横浜市・希望ヶ丘☆どんぐりひろばは子育ての不安を前向きな意欲に変えるお母さんと子ども(0~6才)の教室です。幼児期にこそ『見えない学力』を豊かに育てましょう。☆お問い合わせは下記HPのメールで。


by どんぐり先生
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

残念!!!


公園がとってもきれいになりました!


昨日、自然遊びの話をし始めたところでしたが、
今朝、いつもの散歩に出かけましたら、
公園はとってもすっきり、きれいになっていますた。

雑草がどうしても伸びる頃。
蚊も多くて確かに歩きにくくなっていました。

b0177103_09453225.jpg

きれいになったので、みんなが喜んで利用できます。

でもね、でもね、
私にとっては、ちょっと残念なことでした。

例えば、上の写真。
今年の冬に咲いた椿の花がツルンと落ちた頃から
花芯を定点観察していた1本の木。
その中でも、『私の実』(ということはないですけど)というほど
目をかけて観察していた一つの実・・・。

椿の木、丸ごと、形よく、そして小さくなってしまっていました。
まだしばらくは、木についていてほしくて、
毎日、心の中で声をかけながら、そばを通っていたので、
ざんね~ん!!!
な気持ちでいっぱいでした。

公園のものだから、採ったりはしないで、
落ちるのを待っていたのでした・・・。

切って捨ててしまうなら、
せめて実だけでも、
敷地内の『見守りの家』に取り置いてもらうことはできなかったのかなあ・・・。

『五感教育インストラクター』としては、
去年やったように、

『椿油』しぼったり、
殻でブローチ作ったり、
実の殻で笛作ったりして、
子ども達と遊びたかったなあ・・・。

木の専門家の方がお手入れするのだから、
子どもが喜ぶようには、してもらえなかったのかなあ。

そういえば、去年だか一昨年だかも、
マテバシイ(2~3年かかってやっとなる種類のどんぐり)の実が
やっと落ちた!と思った翌日には、
きれいさっぱり何事もなかったように
剪定されていましたっけ。

だったら・・・
どんぐりなんて植えなくてもいいんじゃないかな???
と思ったほどでした。

おそらく、
剪定の日程が決まっているのでしょうね。

でも、さみしく思いました。

子どもや小さい子のお母様方は、
そのことに気づいているのかしら?

もしかしたら、私だけがさみしく思っていて、
・・・それも大人げないのかしら・・・。

それも、さみしいなあ・・・と思いました。

隅っこにあったシュロの葉も、
1本だけあったヨウシュヤマゴボウも
クズも
きれいさっぱり無くなってました。

↑このような、雑草系のは
早めに取り置くようにいたしましょう。
(教訓・・・すぐ忘れてしまうのですけど。)



でも、気を取り直して、別の素材や
別の場所を探します。

どんぐりひろばでは、
このような自然素材を使った遊びを
単科コースの中で毎月行えるようにしていきます。

但し、今、関わっている地域のお仕事が週末にはありますので、
本格始動は、それが終わる12月以降になります。

それと、こんな活動を
おもしろ~い!!と思って一緒に野歩きや
素材探しや工作を楽しんでくださるお仲間も増えてきたんです!!
皆さん、子育て真っ最中のお母さん方ですので
私より、ずっと若いのですけど。

来月には、
ステキなことが
皆さんにも起こるかもしれませんよ。

どうぞお楽しみに!!


b0177103_09463502.jpg
今日は落ちていた椿の実を持って帰りました。
この、3つに分かれた筋のところから、割れていくのですねえ。

『4と8と12だね。』と前に言った子を思いだしました。
さて、なんのことでしょう。

次回に続きます。


応援よろしかったらお願いします。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ





by dongurihiroba | 2016-08-12 10:16 | 五感教育