横浜市・希望ヶ丘☆どんぐりひろばは子育ての不安を前向きな意欲に変えるお母さんと子ども(0~6才)の教室です。幼児期にこそ『見えない学力』を豊かに育てましょう。☆お問い合わせは下記HPのメールで。


by どんぐり先生

<   2009年 07月 ( 30 )   > この月の画像一覧




元はみな一粒の種でした


さてお待たせしました。
トウモロコシの話です。

数年前、年長児のクラスが終わったときのこと。
「じゃあ、トウモロコシは何粒ある?」
「知ってる。100(粒)。」
「ブー、101(粒)。」

という子ども同士の何気ないやりとり。
なんか向きになって張りあっている割に、ちっちゃい・・・。

でも、幼児にとって、100ってすごく大きな(偉大な)数です。

「トウモロコシなら、今ちょうどあるよ。食べる?」と私。
「食べる~。でも、その前に数える!!」

教室時間の前にトウモロコシをゆでていました。
うちの子が帰ったとき用のでしたが、
なんかこの生徒たちに今日は触らせなきゃ、
という思いに変わりました。

トウモロコシを子どもたちの目の前に出すと、
「つまようじ貸して!だって、粒が小さいんだもん。」
と言う子がいて、どうするか見ていると、
ようじの先でちくちく指して、というより
刺して穴をあけながら声を出し数えていました。

なるほどねえ。
でもね、トウモロコシの粒って並んでいるようで、
途中で列がなくなったり、結構大変なんですよ。

そこで、10粒毎に1本ようじを
刺しておくようにアドバイスしました。

どこまで数えたか、今何粒目か、
わかりやすいかなと思って。

その子は、100と数十粒のところで、
「もう、やだ。」と言い、やめました。
いやあ、よく頑張ったものだと思いました。

立派なのは全部数えることだけじゃないと思います。

b0177103_13512466.jpg

上の写真は、その時のイメージを
私が再現したものですが、
青い軸のはスタート(1粒目)、
他につまようじは12本立っているから
120粒までは数えたことになりますね。

粒全体から見ると、ごく一部分でしたよ、数えたのは。
さて子どもたちは何かに気づいたでしょうかね。

このあと、各自おいしそうに食べました。
「全部ようじ立てたら、はりねずみじゃん。」
とか言って楽しそうでした。

100でも101でもなく、
全部も数えきれなかったけど、
大きな数を体感できました。

幼児の勉強ではこういう体験を
たくさん踏んでほしいのです。

そしていつか
数え切れないほどのトウモロコシの粒も、
3粒兄弟の枝豆も、
(うちの畑にはないけど)大きなスイカだって、
元はみんな一粒の小さな種なんだよねって気づいたとき、
野菜を数えた記憶は、「算数」の域をも超えるものとなるかも。



b0177103_13542846.jpg
写真の「ふしぎな たね」という本は、
とても数学的です。
(童話屋刊/安野光雄著)

でも、それだけでもありません。

夏休みにいかがでしょうか。






「採れたて野菜~」の話はこれで終わりです。
でも、「野菜畑」の話はまだ続きますよ。
またお越しくださいね。それでは、ポチッともどうぞよろしく。
060.gif
にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
by dongurihiroba | 2009-07-31 12:43
ようこそ060.gifブログランキングに参加しています。今週は下がり気味ですね。007.gif 
でもでも!今日はみなさんが1ポチがしたくなる内容ですよっ。 060.gif

ポチッとしてからお入りくださいね。
 
 ↓    ↓    ↓
                 にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ



枝豆でできる計算


それでは予告通りの「野菜」の話。
今回は枝豆です。

鞘の中は3粒のものが多いけど中には2粒や1粒のもあって
どこかの兄弟みたいねって前回も話しました。

じゃあ、3粒兄弟、2粒兄弟、1粒っ子、
それぞれいくつずつあるか分けてみようね。

これだけでも、わいわい声が聞こえてきそう。
夕食前のひと時。
枝付きの枝豆なら、なお素敵ですよ。

お手伝いは、素晴らしい家庭教育の時間です。
数がわかるうえに、それよりももっと大事なことを
たくさん体験できるからです。

さて、分けた枝豆の、鞘の数を数えます。。
1粒っ子は、1,2,3,4、・・・。あ、これだけ。
2粒兄弟は1,2,3,4,5、・・・・。これも少なかったよ。
3粒兄弟は1,2,3,4,5,6,7,8,・・・。わあ、あとは、こればっかり~。


「あれ、3粒と思ったのに、1粒分は中がスカスカ。」
「あっはっは~~~。じゃあ、3粒に見えるけど、2粒の兄弟か~。」

こんなことがあるから、体験は面白い。
ペーパーのお勉強だけではこうはいかないものね。

「2粒兄弟は1,2,3、と数えても中身が違うよ。」
「?・・・!!」(一瞬、意味がわからない。)
そう!すぐに気づく子もいますよ。

「1鞘あたり2粒」に気づいたのです。

前回ミニトマトを数えました。
ミニトマトもたまに枝付きがありましたね。
あのときの数え方遊びをたっぷりとやっていると
ここで、 (1)2、 (3)4、 (5)6、 (7)8、 (9)10・・・・・・・
( )の数は声に出さないで目で確認のみ、
という数え方も抵抗なくさっさとできます。

b0177103_13583327.jpg

そうなると、(1,2)3、(4,5)6、(7,8、)9、(10,11、)12、・・・・・・・
と3粒兄弟も簡単に数えます。

これぞまさしくかけ算です。
10粒前後まで数えてもう数えたくなかったら、
こういうときは無理強いはしないでくださいね。

でも、もういいかげんにしたら、というくらい
のめりこんで、メインのごはんもそっちのけで
数えてたとしたら、それもそっとしてあげてほしいです。
数え終わって、ふ~っと上げたその顔は
自信と喜びにあふれていると思います。

このようにうまくいかないときは、
下ごしらえのふりしてお母さんが声出して数えたり、
家族のお皿に6粒ずつ分けたりのお手伝いでいいのです。

6粒で思い出しましたが、
3粒兄弟×2鞘、
2粒兄弟×3鞘、
1粒っ子×6鞘、
それから、1粒っ子+2粒兄弟+3粒兄弟。
こんなさまざまな組み合わせで「6粒」ができるのです。

そうそう、組み合わせはまだありますよ~。


気づいた子どもは、うれしいでしょうねえ~。
答え合わせは、ぷりぷり、つるんっと鞘から出してネ。


次回はとうもろこしでーす!





只今、大募集中の「どんぐりひろばの夏休み子ども作品展」では、
応募者全員の中から、プレゼントが当たりますヨ。


More詳しくはこちらへ
by dongurihiroba | 2009-07-27 15:55


ミニトマトで10までの数をかぞえる遊び

昨日は畑に行ってきましたよ。
まずは画像から。

b0177103_16362613.jpg


ミニトマト。幹に近い粒から順に赤くなっていきますよ。
先の方はまだ青いのが1,2,3・・・。赤と青どっちが多い?013.gif



b0177103_11351597.jpg

ネギ。根元に土をかけてやると、根が深く長く伸びます。005.gif



b0177103_11471844.jpg

里芋。4月末に植えて、収穫は冬ですから、価格も納得というところです。034.gif



b0177103_11495797.jpg

枝豆。鞘の中は3粒のが多いけど、2つや、1つのもありますね。
037.gifどこかの兄弟みたい・・・。



b0177103_11545660.jpg

とうもろこし。収穫できそうなのがありました。
カメムシやウニョウニョした虫がいないようでいっぱい隠れています。047.gif


収穫した野菜です。


b0177103_12373662.jpg

ミニトマトは、右の空のトレーに、1,2,3,4、・・・・と声を出しながら移す作業を
大人がしていると、幼児は「自分もしたい!」と言って、移します。
右に移ったら、左にまた移します。
一緒に数えてあげるとうれしくなる子には一緒にやり、
一人で数えたい子には、一人でやらせるといいでしょう。

このとき、右から左に、とか、左から右に、
または、青から黄(色)へとか、黄(色)から青へといった言葉を
大人が敢えて使うことが大事です。

やっていることは遊びなのですが、
その子が知らない言葉を適切な場面で
わざと取り入れていく意図を持っていると、
豊かな言葉が意味まで説明しなくても
すっと入っていくようになります。



さて、数えることができたら、
少し早く数えたり、ゆ~~~っくり数えたりして
遊んでみるのもいいですよ。



あっはっは~の笑顔になったら、
次もやってみまましょう。
b0177103_12203666.jpg

収穫のときの枝がついた実がありますよ。
うまく数えられるかな。

b0177103_1225585.jpg

1、 2・3・4(この3つはくっついているため、ちょっと早口になりますよ。)、・・・
さあ、その次もくっついたのあるよ。

b0177103_12301994.jpg

・・・5、 6.7(だって2こくっついているから、ここも早口。)、・・・
くっついている2個のところが画像が少し切れてますね、ごめんなさい。

あまりいじっていると、ヘタがポロっと取れたりします。
b0177103_12483564.jpg

あ、1個取れちゃった・・・。1個取れたなら、遊びは次なるステージへ進むのです。
たぶん、おもしろがって全部取ってしまうでしょう。
b0177103_1251444.jpg

はい、こんな風に。あっはっは~~~。
お帽子みんな取れちゃったねえ。どのトマトさんがどれをかぶってたの?
と聞くと、丁寧に一つずつ元の位置に納めようとしてくれるでしょう。
これが、1対1対応と、算数でいうところのものです。
ペーパーを何枚もこなすよりも前に体験すべき
価値のある体験遊びだと思いませんか?


さてさて、野菜の数遊びはまだまだ続きますが、一休み。

あ、そうそう、生食が定番のミニトマトですが、
いじりすぎて、ぶよぶよになったのは、ちょっとねえ・・・。
でも、炒めてパスタの具にすると、
とても評判がいいのですよ。お試しあれ。


次の野菜の話も聞いてみようと思った方は、
お帰り前にポチッとどうぞよろしくね。060.gif
にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ


あ、ちょっと待ってください。070.gif
畑の全容の写真を前回の畑の記事のところに
載せてますのでご覧くださいね。
by dongurihiroba | 2009-07-27 13:09


どんぐりひろばの
    夏休み子ども作品展 作品募集中です!
 



コンクールではないので、順位づけはいたしませんが、
応募者全員の中から、抽選で素敵なプレゼントを差し上げます!

More詳しくはこちらへ
by dongurihiroba | 2009-07-25 21:40
ようこそ060.gifブログランキングに参加しています。
みなさんの1ポチがとても励みになります。060.gif

ポチッとしてからお入りくださいね。
 
 ↓    ↓    ↓
                 にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ



大地ってすごいの、知っていますか?


私が大地のすごさを知ったのは畑のおかげです。



トマト、茄子、きゅうり、ピーマン、ししとう、最盛期、
あと数日で、とうもろこしも 実がそろう頃・・・。

これは、私が作っている畑の今の野菜達のことです。
10年くらい前から農家の方に借りた土地で野菜を作っています。

始めて間もないころ、水やりにはどのくらいの頻度で行ったらいいのか
(遠くはないけれど、毎日は行きたくない中途半端な距離のため)
畑のご主人に聞いたところ、「雨が降ればねえ~」
と言われ、雨が降ればいいけれど、
降らない日には撒くものなのか、と思いました。
夏場は、プランターの花も、朝夕に水やりしますから、
晴れの日なら、水は必要なのね、と解釈しました。

ところが、毎日行くにはやはりおっくうでした。
実際には週に2~3回くらいでした。
その年は雨が降らない日が2週間かそれ以上続き、
うっかり水やりを忘れて出かけた日には、
プランターの花はしおれてしまいました。

それなのに、畑の土は少し掘るととてもしっとりしていて、
ちゃんとみずみずしい野菜がたくさん採れました。

大地はちょっとやそっとの日照りでは
へこたれない力を持っていました。


表面はからからでも、それならそれで下に張る根は深く強く、
地中に蓄えた水分を吸収します。
風が吹いても踏ん張ります。

一方、プランターでは、表面も中もすぐに乾いてしまいます。
根を踏ん張るほどの土もありません。

大地のすごさを知ったとき、
「雨が降ればねえ~」のご主人の言葉は
私の理解とは違う意味を持っていたことに気づきました。
水やりにはそれ以来何年も行っていません。

(注:水やりしたほうがいい場面、場合はないわけではありませんよ。)
b0177103_13283978.jpg

まじめな水やりはしませんでしたが、この広さですから、
必要に応じて子どもたちがとても大きな水鉄砲で遊んでいたので
まあ、一石二鳥といったところですね。

話の続きもお待ちくださいね。
by dongurihiroba | 2009-07-25 21:29


6月21日(日)実施の
      漢字検定の結果が届きました




どんぐりひろばでは、毎年6月に行われる
第1回検定を実施しています。
希望者が多いためと、実施日の希望が
部活のあるなしによって違っているのとで、
2回に分けて実施日を設けています。
(実施できる日や検定問題は、
検定協会の指示どおりに行っています。)

さて、その2回目の合否結果が届きました。
みなさんの合格を祈りながら今回も開封します。
b0177103_19243263.jpg

1回目の返却を21日(火)に行いました。
「落ちていたらどうしよう・・・。」
と言って取りに来る子もいました。

うれしいことに
「受かりました!!」
と、わざわざ報告の電話をくれる子もいました。

私は、
「受かっていてもいなくても、
できなかったところをきっちりやり直すことができれば
前進だよ。まちがったところに宝があると思って。」
と、どちらの子にもそう言いました。
当り前のことなんですけどね。

漢字検定は良問題が多いですが、
合格点がたいして高くありません。

合否だけにとらわれると、低い点数でいつもクリアしてしまう、
それでもいいことになります。

いえ、合格だったら、何と言われようと合格なので
いいといえばいいんです。

でも、学年より先に行かなくても、ちゃんと勉強して
積み上げていった人の方が漢字の力はついていきますね。

まちがいの中の宝を見つけましょうね。



060.gifブログランキング、いつも応援ありがとうございます。
今日も1ポチしてお帰りくださいませ。060.gif

                  ↓    ↓    ↓
                    "にほんブログ村

by dongurihiroba | 2009-07-23 19:14

みなさん、大変お待たせしましてすみませんでした。

時は夏休み。
子ども作品展を開いたら楽しいかな。

と思い立ちまして、

どんぐりひろばの
    夏休み子ども作品展
  を開催します。



コンクールではないので、順位づけはいたしませんが、
応募者全員の中から、抽選で素敵なプレゼントを差し上げます!

プレゼントは、
         教室でも使用の知育玩具を 3名さまに、

                写真はイメージ。お子さんの年齢に合った賞品となります。

b0177103_8335640.jpg


       

         オリジナルぐりどんクッキーを  3名さまに、

                人気のスイーツ店「お菓子工房Keimin」製。 
 
b0177103_8345568.jpg
   
                   
         合わせて6名さまに当たります。
 016.gif


それでは次に応募についての説明をします。

  


    060.gif060.gif 応募要領 060.gif060.gif


応募資格 : 小学6年生以下(下限は問いません。)のお子さんの保護者。
         
         このブログ上、および教室内で作品展示することをご了解いただける方。

         ランキングでポチッと応援下さる方。

         このバナーです。初めての方は練習ですヨ!押してみてね。 
                 にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ




内容 :    小学6年生以下の子どもの
         絵画・工作(折り紙やブロックなども可)・鉛筆書き・お習字など。

           お子さん一人につき、締切日ごとに作品一つ。
           自作未発表の作品であること。
           ただし、年少以下はおうちの人と一緒に作ったものでもいいです。


応募方法 : メールによる写真応募のみとなります。

           手順としては・・・
    
           作品完成 → 作品をデジカメで撮影 → メールに添付して送信

                                           ・・・となります。


b0177103_18404013.jpg
         
参考作品です。(7月14日記事掲載写真より)
このように写真に撮ってメールで送ってくださいね。






 どんぐりひろばのHPの「生徒募集」ページのオレンジ色のアドレス
         をクリックすると、メール画面になりますので、そこから送信してください。
    
         なお、応募はHN(ハンドルネーム)で構いませんが、プレゼント当選の方は
         後日お名前や住所をお知らせいただくことになります。
         この場合知り得た個人情報はプレゼント発送にのみ使用します。

         ここまでをふまえて、メールには以下の内容をご記入ください。

         ①お名前(HN) ②お子さんの生年月日
         ③作品について(タイトルや内容について)
         ④お住まいの都道府県と市区  ⑤どんぐりひろばのブログのご感想
         
         件名は 「どんぐりひろばの作品展」と明記してくださいね。


締切日 :  第1締切日  8月15日(土)
         第2締切日  8月31日(月)
          第3締切日  9月15日(火)

        ※締切日ごとに1作品ずつ応募できます。
          最大一人3作品の応募が可能となりますね。
          どんどん応募して、当選チャンスを増やしましょう!!!

発表 : 9月下旬を予定しています。
      ブログでの発表となります。


お問い合わせは、ブログの非公開コメントか、応募先と同じメールにお願いします。

それでは、たくさんのご応募をお待ちしております。       
by dongurihiroba | 2009-07-22 19:20

ぼやきです


お待たせしております。ごめんなさい。

パソコン動くようになって、投稿記事書き、送信間際、で
なぜか、いらぬ操作してしまい、
もう4回くらい消してしまったのです。

そうこうするうち、今日は
携帯電話を水没させてしまいました。
関係者、生徒保護者の方、そういうわけで、
しばらくこちらも使えません。
早く復旧させますけどね。

とても、へこんでいます。

みなさんにご迷惑かけてすみません。
by dongurihiroba | 2009-07-22 16:57
夏休み企画を書いていましたところ、たぶん私のパソコン操作の未熟さゆえに、画面が動かなくなりました。急ぎ携帯より書き込んでいます。今夜アップすると言ったのに日付変わりそうで焦ります。
申し訳ありませんが、
明日、仕切りなおしとさせてください。
プレゼントのある楽しい企画なのに、ごめんなさい。
by dongurihiroba | 2009-07-21 23:36 | 行事・イベント

夏休み企画~予告編~




夏休みになりました。058.gif058.gif058.gif



どんぐりひろばは週1回の通室ですが、
予定曜日が祝日に当たったとき、
および年末年始と夏休みはお休みが増えます。
それでも、年間では44回の通室となります。

さて、ブログを始めて、初めての夏休みとなりました。


お子さんがいらっしゃる皆さんにご応募いただける、
夏休み企画を考案しました。
b0177103_8443549.jpg

今夜発表予定です。          
すみませんが、夜またお越しくださいね。

コメントはちょっと・・・という方でも
メール(どんぐりひろばのHPから送信できます。)での
ご連絡をいただくようになりました。
ありがとうございます。
また、いつも1ポチっとも励みになっています。
              

 にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ

by dongurihiroba | 2009-07-21 08:01