横浜市・希望ヶ丘☆どんぐりひろばは子育ての不安を前向きな意欲に変えるお母さんと子ども(0~6才)の教室です。幼児期にこそ『見えない学力』を豊かに育てましょう。☆お問い合わせは下記HPのメールで。


by どんぐり先生
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

『自分は不器用』と思わせない!-2


幼児期のひも通し遊び

b0177103_11501452.jpg
前回記事、『初めての針しごと』のずーっと大元になる遊びに、
『ひも通し』があります。
だれでもおもちゃでやってみたこと、あると思います。

例えば、昨日の針仕事に一番近いタイプのひも通しは、こちら。
パンチで、紙皿や、紙コップや箱の周囲に穴をあけて、
そこに綴じ紐を通すもの。

写真では、ポップになるように、シールを貼っています。
このシールは、パンチ穴補強用のもので、100均のもの。

あそびの応用は色を使うことでさらに広がりますね。
『赤の次は青に通すルール』とか作ってみたり。
綴じ紐も100均。カラフルな色、長さのものがありますよ。

パンチは、書類用の二穴よりも、一穴の方が扱いやすいですよ。
また、パンチでは、届かないところに穴を開けるときには、
私は、ポンチを使っています。
b0177103_11572695.jpg
これも100均に2本組でありました。
1本だけは以前にホームセンターで購入、300円くらいしたような・・・。

これは、穴を開けたいものに当てて、お尻を金づちで少し叩く。
そうすると、形の中ほどにも、きれいな丸い穴が。

b0177103_12012760.jpg
こちらは、初めから穴いっぱいの「スケルトンすのこ」。これも100均。
裏も見えるので、やりやすいのです。


綴じ紐がなかったら、どうする?
上記は、「ゴム通し」。
これが、針の役目をしてガイドとなります。
b0177103_12011266.jpg
針の役目になるものは、いろいろ。
真ん中の白いのは、わかりにくいですが、「結束バンド」。
子どもの成長、発達や通すものに応じて、いろいろ変えてみてくださいね。

自然遊びのインストラクターをするようになってから積極的に使っているのが、
なんと、『松葉』。自然の『針』。素敵ですよ~。

このほかにも、どんぐりひろばには、
カンタンに作れて、たっぷり遊べるひも通し遊びのアイディアもいっぱい!
おうちで、必ず約経ちますよ。
忙しいお母さん方にもお伝えしています。


未就園児の体験教室でやってみましょう。
どうぞ遊びに来てくださいね。
毎週火曜日11時からです。
まだしばらく、無料体験を続けていますよ~。


ご予約はこちらからどうぞ

次は、昨日の『手しごと』の作品の続きです。




応援よろしかったらお願いします。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ

by dongurihiroba | 2017-05-14 12:18 | 土曜日(絵本のひろば・手しごとのひろば)