横浜市・希望ヶ丘☆どんぐりひろばは子育ての不安を前向きな意欲に変えるお母さんと子ども(0~6才)の教室です。幼児期にこそ『見えない学力』を豊かに育てましょう。☆お問い合わせは下記HPのメールで。


by どんぐり先生
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

10月の赤ちゃんのひろば、終わりました♪


楽しかったね。

それにしても、育児は大仕事。



本日の赤ちゃんのひろば。
初めまして同士が多かったですね。
それと、幼稚園運動会の代休で付き添いで来た二人の園児さん同士が
数年ぶりの再会&成長の姿を見せてくれました。

さらに、園児さんと初めましての赤ちゃんとが、
意気投合して甘えたり、お世話したりの光景も。

1人目さんの赤ちゃん、
2人目さんの赤ちゃん、
3人目さんの赤ちゃん・・・

赤ちゃんの生まれ順もいろいろ、月齢もいろいろ。

いろんな子ども同士、
各地のお母さん同士、
交流できたかな~
いい雰囲気でしたが、と思いました。

今日は離乳食は、『りんご』。
今日のは全部、火が通っていました。
すりおろし果汁。(ビタミンのためには生ですが今日は煮汁。)
すりおろしたもの。
細かくきざんだもの。
少し大きい薄切りのもの。

園児の子には、大きめのをヨーグルト和えで。
それと、+砂糖、シナモン入りのパイ(簡単なもの)をお母さんにも。

麦茶も用意してましたが、
瀬谷のおっぱい先生大塚氏推奨の『よもぎ茶』、
今日も好評でそっちのほうばかりがなくなりました。

おいしい時間って、うれしいね、楽しいね。
話も弾みます。

オリジナルの音感遊びは、どうだったかな?
どんぐり先生ことわたくし、『声』には難があるのですが、
おうたは、面白かったでしょ。
ぜひ、おうちで、『トントントン・・・』とか、
『おてて まっすぐ・・・』とか
やってみてください。

そうそう、私みたいに、
ママのオリジナルで歌作っちゃうのもアリでーす。
どうぞ楽しんで。

私からのお話は『だっこ』について、いたしました。

絵本読みは、園児のお姉ちゃんが(どんぐりひろば年長の学びを活かして)
やってくれました。

上の子にとって、赤ちゃんを迎えるということ、
大・大・大問題ですね。

もう一人の上の子くんも様々な葛藤が自身の中で渦巻いていました。
本人やお母さんは大変ですが、
それすら、こういうところにくると、うまいこと逃せる、
そんな場面もありましたね。

皆さんのおかげでとってもよい時間を過ごせました。



ところで、夕方、散歩してましたら、柿の実を見つけました。
b0177103_19303999.jpg


あんまり低い位置に実があったので、
一瞬、柿だとわからなかったくらいです。
角度を変えてみると
b0177103_19314366.jpg


なるほど、この細い木のこの枝にだけ、
こんなにたくさん生っているから、その重みで・・・。

子育て中のお母さんもこんなふうにみんな大変よね。

今、自然遊びの勉強をしている最中の私です。
散歩の時の見方・感じ方が変わってきているのが自分でもわかります。

そういえば、先週は
『木の枝もバランスよくついているのです。』
『冬ヅタ(他の木にまきつくが)、上までは行きません。
上まで行くと、巻きついた木が枯れて、共倒れになるからです。』

そんな自然の折り合いについても考えさせられましたね。

だからかな、この柿の木のなんともアンバランスな姿勢を見て、
『自然の中にも、不自然が!!』
感慨深くて、今までの自分なら見逃すところが
気になり、撮ってみたのでした。

お母さん業もね、
本当にいっぱいいっぱいになるとき、ありますものね。
頑張って踏ん張っているけれど、
この枝のように、あああ、折れそう・・・なとき。

少し支えてもらうだけで、楽になれますね。
ちょっと、ほっかりしたいお母さんも次回はどうぞ。

あ!
今日も写真は撮り忘れてしまいました。
にぎやかだったのに残念!

008.gif


おうちやお友達との遊びの参考になれば幸いです。
応援よろしかったらお願いします。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ

by dongurihiroba | 2015-10-05 19:52 | あかちゃんのひろば