横浜市・希望ヶ丘☆どんぐりひろばは子育ての不安を前向きな意欲に変えるお母さんと子ども(0~6才)の教室です。幼児期にこそ『見えない学力』を豊かに育てましょう。☆お問い合わせは下記HPのメールで。


by どんぐり先生
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

瀬谷かるた大会のこと




どんぐりひろばのかるた学習法(の一部)



どんぐりひろばでのかるたの取り組み。
今回は瀬谷かるたの練習風景です。
上の句、最初の5文字以内で取る。
そのためには、絵も文字も覚え、
読み札も全てそらで言えるようにはなることが
条件です。

大人よりも子どもの方が、
しかも低学年でもしっかり憶えられます。
そういうことのできる時期なのです。

憶えてしまうと、さらにいろんな気づきがありました。
かるたの絵の細部の特徴、文言の意味するところ、
地域の歴史への興味、実際に訪ねてみたい気持ちなどが
現れてきて、子ども同士の語らいがどんどん学習を深めていっているのが
手に取るようにわかりました。

b0177103_22282672.jpg
下の写真は絵合わせ。
時間内に何枚、合わせられるか。
目的を持って、自身をそれぞれが強くするためにと、頑張りました。

b0177103_22273131.jpg

下は、かるた大会終了後、選手の子ども達が私を呼んでくれて
一緒に記念撮影。
予選でいきなり教室のチーム同士が当たってしまい、男の子チームは残念ながら敗退。
・・・強かったのに早々に試合は終わってしまいました。
(決勝で会いたかったのにね。)
でも、本番まで頑張って力を出し切ったので、いい表情。
チームのメンバー同士励まし合い、信頼して臨め、仲も深まりました。
b0177103_22280611.jpg

優勝したのは、女の子チームの1年生。
b0177103_22270223.jpg


優勝トロフィーは、3人で1つだったので、
『どんぐりひろばに飾って!』とのことで
なんと教室にて飾られてもらうことに。
トロフィーの前にある紙には、大会前に、出場の子達の書いた
意気込みのメッセージ・・・。
b0177103_22270223.jpg
『みんなのためにも優勝します』・・・というものありました。


実は、教室の子達、みんなかるた大好きなのですが、
出られなかった子達もけっこういたのです。
どんぐりひろばには、8つの小学校からの子達が通っています。

瀬谷区外の子は出られませんでした。
人数3人組が組めなかった子も出られませんでした。
どうしても予定が合わなかった子もありました。

そんな子達は、泣く泣く応援団として、
それでも、みんなで力をつけようと、
ひと月あまりでしたが、練習をしました。

出場の子達がとっても強くなったのは、応援団のおかげもあったのです。

そして、みんなで、出場選手に応援メッセージを送りました。
メッセージをポケットにしのばせて、本番を戦ったのでした。

b0177103_22263621.jpg
自分の子が出られないのに、一緒になって見守ってくださったお母様方。
出られない子達のことも、忘れずにいてくださったお母様方。

皆さんの温かさが、出る出ないとか、勝ち負けとかを超えて、
子ども達みんなを成長させてくれたと思っています。

子どもの育ちは、『自分の子が一番になってほしい』思いが先走ると、
思うほどの成果が出ないことも多いですよ。
仲間の力ってすごいです。
b0177103_23040496.jpg
さて、瀬谷かるた大会が済んで2月になってからは、
「百人一首」に取り組むところです。

まあまあ、まずは、ぼうずめくりから・・・。
先週の1年生は、初めてのことだったらしく、
『ぼうずめくり』っていうゲームのおもしろさに
おなかを抱えて大笑いしながら、
大盛り上がりでした。



応援よろしかったらお願いします。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ

by dongurihiroba | 2017-02-11 23:07 | 行事・イベント