開」 で 「絵本希望」 と記してください。
ブログの感想も添えていただけると嬉しいです。
締切りは6月15日です。

また、このプレゼント企画は、
本日ご紹介の体験教室に参加の場合、自動的にエントリーされます。
060.gif

それでは今日もポチッとお願いしますね。
 
 ↓    ↓    ↓
                 にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ




かたちあそび(無料体験)のご案内

楽しかったどんぐりまつりの余韻も冷めやらぬこのごろですが、
さて「楽しいまつり」だけがイメージされてもいけませんね。

どんぐりひろばは学習の場です。


今回は園児限定の体験教室のお知らせです。

テーマは『かたち』

b0177103_185211.jpg

           「未就園児のかたちあそび」より


算数というと、多くの大人はプリントの計算が速くなることを
最も子どもに求めるようですが、図形に対してはどうでしょうか?

小学生低学年で『図形』が弱い、きらい、苦手、と嫌がる子が多いのです。

その中にははさみやコンパスや定規や分度器などの道具が
うまく使えない、使い方がわからない子もいます。

新しい道具に慣れたころには学習が終わっていて、
「ハイ、なんのことやらわかりませんでした。」
ということになっている子が、どうやらいるみたいなんですよ。

こんなことでは学校の勉強がつまらなくなりますよね。

どんぐりひろばでは手先を使う遊びの中に
こんな便利な道具との出会いも取り入れています。

今回は
教室の通常の学習の流れを体験しながら、

主活動として
子どもの「知っている」〇△☐をベースに
「かたち」学習の面白さを印象付ける遊びを
展開します。


日程は
6月9日(水)15~16時 (おみやげ付き)

参加ご希望の方はコメント欄またはメールにてお申し込みくださいね。
他日程の体験もあります。お問い合わせはお気軽にどうぞ。

尚、5.6月中に入会の方には、 ひらがなコンクールに出品のチャンスもあります。
ピカピカのメダルを目指して、教室の子たちも練習を開始するところです。


お帰り前に ポチッとまだの方はどうぞよろしく060.gif
にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ

by dongurihiroba | 2010-05-19 18:10
幼児教室どんぐりひろばへようこそ!060.gif

赤ちゃん、幼児期に『見えない学力を豊かに育てる』

お母さんと子どものための教室です。

幼児部在籍の方に限り、小学生部もございます。

また、地域の皆様どなたでも申し込める『漢字検定』も実施しています。

060.gif

今日もどうぞポチッとしてからお入りくださいね。
 
 ↓    ↓    ↓
                 にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ



Takuyaお兄ちゃんの折り紙のひろば                    

 ~どんぐりまつり編~



どんぐりまつりの『人形劇遊び』では、身の回りの物を使って
いろいろに見立てたりするのが今回のねらいでした。

というお話はすでにしたところですね。

さて、そんな中、
「おお~!これは なんなんだ!」と
ちょっとびっくりさせてくれた人形がありました。

それは・・・。
このブログ中ではお馴染みになりました「Takuyaお兄ちゃん」の折り紙です。


b0177103_10261963.jpg

見事な造形美!
実はGW返上でどんぐりまつりのために作ってくださったのでした。

子どもは、『目』がついているものに興味、愛着を持ちます。
そして、見立て遊びする際になんらかの生命の息吹を感じます。

実際には生命でなくても、『目』のついたものを
「いすさん」だったり、「タオルさん」だったりとして楽しみます。

反対になんだかわからない、『目』もついていないものであっても
その「動き」によって息遣いを感じることもあります。

今回の人形は劇のタイトル『なんだろ なんだろ』にまさにぴったりでした。

で、これは何かっていうと、『何』という限定は一切しませんでした。
だからこそ、『なんだろ なんだろ』で楽しんでいただきました。


b0177103_10284017.jpg

b0177103_10291250.jpg

うにょうにょした動きが魅力のこの「人形」。
子どもたちの中には、「へびだった」とか「変なヤツ」とかいう声がありました。

長短の差があるこの2体の「人形」。
b0177103_1034699.jpg

b0177103_10295783.jpg
b0177103_10302281.jpg

長いほうは、パーカッションのうちの「低い音」で堂々と動きます。



b0177103_1032295.jpg

b0177103_10325775.jpg

短いほうは、「軽い、フガフガした音」でユニークに動きます。

軸となる棒はつけずに、中に手を入れて音に合わせて表情を出していきました。

この折り方が微妙な動きを可能にしてくれて、
本当に何か生きているみたいに見えました。

Takuyaお兄ちゃんの家のカレンダー紙でできています。
Takuyaお兄ちゃん、根気のいる作業でしたね。
ありがとうございました。

ご覧の皆さんもよろしかったら、活躍するTakuyaお兄ちゃんに
励ましのメッセージ入れてくださいね。

さて、人形劇は私が長い方を、スタッフのAさんが短い方を演じましたが、
演技する私たちもとっても楽しくって舞台裏でずっとニコニコしていたのです。

内容は・・・。

効果音と共に動く人形が、散歩中に落ちていた「卵」を見つけてパクリ。
先に食べたのは短いほうの人形でした。
おなかの動きを表す、とぼけた効果音に沿ってうんちがポロリ!スッキリ!!

2個目の卵は大きいほうの人形が取られないようにちょっと焦りつつパクリ。
おなかがグルグル動き出して~、うんちがポロリ!スッキリ!!!


短いほうの時には???と状況が
イマイチつかめなかった子も繰り返しは大好き。
長いほうの動きを見て、今度は「卵を食べてうんちした2匹」
の状況がよ~く飲み込めました。

さて、『うんち』は園児くらいになると
とっても受ける「アハハアイテム」です。

これに限らず汚いものの言葉は大好きですね。

ここでは、受けるかどうかではなくて
『食べたら出す』という原始的ではあるけれども、
極めて大事なメッセージとして表現しました。

小さな子でも朝うんち、大事です。今日もできましたか?

お帰り前に ポチッとまだの方はどうぞよろしく060.gif
にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ

by dongurihiroba | 2010-05-19 10:56
幼児教室どんぐりひろばへようこそ!060.gifブログランキングに参加しています。
みなさんの1ポチがとても励みになります。060.gif

ポチッとしてからお入りくださいね。
 
 ↓    ↓    ↓
                 にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ



赤ちゃんのひろば

b0177103_893838.jpg

             どんぐりまつり人形劇遊びの『お花畑』より


今週の月曜日は『赤ちゃんのひろば』でした。

歩くには少し遠い距離から
ベビーカーを押しながら来る方も数人。
だから、お天気よいとホッとしますね。

今回は軽く汗ばむくらいのポカポカ陽気。
お部屋に入ると、早速薄着になりました。

これからは、つとめて薄着にね、と声かけをしました。
大事な赤ちゃん。つい大事にしすぎそうになりますものね。

今、一番多いのは春生まれの1歳前後の子達。

その中に、3カ月のお子さんが体験に来られました。

まだネンネの赤ちゃんです。
もちろん歯もありません。
泣き声も新生児の時にまだ近い感じ。

1年近く月齢が離れた赤ちゃん達ですが、
学年でいうと同級生です。
わかっていることだけれど、なんと大きな発達の差!!!

1歳前後、ちょっと人生の先輩の子のお母さん達は、
3か月の赤ちゃんを見てわが子のその頃を思い出すのでしょう。
「わあ~、小さくってかわいい~!」と歓声をあげました。

常に子どもの今やこれからが気になるものですが、
3か月の月齢の頃がとっても懐かしいのですよね。

3か月の子の初々しい「ママ」は1年も経たずに
子どもはこんなに大きくなるのねというふうに
よ~く観ていらっしゃいました。

お互いに発見がたくさんあったのではないかしら?

どちらも幸せな子育ての時間をお過ごしです。
そして、人生で最も日々激変の1年間であることは
間違いないですね。

だからこそできる、っていうこともたくさんあるのです。

さて、月に2回のこのクラスですが、
聞いたことのある音がピアノから聞こえてくると、
嬉しそうに体を動かす子達。

明らかに覚えたよ、知ってるよという目でこちらを見ます。
知っているものは、うれしいし、心地よくて好きなんです。
いろんなことをぐんぐん吸収していきます。

その一方で、3か月の動きのないように見える赤ちゃんに対して、
お母さんはどう対処したらいいか、少し緊張してらしたかも。

「お母さん、大丈夫よ。他のみんなに合わせなくていいのよ。
赤ちゃんもちゃんと聞いているからね。この子のペースでゆったりとね。」

そんな気持ちでフォローをしました。

『教室』というと、お母さん方は頑張ってしましがちですが、
子どもにしてみれば知らない所に来たというだけでも大変なことです。

いきなり、周りに合わせることはないですよ、っといつもお伝えしています。

そのうちに少し動ける子達の間で子ども椅子の取り合いが始まりました。

主張して大きな声が出、しまいには泣き出す子。
それにびっくりして泣きだす子。

なんともほほえましくて大人たちは大笑いでした。

その泣き声は、3か月の子とは違って
明らかに文句を言っている声だったり、
助けを求めている声だったりしました。

赤ちゃんとの絆を深める触れ合い遊び。
赤ちゃんを賢くする刺激について。
どんぐりひろばでご一緒の時間を過ごしてみませんか。

次回は5月31日(月)11時からです。
初回無料体験できますので、お気軽にどうぞ。

お帰り前に ポチッとまだの方はどうぞよろしく060.gif
にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ

by dongurihiroba | 2010-05-19 01:33 | あかちゃんのひろば

いつも応援ありがとうございます。
今日もポチッとしてからお入りくださいね。
 ↓    ↓    ↓
                 にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ



ブログ開設1周年記念


スイーツプレゼントの結果発表は、このひとつ前の記事にて行っています。
お待たせの皆さん、遅い時間になりましてごめんなさいね。

さて、それとは別のプレゼント企画です。

どんぐりひろばのこのブログ、開設して1年が経ちました。

地道にというよりは、地味に続けて参りましたが
ブログによりお問い合わせいただいたり、
入会いただいたりした方が増えてきました。

また、該当年齢のお子さんはいないけれどもとか、
入会はしないけれどとかいう方でも、ここにおいでいただいたり、
ポチッと応援くださる方がいらっしゃいます。

本当にありがとうございます。
心より感謝申し上げます。

さて、この度はおいでの皆様を対象に絵本のプレゼントを企画します。

プレゼントの絵本は、今どんぐりひろばで一番ホットなこちらです。
b0177103_0231034.jpg

ひかりのくに刊。 『10ぴきのおばけのたんじょうび』という絵本です。

10ぴきのおばけシリーズはもう何作も出ているのですね。
b0177103_0294974.jpg

私も持っていないのが実は2作ほどありまして、
欲しくて購入予定、そんなシリーズです。

どんぐりまつりの人形劇でも『10ぴきのおばけ』が出ました。
今回のお話は10ぴきのおばけが『誕生日ケーキ』を食べたくて...という内容。

どんぐりまつりの書籍コーナーでも人気でした。
かわいいし、ケーキだし、ということでKeiminさんもお買い上げでした。

この絵本を1名の方にプレゼントします。

いつもブログをご覧の遠くの方でも当たればお送りします。
すでにこの本を今回購入された方が当選の場合は別の本を差し上げます。

そういうわけで、どしどしご応募ください。

応募の方法は、コメント欄に非公開でお名前、メールアドレスをご記入ください。
そして、ブログやどんぐりひろばの教室に関するご感想を添えてください。
締切りは6月15日(火)です。
お待ちしています。
by dongurihiroba | 2010-05-16 00:48

幼児教室どんぐりひろばへようこそ!060.gif

さわやかな晴天でした。
どこかへお出かけしましたか?

このごろは紫外線対策を忘れずにしないといけないですね。060.gif

今日もポチッとしてからお入りくださいね。
 
 ↓    ↓    ↓
                 にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ


たくさんの感想をいただきました

雨天の開催となったどんぐりまつり。

いつもより、
室内あそびの参加も少なめでした、とお話ししましたね。
それでも、これだけのみなさんが集まりましたよ。(大人の数)
b0177103_23322070.jpg



どんな感想があったか、ご紹介しましょう。

>人形劇遊び、早速おうちでもやってみようと思いました。(多数)

>身の周りのもので人形や動物ができる!!
 家の中で何かに見立てられるものを探したい。

>人形の動きに変化があって面白かった。
 子どもたちが夢中で見ていた。

>工作物は(お母さんも)好き。
 家庭の不用品が意外と役に立つのもわかっていましたが、 さすが!
 今日は目からうろこでした。

>この教室に来て歌が上達しました。
 劇中に今日もたくさん歌えて楽しかったようです。

>カメ(人形の一つ)が気に入っていました。

>人形作りはお金をかけなくても人形劇にまでなるなんて。(多数)

>教材もいろいろ購入でき、良かったです。

>(こどもが)もっと動いちゃうかと思ったら、
 指くわえてじーっと見ていました。

>人形劇がいろいろ工夫されていて楽しかったです。

>ブログで見忘れたクイズの答えなのに、
 教室に来てからもわかるような工夫を先生ありがとう!

>回り舞台とか、人形劇を知っているからこその技もあって すごい、
 人形劇っておもしろいのねと知りました。

>(園児の部)すごいかるた取りを見せてもらって、楽しかったです。

最後に。お菓子工房のKeiminさん宛てにもありましたので。

>ケイミンさん、いつもおいしいケーキありがとうございます。
 いつも売り切れ。全種類食べるのが目標です。
 これからもおいしいケーキ、作ってくださいね。 また遊びに来ます。


みなさん、ありがとうございました。


大変!お約束の15日が終わってしまう時間になっています!!


急ぎ発表をいたします。

ご当選は 旭区にお住まいの姓名イニシャルで、S.T様

遅い時間になりましたので、明日、お電話します。

おめでとうございます067.gif016.gif

お帰り前に ポチッとまだの方はどうぞよろしく060.gif
にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ

by dongurihiroba | 2010-05-15 23:59 | 地域にひらくどんぐりまつり

どんぐりまつり

 お楽しみの素敵なスイーツプレゼントの抽選
067.gif



皆さんお待たせしています。040.gif
『人形劇遊び』においでのみなさんを対象としたスイーツプレゼント。

抽選の結果は
         5月15日(土)のブログで発表します。
         当選者ご本人には当日中にお電話でのお知らせもいたします。


もうしばらくお待ちくださいね。034.gif

そして、同じく15日に、新しいプレゼント企画も発表しちゃいます。072.gif072.gif072.gif

お楽しみにどうぞ。060.gif
by dongurihiroba | 2010-05-13 19:27 | 地域にひらくどんぐりまつり