横浜市・希望ヶ丘☆どんぐりひろばは子育ての不安を前向きな意欲に変えるお母さんと子ども(0~6才)の教室です。幼児期にこそ『見えない学力』を豊かに育てましょう。☆お問い合わせは下記HPのメールで。


by どんぐり先生
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

『姿勢まっすぐ』の落とし穴



嬉しいコメントいただきました!


前回記事で書きましたように、
気になる子ども達の学習姿勢について、
どんぐりひろばの教室で『歌にしてみた』のですよ。

早速、いつもご指導いただいている小学校の先生より
『幼児や低学年には歌による指導はもってこいですね。』と
講評いただきました。
(次回の学習の研究会で、披露しましょうか。と調子にのったりしてます。)

そうしましたところ、
実際の教室の保護者の方からもご感想のメールが入りまして・・・。
以下、抜粋です。

↓  ↓  ↓

「座る姿勢の歌」、先週私も一緒にやってみて、効果覿面!
分かりやすく、確実に机に向かう姿勢が整えられるので、
ぜひ全国の子供達に広げて頂きたいです。
「姿勢真っ直ぐ」とか「胸張れ」と言うと、
背筋を反らせて腹を前に突き出して、
肩甲骨を中心に寄せる様に両肩を後方へ引いた状態が
「真っ直ぐの姿勢」だと認識している子供も大人も、
かなりいると思うのですよね。あれは、いかんですよ、はい。


003.gif    003.gif    003.gif   003.gif

ありがとうございます。
本当にね、『伝える』というのは、難しいことです。
そんなこと言う私もね、
若い頃は、あまり人の言うこと聞いてなかったようで。
なんでも、わかった気になったり、
自分でできると思ったり。

コメントくださったお母さんも、
とっても立派な方ですのに強縮です。

でも、人に言われたことを、聞く耳持つと、
新たな発見がたくさんあって、
実に身になることが多いのですよね。

私などは、気づいたの遅かったですよ。
もっと子どもが小さい頃に気づきたかったくらいです。

子育ても、家庭学習も、
この頃では優秀なお母さんばかりなのはわかっていますけど、
『人の話を聞く耳』持ち『自分で何でもできる』と思わずに、
ちょっと違う場所に身をおいてみると、
世界がう~んと広がりますので、これは、本当にオススメ。

話を元に戻しますが、
上記のお子さん、おうちでも下のお子さんにも教えてくれる勢いなんですって。
口で説教臭く教えられたものより、
自らの反復により身に付くわけですから、
これは、よかったな、と思っています。

子育ての中の歌はね、
母親ならではのフレーズで、だれでもどこでも作れますよ。

例えば、トイレトレーニングしたかったら、
『トイレを見に行こ~お~』の歌。
↑コレ、適当に、今節をつけてみて。
それを大げさっぽく言いながら、
子どもに『トイレ電車が出発しまあす!』
なんていうだけで、お母さんの足の後ろに
ピトっとくっついてくれたりもします。

来週月曜日に赤ちゃんのひろばで歌う歌も
私のテキトーソングから定番になったものもいくつかあります。
なんと、それに、2番の歌詞つけてくれた方もあったりで、016.gif
そういうの、楽しくていいですよ。
なんなら、3番作ってれる方も募集しちゃいます。037.gif



応援よろしかったらお願いします。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ

by dongurihiroba | 2016-03-07 21:42 | 園児のひろば