横浜市・希望ヶ丘☆どんぐりひろばは子育ての不安を前向きな意欲に変えるお母さんと子ども(0~6才)の教室です。幼児期にこそ『見えない学力』を豊かに育てましょう。☆お問い合わせは下記HPのメールで。


by どんぐり先生
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

神奈川・大阪・福岡での「おはしとえんぴつの正しい持ち方教室」レポート

b0177103_17563878.jpg

乳幼児期向け 『はじめてのおはし』




午前と午後、2回に分けての開催の夏休み親子教室『おはしとえんぴつの正しい持ち方』は、
大和市の新しい施設『シリウス』での開催でした。



b0177103_12173140.jpg
b0177103_12182856.jpg
3階は、子どものフロア。
子ども図書館、ボーネルンドのちびっこひろば、館内利用者の保育室、
などのお隣のマルチスペースというお部屋での開催。

キャンセル待ちの方が相次ぎ、
結局10人程の方にお断りをいたしました。
(お断りしました方は11月にご案内いたします。)

午前中は乳幼児の保護者と幼児の実技。

b0177103_17564682.jpg
b0177103_17563878.jpg


b0177103_17582925.jpg
~参加者の皆さんの声より~

親の自分は正しいと思っていたのに、おかしな持ち方だとわかった。
そんな自分のどこを直せばいいかが具体的でわかりやすかった。

スプーンも大事だったとは!?

持ち方の流れがよく理解でき、
1才の子どもの発達を見守りながら教えられそうでよかった。

姿勢を正すことの大切さを改めて学んだ。

持ち方が人生を左右するのではないか!と思うほど、
目からうろこの講座でした。

楽しく座って食べられるコツを知りたいです。
(これについてはどんぐりひろばのプレ園児のクラスでお伝えしています)

力を入れて持っていた。力を抜くとは知らなかった。

中指と人差し指の位置が違っていた。

わかりやすかったので、これで子どもに教えられます。

食べるときにやかましく言うのではないことがわかった。



~以上、午前の部より、一部抜粋。




次は、午後の部の記事です。


応援よろしかったらお願いします。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ

by dongurihiroba | 2017-08-23 18:19 | おはし・えんぴつ