横浜市・希望ヶ丘☆どんぐりひろばは子育ての不安を前向きな意欲に変えるお母さんと子ども(0~6才)の教室です。幼児期にこそ『見えない学力』を豊かに育てましょう。☆お問い合わせは下記HPのメールで。


by どんぐり先生
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ:漢字検定( 22 )


結果がついてきました



どんぐりまつりの準備しています。

…準備に追われています。

部屋もぐちゃぐちゃです。

間に合うか!ガンバレ私!とかけ声・・・。

そういえば、8月に受けた漢字検定の結果が出たのでしたが、
すっかり忘れていました。

生徒への返却は来週なので、まだ私も見ていなかった。

今、あけて\(◎o◎)/!びっくり!!!

全員合格・・・ここまでは、よくあること。

なんと、満点続出!!

今まで、満点はたった1回しか出なかったのに、
今年は、私も子ども達の力を今まで以上に信じましたけれど、
子ども達、、よくついてきてくれました。
準備期間はとても短かったですものね。

とっても頑張った!
とっても力をつけましたね。
とってもうれしいです。

しかも、全員が学年以上の級でしたから。

1年生にいたっては、まだ、学校で今やっと、
一、二、三・・・とかを習い始めた時だという・・・。

1年生の漢字10級は150点満点の漢検は120点以上で合格。
それに対して、どんぐりひろばの平均点は、147点!

高学年はやはり、難しくなるのですけど、
それでも、8割以上は得点しています。(7割で合格)
b0177103_02362910.jpg

b0177103_02364058.jpg

子ども達の力を信じて良かった。
やりたい気持ちを抑えないで良かった。

実は先週、次の級の新しいテキストを子ども達に発見され、
どの子もうれしそうに知っている(読める)字を探したり、
早くやってみたいとせがんできたり・・・。

勉強は楽しい、と思ってもらえているのが本当にうれしいです。
ヤル気スイッチ全開な感じです。

どんぐりまつりでうれしいご報告ができます!



応援よろしかったらお願いします。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ

by dongurihiroba | 2016-09-21 02:37 | 漢字検定



程よい負荷 緊張感 


 から~の 『達成感』


毎年の恒例行事にはなっているのですが、
今年は特に皆さん、頑張った がんばった!
こんなにみっちり濃厚に学習できる子ばかりになって
本当にうれしく思います。

昨日までとぎれることなく、
過去問題取り組んできた子の採点やアドバイスが続きました。

そして本日、いよいよ漢字検定試験の本番でした。
b0177103_13242864.jpg
まだ、学校で漢字学習始まっていない
1年生も10級(1年生修了程度)や
9級(2年生修了程度)を受検。

4時限に渡り、実施しましたが、
受検生の多い時間帯には撮影できず・・・。

b0177103_13245302.jpg
終わってからは、晴れ晴れとした顔で帰る子ども達。

終了後はすぐに回収、
枚数に漏れがないか等確認してすぐに
漢検協会送りに梱包。

送ってしまうまでの責任があるので、
宅配業者さんに渡すまでは気が抜けません。

どんぐりひろばでは、
教室生徒もですが、
地域の子も受検しにきます。

もちろん、大人まで
どなたでも受け付けています。

地域支援といえば、
子育て支援としての遊び会や見守りの会などが
盛んに叫ばれるようになったこの頃です。
(私も微力ながら、お手伝いをする立場ですが。)

でも、学習のこととなると、
なんだか、個別の
しかもあまり人に知られてはいけないこと
として見られがちではないでしょうか。

私は、子ども達が地域のみんなと学習をすることは
地域の支えとしてもとても大事なことと
常々考えております。

人よりできること、
先に進むこと、
を、大人は我が子には臨みがちですが、
楽しく学習する場の雰囲気と、
仲間と、
時間とを共有できる居場所は、
子どものヤル気を膨らませます。

温かい見守りの中で
子どもはあと伸びの力もつけていきます。
どうせ生ぬるい成績だろうと思う方もあるでしょうが、
決してそういうことは有りません。

一番大事なヤル気が育ちますから。
ヤル気のある子に的確な指導をすることで
おもしろいように伸びていきます。

ヤル気のある子は元気です。
元気で学力も地域ぐるみで上がるということは
その地域に明るい未来をもたらすことでもあります。

子ども社会、子ども同士のつながりって、
親から『勉強しなさい』と言われるより
魅力的で楽しいヤル気のきっかけにあふれています。

子ども同士も指導者もどの子にも触れ合える、
という温かい雰囲気作りを
どんぐりひろばでは心がけています。

自分の子を良くする、伸ばす、には、
自分の子だけでなく、
仲間ごとまるまるかわいがる、
そんな気持ちのおうちの方々の
ご協力もあってのことです。

ぜひ、地域ぐるみで
『子どもの学習』についても
考えてみてはいかがでしょうか。

教室の生徒が、生徒ではない子を誘っての漢検受検。
これも、あり。
知っている仲間も受けるとあって、
勉強するのも張り合いがあります。

たまたまスケジュールがあったから、と
塾はよそに行っているけど、漢検だけ受けに来る、もあり。

子どものヤル気アップの為に、
親も受けてみる、もあり。

皆さん、よくがんばりましたね。
結果はあとからついてきます。(*^_^*)



応援よろしかったらお願いします。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ






by dongurihiroba | 2016-08-23 17:11 | 漢字検定

23日は 漢字検定試験



小さい子も安心して受検できます



b0177103_18544815.jpg



どんぐりひろばは、漢字検定実施の会場として、
検定協会より認定を受けています。
(旗は、風で裏返っていますが。)

教室前には、ゴーヤの蔓が
びっしりとカーテンを作っていて、
思いのほか 室内も涼やか。

ここのところは、
教室の帰りに子ども達がゴーヤ、
そして、カボスの実をおみやげに
持って帰る日が続いています。

昨日10日より16日までは、
教室はお休み。

一週間は、私もようやく
ゴーヤ三昧となることまちがいなし。

こんな、アットホームな環境で
子ども達は、遊んだり学んだりしています。

検定当日は、4時限に分かれての試験実施ですが、
ひとコマあたりは、20人弱ずつと
多すぎない人数での実施となります。
こんな感じの受検風景・・・。↓

トイレや水分補給もちゃんと促しますし、
解答用紙の記入欄を見て戸惑わないようになど
一人ずつの様子には気を配ります。
b0177103_17304142.jpg
そのため、初めての子や年長児、1年生などの小さな子も
安心です、と保護者の皆様には言っていただいています。

どんぐりひろばのことを知らずに、
前回までは、電車を乗り継ぎして、
遠方まで受検に行っていたのだけど、
こんな近所で、しかも、塾生以外でも
受けることができて、よかったです、
というお声も毎回いただきます。
b0177103_13100952.jpg

b0177103_19245239.jpg

教室の生徒は、受検級の漢字については、
徹底的に学習を深めてきました。
全員の高得点合格を祈っています。

地域の皆さんもひるむことなく、
頑張ってください。
まだまだ 10日以上ありますからね。

今回の受検に関しては既に締め切っております。
次回は、来年になります。
ご関心のある方はホームページよりお問い合わせくださいね。

応援よろしかったらお願いします。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ




by dongurihiroba | 2016-08-11 19:31 | 漢字検定

漢字検定 受付中



8月23日(火)実施です



毎年、どんぐりひろばでは、6月に漢検を実施しております。
昨年度は、教室生徒の著しい伸びが見られたため、
6月に加えて2月にも実施いたしました。

それで、今年度は6月の実施は見送りました。
当該学年以上の漢字を習得するのに、6月ではちょっとむりがありまして。
でも、夏休みでたっぷり時間のある8月なら間に合うね、ということで、
b0177103_13161461.jpg
8月23日(火)

どんぐりひろば会場(黄色い旗が目印・・・写真では風で裏返ってますが。)

にて、漢字検定試験を行います。
b0177103_13174195.jpg
教室生徒(主に小学生)は当該学年の級の満点合格を目指しています。
昨年までは、前学年の漢字の確認の意味でしたが、
学習が進んできましたので、皆意欲にあふれています。

また、どんぐりひろばの漢字検定は、広く地域の皆さんにも
門戸をひらいておりますので、
回を追うごとに訪れる方も増えております。

今回は、7月13日まで受け付けております。(締め切りを少し伸ばしました。)
夏休みに漢検対策学習をして今の学年の級を受ければ、
秋からの学校の成績にも反映される伸びが期待できます。

また、特に対策はしなくても
前学年までの級を受けるのも、学力の確認には有効です。

それから、家族中で、とか、部活の仲間と、というグループでの
受検は、励みにもなりますね。

お申し込みやお問い合わせは

教室専用電話

045-391-8289まで。

(長めにコールしてくださいね。)



どんぐりひろばの小学生クラスは、
例年以上に人数が多く、
通常クラスの入室は現在ストップさせていただいております。
ですので、漢検を受けたからといって、
入塾の勧誘されるのでは???
というご心配はありませんので、
どうぞ、この機会に
近くの会場で受けられる漢字検定、
ご利用ください。
(体験してみたかったという方は逆にごめんなさいね。)


どんぐりひろばの小学生クラスは、幼児クラスからの方が優先です。

幼児期クラスの特徴は
小学生になってから、ガリガリと頑張るのではなく、
幼児期から『見えない学力』を楽しく積み上げることで
心豊かで思いやりのある子に、
そしてあと伸び力のある子にするのというものです。

勉強は『人格を牽引する』ものでなければなりません。
幼児期の学習では『勉強嫌い』を作ってはいけません。


応援よろしかったらお願いします。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ






by dongurihiroba | 2016-06-27 13:13 | 漢字検定




8月23日(火)実施の漢字検定

受付を始めます。

b0177103_18380819.jpg

どんぐりひろばでは、毎年6月に漢字検定を実施してきました。
昨年度は、学習の成果が出るのが早かったため、
6月に加えて2月にも当該学年の漢字について、あるいは、
一学年先の漢字について検定受検をしました。

いつもお話していますが、どんぐりひろばでは
漢字については、『満点が合格点』として指導しています。

漢字検定自体は、8割程度の得点で合格できるのですけど、
それで、なまじっか『漢検合格もってる~』といい気になっても、
上の学年になるまで、取りこぼしたものがそのままでは、
何の意味もないからです。

ヤルときはやるんだ。
ここまではしっかりやった。

そういう達成感を持ってほしいのです。

また、少しずつの積み重ねでも
続けたくなる『ヤル気の出る学習方法』ならば、
身につくんだということを、子ども達が実証しました。

昨年度はやや無理したかな、とも思いましたが、結果は、全員合格。
それどころか、なかなか出ない満点も!!

こうなると、みんな次に向けてすでに始動しています。
b0177103_13100952.jpg
今年は6月の検定をいたしません。
外部の皆さんで、6月に全学年の確認の意味で受検しようと思っていた方、
予定が合えば、8月受検をお申込みくださいね。

今年は、受験日
8月23日(火)に決定しました。

皆さんの園や学校の年間予定表では、夏休みか、2学期開始か、
といった頃でしょう。
時間割については、実施会場であるどんぐりひろばに一任されていますので、
皆さんに無理のない形の時間割を組めるはずです。

まだまだ先のことなので、予定がわからないでしょう。
でも、会場の定員がそれほど多くないことと、
目標を立てておいた方が学習がすすめやすいこととを考えまして、
これから、7月10日までの間、お申し込みの受付をいたします。

予定がわからない不安があるでしょうから、6月30日までは、
キャンセルができるようにいたしますので、
どうぞ、安心してお申込みください。

6月の実施が8月の実施になったことで、
前学年の復習だったものが、現在の学年の仕上げまですることになります。
もちろん前学年の級の受検もできますし、2つ級受検もできますよ。)

現在の学年の漢字を8月に完成させるということは、
2学期以降の学校の成績が伸びる、ということでもあります。

少なくとも、漢字のテストについては、余裕をもって臨めます。
おもしろいことに、漢字学習の習熟の進む子は、
国語以外の教科の成績も伸びるという傾向があります。

これは、なぜかな?本当かな?
これについては、別の機会に述べたいと思いますが、
すでに、納得されている方も多いことでしょう。



どんぐりひろば会場の漢字検定には
どんぐりひろばの生徒でない方も、毎年受検に来られます。

多いのは、原小学校、三ツ境小学校、希望ヶ丘小学校、
少数派では、善部小学校、瀬谷第二小学校の児童など。

中学生では、原中学校、南希望ヶ丘中学校がほとんど。
中学生は、塾に行っている子も多いですから、そこで受ける場合もあるでしょう。
ただ、塾に行ってないとか、部活の日程で受検できなかった、というわけで
こちらに受検に来る人もいます。
地域の教室として、検定だけのご利用も承っております。

ただ、実際のことを申しますと、
神奈川の高校入試で検定がポイント評価にならなくなってから中学生の漢検ブームは下火です。
入試のためだけの検定と思うともったいないし、残念にも思います。

よく「低い級には価値がない」とも言われますが、
できれば基礎を積む、小学生のうちにこそみっちりやってほしい学習ですね。
試験問題がおもしろいと、一度学習をして受けた子は、
ほとんどがリピーターになっています。
おもしろいと思ったことは、本当の意味で身につきますからね。

大人でも、子どもと一緒に頑張る、とか、
ご夫婦で、とか、
または、高齢の方が『脳トレに』などと言って受けられることもあります。

お申し込みは、直接どんぐりひろばにて受け付けております。
資料も差し上げておりますので、お尋ねください。
b0177103_13440060.jpg
また、〈単科コース〉の漢字検定講座で、月に1~2回の受講もできます。
(予定はホームページのカレンダーにひと月先まで載せます。)
ちなみに、4月は15日金曜日15時~15時45分に実施します。
こちらは、あと1~2人お申込みできます。

学習の仕方のアドバイス、漢字に興味をもってもらうための話、
漢字のかるた(数種類あります)を使って楽しく覚えてもらう、など
工夫することで、漢字に対する苦手意識をなくしてもらいます。
だらだらと、たくさん書きこむとか、ただテストをするとかではなく、
できるだけ短い時間に集中して先に進むという形をとります。

初めて目にする漢字も多いのですもの。
いっぺんに覚えられなくても大丈夫です。

2回目で覚える子もいますが、
100回目でも覚えられない子もいます。

すっと覚えることが得意な子(やはり小さい時からの習慣などで差ができやすいです。)は、
どんどん、覚えていくことを勧めます。

では、100回目で覚えられない子はダメな子でしょうか、そんなことはありません。
だったら、101回目まででも付き合うよ、そんな覚悟で指導します。
大丈夫、一緒にがんばりましょう。(でも、低学年までです。3年生以上になっても
漢字が苦手と言いながら、そのままにしていてできるようには決してなりません。)

積み重ねの学習で達成感を味わえるのです。
今、よく言われる自己肯定感を持つためにも、
このような学習は必要です。

尚、漢字検定の問題は、なかなか骨のある良門揃いで、
漢字のみならず、国語全般の力もつけることができます。

人は、言葉によって思考をします。
漢字の読み書きがドラえもんの道具のように自在に操れると、
読書もどんどん進みます。
裏を返せば、読み書きできる漢字や語彙が少ないと
表現の幅も狭まりますし、言語による成長も低い所で止まります。

新聞やテレビなどのメディアの情報の中のやや難解な
熟語なども、見ただけ聞いただけでの理解も速くなります。

自分の力で考える、そんな人になってほしいと親は誰でも考えると思うのです。

「まだ習ってな~い~」と、教科書どおりでないと何事も進まないような
学習の仕方は、これからの時代には特に合わなくなってくるとも思います。

なによりも、日本語なのですから、自由に使えた方がよいですよね。



応援よろしかったらお願いします。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ

by dongurihiroba | 2016-04-12 17:06 | 漢字検定

漢字検定続々合格!

満点賞も!


本日は、2月7日実施の漢字検定の結果をお返ししております。

これまで10年以上6月実施してまいりました。
学年の漢字の確認の意味で。

それが近年、特に今年はどの学年も学習がすいすい進みました。
それで、年度内の2月に受検をしてみました。

それなりに追い込んで、学習しました。
日頃からの確認テストもどんぐりひろば内でのテストも
満点が絶対条件で取り組みました。

初めて見る漢字でも15分後には、
読み書き書き順から、音訓、熟語、類義語、対義語まで
テストとして取り組みます。
それを満点が条件というわけですから、
効率はとてもよい学習法です。
身に付けばね。

でも、どの学校でもそうですけど、
そんなに大勢が一時に満点、
ということはないと思います。

どんぐりひろばでも、
いつも全員が満点というわけではなかったですよ、もちろん。

でも、短い時間の集中を鍛えてきた子達は、
徐々に高いハードルも超えられる状態になっていきました。
しかも、学年が終わる前に、とか、
学年以上のを、
とかっていうのも、負担にはならない頭の体力が身についてきていれば、
負担ではなく、心地よい負荷として、
むしろ楽しんで取り組めました。

b0177103_13440060.jpg
写真は、どんぐりひろばの子どもの証書。
(一般外部の方のは、別に封がされてますので、
私が確認することはできませんので、ご安心を。)

うれしいことに、満点賞も!

漢検の、満点はなかなか出ないんですよ。
練習ではとれても・・・。

惜しくも1点ミス、2点ミスの子も今回は続出。

以前も記事に書きましたが、
漢字検定って、合格点が高くないのです。
級にもよりますが、7,8割の得点で合格できます。

それでは、合格という証明はあっても、
実際には、できない字が2,3割はあるのと同じかもしれません。

ですので、特に、低学年ほど、丁寧に
全てができるように徹底しないといけないと思っています。

満点だった子は、すでに1年上の学年の級の合格です。

本当におめでとう!
よく頑張りました。

ここまでできると、どの教科においてもまちがいなく
理解、思考は幅が広がります。
受験を考えるなら、この程度はできてほしいです。

また、満点に近かったのに、惜しくも満点ではなかった人。
悔しかったね。
でも、その悔しさはがんばったからこそのもの。
次回にその思いをバネに頑張れるよ、きっと。
それと十分に振り返ってみてほしいと思います。

あまり点数が高くはなかった人。
合格でも不合格でも。
新学期までに何がなんでも、落としたところは自分のものにしてしまって。

今年は、上の学年の漢字に挑戦する人や
満点に向けて集中力を高めた人がたくさんでした。
次に受ける人たちにも大いなる刺激になりました。

幼児も受験しています。

2016年度

漢字検定実施日決定!!!

なんと、気の早いことですが、
新年度の漢字検定の実施日のご案内です。
どんどん漢字を学習したい、
次の検定受けたい人が続々控えているため、
もう、今の時期に決定!です。

2016年8月23日(火)締め切りは7月15日

お申し込みは5月からですが、カレンダーに印つけておいてくださいね。
ぜひ、新学年の漢字もここまでに満点取るぞ!の勢いで頑張ってください。
夏休み終わりか、新学期始まりの頃ですが、
試験時間の設定は柔軟にできる日ですので学校があっても、午後に受検できます。

また、受付開始の頃に、ご案内いたします。

どんぐりひろば
〈単科コース〉●漢字検定講座

4月開講のこちらは、
本番の漢検に向けて(上記日程以外が希望でも受講できます)
の学習をしたい方向けの講座です。
まず、学力やヤル気に応じて受検級の決定指導をいたします。
その上で1回45分(1,000円)の時間中、集中力を高めて問題演習に取り組みます。
使用教材は別途料金がかかりますが、検定に即したもの(各級2,000円以内)と
恩師・岸本裕史先生や高嶋喩先生、おはし・えんぴつの持ち方伝道師の前田昌彦先生も
所属の...,もちろんどんぐりひろばも所属していますよ…
皆さんがよーくご存知のところでは、陰山英男先生もいらっしゃる『学力研』の
(説明長くてごめんなさい)久保齋(いつき)先生の教材(2,484円)などを使用します。

毎月1回以上は行いますが、ご希望でしたら、単発でご参加できます。
また、6月以降は回数を増やし、満点力を身に付けていきます。

年度替わりのカレンダーが遅れておりますが、
個別にお問い合わせいただけましたら、ご案内いたします。



子どもたちの『賢くなりたい』を応援しています。
よろしかったらポチッとお願いします。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ

by dongurihiroba | 2016-03-15 14:29 | 漢字検定


漢字学習がどんどん進みます


今月7日に漢字検定を実施したことは、既に記事にしていますが・・・。
・・・と思って見返してみたら、記事にしてませんでしたね、すみません。

いろんなこと、書きたい内容が滞っていますね。
日々、多くの人にお会いし、頭の整理ができてないことがありますね、反省。

さて、気を取り直し・・・

今年は、小さい時より力を積み上げた子がとても多い年で、
学習がどんどん進みました。私もびっくりですよ。

小学生中学年高学年においては、学年相応~1学年上の学習を早々に修了した子が多く、
そちらは、既に進学塾の方へと行っていただくことになりました。

河合塾で働いていた私ですけど、どんぐりひろばは、個人の教室ですので、
やはり、中学受験、中高一貫校受験は、
受験ノウハウのある塾へ通うことをお勧めしています。

私としても、自信を持って子ども達を卒業させられて、
大変うれしく(内心はさみしいですけど)思っています。

今のどんぐりひろばの年長、1年生も、小さい時からの子どもばかりです。
上級生の実績が刺激になるのか、
こちらもまた、漢字学習には熱が入っています。
年長児で既に漢検の合格者も出ています。
他学年では、6年生までの読みが完璧にできる子も続々・・・。



b0177103_13100952.jpg
今週から、新しい教材も配布いたします。
10級が1年生修了相当、9級が2年生修了相当。

1年生であっても、読み書きだけでなく、書き順、点画の長短、熟語、
などもみっちり身に付けていきます。

合格点は高くなく、150点満点の120点、つまり80%のできで、合格。
でも、どんぐりひろばでは、満点を目指しています。
満点となると、なかなか難しいので、子ども達は真剣に向き合います。

2016年は、いつもの6月実施ではなく、
8月頃の実施を予定しています。

新1年生は、8月には、1年生の漢字80字、もしくは2年生の漢字160字を
完全にマスターして試験に臨むことになります。

たまに、外部からの受検のお子さんが
「まだ習ってないのが出てます~!」と試験中に救済よろしく挙手しますが、
学校の進度とは違いますので、学習してから臨んでほしいと思います。

でも、漢字なんて、本当は『学年』のラインがあるものじゃなくて、
活字に触れる機会が多ければ、自ずと読めるようになりますね。
だから、すごいことをやっているわけでもないのです。

これ、楽しみながらやっているだけなので、
不思議だし、とっても面白いなと思っています。



皆様の参考になれば幸いです。
応援よろしかったらお願いします。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ

by dongurihiroba | 2016-02-24 13:29 | 漢字検定

少し早めに学年のまとめ
b0177103_18484468.jpg
昨年末の『今年の漢字』は『安』でしたね。




どんぐりひろばでは 
毎年 6月に実施していました 漢検。

今年は、どの学年も学習ペースがどんどん上がってきて
学年の漢字は終了。

漢字検定は、合格点が70~80%と、
それほど高くはありません。

でも、どんぐりひろばでは、いつも
満点合格を目指しています。

95%まではいくのですけどね、
100%となると、なかなか・・・。
ちょっとしたミスが出てしまうのです。
でも、がんばってくださいね。

申し込み締め切り、明日1月5日の正午まで延長します。
滑り込み歓迎(笑)します。

教室生徒でなくても、地域の小中学生、
保護者の方、その他どなたでもお申込みできます。

今回は、幼児もチャレンジしますよ。



応援よろしかったらお願いします。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ

by dongurihiroba | 2016-01-04 18:50 | 漢字検定


クッキーセット♪

今月7日から3日間の『どんぐりまつり』と『木のおもちゃで遊ぼうの会』には、
たくさんのご来場をいただきまして、本当にありがとうございました。
150人を超えるご来場をいただきました。

中には楽しすぎて、2会場以上にご参加の方も!

木のおもちゃっていいですね~。

その他、どんぐりまつりの今回の遊びのテーマひとつ、
『お買い物あそび』も大好評でした。
こちらは、学習要素もかなり組み込まれたものでした。
詳しくは、今後のブログでもご紹介していきます。

遊びが楽しくなる工夫、
そして、学習も進む工夫、
がなされていますので、お楽しみに。

さて、これらイベントでのスイーツ当選者、
これまでは、1名様でしたが、
上記のとおり、大勢のご参加だったため、
今回は3名様に増やしました。
b0177103_11451461.jpg
今回のプレゼントはクッキーセット!



b0177103_11443051.jpg
Keiminさんと当選者さん。この方は以前にKeiminさんのお菓子教室に参加されたこともあったそうです・・・。





b0177103_11454145.jpg
とっ
とっても背の高いさわやかなお父様でした。


この日お受け取りができなかったあと1名様には、
クリスマスケーキの割引サービスを差し上げることにしました。
Keiminさんのクリスマスケーキは、オーダーメイドのため、予約が要ります。
ご覧の皆様もおいかがですか。
私も、Keimin-Sweets大好きなんですが、
忙しくさせると(知っているだけに)Keiminさんに悪いかなと遠慮して
他の所で買っては失敗しています。
今年は、Keiminさんのにしようと思っています。



おうちやお友達との遊びの参考になれば幸いです。
応援よろしかったらお願いします。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ

by dongurihiroba | 2015-11-30 11:56 | 漢字検定


漢字の学習がぐんぐん進む!!

b0177103_11585029.jpg
どんぐりひろばでは、毎年1回、6月に漢検を実施しています。
今年も、教室生徒や塾に行っていない地域の小学生、
保護者やおじいちゃんの受検などありました。

この検定、問題も結構おもしろいと、
一度受けた子は、たいていリピーターになります。

今年は、学年の漢字学習がいつにもまして、
どんどん進み、学年以上の漢字にもチャレンジしています。
そういうわけで、


2016年2月7日実施分の

漢字検定 

実施することにしました!!

b0177103_11534707.jpg



どんぐりひろば会場は、小さな会場ですので、
年長や小1,2の小さな子でも
保護者の皆さんは安心して受けられる、という理由から
教室生徒でない方のお申し込みもあります。

また、一緒に頑張ってみたい大人もよく参加なさいます。

次回は、みなさんもいかがですか。

受付は11月9日から12月31日まで行います。
教室定員になり次第の〆切となります。

7日のどんぐりまつりで、
ご案内書をお渡しできますのでどうぞ。
10級~1級までの過去問題もついています。

漢字検定合格点はさほど高くなく、
各級の70~80%の正解で合格もらえますので、
学習の励みになります。

また、落ちるようでは、学年あがると、
ますますできなくなってくるので、
今、どの程度の学力かを確認する意味でもお勧めです。

どんぐりひろばの小学生は、
合格はもちろんのこと、満点合格をいつも目指しています。
満点となると、それなりに学習を積み上げます。


それで、この冬の講習会、
今回は、『漢字』に特化した取り組みです。

12月19日(土)~26日(土) 23日を除きます。
1回からの参加が可能です。

年長児 13時~14時 (60分)
小学生 16時~17時20分 (80分)

募集するのは、小学生1・2・3年生
そして、年長児
年長児は、初の講習会となります。
小学生とは別時間で、保護者の方もご一緒の受講となります。
初めての『漢字学習』は、萎縮する子もあります。
当然です。でも大丈夫!
学習の始め方を、『え、これでいいの??』
というくらい簡単にお伝えします。
どの子も楽しんでお帰りいただけます。

どんぐりまつりで、講習会のご案内書もご用意しています。
ご覧くださいね。


おうちやお友達との遊びの参考になれば幸いです。
応援よろしかったらお願いします。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ

by dongurihiroba | 2015-11-05 12:27 | 漢字検定