横浜市・希望ヶ丘☆どんぐりひろばは子育ての不安を前向きな意欲に変えるお母さんと子ども(0~6才)の教室です。幼児期にこそ『見えない学力』を豊かに育てましょう。☆お問い合わせは下記HPのメールで。


by どんぐり先生
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

~『のほん学習プロジェクト』~



2016年4月からのどんぐりひろば

『もっとみんなに  もっといつでも』

★受講システムが変わります★


『漢字』

『かるた』

『パズル』

『食育』

など、多彩な講座ごとに、単発でも受講できるようになります。


これから お伝えする 

どんぐりひろばオリジナルの表現活動

『のほん学習プロジェクト』(詳細はお問い合わせください)も、

単発でも参加できるようになります。

子ども達の意欲や自尊感情も育ちます。



これまでの月謝制から毎回のチケット制に変わりますので、
ごきょうだいのお帰り時間や習い事の都合でなかなか受講できなかった方も
お気軽に通えます。具合が悪くてお休みするときも、費用の無駄がありませんね。

詳細、ただいま準備中です。



  058.gif058.gif058.gif058.gif058.gif058.gif058.gif058.gif058.gif058.gif


ヒントはどこにだってあるから!

子ども達は思い付きの名人。
前回記事の『二〇加せんぺい』だって、
ただ、ごめーん、あはは!じゃ終わらないところが面白い。

Yちゃんは、昨年のゴールデンウィークに九州旅行。
あの『二〇加せんぺい』の空き箱を頭に付けて、
『博多どんたく』を見に行ったそうです。

すると、地元博多の人たちから大うけだったそうで。
博多で、このお面知らない人はないですからね。
こうした経験は、旅行や地方の印象を心に強く残しますね。

帰宅後にYちゃん、制作活動を楽しみはじめました。
どんぐりひろばには、制作や、人前での発表の時間もあります。
下の写真はちょうどYちゃんの場面ですが、
自作のお面を顔に当て・・・『メガネさーん』。

b0177103_10350376.jpg


お友達も楽しそうに見ていますよ。
お面の真ん中から本のようにめくると、
次は『ぱっちりさーん』。
b0177103_10351430.jpg


そして、『泣き虫さーん』を経て、
最後には『ジャーン!  ごめーん!』
がオチとなり、ご満悦!
b0177103_10352974.jpg

おもしろいですね。
少人数の中で、伝わるように話す力、聞く態度も養われています。










おうちやお友達との遊びの参考になれば幸いです。
応援よろしかったらお願いします。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ


by dongurihiroba | 2016-01-08 10:51 | 教室全体のこと