横浜市・希望ヶ丘☆どんぐりひろばは子育ての不安を前向きな意欲に変えるお母さんと子ども(0~6才)の教室です。幼児期にこそ『見えない学力』を豊かに育てましょう。☆お問い合わせは下記HPのメールで。


by どんぐり先生
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

普通食になった頃から。


お弁当が楽しみなんだ!


どんぐりひろばの未就園児クラス『入園前児のひろば』は、
お弁当持参でたっぷり遊べるクラスです。

この時期の子どもにとっては、食べるということそのものが
大きな大きな課題だし、学習のめあてになる要素がいっぱい。

でも、未就園児の場合、サークルとか習い事とかでも小さい子は、
午前中の活動がほとんどでしょ。

ですので、どんぐりひろばではあえてお昼時を挟むつもりで
11:00~12:30、という時間設定
にしています。

食事に関するお母さんの悩みは実は結構多いのですよ。
でも、パーソナルはこととして、ノータッチの分野でもあります。

食事の進め方から、内容、栄養、量、つかみ食べ、だらだら食べ、偏食、
立ち歩き、スプーン、おはし、左利き・・・などなど、まだまだたくさん
ありますよ。

だって、お母さんの一番の関心事ですもの。
たくさん食べて、健康で大きくなってほしいというのは。
そして、事実、体は、食べ物でできていきますし。

お友達と一緒の食事は、何より楽しく、そして、食べるときって、
人と仲良くなれる和やかなひとときなんです。
この、通称『おベんとクラス』で出会った方々は、
毎年、本当に皆さん仲良くなりますね。
食べることって、人をつなぐ力、絶大!

お友達親子と共に囲むテーブルでは、いろんな情報交換もあります。
食事に関することも、日頃、お母さんが悩んでいたことがすんなり解決したり、
月齢が少し上の子や下の子がいることで、発達の道筋が見えて参考になったり、
先輩お母さんから、気が楽になるようなアドバイスがあったり。

中でも、特筆すべきは、『お母さんの食べさせたがり過ぎ』が直ること、と、
『正しいおはしの持ち方』を意識できるようになること。
b0177103_02333856.jpg
お母さんは、みんな、子どもに、ちゃんといっぱい食べてほしいんですね。
ただ、『子どもの食欲を超えている』ことが多くて・・・それを続けると、
ノロいとか、意欲が無くなるとかにつながるのですが、
おうちで子どもと二人っきりで向き合っているばかりだと
その加減ってわからないことだったりもします。

教室では私がチェックしたり、注意をいちいちすることはないですが、
周りの様子から、お母さんがそれぞれに気づくことも多い模様です。
私がお母さん方の工夫に感心することもしばしばです。

『おはし』は、開設当初より教室のテーマの一つにもなっています。
おはし、実に多くのお母さんが関心高いことがわかっていますが、
悩みも深いようです。
小さい時から、おはしを正しく持つことは大事です。
え?入園前から??
そうです。大丈夫です。無理をしなくても、可能です。
あとで、修正するのは親も子も苦労しますよ。

でも、その前に!
・・・大人はどうでしょう?
周りの大人も正しい持ち方でない場合が多いのが現実です。
持ち方に自信ないんですけど・・・という大人の方もご遠慮なくどうぞ。

私は、ドラゼミでお馴染みの、
児童かきかた研究所の高嶋喩先生に直接ご指導もいただいてきました。
残念ながら先生が故人となられた現在ですが、
ありがたいことに私は今も研究を続けることができ、
皆さんにわかりやすくお伝えするこができます。
実は、おはしは、その後に続く『えんぴつ』につながります。

たかだか、幼児のお弁当・・・と侮るなかれ、
学習の基礎・基本に直結するからこそ、
大切なテーマと考えています。


本年度のおべんとクラスである
   
『入園前児のひろば』の体験教室

毎週火曜日11:00~12:30です。

対象は1~3才。(年齢により通室は火曜日or金曜日になります。)
入園前のたっぷり時間のあるこの時期からが、一番『あと伸び』します。


お申し込み・お問い合わせは 
どんぐりひろばのホームページ(←クリックしてね)へ。


入園前児のひろばの他にも今すぐ通えるクラスのご案内もしています。 



ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
上の『幼児教育』バナーをポチッといただけるとランキングが上がり、
とても励みになります。応援よろしくお願いいたします。







by dongurihiroba | 2015-05-30 02:42 | 入園前(未就園)児のひろば