横浜市・希望ヶ丘☆どんぐりひろばは子育ての不安を前向きな意欲に変えるお母さんと子ども(0~6才)の教室です。幼児期にこそ『見えない学力』を豊かに育てましょう。☆お問い合わせは下記HPのメールで。


by どんぐり先生
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

段ボールのお店屋さんを作ろう!





なんてラッキー!? 

洗濯機がこわれたぞ!!




私の自宅で使っている洗濯機が、10日前、
突然壊れまして・・・。


新しいのを購入、梱包の段ボールは、
「すみませーん、そのまま、置いて行ってくださーい。」

以前、段ボール集めに苦労したことがあるから、
チャンスは逃さない・・・。

というわけで、もらっちゃったのですが、
いやいやいや。
室内ドアとピッタシで、余りナシのサイズのため、
搬入には一苦労・・・。

とりあえず、教室に入れてみました。
上部の大きなステープラー部分を外せばよいのですが、
何せ、すぐ使いたかったのと、
留めてあると丈夫なのとで、
少しばかり、手を抜きました。
ここからお店になるまで、あっという間です。

b0177103_20062138.jpg

b0177103_20123274.jpg

段ボールカッターって、知ってますか?
洗濯機が入るほどの強い段ボール箱でもザクザク切れるんですよ。
切り目は雑ですけど、気にしなくても大丈夫。
左利きの私でもよく使えましたよ。

この面は左右と上部を切ります。
そして

水平部分がお店屋さんの陳列スペース。
この部分は、特にまだ手を加えないといけないのですが、とりあえずOK.
b0177103_20180726.jpg

b0177103_20231054.jpg

裏側は、丸みのある低めの扉。

ここまでで、5分足らず。

かなりアバウトにやっても全然かまいません。


b0177103_20280395.jpg
b0177103_20251414.jpg

その場でお店屋さんごっこ始まりましたよ。
もう子どもにとっては、素敵な物語の始まる空間になりました。


        仕上げはこの後で、よし。


こんな感じで、簡単に段ボールハウス、お店ができます。

作り方を載せましょうといってから、他の記事載せたり、
更新自体が遅れたりでしたけど、
おもしろいので、続きもポツポツと載せますね。

ちなみに、段ボールの箱って、いろんな印字が邪魔だったりするじゃないですか。

この前のは、こんな風にお化粧してみましたよ。

b0177103_20382543.jpg

                  ポスカで塗ったり、


b0177103_20392938.jpg


印字多い所は、黒く塗りつぶして
○シールで目玉つけてみたり、






b0177103_20402129.jpg


色紙貼ったのだけど、文字が隠れきれなかったところは、
トラにしちゃえ~~~っと。



楽しむことが一番です。

楽しいんだけど、いつも使うわけじゃないので、
ちょっと邪魔。

捨てるのはもったいない。

そんな時は・・・?


またの機会に続けて載せます。

子どもは、お店屋さんやお買い物ごっこ大好きです。
楽しい楽しい遊びを堪能してほしいです。

でも、学べることが大変多く、
学習効果も実感しやすい取り組みです。




おうちやお友達との遊びの参考になれば幸いです。
応援よろしかったらお願いします。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ





by dongurihiroba | 2015-06-29 20:48 | 園児のひろば