横浜市・希望ヶ丘☆どんぐりひろばは子育ての不安を前向きな意欲に変えるお母さんと子ども(0~6才)の教室です。幼児期にこそ『見えない学力』を豊かに育てましょう。☆お問い合わせは下記HPのメールで。


by どんぐり先生
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ:入園前(未就園)児のひろば( 49 )

駅前教室を増設します


ようこそ060.gifブログランキングに参加しています。
みなさんの1ポチがとても励みになります。060.gif

ポチッとしてからお入りくださいね。
 
 ↓    ↓    ↓
                 にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ



1才児のひろば 11月開講



このたび、希望が丘でおなじみのどんぐりひろばに
『三ツ境駅前教室』が開設の運びとなりました。

といっても、自前の専用教室ではなく、
『生活館SEYA』さんのスペースををこの時間だけ
お借りしての教室ということです。

ですので、こちらを訪ねて行っても
いつでも 教室をやっているわけではありませんのであしからず。

お問い合わせ、お申込み先はこれまでと変わりありません。

b0177103_1545377.jpg


三ツ境駅前教室の前には、時間中はこのような垂れ幕が出ます。
(長くなるのでその表示には「駅前」の文字は省略してます)


b0177103_1582836.jpg

このような看板も。
目印にして、おいでください。
バス通りなのですぐにわかるとは思いますがね。

車でおいでの方も、
駐車料金のサービス時間中に通える教室ですので便利です。





これまでの本教室(希望が丘)と比べて違う点があります。



①通いやすい駅前へ月に2回!(隔週金曜日)


②初めてさんにぴったりの40分!(お弁当はしません)

        時間割10:20~11:00/11:30~12:10


③お得な月会費2,000円!(月刊絵本別途370円)




ただ、ブログでは説明しきれない部分がたくさんございます。

人気のクラスで会費がおトクな設定なので、早い締切も予想されます。

つきましては、今月中に説明会を予定しています。


三ツ境駅前教室 説明会のご案内


10月26日 (金)


10:30~12:00

対象は、1才児(2010年生まれ、2011年生まれ)とお母さん


参加の費用は不要です。



ブログをご覧の方で ご興味のある方、日程が合わない方、他のクラスのお問い合わせなどもどうぞ。

[❤体験教室のお問い合わせ・お申し込みはココ」
by dongurihiroba | 2012-10-04 02:16 | 入園前(未就園)児のひろば

1才児体験終了しました


ようこそ060.gifブログランキングに参加しています。
みなさんの1ポチがとても励みになります。060.gif

ポチッとしてからお入りくださいね。
 
 ↓    ↓    ↓
                 にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ



台風一過 とってもよいお天気でした


昨日は大変心配しました台風17号。
皆さんの地域では被害がなかったでしょうか。

大変だった皆様には、お見舞いを申し上げます。



さて、本日予定していました『1才児のひろば』臨時増設クラスの体験は
予定通りに行えました。

とってもいい天気で、もう暑いくらい~でした。

なんだか皆さん、とってもいい雰囲気で、順調にスタートが切れそうですよ。
次回も楽しみ~。私も頑張りますね。

本日、おうちにお帰りになって、落ち着いて今日を振り返り、お子さんのご様子をみたり、ご主人さま(お父さん)とも
いろいろお話になってくださいね。

本日、即お返事で入会をご希望の方も多かったですが、
焦らなくてもいいですからね。
体験した方のご入会を優先に考えています。

でも、ありがたいことに、お問い合わせもまだ入ってきます。

月曜日のクラスは早々に締め切るかもしれませんので、
これからお申し込みの場合は、
金曜日に新設の『1才児クラス』にご案内するかもしれません。

また、年長児はそろそろ、締切してしまいます。
ご相談のある方はすみませんが、お急ぎくださいね。

教室の案内だけになってしまいましたが、
台風のご心配をブログでおかけしてしまいましたので、
無事の御報告でもあります。

皆さんありがとうございました。
by dongurihiroba | 2012-10-01 17:09 | 入園前(未就園)児のひろば
ようこそ060.gifブログランキングに参加しています。
みなさんの1ポチがとても励みになります。060.gif

ポチッとしてからお入りくださいね。
 
 ↓    ↓    ↓
                 にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ





荒天の予報です!!



b0177103_11585152.jpg



10月より、隔週月曜日に

『1才児のひろば』を開講します。


ただ、年度途中で時間割が毎週は取れなくて、隔週となります。
そこで、会費についても、今年度内は通常の半額としました。
少人数制(5~7人程度)ということと、人気のクラスなので、
すぐにいっぱいになってしまいそうなのですが、
10月開講時にご入会の方には、さらに特典がつくように準備中です。

b0177103_12163780.jpg


ということで、すでに定員近くのお申し込みをいただいております。
ただ!
・・・台風の影響で、10月1日は、荒れたお天気となるのでは???
と懸念しております。

すでにお申し込みの皆さんにはお電話(通じない方はメール)を差し上げますが、
『延期』の可能性を視野に入れていただければと思います。
延期の場合は、3日(水)11時~の予定です。


なお、新規開講のこのクラスと

同じ年齢のお子さん向けに

三ツ境駅前教室を11月より開講します。


こちら三ツ境教室は、これまでの教室とは
会費(通常の70%オフで上記月曜クラスよりも経済的)や
時間(ただし、時間は短いです)などが異なりますので、
別途、無料の説明会(10/26)を開催します。

何より、駅前で、アクセスの良さがうれしいですね。

なんと、気になる方からのエントリーが自主的に始まっていますので、
こちらも受け付けたいと思います。
ご案内が遅れていてすみませんが、締切が早まるかもしれませんので、
とりあえずお申込みくださって結構ですよ。


ブログをご覧の方で ご興味のある方、日程が合わない方、他のクラスのお問い合わせなどもどうぞ。

[❤体験教室のお問い合わせ・お申し込みはココ」


お帰り前に ポチッとまだの方はどうぞよろしく060.gif
にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ

by dongurihiroba | 2012-09-29 18:46 | 入園前(未就園)児のひろば
ようこそ060.gifブログランキングに参加しています。
みなさんの1ポチがとても励みになります。060.gif

ポチッとしてからお入りくださいね。
 
 ↓    ↓    ↓
                 にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ





そろそろ何か始めたいな・・・の秋



b0177103_11585152.jpg



1才を迎える頃、多くのお母さんが思うこと。
「そろそろ 何か 始めたいなあ・・・。」
だそうです。

今年のどんぐりひろばの未就園児のクラス『入学前児のひろば』は、
火曜日に続き木曜日も増設しましたが、すでに定員いっぱいとなってしまいました。

そこで、ご要望に応じられず、しばらく体験もお待たせしていたところでした。
お待たせした皆さん、すみませんでした。

10月より、隔週月曜日に

『1才児のひろば』を開講します。


ただ、年度途中で時間割が毎週は取れなくて、隔週となります。
そこで、会費についても、今年度内は通常の半額としました。
少人数制(5~7人程度)ということと、人気のクラスなので、
すぐにいっぱいになってしまいそうなのですが、
10月開講時にご入会の方には、さらに特典がつくように準備中です。

b0177103_12163780.jpg

すでに3名の体験ご希望をいただいています。
ブログをご覧の方は、体験予約を電話ではなく、下記メールからどうぞ。

興味はあるけれど、10/1は日程が合わない方、他のクラスのお問い合わせなどもどうぞ。

[❤体験教室のお問い合わせ・お申し込みはココ」


お帰り前に ポチッとまだの方はどうぞよろしく060.gif
にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ

by dongurihiroba | 2012-09-08 12:20 | 入園前(未就園)児のひろば


ようこそ060.gifブログランキングに参加しています。
みなさんの1ポチがとても励みになります。060.gif

ポチッとしてからお入りくださいね。
 
 ↓    ↓    ↓
                 にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ



今さら聞けない…『絞り方』



雑巾のお話の続きです。

2回目頃から、『絞る』のが、うまくなってきました。

初回の終わりに、
「この頃は、お風呂ではナイロンたわしやスポンジを使う人が多いでしょ。
タオルを絞るということがないおうちもあるのでは?
お風呂のおもちゃの一つにハンカチタオルを加えてください。
そして、鏡を拭くだけでもいいのでやってみるといいよ。」
ということを、お母さん方にお伝えしておきました。

早速、おうちで試した方が多かったようです。
おうちの中の水拭きでもいいけれど、それが難しい家庭でも、
お風呂ならば遠慮なく、濡らしたり絞ったりできますものね。

それから、お湯にハンカチを浸けていろいろ遊べますよね。
湯船の方が面白いけれど、湯船はやはりダメかな。
家庭のお風呂でならいいかな。

…まあ、そこらへんはそれぞれで違ってもいいですが…
本当は、浸けちゃいけないんだよね、って言ってあげるとして・・・。

いやなお宅では洗面器に浸けてみるのなら構わないでしょ。

まあ、そんなわけで、ハンカチやタオルを『絞る』という場面は
こうでもしないと近頃はなかなか得られないわけです。

b0177103_22141874.jpg

よーいドン!でみんなで並んでできるようになったね。


b0177103_22145333.jpg

洗面器の上で、絞れば、床がびしょびしょにならないね。
次の人も無理に入らないで、順番を待ってますね。待てるようになったのね。



b0177103_2215878.jpg

かなりきっちりとねじって絞ったのね。

活動の中で、ふと、私が
「にぎり絞りはしないまでも、こんな絞り方も人も多いんですよ。」
b0177103_2235850.jpg

っというと、

「え?それ、違うんですか?」
というお母さんの声がいくつかあがりました。

上記写真の持ち方は順手で横向きに雑巾を持っていますね。

・・・おやおや、このタイプの方が、大人でも少なくないことがわかりましたよ。

おそらくもっとも合理的にきっちり絞れるのは下記のとおりです。
b0177103_22391410.jpg

このように、縦向きに持ち、
b0177103_22402019.jpg

脇を占める方向に絞ります。

…というのが、雑巾・布巾の絞り方、ですよ。

皆さん、いかがですか?
by dongurihiroba | 2012-09-04 22:42 | 入園前(未就園)児のひろば

ようこそ060.gifブログランキングに参加しています。
みなさんの1ポチがとても励みになります。060.gif

ポチッとしてからお入りくださいね。
 
 ↓    ↓    ↓
                 にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ




ぞうきん


天気のよい日が今多かった今年の夏です。

どんぐりひろばの未就園児『入園前児のひろば』では、
お水を使って、恒例の『雑巾絞り、雑巾がけ』、
今年もやりました。

b0177103_18381160.jpg

はじめは周りがびしょびしょは当たり前~、叱らないでね。


多いクラスでは3回ほど、取り組みましたね。
すると、今年は絞るのも、拭くのも上手になりましたね。

初めはね、『絞る』ことを知らない段階から入りました。
だから、一回目は水浸し状態の室内でしたよ。

すべる!を偶然体験して、すべるっとおもしろ~いと思った子も!
でも、すべるって、とっても危ないことでもあるので、
軽く痛い目に合ってもらってから
あとは、『危ないからお水ちゃんと拭こうね!』
で、かなりすんなりいきました。

『絞る』ことがわからずに、
『お水がついてくる!』と過去には泣いた子もいましたっけ。

056.gif056.gif056.gif


ときどき、交流させていただいています、芦屋市の幼児教室『あしやあそぼくらぶ』さんも
ちょうど、雑巾を使った活動なさったようです。

みなさん、そちらもご覧くださいね。
なんと、楽しい ぞうきんちゃん!

この項、続きます。
by dongurihiroba | 2012-09-03 18:39 | 入園前(未就園)児のひろば

投稿作品

ようこそ060.gifブログランキングに参加しています。
みなさんの1ポチがとても励みになります。060.gif

ポチッとしてからお入りくださいね。
 
 ↓    ↓    ↓
                 にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ




おはし・えんぴつの正しい持ち方教室
   参加申し込み受付中!

 残り席が少なくなってきています。





b0177103_1458281.jpg


b0177103_1555637.jpg


7月7日(土)

①10:00~12:00
②13:30~15:30
   
      ①と②は同じものです。
      どちらかをお選びください。

相鉄 鶴ヶ峰駅 隣接ビル『ココロット4F』
『旭区市民活動支援センター みなくる』

参加費 大人1,000円 幼児・小学生200円・中学生~大学生800円


いよいよ次の土曜日が開催日となりました。

あと少しの余裕があります。
ご予約はお早目にどうぞ。

 
 



予約制です。
     
 



     056.gif056.gif056.gif056.gif056.gif
        本日の記事はこちらです。

「制作」についての記事のあとに
 投稿いただきました


6月11日までの「制作」に関する記事を読んでいただき、
たくさんの感想をいただきました。

そんな中、教室に通う方から、作品の写真を投稿いただきました。

b0177103_08042.jpg


どんぐりひろばで「あじさい」を作った子の一人です。

教室で経験したことを、雨の一日の遊びとしてさらに楽しまれた様子、伝わりますよ。
アンパンマンの仲間たち。
お母さんも楽しんで仕上げたという作品です。
子どもだけでつくるときより、完成度は高いです。

汚くなっても親が手を出さないのか、
親と一緒にきれいに仕上げるのか、
どちらがいいということはないと思います。

教室では、まず、破る感覚や珍しかったスティックのりに興味もち、「べたつく」感覚に驚きもしました。
「さ、貼り絵をするぞ!」と初めから思うわけではありませんね。

でも、次にやるときには、同じことをやっても興味関心は違ってきています。
たった一度でもやったことがあるものに接するときは、それまでよりも成長している部分が必ずあります。

こちらのお母さんのコメントでは
『教室で作った時よりも、のりを塗って折り紙を貼る、というのが上手になりました。』とあります。
道具や方法についての知識と経験が楽しかった作業によって好ましいものとして記憶されます。

『できあがった作品を見て、嬉しそうにしているので、また一緒に作ってみようと思います!』
とも言われました。

作業自体に満足していた段階から、作品についての思いがいろいろと湧き上がってくるように変わっていっていると思います。

お母さんはこうもおっしゃいました。
『途中から子どもにいろいろと注文をされて私の作品のようになってしまった。』

教室では子どものしたいようにやってもらったので、
おうちでお母さんが手を出したことについて
少しだけ気が引けた部分もあったのかな??

でも、大丈夫ですよ。
こどもが、お母さんに「こうしてほしい」とこの遊びの中で言ったときに、
応えてあげたというのは、いけないことではなく、子どもにはとてもうれしいことだと思いますよ。

そのような「できる」お母さんにより信頼を寄せ、あそび自体がぐんと発展していきます。

それに、私が見る限り、いつもは制作なんて家でやらないお母さんでも、
教室ではけっこう楽しんじゃっているときがあるように思います。
そんな姿もいいじゃない~っと思っています。
指示目線でなくって、お母さんも楽しむ作業、子どもはとっても楽しいでしょう。

どんぐりひろばでは、そのときだけよければいいというのではなく、
このように『次に続く』活動をいつも考えます。

そこには、完成形はありません。
つまり、制作でいえば、キットやキャラクターは使いません。

それ自身がいけないというわけでは決してありません。
でも、それらは、そもそも活動そのもの以上の関心を引く要素を持っています。
商品ですからね。

悪く言えば画一的な、創造的・想像的ではないものを持ち合わせています。

そういうわけで、初めにそういうものを持ってくることはなるべく避けています。

・・・そんなことを言っても、私だってアンパンマン大好きです。
今回は、ちぎる、切る、貼る、という作業を楽しみました。
そのような経験を経てからのアンパンマンなら、歓迎してもいいと思いますよ。

しかも、お母さん、こんなに上手だったら、
「僕のママね、すごいんだよ。」
ってわけです。
by dongurihiroba | 2012-07-01 01:05 | 入園前(未就園)児のひろば
ようこそ060.gifブログランキングに参加しています。
みなさんの1ポチがとても励みになります。060.gif

ポチッとしてからお入りくださいね。
 
 ↓    ↓    ↓
                 にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ




一番の魅力は『作品』より『過程』

前回記事では標題の「未就園児の制作から見えるもの」の核心にまでおよばないままになってしまいました。
それで、『この日はこんなのを作りました』というレポートに終わってしまってました。

実は、それを言いたかったわけではありません。

大人は作品を見て「子どもらしいね」とか、「色がきれいね」とかの感想をもらします。
もちろん、それ自体は本当に微笑ましいものですけれどね。


さて、前回記事の続き。

紙をちぎった子達には、スティックのりを渡しました。
ふたを開ける。閉める。
その繰り返しに夢中になるひととき・・・。
それから、底部の回転部分を回して、のりをたくさん出してしまったり・・・。
出てしまったのりに指を突っ込んだりするもんだから、のりはぐちゃぐちゃ、手はベタベタ。

のりを紙につけて動かすと、スケートのようにスーイスーイと滑らかに進んでなんか面白い。

…子どもがのりを滑らせた部分は、のりが乾いてしまったあとも
ビカビカに光って…そう、ちょうど、ナメクジが這った後のように、…
なので、どんなふうにのりを運んだかもよくわかります。
よくわかる、よく見えるようにと台紙は黒いのを使いました。

のりのついたところには、紙がくっつく。
でも、乾いた後では、くっつかない。

「ぐずぐずしているからよ。」
大人から見ると、本当にそのとおりなんですが、ここで
「早くしなさい」とばかりに、ぐいと子どもの手をのりごと取って
台紙にさっさとのり付け、なんてしないでいただきたいものです。
子どもの遊びは好奇心あふれるファンタジーの世界です。

大人は課題の「完成形」にとらわれがちです。
そして、人より遅れないように気にします。

制作をするとき、完成形なんて子どもは、はじめっから気になんてしていません。

「〇〇を作ろう!」、こんな親子企画が子育て支援の集いなどであるでしょう。
参加の大人が完成形に向かって限られた時間中に必死に仕上げようとする姿を見かけたこと、
私は何回かあります。皆さんはいかがでしょうか?

傍らでは、子どもは、まったくちがうことをやっている。
そんな光景ですよ。

どんぐりひろばでは、完成形を目指す制作やキットは使いません。
今回のあじさいの色だって、子どもが「きいろ」とリクエストしたので渡しましたが、
大人の頭の中の完成形にはあじさいだったら、「きいろ」は入れないのでは?
せいぜい、紫、青、白、ピンクと言ったところでしょう。
でも、どうです?
「きいろ」もなかなか味があるではありませんか。
b0177103_15571817.jpg


緑や黄緑だって、大人だったら、「はっぱの色」として、
花の中にはまずつかわないでしょう。
b0177103_15573986.jpg

技術的にはたまたまのりがついているところに、たまたまこの色の紙片がくっついた、
といったようなものもたくさんの作品です。


でも、途中、これはどうしても貼りたい!という強い意志を持つこともあります。
こちらの子は、「丸めた紙」を貼りたかったのです。
b0177103_15575858.jpg

うまいこと、くっつきましたね。

さあ、これだけのものを貼る間中、けっこう集中して、
(大人から見れば道草だらけのようにも見えますが、本人たちは夢中でしたよ)
作業する中で、個々に発見もたくさんあったはずです。
言葉として、上手にそれを表現はしない子ども達ですが、
五感をとおして、体の中にしみわたるものがたくさんあったことでしょう。



「できた!」と言って持ち上げた途端、のりのついてなかったものは、ザザーッと落ちる!
それに一瞬びっくりし、大笑いをします。
どんぐりひろばのお母様方も私が完成形を目指すことを求めてないのを理解しておられますから、
「ちょっと!ちゃんとして!」などと、こんな時にはしかるのではなく、
一緒になってできあがりを喜べます。


自分の子の作品だけでなく、よその子のことや作品にも愛情のまなざしで皆さん見てくださいます。

作品を見て、よその子よりも拙かったりしても、決してくささないでくださいね。

さて、楽しかった制作ですが、終わってしまうと、子どもは作品について、もっとこうすれば、と反省したり、他の子と比べて優劣を感じたり、は、この年齢だとほとんどないです。

出来上がったものに、いつまでも関心をもちつづけることもあまりないです。

そういう意味では、『作品』よりもその『過程』そのものが、子どもにとっては魅力あふれるものなんです。
特に未就園児は、『過程』こそが、大事な遊びであり、仕事そのものです。

作品を教室に飾ると、作成者よりも少し小さい1~2才児のお母さんは、
「わあ、もうすぐこんなのできるようになるんだ~」と期待もなさることでしょうが、
「作品の完成度」にのみ、目を、心を奪われないようになさるといいと思いますよ。

さて、最後に。
先週、犬の散歩中に、教室生徒のおばあちゃんのお宅前をとおりかかりましたら、
お庭のきれいなあじさいを摘んでくださったのですが、・・・きれいでしょ?

b0177103_161092.jpg


ぜひ、本物のあじさいも皆さんもお散歩中などに見つけてみてくださいね。
色や形がさまざまで、そんなことを親子で語らいながらゆったり歩く時間、最高ですよ。
by dongurihiroba | 2012-06-11 15:53 | 入園前(未就園)児のひろば


ようこそ060.gifブログランキングに参加しています。
みなさんの1ポチがとても励みになります。060.gif

ポチッとしてからお入りくださいね。
 
 ↓    ↓    ↓
                 にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ




素材感を楽しむ

子どもに何か、新しいことをさせる、与えるというとき
大人の思い通りには子どもは動かないことも多いものです。

さて、先週は、未就園児のクラス「入園前児のひろば」にて、
貼り絵をしました。

この日の「こんにちはシール」は「あじさい」でした。

そして製作するのも「あじさい」。

子ども達に「あじさいのお花を作ろうと思うけれど、何色がいい?」とたずねてみたら、
「きいろ!」との返事。

あれ、アジサイらしからぬ色だな。…まっ、いいか。
希望を聞いていると、「ピンク」「青」などが出ました。
それに「紫」も。これは私が加えました。

この年齢の子達は、なんでも目にすると、すぐに手が伸びます。
少し慎重な子は少し待ったりもしますけれどね。

「座って待ってね。」
しばしば待ってもらうこともある、どんぐりひろばです。
衝動的に何でもOK!ではなく、年齢相応の落ち着きを求めていっています。
でも、少しずつです。優しく言い聞かせることで、少しずつ身についてきます。

おうちでは、待つことがあまりない今時の子ども達です。
特に、長子である場合は、母子の生活の中に『待つ』ということはほとんどないですね。



座って待っている子から、順に色の紙を渡します。
「待つ」という意識がなかった子も他の子がちゃんと座っているとちょっとおトク…
そんなことに気づくと、ささっと座るようになります。
そして、目で催促したりします。
ヤル気満々モードのスイッチ入り中ですね、こんな時は。
「この紙は〇ちゃんと、お友達の分のだから、配ってきてちょうだいね。」とお手伝いをお願いします。
みんなよく仕事をしてくれます。それは楽しい作業です。

子ども同士も「どうぞ」とか「ありがとう」の言葉も少しずつ交わし始めた様子です。

「じゃ、☆ちゃんは、紫を3人に配ってね。」
同じことを指示しても「色」や「人数」を入れたりといろんな言葉をあえて使って伝えるようにしています。


「この色と似ているけれど、こちらのは、少し濃いねえ。」
・・・濃いや薄いなどの言葉も視覚で感じられる場面なので使ってみたりします。

配った紙は色画用紙もあるし、色紙もありました。
いろんな髪質も感じてもらいます。
特に説明はしませんが、いろんな感触を体験してもらうためです。

「この紙は、好きなように破っていいですよ。
おうちでもお母さんが「いいよ」って言ってくれた時は、破ってもいいよ。
でも、おうちの中には、大事な紙もあるから、聞かないで破ったらいけないんだよ。」
ということを、初めに約束として話しました。

そして、楽しそうに破る、やぶる!

大きく、ザザッと破る子。
指先で小さめに破る子。

破り方もいろいろ。

それより早く作品の写真~~!?

大人としては、その作品に期待と関心がありますよね。

では、今夜は作品を掲げておきます。
続きはまたあした。
b0177103_04397.jpg
b0177103_045095.jpg

by dongurihiroba | 2012-06-10 00:07 | 入園前(未就園)児のひろば


穴を見つけたら、どうするかな


大きなボタンを子ども達に渡しました。
b0177103_1171335.jpg

初めてそれを見た子どもたちの様子と、とらえ方について昨日お話ししました。

さて、この次にどうしたか、いよいよ、ひも通しか!?


いえ、少し違いました。


ボタンはそもそも洋服についています。
これは洋服のよりも大きいけれどね。

あ、ママの洋服にもボタン付いてるね。
あ、友達のは、青いね。
あれ、僕にはボタンないね・・・。

そんなことにも気づきます。

それから、穴がありますね。

穴があると、子どもは、のぞきたくなる。
穴に何かを突っ込みたくなる。

経験あるでしょ?
生活の中には危ない『穴』もありますね。

電気コンセント、
鍵穴、
体の穴、・・・鼻や耳のことです。

こういうところに物を突っ込まないようには、日ごろからご注意くださいね。


・・・で、ボタンの穴、に話を戻しますが、
これに気づいて、いろんな人に、
「見えた、見えた~!」とやって喜びます。
楽しい交流ができます。

誰にでも「見えた、見えた~!」とやりに行きます。

どんぐりひろばの小さな集団では、このような時、
実際の親子だけでなく、
いろんな親子同士が自然に触れ合います、仲良くなります。

いい笑顔がたくさんあふれます。

教室なのだから、さっさと学習した方がいい!
そうでしょうか?

新しい素材に触れるとき、大人だって、いろんな興味関心が湧くでしょう?
子どもならなおさらです。
そういう感覚や時間を経てほしいと感じています。

大人の用意したテーマだけがお勉強ではないと思います。

このようなときの子どもの反応によって、
私が次に用意する課題は臨機応変に異なっていきます。

穴からのぞくのが楽しくってたまらない子には、
『違う穴』を次に提供します。
b0177103_1313976.jpg

穴あきボード、各種。



ひもが欲しいと要求してくる子もいます。
b0177103_133634.jpg

きれいなとじひもがありますよ。

「みんなにも配ってくれる?」
っとお願いしてみたら、できましたよ。

「ありがとうね、たすかったわ。」

さっきまでいじっていた洗濯バサミも使うかな?
b0177103_1425057.jpg



思い思いに手に取って、何かが始まるでしょうか?

さらに続きます。

お帰り前に ポチッとまだの方はどうぞよろしく060.gif
にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ

by dongurihiroba | 2011-12-19 01:44 | 入園前(未就園)児のひろば