横浜市・希望ヶ丘☆どんぐりひろばは子育ての不安を前向きな意欲に変えるお母さんと子ども(0~6才)の教室です。幼児期にこそ『見えない学力』を豊かに育てましょう。☆お問い合わせは下記HPのメールで。


by どんぐり先生
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

9月6日(土)は どんぐりまつり-6(画像最新版に差し替えました)


『お菓子工房Keimin』(当日の出店)


さて、どんぐりまつりは、子ども教室どんぐりひろばが会場です。

会場といっても、本当にちっぽけな一軒家ですので、

広ーいところを想像していてがっかりしないように

始めにお伝えしておきますね。


でも、今回でもう13回目となります。

ガレージでは、毎回少しずつ違う出店状況です。

そんな中で、1回目からずっと大人気なのが、

パティシエママのKeimin(ケイミン)さんの手作りのスイーツ。

どんぐりまつり当日はあまりの人だかりに、

私が商品をチラとも見ないうちに売り切れてしまうこともしばしばでした。

今回は、新作も携えて またまた元気いっぱいの販売になりそうですよ。

本日8月30日(土)は、『お菓子工房Keimin』さん(どんぐりひろばの近所)にて、

月に一度のカットスイーツの販売の日。

(オーダーメイド専門なので、普通の日に訪れても何も置いてありませんが、

毎月最終土曜日だけは、たくさんのスイーツや素敵な手作り雑貨もあるのですよ。)


なので、どんぐりまつりでお出しいただくスイーツの相談も兼ねて、

お邪魔してきました。
b0177103_01021592.jpg

上の写真はKeiminさんに撮っていただきました。

せっかくどんぐりまつりのためにブログでご紹介しようと

工房に行ったのにカメラを忘れてしまって・・・。

開店(11時)より遅れること1時間後の12時に伺うと、

もう残りのスイーツはあとわずか・・・。


それでも、雨が止んだばかりのその時は

ラッキーなことにこんなにゲットできたのです。


どんぐりまつりでは、工房店舗とは違って冷蔵庫を使わないので、

生菓子は並びませんが、きっとどれを選んでも大満足いただけるはず。


Keiminさんのお菓子は、素材選びからこだわり、

一つ一つ丁寧に仕上げたママの味。

食べる人の立場で作るから、もちろん、体に良くない添加物などは一切入れません。

そして、たった一人で妥協なしでお店の全てをこなします。

そういうところがちょっとどんぐりひろばとも似ていて(パワーでは叶いませんが)、

Keiminさんを尊敬しているし、ジョイントできるのがいつも楽しみな私です。

今回のタイトルでは、「さん」の敬称つけていません。

ジョイントの時はパートナーと思ってますから、

Keiminさんも許してくださるでしょう。


 お帰り前に ポチッとひと押しの応援どうぞよろしく060.gifにほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ



by dongurihiroba | 2014-08-30 18:39 | 地域にひらくどんぐりまつり