横浜市・希望ヶ丘☆どんぐりひろばは子育ての不安を前向きな意欲に変えるお母さんと子ども(0~6才)の教室です。幼児期にこそ『見えない学力』を豊かに育てましょう。☆お問い合わせは下記HPのメールで。


by どんぐり先生
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30



一生の宝物』をお子さんの
に!!



b0177103_11375579.jpg
b0177103_11380932.jpg





いよいよ、
夏休み親子教室「おはしとえんぴつの正しい持ち方」
の受け付けが本格スタートです!!



b0177103_11411413.jpg
                           ピースサインをしているわけではなく、コツの伝授のひとコマです・・・


第1部はわたくし吉村が担当します。
お子さんが乳幼児の方、乳幼児の子育て支援関係の方に
ぜひご参加いただきたい内容です。
子どもの発達を踏まえての指導法です。





b0177103_11415315.jpg

第2部は児童かきかた研究所師範『持ち方伝道師』の前田先生が担当します。
兵庫県からのご来訪ですので、めったにないチャンスですよ。
幼児で鉛筆を持って学習を始めている子、小学生以上の子、
正しく持ちたい・教えたい大人の方どうぞ。



第1部、第2部、どちらかだけでも、両方とも受講もできます。

第2部は長いので、途中で休憩入ります。前半がおはし、後半がえんぴつの実技です。
前半だけでお帰りになることもできます。

ここで学んだことが確実に身につくためにも夏休みはとてもよい機会です。
自由研究にするのもよいでしょう。

(どんぐりひろばの夏休み講習会、今年のテーマは『自由研究』です。
 その中でも触れていきます。)



今回の指導法は、小学館ドラゼミの教材教具でもおなじみの
児童かきかた研究所 高嶋喩(たかしまいさむ)先生直伝の人気あるものです。
TV鉄腕ダッシュで国分太一さんの持ち方を直したのをご覧になった方もあるでしょう。

b0177103_12194272.jpg

どんぐりひろばでご案内している前回の講座までは、
高嶋先生のご指導があったのですが、残念ながら、故人となられました。

私達は、恩師高嶋先生のご遺志を引き継ぎながら、
おはしの国 日本の子ども達に正しい持ち方をきちんと伝承すること、
そして、それがとりもなおさず、正しいえんぴつの持ち方、
さらには、学力のあと伸びにつながるということを
各地でお伝えする活動を始めています。


どうぞこの機会に『一生の宝』を身につけましょう。
お問い合わせもお気軽にどうぞ。
受付はこくちーずプロ(こちらをタップしてね)

で行っておりますので、ご利用ください。


尚、どんぐりひろばへの直接お申し込みも受け付けておりますため、
『こくちーずプロ』の受付人数よりも実際の申し込み数は多くなっています。
それで、急に締切になることも予想されます。
できるだけお早目のお申し込みをお勧めします。




会場となります『シリウス』の入り口付近にはこの子↓もお待ちしています。
とっても素敵な図書館なんですよ。
b0177103_12173140.jpg

b0177103_12181396.jpg

b0177103_12182856.jpg

b0177103_12175759.jpg
大人気のシリウス全館もぜひこの機会にお楽しみくださいね。








応援よろしかったらお願いします。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ

# by dongurihiroba | 2017-06-03 12:19 | おはし・えんぴつ


初めての針しごとー2

13日の記事から、時間が経ってしまいました。
記事の鮮度が落ちてしまい、ごめんなさい。
ご了承ください。

さて、初めて針を持つ子に、まずは、紙皿のひも通し工作をしてもらったのでしたね。

b0177103_21134388.jpg

次に、いよいよ、針を持つことになりました。

初めに針の約束事として、本数の確認と
確実にしまうことを伝えました。

糸を引くときの方向も。
不用意に人に当ててしまわないために、
針先の向きも。

『針がこわい』という1.2年生も当然いまして。
そんな子には、まずは、フェルトにポンチで穴(写真は2ミリ)を開けて、
そこに綴じ針を通すというやり方をとりました。
紙皿工作と、縫物の中間のようなもの。

フェルトは、端の始末がいらないので、子どもにはとても扱いやすいですね。

b0177103_21175551.jpg

低学年でも、針を持って見たら、
案外思ったようにできた!という子もでてきましたよ。

縫い方(かがり方)もいろいろあるのですが、
したいようにやってみてもらいました。

糸の色も、好きに選んでもらいました。

どの子も敢えて目立つ色で、ステッチをきかせていました。
お友達の様子もお互いに見ていたりもしましたよ。

b0177103_21252261.jpg

ふたの部分は、みんな思い思いにカットを入れていたり・・・。

途中で糸が足りなくなったり、最後の始末に戸惑ったり、
いろいろなことにぶち当たります。

さあ、最後は、色や形が様々な飾りを好きなだけつけていいよ、ということに。
好きに選べる、っていうと、とてもワクワクするみたいで、本当に楽しそうでした。
どの子もいい作品ができましたね。
全員分ではないですが、一部写真がある分だけお届けしますね。
b0177103_21362605.jpg

↗一部、目がおかしいところありますが、
この日はこれでいいの!いいと思っているからいいんです。
いつか、あれ?と思ったり、もっとこうしたい、という思いになればそれでいいこと。
初めてやってみたことに意味があります。
それを『評価』される筋合いはないと思うんですよ。
b0177103_21355711.jpg
b0177103_21353713.jpg

おうちのお庭で写真撮った子も!
うれしいですよね。



応援よろしかったらお願いします。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ

# by dongurihiroba | 2017-05-29 21:43 | 土曜日(絵本のひろば・手しごとのひろば)

幼児期のひも通し遊びー2

「前回記事の簡単なひも通しおもちゃをまねしてみました!」
という声をいただきました。

カンタンで安くて
その上おもしろいっていうのは、いいですよね。

さて、いろいろなひも通し遊びを教室でもご紹介しているどんぐりひろばですが・・・、


私が自然遊びインストラクターになってから、
見え方がいろいろに変わってきまして

b0177103_20212315.jpg

こんなのでも遊べてしまうのが素敵だなあ~っと
思いまして、ご紹介いたします。

このアオキの葉は、大人の手よりも大きくて、
ちょうど靴ひもを結んだような感じに。

幼児期の生活では蝶結びをする必要性が薄れています。
マジックテープなんて便利なものがありますからね。

でも、こんなのを見たら、
子ども達、自らやってみたーい!!ってなるんです。

葉っぱですからね。
加減次第では、破れてしまうのです。
それがまたいい!
少しくらい失敗しても平気!
葉っぱちゃん、そこらじゅうにありますから。
お散歩して、いろんなものに、目を向けてくださいね。



応援よろしかったらお願いします。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ

# by dongurihiroba | 2017-05-23 20:28 | 土曜日(絵本のひろば・手しごとのひろば)

幼児期のひも通し遊び

b0177103_11501452.jpg
前回記事、『初めての針しごと』のずーっと大元になる遊びに、
『ひも通し』があります。
だれでもおもちゃでやってみたこと、あると思います。

例えば、昨日の針仕事に一番近いタイプのひも通しは、こちら。
パンチで、紙皿や、紙コップや箱の周囲に穴をあけて、
そこに綴じ紐を通すもの。

写真では、ポップになるように、シールを貼っています。
このシールは、パンチ穴補強用のもので、100均のもの。

あそびの応用は色を使うことでさらに広がりますね。
『赤の次は青に通すルール』とか作ってみたり。
綴じ紐も100均。カラフルな色、長さのものがありますよ。

パンチは、書類用の二穴よりも、一穴の方が扱いやすいですよ。
また、パンチでは、届かないところに穴を開けるときには、
私は、ポンチを使っています。
b0177103_11572695.jpg
これも100均に2本組でありました。
1本だけは以前にホームセンターで購入、300円くらいしたような・・・。

これは、穴を開けたいものに当てて、お尻を金づちで少し叩く。
そうすると、形の中ほどにも、きれいな丸い穴が。

b0177103_12012760.jpg
こちらは、初めから穴いっぱいの「スケルトンすのこ」。これも100均。
裏も見えるので、やりやすいのです。


綴じ紐がなかったら、どうする?
上記は、「ゴム通し」。
これが、針の役目をしてガイドとなります。
b0177103_12011266.jpg
針の役目になるものは、いろいろ。
真ん中の白いのは、わかりにくいですが、「結束バンド」。
子どもの成長、発達や通すものに応じて、いろいろ変えてみてくださいね。

自然遊びのインストラクターをするようになってから積極的に使っているのが、
なんと、『松葉』。自然の『針』。素敵ですよ~。

このほかにも、どんぐりひろばには、
カンタンに作れて、たっぷり遊べるひも通し遊びのアイディアもいっぱい!
おうちで、必ず約経ちますよ。
忙しいお母さん方にもお伝えしています。


未就園児の体験教室でやってみましょう。
どうぞ遊びに来てくださいね。
毎週火曜日11時からです。
まだしばらく、無料体験を続けていますよ~。


ご予約はこちらからどうぞ

次は、昨日の『手しごと』の作品の続きです。




応援よろしかったらお願いします。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ

# by dongurihiroba | 2017-05-14 12:18 | 土曜日(絵本のひろば・手しごとのひろば)

初めての針しごと

5月の『手しごとのひろば』は本日13日に開催しました。

月に1回、(主に週末。毎月HPのカレンダーに掲載します。)

今月は、『初めての針しごと』。

学校で、縫物で針を持つのは、5年生から。
今は、主婦でも針しごとは、お仕事か趣味以外、
つまり、日常生活ではやる人は減っていると思います。

私は、針仕事が小さい頃から大好きでした。

でも、誰かに習ったということはありませんでしたから、
上手ということではなかったのです。

かわいいぬいぐるみが欲しいからとフェルトでマスコット人形を作り、
友達に花をあげたいからとリボンフラワーを作り、
雑誌に載っていた服が来たいから、で、洋服を作って・・・。
そんな感じでした。

下手の横好き。でも、それは、好きこそものの上手なれ。につながること。

家庭科も、初めて針を持った時の作品で、成績が付けられる。
そして、うまくできてないとなんかつまらないし、
低い評価がついてしまう。

はじめはさんざんであっても、
自分で感じたり、工夫したりしてそれなりに好きでいられた経験から言うと、
ろくに個別指導もない(人数多いからそりゃ、先生も無理ですよ)家庭科での
作品でダメだしされて、『不器用』を自認してしまう必要、
ないんじゃないの??
多くの人が『自分は不器用』って、学校での実技で思ってしまってないかな・・・

下手でも、『好き』だけで『憧れ』だけで誰かを『思う』だけで、
そんな純粋な気持ちだけで手を動かすとき、
・・・それを評価されるって、なんなんだろうな、って。

だったら、やってみたい気持ちのときに、
下手でもともとの年齢のときにでも、
楽しく経験してもらえたら、次につながるんじゃないかなと思って、
このような講座をしてみました。

まず、紙皿で、こんなのを作るところから始めました。
b0177103_21375611.jpg


この項、続きます。


応援よろしかったらお願いします。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ

# by dongurihiroba | 2017-05-13 21:38 | 土曜日(絵本のひろば・手しごとのひろば)


夏休みイベントのご案内



少し、(ずいぶん?)早いですが、
会場が決まったので、お知らせしておきます。

その前に、現在募集中の 漢字検定(6月18日実施)、算数検定(6月24日実施)の
ご案内もまだ書いてませんが・・・。

こちらは、ご近所の知ってる方は知っている・・・
というもの。どなたでもご参加いただけます。
これは、次回にご案内ということで。


本日はこちらのご案内です。



b0177103_23172979.jpg
b0177103_23174287.jpg

応援よろしかったらお願いします。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ

# by dongurihiroba | 2017-04-25 23:21 | 行事・イベント

離乳食の与え方



もうすぐ子どもの日

今年度は働くママも参加しやすい土曜日にも
毎月1回 『赤ちゃんのひろば』を開催します!


b0177103_22183116.jpg


赤ちゃんのひろばでは、ついつい写真を撮るのを忘れてしまうことが多いのですが、
5か月・6ケ月の赤ちゃんのとてもかわいい1枚を・・・。
(写真へのお顔出し許可いただいた方のみ掲載)

少し前に、乳児の離乳食にハチミツ使っての残念な事故がありました。
離乳食に使ってよいもの、いけないもの、確認しましょうね。

それから、新しい食品を加えるときは、土日や午後よりも、
平日の午前中にね。
病院に行くことのできる時間帯だから。

あと、一度に2種類以上を新しく加えない。
新しく加えるのは、1種類ずつ。
どれが合わないかがわかりやすいから。


次回の赤ちゃんのひろばは、
5月20日(土)と5月22日(月)10時~11時。

ご都合の良い方、または両方でもいいですよ。

お友達と誘い合わせてどうぞ。
もちろん、お友達探しのつもりで、おいでくださるのもいいですよ。

ご予約はこちらまでどうぞ(*^_^*)

当日までキャンセルは可能ですので、お気軽に。




応援よろしかったらお願いします。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ

# by dongurihiroba | 2017-04-22 22:48 | あかちゃんのひろば


自然体験は、子どもの脳の発達に良い影響を及ぼします。

大人の皆さんは、『自然遊び』ならまかせといて!と
言える自信、ありますか?

忘れた以前に、やったことのない素敵な遊び、知らない遊びがたくさんあります。
フィフティーズの私でさえ、恥ずかしながら、知らなかったことがあるくらいですよ。
自分にも足りてないことの自覚があったので、ここしばらく、素晴らしい先生について、
学ぶ機会を得ました。

そうして、自然遊びは、とりもなおさず、
私が目指す幼児教育の中のまさに『見えない学力』の大元でもあることが
はっきりとわかりました。

自然の中の木の実や葉などは、豊かな教育資源でもあるとわかりました。
笛になってみたり、人形になってみたり、飾りになってみたり。
いろんな工作ができます。
ゆったりとした時間・空気の中で、手指を使い、においを覚え、味見する、
そんな中で、自然の素材の構造体を理解していきます。
そして、その体験を通して、脳に情報を蓄積していきます。
これは、プリント学習では絶対に得られないものです。

子どもは、何もなくても手にしたもので、数限りない『思い付き』をします。
そういう自然体験の時間が絶対的に足りていません。
遊具やテーマパークが唯一の外遊びになっていませんか。

どんぐりひろばは、室内学習の場です。

大人も子どもも、教室に来てない時は、それぞれに、外遊びをしているのが前提です。
でも、この頃、その前提が築かれてない方も増えているように思いました。

それで、自然あそびインストラクター(フォーラムアソシエ認定)でもある私は、
『手しごとのひろば』でも、自然素材での遊びを取り入れる回を作ることにしました。


4月22日(土) 13時~15時

『春のスタンプ』
b0177103_18552963.jpg
 自然素材を使います。お楽しみに。

 あと2名、今からでも申し込めますので、どうぞ。




応援よろしかったらお願いします。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ

# by dongurihiroba | 2017-04-21 16:36 | 五感教育




赤ちゃん絵本から『つくおき』まで



b0177103_23491790.jpg

どんぐりひろばでは、約500冊の蔵書を無料で貸し出ししています。
やはり、絵本が多いですね。
でも、大人向けもありますよ。
教育関係が多いですけど、中にはダイエットやヨガ、
それから、昨年大ヒットした『つくおき』まで!
・・・つくおきは、知り合いの著書ですけどね。

教室の子ども達は、帰り際に1冊借りていきます。
本好きの子が大変多いです。
大人の皆さんにももちろん貸し出しています。

ちょっと手しごとにきただけ、とか、
漢字検定を受けにきただけとか、
相談に来ただけ・・・
そんな皆さんにもご利用いただけます。


b0177103_23490608.jpg

b0177103_23542259.jpg
b0177103_23485650.jpg






応援よろしかったらお願いします。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ

# by dongurihiroba | 2017-04-13 23:56 | 教室全体のこと
 《予告》
2017年7月31日(月)
大和市文化創造拠点シリウスにて
『おはし・えんぴつの持ち方教室』
     開催決定!
 
             




どんぐりひろばでは、2010年と2012年、
『おはし・えんぴつの正しい持ち方教室』を開催しました。

今夏、5年ぶりにこの講座を開催します。

詳しくは、4月下旬にお知らせしますが、
まずは、以下の2012年6月の『過去記事』の講座の様子をご覧くださいね。


      ↓     ↓     ↓


171.png171.png171.png171.png171.png171.png171.png171.png171.png171.png171.png171.png171.png171.png171.png171.png171.png171.png171.png171.png171.png171.png171.png171.png171.png171.png171.png171.png171.png171.png171.png171.png171.png




高嶋先生のおはし・えんぴつの持ち方教室 
    
       



b0177103_1065481.jpg

b0177103_15213551.jpg


『ドラゼミ』でもおなじみの、児童かきかた研究所の高嶋喩先生を講師にお招きしての教室を開催します。

もう一人の講師である前田昌彦氏からはメッセージもいただいております。
   ↓        ↓        ↓

えんぴつの持ち方を正しくすることで、姿勢(両足の床への着き方や両手の場所、腰の位置など)、
もじを書く場所。物の置き方など、すべてを正しくし、楽に長時間の学習もできるようになります。
それが学習の構えを作っていくことにもなります。


テレビ『鉄腕ダッシュ』で、国分太一さんの
とっても個性的な(まちがった)おはしの持ち方を見事に直した高嶋先生。

「ユビックス」「もちかたくん」といった持ち方補正具を使った方も多いでしょうが、
高嶋先生の考案品です。

だけど、グッズだけではうまくいかなかった、そんな経験はありませんか?

今回の高嶋先生の持ち方教室では、持ち方のいろはの「い」から、
皆さんの手をとって、丁寧な指導を行います。

そして、正しく持つということが、小学生以降の子ども達に及ぼす影響について、
現役の小学校の先生が実例を交えて詳しくお話を進めます。

私は大丈夫,正しい持ち方だけれど、子どものために・・・、
と思って参加のお母様方が前回も多かったのですが、
実は、その中のほとんどのお母様さえ、正しくなかった、という実態がありました。


2010年11月開催時の様子をお見せいたしましょう。
b0177103_15522579.jpg

参加者の数が持ち方についての関心の高さを物語ります。
この時は約60名の参加でした。
小学校の先生、前田昌彦氏の講演の様子。

b0177103_15523791.jpg

高嶋先生が一人ずつの持ち方を見て回ります。
お父さんの参加もありました。
こういうご家庭は家じゅうで意識が高まり、上達が早くなります。

b0177103_1553131.jpg


171.png171.png171.png171.png171.png171.png171.png171.png171.png171.png171.png171.png171.png171.png171.png171.png171.png171.png171.png171.png171.png171.png171.png171.png171.png171.png171.png171.png171.png171.png171.png171.png171.png171.png


以上、2012年6月のブログ記事です。

今回、5年ぶりにこの講座を開催することとなりました。
ただ、残念なことは、この間に高嶋先生が故人となられたこと・・・。

その分、ご遺志と技能を私もたっぷり受け継ぎましたので、
皆さんの実技指導もどうぞお任せください。

平日ではありますが、夏休みということもあり、
たくさんの皆さんのご参加をお待ちしています。
ご家族でご参加ください。

また、保育園、幼稚園、学校の先生方もぜひご参加ください。


にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ ←おはし・えんぴつの持ち方に関心ある方、ポチッと一押しの応援くださると嬉しいです。

# by dongurihiroba | 2017-04-11 19:36 | おはし・えんぴつ

  《予告》
2017年7月31日(月)
大和市文化創造拠点シリウスにて
『おはし・えんぴつの持ち方教室』
     開催決定!
 
             




どんぐりひろばでは、2010年と2012年、
『おはし・えんぴつの正しい持ち方教室』を開催しました。

今夏、5年ぶりにこの講座を開催します。

詳しくは、4月下旬にお知らせしますが、
まずは、以下の2012年6月の『過去記事』の講座の様子をご覧くださいね。


      ↓     ↓     ↓


171.png171.png171.png171.png171.png171.png171.png171.png171.png171.png171.png171.png171.png171.png171.png171.png171.png171.png171.png171.png171.png171.png171.png171.png171.png171.png171.png171.png171.png171.png171.png171.png171.png




高嶋先生のおはし・えんぴつの持ち方教室 
    
       



b0177103_1065481.jpg

b0177103_15213551.jpg


『ドラゼミ』でもおなじみの、児童かきかた研究所の高嶋喩先生を講師にお招きしての教室を開催します。

もう一人の講師である前田昌彦氏からはメッセージもいただいております。
   ↓        ↓        ↓

えんぴつの持ち方を正しくすることで、姿勢(両足の床への着き方や両手の場所、腰の位置など)、
もじを書く場所。物の置き方など、すべてを正しくし、楽に長時間の学習もできるようになります。
それが学習の構えを作っていくことにもなります。


テレビ『鉄腕ダッシュ』で、国分太一さんの
とっても個性的な(まちがった)おはしの持ち方を見事に直した高嶋先生。

「ユビックス」「もちかたくん」といった持ち方補正具を使った方も多いでしょうが、
高嶋先生の考案品です。

だけど、グッズだけではうまくいかなかった、そんな経験はありませんか?

今回の高嶋先生の持ち方教室では、持ち方のいろはの「い」から、
皆さんの手をとって、丁寧な指導を行います。

そして、正しく持つということが、小学生以降の子ども達に及ぼす影響について、
現役の小学校の先生が実例を交えて詳しくお話を進めます。

私は大丈夫,正しい持ち方だけれど、子どものために・・・、
と思って参加のお母様方が前回も多かったのですが、
実は、その中のほとんどのお母様さえ、正しくなかった、という実態がありました。


2010年11月開催時の様子をお見せいたしましょう。
b0177103_15522579.jpg

参加者の数が持ち方についての関心の高さを物語ります。
この時は約60名の参加でした。
小学校の先生、前田昌彦氏の講演の様子。

b0177103_15523791.jpg

高嶋先生が一人ずつの持ち方を見て回ります。
お父さんの参加もありました。
こういうご家庭は家じゅうで意識が高まり、上達が早くなります。

b0177103_1553131.jpg


171.png171.png171.png171.png171.png171.png171.png171.png171.png171.png171.png171.png171.png171.png171.png171.png171.png171.png171.png171.png171.png171.png171.png171.png171.png171.png171.png171.png171.png171.png171.png171.png171.png171.png


以上、2012年6月のブログ記事です。

今回、5年ぶりにこの講座を開催することとなりました。
ただ、残念なことは、この間に高嶋先生が故人となられたこと・・・。

その分、ご遺志と技能を私もたっぷり受け継ぎましたので、
皆さんの実技指導もどうぞお任せください。

平日ではありますが、夏休みということもあり、
たくさんの皆さんのご参加をお待ちしています。
ご家族でご参加ください。

また、保育園、幼稚園、学校の先生方もぜひご参加ください。


にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ ←おはし・えんぴつの持ち方に関心ある方、ポチッと一押しの応援くださると嬉しいです。


# by dongurihiroba | 2017-04-11 19:32 | おはし・えんぴつ


4月の手しごと[単科コース]
b0177103_18552963.jpg
まだまだ寒い日があったりするものの、
確実に春は訪れていますよ。

さて、この日は、身近な自然の中の植物などを使って、
『スタンプ』遊びをします。

汚れてもいい服装、タオル、飲み物を用意しておいてね。

それと、『さくら』を使った遊びもね。

年少以上。8組限定(小学生は子どもだけでも可)ですので、お早目にどうぞ。




4月15日(土)13:00~15:00

『春のスタンプ』と『桜のあそび』

参加費1,000円(総合コース会員の方は500円)親子での金額です。お子さんが2人以上の時は加算となります。


178.pngお申し込みはコチラ178.png178.png
b0177103_18552963.jpg
b0177103_17355034.jpg

b0177103_18272229.jpg

応援よろしかったらお願いします。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ

# by dongurihiroba | 2017-04-11 17:37 | 土曜日(絵本のひろば/手しごとのひろば)




小学生の学習風景
b0177103_19404520.jpg

春期講習会の様子

この春の講習会では、
1・2年生は、2~3年生の漢字の読みを全て制覇!
を必須として、『かるた』を使った学習をしました。

かるたでの学習はみんな大好き。

少し疲れたら、『坊主めくり』でリフレッシュ。
そして、五色百人一首も。

算数は、図形を折り紙を使っての学習。
角柱、正三角形、正方形を作るところから、
正四面体、立方体を作ることも。
b0177103_19393164.png
また、折り紙を使っての図形パズル。
1回~5回と折ってからの切り取った形を考えること。
それから、線対称の学習。

短い期間に一日からの参加でしたが、
5~6人までの少人数での学習は
私としては全員の苦手もきちんと把握でき、
子どもとしては、達成感のあるものになったのでした。

幼児や小学生で、特に男の子に多いのですけど、
折り紙苦手と自分で思い込んでいる子、
そして、折り紙を二つに折る、折り線をピシッとつける、が
身についていない子は、徹底指導をしました。
不器用なんかじゃない。
できるし、きちんとできる喜びも味わってもらえました。

そして、そんなに上手でなくても、
好きと思って、たくさん手しごとをこなすことも大事。
そんなことも感じてもらえました。


高学年は、学年の学習の残りは徹底しました。
特に6年生は、中学の1学期分の数学までは、
きっちり習得してもらいました。

みんなの新学期が楽しみです。
2年生のクラスの一部だけ、写真撮れましたので、載せておきます。

とても落ち着いた良いスタートでした。
10日月曜日から、新学期のクラスが始まる方もいますね。
頑張りましょう。
b0177103_20004624.jpg

応援よろしかったらお願いします。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ

# by dongurihiroba | 2017-04-09 20:01 | 小学生のひろば


大事なのは、大人が本気で楽しむこと


植物の声に耳を傾け、その暮らしを描き続けてきた甲斐信枝さんってご存知ですか?
昨秋『足元の少宇宙 絵本作家と見つける生命のドラマ』という番組がNHKで放送されてから、
その眼差しの深さに多くの反響があり人気の出ている本・・・というのを入手しました。

「子育ての忙しい時に何それ、興味ないし・・・。」

子育て中の昔の私だったら、おそらく、そういう反応だったと思います。
今思えば、うちの子ども達には、残念なことだったな、と思うのです。
正直、関心なかったし、関心のないことに目を向ける余裕がなかったので・・・。

でも、今はちがいます。
昨日の記事で
『足裏センサーを全開にして、ほんの先っぽだけを地面から出そうとしているタケノコを見つけるあそび』
を私、ここのところやっているのよ、ということをお話ししましたよね。
b0177103_17573031.jpg
そんなことをやっているとね、
その甲斐さんのこんな絵本、いいよって言われたときに
すごく興味が湧いたのでした。

『興味の種まき』をしておいたら、それは違う興味にもつながるんだな、と
改めて実感をしています。

そして、それって、本当に楽しいから。
大人ですらそうなので、子どもはなおさらですよね。
ものの見方・感じ方、それは、自分で積むしかないのですね。
楽しいと思えば、学習もどんどん好きになります。

ぜひ、お散歩してみてくださいね。
遊具がなくてもいいんです。
大人がふとした自然に目を向ける、まずは、その姿を見せてあげてほしいものです。

そして、そのとき、ちょっとした遊びを知っていたら、
子どもの心をぐっととらえることができますし、
親子でとても楽しいひとときが過ごせますよ。

どんぐりひろばでは、『自然遊び講習』もやっています。
皆さんの町に出張~もいたしますので、お声かけもお待ちしています。




応援よろしかったらお願いします。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ

# by dongurihiroba | 2017-04-09 18:31 | 五感教育

五感あそび




足裏センサー全開にして!


春。
桜が満開になりましたね。

でも、桜だけではないんです。
春の野は、いろんな命の声が聞こえてきます。

昨日まで、枯れ枝にしか見えなかったところに、新緑・・・。
これは、アジサイ。
先週までは枯れ枝状態でしたよ。
ま、小さな芽はついていたんですけどね。
「でも、枯れ枝にしか見えない色なのに、
どうして葉がつくの?」
と、聞いてきた子。いいですねえ。
b0177103_20133393.jpg
春なのに、どんぐり・・・。そう。
このどんぐりは、ほぼ、一年の間、ここに落ちています。
そして、次の冬頃に、少し朽ちる・・・とわかりました。
いつも見ているからわかること・・・。
b0177103_20132308.jpg


b0177103_20134367.jpg
紫色の小花は、オオイヌノフグリ。
小さな花弁だけを取って、テグス糸に通して、ブレスレット作ったり・・・。

同じ所に、ピーピー豆ことカラスノエンドウ。
まだ、豆はついてないけどね。
早く鳴らしたいね。

鳴らしたいといえば、これから散り落ちてくる桜の花びらを受け止めたら、
そっと口に当ててみて。
薄いけれど、両手の指でそっと持って、
その間を吹く。

ツツジやツバキや、今ならスズメノテッポウも笛になる。
草笛、子ども達は大好き!!

b0177103_20135448.jpg
白いのはハナニラ。
水色っぽいのもあるね。
葉をこすると、ニラのにおいするよ。
こすらなくても、群生しているところは、
ニラのにおい、ぷんぷんするよ。

b0177103_20313445.jpg
つくし!
スギナとつながっているって、知らない人もこのごろはいるのね。
昔(40年前くらいまで)は、みんな食べましたよね?

こんないろんな表情にあふれています。

お散歩の時にちょっと思いだしてもらえると、うれしいなあ~。
いやいや、このごろは、こういう自然少なくなって・・・

と、私も思ってたのです。
でも、それは、間違いでした。
その気になって、そういう眼で眺めると、
いろんなものが見えてきます。

皆さんの身近かなところにも、きっとありますよ。



そして、そんな私のここ数日のお散歩は、

足の裏のセンサーを全開!!!

なぜか。

それは、足の裏で、タケノコを見つけるのを楽しんでいるからです。



こんなふうに、もう顔をだしているのもありますが、
b0177103_20130282.jpg
b0177103_20131308.jpg




これなんかは、足裏センサーで、見つけたもの!
b0177103_20123008.jpg
ほってみると、タケノコの頭がはっきりと見えました。
b0177103_20124389.jpg

大人が、こういうことをちょこっと楽しんでいると、
子どもも、そんな『眼』で眺めるようになります。

自然の摂理、自然の道理、
私達が生きづらさを感じるときに、
力を貸してくれるものでもあります。
例えば、この写真、さきほどのオオイヌノフグリとカラスノエンドウですが、
ひと月ほどすると・・・
b0177103_20134367.jpg
b0177103_20513636.jpg
このように、違う植物の居場所となっています。
(この写真は昨年の5月1日)


色だけで言うと、グリーンぽいといったところですが、
日々を過ごしながら、植物同士もそこに居たり、
次のメンバーに時期が来たら、誰に言われるわけでもなく、ちゃんと譲ったり・・・ってね。

それから、
この丸い花、ハルジオンですが。
4月後半から、夏まで、ずっと見かける・・・ように見えます。
が、実は、6月前頃から、とっても良く似たヒメジョオンと、
いつの間にか、チェンジして、ハルジョオンはその姿を消します。
どこが似ていて、どこが違うか。
興味ある方は、今年、調べてみるととってもおもしろいですよ。

そして、はっきり言います。
幼児向けのワーク教材をしている人は多いと思いますが、
(どんぐりひろばでもぷちドラゼミご案内してますけど)
ワークの何倍もの力のつく観察です。
(教室生徒のお母さんには、その理由もご説明しています。)



さあ、いい季節です。
どうぞ、お子さんと外に出てみてくださいね。

今年は、わたくし、
市内の小学校の自然教育の場にも出張します。
そんなところでもお会いできるかも!
楽しみ(*^_^*)




応援よろしかったらお願いします。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ

# by dongurihiroba | 2017-04-08 20:41 | 五感教育

五感遊びと赤ちゃんの心・からだ


嬉しい春がやってきましたね。


少し暖かくなってきたし、

赤ちゃんにとっても初めての桜の季節。

少しお散歩がてら、

どんぐりひろばまでいらっしゃいませんか。



4月10日(月)10時~11時

4月22日(土)10時~11時
(働くママのための土曜クラス、できましたよ!!)

おやつとお茶付きで1,000円。
他にも割引制度あり。
初めての方は、無料ご招待。

前日までにご予約くださいね。



前回は、参加の方に石鹸プレゼントでした。
はみ出しウンチ洗ってもきれいになりました!とうれしい声をいただきました。

どんぐりひろばでは、物品販売などの目的は一切ありませんが、
そんなふうに喜んでいただけるととっても嬉しく思います。
よかったよかった(*^_^*)。
肌に触れるものや、体に入るものは、
気を付けたいですよね。

さて4月は、これから、保育園に行くことになった親子さんも多いでしょ。
いろいろ、不安もあると思います。
そんな方もどうぞどうぞおいでください。

さて、4月の赤ちゃんのひろばの内容を少しお知らせしますね。

「赤ちゃんが泣く・泣きやまない」について。
(預けるときのお母さんの不安な気持ちについても含む)。

「心身の発達とあそび」について。

「試食」…春の野菜を使った離乳食。

「おもちゃ」…木のおもちゃ・・・。
手づくりしてみました。
b0177103_18571153.jpg
他にもやさしい手触りの木のおもちゃ、ご紹介しますね。

「えほん」…赤ちゃんと絵本について。
      貸し出しも無料でしています。

予約は、こちらへ(←)(*^_^*)
お誘いあわせの上、どうぞ。




応援よろしかったらお願いします。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ

# by dongurihiroba | 2017-04-08 19:40 | あかちゃんのひろば

-

￘¢䩆䥆ĀHH
# by dongurihiroba | 2017-03-28 02:07 | 行事・イベント

-

￘¢䩆䥆ĀHH
# by dongurihiroba | 2017-03-28 02:06 | 行事・イベント



この春休みのテーマは『漢字』と『図形』


b0177103_17465263.jpg

日程 3月27日~31日(5日間)

時間 16:00~17:20(80分間)

受講料 7,500円




内容

『漢字』

学年のまとめとして「漢字検定」の過去問題を使って実力試しをします。
答案は、翌日に添削指導をつけて返却。
弱点補強と漢字検定ならではの深みのある学習をします。
進級前に弱点補強をぜひ行いましょう。

また、講習会中の毎回のテストの伸び率が優秀な方は、
6月18日(日) どんぐりひろば会場で実施の漢字検定に
奨学生としてご招待をいたします。(受験料免除ということ。
詳しい基準については、お申し込みの際にご確認ください。)


『図形』
おりがみや工作用紙を使っての制作。
制作したものを使って考える学習。

異学年同室ですが、学年差、個人差に応じた
課題を用意していますのでご心配なく。
はさみ、のり、じょうぎを持参してください。

興味はあるけれど・・・、
もっと上の級の漢字、下の級の漢字がいいな、とか、
5回とも出るのは難しいな、とかいう方はご相談ください。
受講しやすい形をご提案いたします。

ご予約・お問い合わせはこちらからできます(タップしてね)



応援よろしかったらお願いします。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ

# by dongurihiroba | 2017-03-11 17:55 | 小学生のひろば

園児のひろば(新年少・新年中・新年長)


4月からは『園児のひろば』は、
降園後の15時台(年度初め、微調整あります)から始まります。

新年少 水曜日15時~16時(60分)

新年中・新年長 火曜日・金曜日の15時以降始まり
(曜日・時間は調整中につき、
 ご要望がございましたら、優先できる場合もあります。)

通常は2,100円/1レッスンですが、
只今、『春の無料体験教室』開催しています。

(園児のひろばで初めてご入会の場合は入会金が必要となりますが、
なるべくご負担が少ないように、
ご兄弟がいても初めの1回のみの設定にしております。)

年間で約40回の開催。
祝日、夏期、年末年始にはお休みがあります。

保護者の方とお子さんとご一緒に通う教室です。
少しずつ『おべんきょう』要素が出てきますが、
幼児期に勉強嫌いを作らないこと、
好奇心をぐんと高めることを大きな目標にしています。
そのため、保護者の方のご理解とご協力が必要になります。
ここでも、学びの半分は子どもではなく、『大人』になります。

さて、3月中の体験教室は、上記とは日程が異なります。


3月中は・・・


新年少  3月15日(水) 22日(水) 

      10時~11時30分
          (お弁当は食べません)
      



新年中・新年長 3月29日(水)30日(木)31日(金)

        10時~11時20分

3月中のご入会の方は、入会金の割引をいたしますので、
ご興味ある方は、お早目にどうぞ。

ご予約・お問い合わせはこちらからできます。(タップしてね)

園児のひろばの内容の詳細は、8日夜にアップします。



応援よろしかったらお願いします。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ

# by dongurihiroba | 2017-03-08 03:32 | 園児のひろば







プレひろば(未就園児のクラス)

毎週火曜日11時~12時半




b0177103_1285089.jpg
b0177103_145559100.jpg
b0177103_1572671.jpg


b0177103_113422.jpg
b0177103_12203738.jpg
b0177103_11263185.jpg

b0177103_20193940.jpg
b0177103_83327.jpg
b0177103_1637368.jpg
b0177103_8424553.jpg
b0177103_1583399.jpg
b0177103_15524538.jpg




b0177103_9285657.jpg
b0177103_1443457.jpg

b0177103_914269.jpg

未就園児の『プレひろば』は
お弁当持参でたっぷり遊ぶ90分。

通常は2,100円/1レッスンですが、
只今、『春の無料体験教室』開催しています。

毎週火曜日11時~12時半のクラスです。
(プレひろばから上のクラスは入会時に入会金が必要となりますが、
なるべくご負担の少ないように
ご兄弟がいても初めの1回のみの設定にしております。)
年間で約40回の開催。
祝日、夏期、年末年始にはお休みがあります。

どんぐりひろばは、親と子のまなびの場のため、
あると便利な『お預かり』の制度はなく
(保育士資格はもちろんありますけどごめんなさいね)
お母さん(お父さんも可)と子ども同席です。

対象年齢は1才(完全普通食になってから)から3才。
人数によって、近い年齢同士でクラスを組んだりもします。

内容はというと、実にさまざまな活動をしていますので、
今回は写真でご紹介をいたします。

お弁当持参のわけは、
未就園児の時期に『食事の習慣・しつけ』が
保護者の皆さんの関心事であると共に
とても大切なコトであるから。
特に『手づかみ』『スプーン』『おはしの持ち始め』の
大切な時期でもあるからです。

このブログの中で最もよく読まれている記事の一つが、
『おはし・えんぴつの持ち方』ですが、
お母さん方の悩みどころであることはまちがいないようです。

そのためにも、
手指を使う遊びをたっぷりと!


言葉は出ている子もまだの子も
たくさんのコミュニケーションを複数の親子でたっぷりと!

からだや手に触れ合ったり、
絵本(・・・具体的には46の昔話を入園までに読んでもらうこと、
どんぐりひろばの無料貸し出しの絵本を毎週読むこと)に親しむこともたっぷりと!

それで、この46のお話をもとに
『おはなしかるた』を楽しめるようになる仕組みがあります。

そんなこんなで
大人も子どももとっても仲良くなれるクラスでもあります。

それに、一緒に『食べる』って本当にうれしくて楽しいのです。

ちょっとでも気になるなあ、見てみたいな、
と思われる方はお気軽に遊びにいらしてくだいね。
ご縁のものなので、無理に勧誘することはいたしません。
(ですので、ご入会ご希望の際は、ご自身でお申し出くださいね。

ご予約・お問い合わせはこちらからどうぞ(*^_^*)

もし日程が合わない方は、その旨、ご相談ください。
なるべく調整をいたします。

また、4月から新年少さんになる方むけに

 3月15日(水)11時にも予定しています。





応援よろしかったらお願いします。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ

# by dongurihiroba | 2017-03-08 02:40 | 入園前(未就園)児のひろば



赤ちゃんのひろば


開催日程 

  3月13日(月)  4月10日(月) 4月22日(土)

   いずれも10時~11時


b0177103_23383255.jpg
春めいてきましたね。
赤ちゃんもお母さんもそろそろお出かけしてみてくなってきたかな?

赤ちゃんのお世話は大変だし、寒いし、
気が付いてみれば、
赤ちゃんと二人っきりで結構な時間過ごしてたわ~。
どっかにお友達になれる方はないかしら。
赤ちゃんのいる他のおうちではどんなふうに過ごしているかしら?

なんて声、よく耳にします。

どこのお母さんも、本当に毎日毎日、よく頑張っていますよ。
立派!!
ふらっとどんぐりひろばってどんなとこ?
って見に来てみませんか?

今週から、どんぐりひろばに近い地域の方に、
チラシ配布を始めています。
只今、春の無料体験をしております。(初回無料)
少しでもご興味ある方は遊びにいらしてくださいね。
赤ちゃんのひろば対象の月齢目安は、1才ちょっとくらいまで。
完全普通食になる頃までの赤ちゃんとなります。

赤ちゃんのひろばのこと、少し説明しますね。

今年度は月に1回月曜日でしたが、
4月からは、月に2回に増えますよ!
これまで通りの月曜日10時~11時と土曜日(ご希望時間ありましたらご一報ください)。
土曜日を入れたのは、赤ちゃんのいる方でも
このごろは、お仕事に出られている方が多くなり、
『休日もやってほしい』とのニーズが増えてきたためです。

内容は
●音感あそび(音を感じながらのマッサージや体をやさしく動かすあそび)
●絵本のこと(無料貸し出ししています)
●おもちゃや遊びのこと
●離乳食やおやつの試食
●発達のこと
などです。

体験に来られた方の感想を少しご紹介しますね。

b0177103_23391614.png

『赤ちゃんのひろば』というこの講座は、通常は 1,000円/回ですが、
今回15周年を迎えることと多くのお母さん方に知っていただきたくて
初回無料で体験いただけます。

2回目以降もいろんな割引や赤ちゃんとの暮らしに役立つものを
提供していきたいと思っております。

皆さんがなるべく参加しやすいといいな、
地域の方と少しでも出会いの場になるといいな、
との思いからですので、どうぞご利用くださいね。

ご予約・お問い合わせはこちらからどうぞ(*^_^*)


次の記事では、プレひろば(未就園児クラス)のご案内をいたします。




応援よろしかったらお願いします。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ



# by dongurihiroba | 2017-03-08 00:15 | 入園前(未就園)児のひろば



一年生の図形遊び

立方体を自分で作る

  


b0177103_21211632.jpg

どんぐりひろばの1年生は、今、
算数では長さの学習をしています。

まずは、ものさし、じょうぎのことを学習。
ものさしは、物の長さを測る道具。なので、目盛りは端っこからついていますね。
じょうぎは、主に測った線を引くためのものなので、
えんぴつが当てやすいように端っこには目盛り以外の余白がありますね。

どんぐりひろばでは、幼児のうちにいろんな道具にも慣れましょうということをやっているので、
子ども達は、線を引くのはかなり上手。

いろんな線の長さを測ったりということも、
幼児の遊びの中で、「1(㎝のところ)から5(㎝のところ)まで、線引く~」というようなことを
やってきているので、プリント上の線を測るのも簡単。

・・・でも、1年生になってからの入室でじょうぎの扱いに慣れてない子は、
なんだかフニャフニャの線・・・。←練習が必要。
ハサミもフニャフニャ…ではないのに、線の通りに切るのが難しい
・・・。園で、利き手に合うハサミの指導がなされてこなかった証拠。

ぜひ、ぜひ、幼児のうちにできることは幼児のうちに身に付けたいものです。
でも、ご縁あって入会している子は、一人も残念なことにはいたしません。
幼児期になんなくできたこと、大きくなるとやや大変なこともありますが、
一人ひとり、きっちり指導しますからご安心を。

学齢期になって、学習が進むとき、
このようなことで子どもは遅れや劣等感を感じます。
大人が思う以上に、うまくできない自分を恥じ、
みんなよりダメなんだと思ってしまいます。
先生からの評価もよくないと、
とたんに『自分はできない』と暗示にかかってしまいます。

でも、線の引き方、例えば、じょうぎの上で引くか下で引くかわからない子、
じょうぎの厚みや、はさみの刃の厚みが扱い方次第では
大きな狂いをもたらすこと、
知らなければ、直されなければ、
その子はずっとできないままです。

そんなちょっとしたこと、結構見逃されていたりします。
左利き(のことは、私自身が経験者なので、イヤというほどいろいろあります)の
子の、不便だけど大人には言わない悩み、などきちんと向き合ってほしいのです。

みんな、『不器用』なんかじゃない。
でも、指導しないとコツがわからない。
経験してから練習する十分な時間や環境も要る・・・。

どんぐりひろばでは今回、ひととおり、じょうぎで測る、引く、を行った後、
(それだけではつまらないので)
サイコロを作ろう!(工作は、子ども達大好きです。)ということに。

サイコロの面はいくつあるか?
実際に見てみて、6つ、と判明。

真四角が6個と理解。
1辺が5㎝の真四角を・・・
このとき、真四角を正方形と呼ぶことも伝えました。

サイコロ制作、1回目は、私が十字型(上の写真の右下の形)の展開図を教えて、
その通りに切らせました。
折り目になるところには、はさみを開いた状態で片刃をじょうぎに当て、
スーッと筋を付けさせました。
こんな使い方もあるんだよ。へえー!の世界。
そのように筋をつけておくと、折り曲げがきれいにできるの。
図工の時にも使える技だね~なんて話しながら。
のりしろは作らずに、マスキングテープで組み立て。

それだけでも、楽しい様子。

さあ、今度は、6つの面を切り離してね、と指示。

そして、さっきの十字型以外の展開図でサイコロができるように
考えてもらいました。
便利なマスキングテープのおかげで
ああでもないこうでもない、と、
何度もやり直して、友達とは違う並べ方が結構できましたよ。(上の写真)

最後に、色を塗ったり、絵を描いたり、
本当のサイコロのように、数の目を描いたり。

・・・そのときに、向かい合う目の数の和が7になる!と言い出した子がいて、
みんな興味深くサイコロの目を入れ出しました。
友達同士で、ここは4とか、教え合い、確かめ合っていました。
そして、できあがりがこちら。
b0177103_22455451.png
マスキングテープも、平面上では扱いやすかったのですが、
立体になると難しく感じた子もいましたね。

さて、下の写真は4年生のドラゼミ2月号。
いろいろな経験・・・今回は立方体を作ることでしたが、
こんな経験のあるなしは、その後に影響してきます。
人は、経験したことから物事を判断するのは容易です。
経験したことないことをイメージするのは難しい。
子どもならなおさらです。

今回、サイコロ作った1年生は
4年生になってこのような問題見てもなんてことはないでしょう。
いえ、1年生の今でもわかると思われます。
b0177103_22461863.jpg
















できるとおもしろいですからね。

勉強って楽しい~!
と子どもに思わせるよう、
大人の知恵で導くことは可能ですね。


でも、もしピンと来なかったらどうする?って?

『ああ、この子は今、〇○はよく理解してないのね。』
と大人が理解すること、これが大事です。

そして、生活の中で、苦手だったことに
関連したことを少しずつ取り組ませる。
そういう工夫を大人がすること。

できなかったところの直しを子どもにさせることは
大事ですが、少し先のことをやっているときは、
無理に今、正解にたどり着かなくても差し支えないことは多いです。
子どもにとっては、その過程で感じたことや考えたことってとても大事。


子どもの苦手を今後、どのように強化していくか、
大人が考えることがとても大切です。

大人のあり方が大事!です。




ちなみに昨日、算数検定実施日でした。

幼児~4年生までが受検しました。
どの子も学年より、1~3つ上の学年相当の級を受けました。


算数検定は次回は6月24日(土)が実施日です。

教室生徒でなくても受けることができます。
次回はあなたもいかがですか??


応援よろしかったらお願いします。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ






























# by dongurihiroba | 2017-03-05 21:21 | 小学生のひろば

春休み かるた道場




どんぐりひろば15周年記念
こどもの学び応援事業



少しずつ春めいてきましたね。

本年4月、どんぐりひろばは15年目に入ります。
地域の皆さんをはじめ、
気が付いたら、全国に卒業生や指導くださった方々が・・・。
とにかく、人に恵まれてきました。

この度、感謝の気持ちを込めて、
どんぐりひろばの活動の中でも特に人気の高い『かるた』を
皆さんに楽しんでいただける企画をいたしました。


名付けて
春休み

b0177103_17113442.jpg

どんぐりひろばの『かるた』のすごさは、結構知られてきていて、
いろんな方に『かるた大会優勝おめでとう!』と言われたりするこのごろです。
(毎年、入賞してきた瀬谷区のかるた大会では、第1回から参加しています。)

かるたって、本当に子ども達が大好きな遊びであり、
集中力、記憶力がぐんと伸びる!
それに、ゲーム進行上、いろいろな感情も生まれます。
譲る心、がまんする気持ち、
チーム戦の場合は、責任感や信頼する気持ちも大事。
そのような『心』の成長も見られるのが大きな特徴です。
まだ、「もののなまえ」くらいしかわからない子・・・。
例えば、「みかん」の絵を見て「みかん」と言える程度の子も、
かるたあそびに参加できるんだよ、っていうと、
皆さんえええ?って驚かれますが、本当です。
おうちの方が少しでもご興味あれば、年齢に関係なく参加できます。
(見るだけでも大丈夫ですよ。)

普通の取り方ではできないのだけれど、
こうやるとできるよ、うれしいよ、というのをお伝えします。
その気持ち、とっても大事で、必ず次への意欲につながるものなのです。



3月27日(月)28日(火)①10時~11時 ②11時~12時

会場はどんぐりひろばです。

参加費は要りませんが、予約制です。
キャンセルはできますので、ご予約はお早目にどうぞ。
各回、限定8組です。

056.gif056.gif056.gif056.gif056.gifご予約やお問い合わせはコチラ(クリックしてね)056.gif056.gif056.gif056.gif056.gif




応援よろしかったらお願いします。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ


# by dongurihiroba | 2017-02-26 17:31 | 行事・イベント

プリント学習の前に




早期教育の定義って?

3才にもなれば1から10の数を唱えない子はないくらいです。

うちの子は、1才で既に言っていた。
2才前で、100まで言えた。

そんな時は、なんだかうれしいものですよね。

逆にそうではない時・・・、
なんだか親としては不安になって教えなきゃと焦ったり・・・。

どちらも親心。
うんうん、わかるわかる。

中には、もうプリントで
たし算や引き算をすらすら進めているんだって、
という子もいますよね。

そういう子に対して、
『子どもらしくない』
『親が詰め込んでいる』
と、どちらかというとマイナスの目を向けがちなのが、
世間と言うものでしょうかね。

私は、好きで興味持っている子が
そういう学校のような内容のことができてしまうのを
何度も目の当たりにしてきました。

でも、それをもって、天才とか秀才とかって言いふらしたり、
そういう子を輩出する『どんぐりひろば』と思われたりは
必要ないと思っています。

幼児期にこれができたら、
学校で何やってもつまらなくなる。

と言う人もいますが、
それは、『詰め込まれた』子。

本当に楽しくて、いろいろなことに興味を持ってきた子は、
年齢相応の発達に応じて同じ内容でも『深める』とか
『視点を変える』とかできてくるので、
さらに学習が楽しくなります。

幼児期は、全ての入り口であり、それはいろいろであるということ。

電車の知識であったり、
体操がうまいことであったり、
ピアノが素晴らしく上達したり、
ということもよくあります。

それはそれで何の問題もなくよろしいこと。


でも、計算できたりすると、
・・・なんなんでしょうかね、世間の見る目が違ってくる。

計算も、電車も、体操も、ピアノも
どれかが好きで、それでいいじゃない。

好きこそものの上手なれ。

そういう子と仲良くなって、同じことで遊ぶ(あえて全て遊びと呼びます)と、
みんなどんどん、電車に詳しくなって、
体操にどこででも取り組んで(危ないところ、狭いところ、だめだよー)
ピアノも取り合うように弾いて、って
なんでも楽しくなるのですね。

子どもによって、興味の方向はいろいろ。

そこに仲間が居て、
遊べる空間あって、
同じ時間を過ごせたら、

その、ややもすれば偏る興味も多方面に向けられるというもの

『子どものことくらい、(学歴の高い母親の)私ができます!』

と、言い切る方もあるけれど、

子ども同士の力は、大人のそれにはかなわない
大きさと魅力に満ちています。


『計算』には世間の目は冷たいけど、
『子どもらしく遊ぶ』はよろしいことで公認。

でも、どれもつながっていて、
子どもは線引きすることもなく、
好奇心で取り組んでいく。

遊んでいるそばから、
『洋服が汚れるから、〇○したらダメ!』
と言われているのは、

『計算を詰め込まれ』ているのとなんら変わらない、
子どもにはマイナスなことだと思います。

おそらく、『早期教育』という言葉は、
『詰め込み』とイコールであるという意味に定義されている(誰がした?)
のかなあ、と思うのです。
定義とまではいかなくても、そのように思われがちな言葉といいましょうかね。

要は、なんでも持っていき方。
そろそろ、大人には正しく気づいてほしいなあと思います。



# by dongurihiroba | 2017-02-16 13:49 | 園児のひろば




お話が弾みましたねえ

b0177103_18534070.jpg
寒いですね。
おなかの風邪やインフルエンザもはやっていますね。

先日までに予約された方の中で
今日御具合悪くなられた方も・・・。
お大事に・・・。

さて、そんな中でも、
初めてさんが3組、2回目以上の方が4組とにぎわいました。
月齢は、もうすぐ3ケ月という子から、1才ちょっとの方まで。
このくらいの人数ですと、フリートークもしやすかったみたい・・・。

オリジナルの『トントントン、こんにちは』の歌で、順番に自己紹介。
やはり、お名前って大事で、それと月齢を言ってもらうことで、
話が弾みましたね。

日に日に成長著しいころですので、
その時その時の我が子自慢も少しずつ語っていただきましたよ。

お母さん同士もだけど、ハイハイ直前の子が多くて、
その子達も互いにおしゃべりしてましたよ。

どんぐりひろばのメニューは、
そのあとは、音とともに手足のマッサージへ。
カンタンなので、おうちでもやっていただけると思います。

難しかったり、準備が大変だったりのベビマにこだわることはないですね。

ちょっと運動した後は、水分補給タイム。
試食は主にお母さん向けでしたが、『かぼちゃのビスケット』『牛乳きなこゼリーと夏ミカン(缶)』
食べられる子はお子さんも。
お母さんのお茶は、瀬谷のおっぱい先生こと大塚ヨシ先生ご推奨の『よもぎのお茶』

でも、いつも、おいしいものは、写真撮り忘れます。

アレルギーとか、離乳食に向く素材向かない素材とかについてお話も。
前にお出ししたノンオイルのサツマイモチップス、
おうちでやってくださったのね、うちではうまくいかなかったわ~なんて話も。

缶詰のみかんも薬で向いている話とか、食品添加物とか、表示の見方とか・・・。
短い時間ではお伝えしきれないけれど、
知らないよりは知っとくといいことをいろいろ資料などもお渡ししました。

わかりにくいことは、後日でもご質問どうぞ。

それから、絵本語りもね。
その中で、今日はおしくらまんじゅう、ちょうど、
『おしくらまんじゅう 押されて泣くな』というフレーズがあるじゃないですか。

わらべうた、あそびうたは、体を密着させるものも多いですね。
ベビマ、とわざわざ言わなくても親子で触りっこして遊べる、
そんな知恵が古くから日本にもありました。

そんなわらべ歌遊びもこれからもいいね、そんな話もしましたよ。


最後はひな人形の前でにっこり写真撮りました。


次回は3月6日 10時~11時

場所は こども教室どんぐりひろば(横浜市瀬谷区)

ご予約・お問い合わせは 専用℡045-391-8289
または、ホームページよりどうぞ。


参加費は1,000円で試食もついています。

絵本の貸し出しは無料で1週間できます。
また、良質安価な絵本の頒布も、4月以降分を始めていますよ。
教室に通わなくてもお世話いたしますよ。ご利用ください。




応援よろしかったらお願いします。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ

# by dongurihiroba | 2017-02-13 19:17 | あかちゃんのひろば

瀬谷かるた大会のこと




どんぐりひろばのかるた学習法(の一部)



どんぐりひろばでのかるたの取り組み。
今回は瀬谷かるたの練習風景です。
上の句、最初の5文字以内で取る。
そのためには、絵も文字も覚え、
読み札も全てそらで言えるようにはなることが
条件です。

大人よりも子どもの方が、
しかも低学年でもしっかり憶えられます。
そういうことのできる時期なのです。

憶えてしまうと、さらにいろんな気づきがありました。
かるたの絵の細部の特徴、文言の意味するところ、
地域の歴史への興味、実際に訪ねてみたい気持ちなどが
現れてきて、子ども同士の語らいがどんどん学習を深めていっているのが
手に取るようにわかりました。

b0177103_22282672.jpg
下の写真は絵合わせ。
時間内に何枚、合わせられるか。
目的を持って、自身をそれぞれが強くするためにと、頑張りました。

b0177103_22273131.jpg

下は、かるた大会終了後、選手の子ども達が私を呼んでくれて
一緒に記念撮影。
予選でいきなり教室のチーム同士が当たってしまい、男の子チームは残念ながら敗退。
・・・強かったのに早々に試合は終わってしまいました。
(決勝で会いたかったのにね。)
でも、本番まで頑張って力を出し切ったので、いい表情。
チームのメンバー同士励まし合い、信頼して臨め、仲も深まりました。
b0177103_22280611.jpg

優勝したのは、女の子チームの1年生。
b0177103_22270223.jpg


優勝トロフィーは、3人で1つだったので、
『どんぐりひろばに飾って!』とのことで
なんと教室にて飾られてもらうことに。
トロフィーの前にある紙には、大会前に、出場の子達の書いた
意気込みのメッセージ・・・。
b0177103_22270223.jpg
『みんなのためにも優勝します』・・・というものありました。


実は、教室の子達、みんなかるた大好きなのですが、
出られなかった子達もけっこういたのです。
どんぐりひろばには、8つの小学校からの子達が通っています。

瀬谷区外の子は出られませんでした。
人数3人組が組めなかった子も出られませんでした。
どうしても予定が合わなかった子もありました。

そんな子達は、泣く泣く応援団として、
それでも、みんなで力をつけようと、
ひと月あまりでしたが、練習をしました。

出場の子達がとっても強くなったのは、応援団のおかげもあったのです。

そして、みんなで、出場選手に応援メッセージを送りました。
メッセージをポケットにしのばせて、本番を戦ったのでした。

b0177103_22263621.jpg
自分の子が出られないのに、一緒になって見守ってくださったお母様方。
出られない子達のことも、忘れずにいてくださったお母様方。

皆さんの温かさが、出る出ないとか、勝ち負けとかを超えて、
子ども達みんなを成長させてくれたと思っています。

子どもの育ちは、『自分の子が一番になってほしい』思いが先走ると、
思うほどの成果が出ないことも多いですよ。
仲間の力ってすごいです。
b0177103_23040496.jpg
さて、瀬谷かるた大会が済んで2月になってからは、
「百人一首」に取り組むところです。

まあまあ、まずは、ぼうずめくりから・・・。
先週の1年生は、初めてのことだったらしく、
『ぼうずめくり』っていうゲームのおもしろさに
おなかを抱えて大笑いしながら、
大盛り上がりでした。



応援よろしかったらお願いします。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ

# by dongurihiroba | 2017-02-11 23:07 | 行事・イベント


9日のタウンニュース紙に載りました

b0177103_00192134.jpg
            2017.2.9 タウンニュース瀬谷区版2月9日号より

b0177103_00232842.jpg
                 会場の雰囲気・・・


前回記事は、赤ちゃんのひろばのことでしたが、
今回は、小学生のことです。

すでにホームページではご報告しておりましたが、
先月29日に開催された第13回瀬谷かるた大会で、
教室生徒のチームが優勝しました。
これまでも教室生徒達は毎年のように入賞してきました。
第1回~2回頃と違い、現在では子ども達のレベルが年々上がってきていて、
観戦する側も手に汗握る熱戦が繰り広げられています。

そんな中、今回も教室の子ども達は、圧倒的な強さで勝ち進みました。

強いのには、ちゃんとしたわけがあります。
集中力、記憶力は、日頃から意識して磨いています。
題材である『瀬谷かるた』そのものについての研究も徹底的にしています。
どうすれば早く取れるか、多く取れるかについては、
私もヒントを出しましたが、
攻略の方法、子ども達同士も実によく意見を出し合いました。

楽しいかるた遊びの延長なので、回数だけを多く重ねるというのも
もちろんいいですし、基本はそこかと思います。

でも、限られた時間の中で力をつけていくには?
と考えることで工夫も生まれ、いろいろな気づきができ、
自分自身を伸ばすことができるんだ!と感じてほしいと思い、
さまざまな練習方法をとりました。

保護者の皆様もびっくりの方法でしたが、
どの子も短期間で楽しんで取り組みました。

前回記事、赤ちゃんのことの次にこの話では
なんだか、ギャップあるように思いませんか。
『赤ちゃんはまずは健康に』、と言いましたしね。

だから、一見無関係のようですが、
・・・実はちゃんとつながっているのです。
お母さん方、賢く育ってほしいとも思っているでしょう?
でも、まだそれは今じゃないと・・・。
本当にそうでしょうか???

赤ちゃんのお母さん、家庭教育の取り組み方次第で、
6年後の1年生になった時、とっても楽しんで勉強する子になりますよ。

どんぐりひろばのかるた学習はそんな取り組みの一つです。
今の1年生はみんな成績優秀です。
赤ちゃんのひろば、未就園児のひろばからの方が大半です。

あるお母さんに言われたことがあります。
『どんぐりひろばには、幼児の友達を作りにとか、
あそびが大変おもしろく、家でもすぐに応用できるのが
良くて通っていました。でも、1年生になって、
こんなに学習がどんどん進む子達になっていくのを見て、
ああ、すごいなあ・・・。
どんぐりひろばでは遊んでるだけみたいだったのに、
次第にお勉強が楽しい時間になっていて。
母親の私が失礼ながらどんぐりひろば、あなどっていました・・・。』
と。

そうですね。
小学生になって、勉強がおもしろい!もっと学びたい!
お友達大好き!もっと遊びたい!
と思う子になってほしい、というのがどんぐりひろばの願いだと
ずっと話してきた意味を実感いただいているみたいなんですね。

幼児教室では、どんなにか素敵なことを、または人より早くにすごいことを
教えてもらえる、身に付けられる、っていうことを期待して
通おうとする方も多いです。

でもね、幼児期、一番大事なことは子どもに何を習わせるか、ではなくて、
お母さんの学びなんです


どんぐりひろばに永く通っているお母さんは、
そのことがよく理解できておられます。

この項、続きます。



応援よろしかったらお願いします。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ

# by dongurihiroba | 2017-02-10 01:32 | 行事・イベント

赤ちゃんのひろば

来週13日 10時から(*^_^*)


b0177103_15234493.jpg

前回の赤ちゃんのひろばは、1月23日に開催しました。
2月の節分の部屋飾りの前で写真撮ったり、
赤ちゃん用のおやつの試食をしたりしました。

また、絵本については
どんぐりひろばで貸し出しを無料でしていること、
ご希望の方には安価で良質の絵本購入もできることもご案内しました。

年賀状で大吉が出た!でワンレッスンご招待!
ご紹介や特典チラシでも無料になった!
そんな方が集まりましたよ。
なるべくおトクにご受講ください。
できるだけ、皆さんにお気軽に知っていただけるよう、
今後とも工夫をしていきます。

赤ちゃんや幼児期の教室っていうと
なんだか、詰め込み教育のようで・・・
と思う方も多いです。

はい、私も詰め込み教育には賛成していません。
まずは、健康に育てていくこと。
赤ちゃんの場合、関心事はそれにつきます。

でも、これでいいのかな?
ママは不安もつきもの。

本当に世の中のママは頑張っています、皆さん。
ちょっとした息抜きをしたり、
子育てのアイディアを知ったり楽しんだり、
どんぐりひろばはまずは、そういう場。

そうして笑顔になる親子さん、お友達がたくさんです。

もちろん、そうではない悩み事の場合もよくあります。
どんぐりひろばでは、前々から、教室生徒以外の方の
お悩みもなんだかここへよくたどり着いています。

昨年末まで、地域の児童委員をしていた関係で
そのような関わりの行政的なところも知り得ました。
必要があれば、いろんな機関におつなぎすることも
できますので、ご相談もご遠慮なくどうぞ。

地域の赤ちゃんを訪問する事業にも私は関わっているのですが、
そのことを知らずにどんぐりひろばの体験教室に来られて、
あらあら・・・ということも、ホント、よくあります。

でも、皆さん、安心できる教室といって、リピートしてくださいます。

そうこうして関わっていく方々、
長く関われば関わるほど・・・
優秀な小学生、中学生以上になっています。

子育てについてお母さん方が大事なことをちゃんと理解され
実践なさるからだと思っております。

こういうところにちょこっとでも興味持たれる方は、
お子さんをあと伸びさせられるなあ、とよく思います。

今月の赤ちゃんのひろばは

2月13日(月)10~11時

ご予約は、ホームページdongurihiroba.jp

または、専用℡045-391-8289
  
で、受け付けております。








応援よろしかったらお願いします。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ

# by dongurihiroba | 2017-02-08 15:44 | あかちゃんのひろば

七草粥

地域の方とたくさん会いました


本日は、七草粥の日ですね。

私は一緒に行けたらなと思った人が

ことごとく都合が合わず、

一人で長屋門公園に行きました。

そう、今日は長屋門公園で七草粥の振る舞いの日。


ところが、本日、カメラの調子が悪く、1枚も撮影できず、本当に残念!


なので、4日の長屋門の写真・・・。
b0177103_18450446.jpg
この長屋門の奥の母屋で七草粥のふるまいがありました。

紙芝居を演じるわくわく座さん。

子ども達は熱々で具だくさんのお粥を食べながらの鑑賞。

子どもの声援や合いの手が入るライブ感は紙芝居ならでは。

少しうす暗い母屋の中で、実に風情のあるたたずまいでした。

見渡してみると、教室の生徒とご両親・・・

いつもはあまりお会いすることのないお父様ともお話ししたり・・・。

横浜市の『こんにちは赤ちゃん訪問』で

訪問員の私がお会いしたご家族も何組もお見かけしました。

中には、気づいて

「こんなに大きくなりました!」

と言ってくださる方も。

どんぐりひろばに漢字検定だけ受けに来られるお子さんのお母さんも

手を振ってくださったり。

お粥をよそおってくださった公園スタッフの方も声かけてくださったり。

横浜に来て25年、

この町に住んで、14年が過ぎようとしていますが、

すっかりこの地の人間になってきたのだなあ・・・と

自分で感じました。

親戚も知り合いもない横浜に来て、

今みたいに子育て支援のいろいろなことが整備されてなかった時代に

楽しく元気に過ごせたのは、お友達に恵まれたから。

だけど、育ママも今どきは、すぐに職場復帰じゃないですか。

本当に孤独な方も少なくないみたいなんですよね。

そんな時は、横浜だったら、『子ども家庭支援課』に電話してね。

他の地域の方も、それぞれ連絡先、母子手帳にあるでしょう。

また、私のどんぐりひろばでは、

ずっとずっと以前、まだ私が区役所に出入りするより前から、

ご連絡いただいた方のご相談にはのってきました。

電話でもいいし、体験教室のときにでもいいし、

お話ししたいことのある方はご遠慮なくどうぞ。


b0177103_19085070.jpg
ちなみに今日は、着物で出かけてみました。

帰宅したときにスマホで、家族に撮ってもらいました。

着物初心者なので、アラがいっぱいありますが、

もう、実はそもそもアラだらけの私でもあります。

完璧目指していたら、人生の時間が足りないので、

まあ、今日より明日、よくなればいいかっていう、

『よい加減』で今年過ごしたいなと思っています。

体験教室にお越しの方もどうぞお気楽にね。

そうそう、

「年賀状のおみくじが 『大吉』だったんですけど・・・。」

と今日、お二人に言われました。

気になるけど、どうしようかと思っていた、とのこと。

お気軽にどうぞ。

口頭でお話しした方はこのままでもいいですが、

できましたら、ホームページの予約欄にご記入くださいね。


今月は『赤ちゃんのひろば』23日10時~11時が人気みたい。

あと、『1・2才』のクラス、毎週火曜日11時~12時半、

ことしの4月に幼稚園に入る『新年少(中)』さんの入園前のクラス毎週水曜日11時~12時半も

今がとっても旬ですよ。


ホームページ見てお電話でもご予約フォームからでもどうぞ。












応援よろしかったらお願いします。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ

# by dongurihiroba | 2017-01-07 19:20 | 行事・イベント