横浜市・希望ヶ丘☆どんぐりひろばは子育ての不安を前向きな意欲に変えるお母さんと子ども(0~6才)の教室です。幼児期にこそ『見えない学力』を豊かに育てましょう。☆お問い合わせは下記HPのメールで。


by どんぐり先生
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

赤ちゃんクラス・未就園児クラスを経ての年少児クラス




入園までのたっぷりの時間を豊かに過ごす
『入園前(未就園)児のひろば』のオススメ


b0177103_19505493.jpg
b0177103_19523836.jpg


前回記事『同級生なのに発達の差がとっても大きい』の赤ちゃん達は
現在『年少のひろば』を終えようとしているところです。

今日は何やる?
目がキラキラ。

そして、新しい、ちょっと難しいかも?
って思うようなことにもワクワク気分で取り組みます。

いい感じのクラスで私も毎週大変楽しみです。

今日も何人かは「もっとやりたかった!」と言いながら帰りました。

だけど、初めから何でもできたわけではもちろんありません。
ゆっくり、たっぷり、育んできたのです。

赤ちゃん、は当たり前ですが、
こちらの指示のとおりになんて動きません。
1歳過ぎて赤ちゃん卒業したからって
なんでも聞き分けあるわけではもちろんありませんね。
未就園児の頃は、5人ずつくらい、2クラスに分けて、
どの子ともたっぷり触れ合う活動をしました。

発達の状況、性格ももちろんいろいろ。
そんな中、人数多いと収拾付かなくて、
禁止や抑制をたくさんしないといけなくなる。
そんな教室楽しくないですね。

大人の都合に子どもを合わせるのではなく、
子どもの言語表現的にも感情的にも未熟な部分を
全面的に受け入れたい。
子どもの状況にこちらが臨機応変に対応していきたい。
(マニュアルの決まった全国均一均質な大手にはできないことです。)
そのため、どんぐりひろばは多少のパプニングさえも
教材にできる少人数制。人数の基準はそこにあります。

小さい子でも少しずつの積み重ねで
叱ったり強制することなく、
気持ちよく話を聞く(指示に従う)とか
課題に取り組む意欲が育ってきました。

年少に上がるときには、
それまでのお膳から本当の幼稚園のような椅子と机になります。
そのような扱いがちょっと背伸びしたい気分をくすぐり、
多人数でもピッと座れるようになりました。

そんなこんなで年少クラスは
それまでの2つのクラスを1つにしての学習です。
b0177103_19590873.jpg
b0177103_20012465.jpg
未就園児のひろばは、別名をお弁当クラスといい、
活動のメニューの中にわざわざ『お弁当』を位置づけています。
別にお昼前に解散するように設定するのは簡単なこと。
b0177103_20041506.jpg
では、なぜ、あえて『お弁当持参』か?

これは、おなかがすくから食べるというよりは、
お弁当というもの自体が子どもが楽しめるものだから。
(少なくてもいい、好きなものだけでもいいので)
『全部食べたよ』という達成感を味わってもらうためのもの。
この達成感がのちのち、あらゆる『意欲』につながりますのでね。

ですから、大人の食べさせたい量(これはNG)ではなく、
子どもが『食べきれる量』をまずは少な目くらいから、でいいのです。

大人としては食に関しての悩みや情報の交換の時間であり、
食事マナーの場(大人がおはしにも正しい関心を持つこと)であり、
何よりもおいしい時間は仲良くなるお楽しみの時間であります。
b0177103_19485316.jpg
これがなんとも深いふかーい学びで。

園児のクラスになっても、
どのお母さんも、もれなく、
『お弁当の時間』が意義深かったと感想をくださいます。

園児になって午後のクラスに通い始めるとき、
お昼済ませてきているはずなのに、
『お弁当、食べたい!』
と、みんな言うくらいです。(笑)

食べ物、食べることって、
栄養面ではきわめてプライベートなことなのに、
精神的にはものすごくパブリックでフォーマルでもあります。

食事を通しての温かい交流により育まれるもの、
・・・大人だって懇親会に、飲食物ないことないですよね。
子ども達、それはそれは、
安心感のある関係を築いているように思えます。
お母さん方もね。

園児のクラスになっても
安心感安定感のあるクラスでする学習は
本当に落ち着きのあるものなんです。

こればかりは、一朝一夕にはできません。
小さいから騒ぐのは仕方ないコト、なのではないのです。
もちろん、元気が一番。
でも、小さくても人間の分別を少しずつ身につけられます。
小さい時からの方が効果があります。
b0177103_20110221.jpg
勉強はできるけど、落ち着きがない。
大きくなってからこのような悩みのある場合、
保護者も私も子供本人も苦労します。
そのわりに効果は小さい。

幼児教室と言うと、
なにやらすごいことをやってそうで、
だからといって、そんなにまで小さい時にやったってどうなんだか、
みたいな思いがまだまだ世の中にはあります。

でも、親っていうのは2才にもなろうものなら、
習い事の一つもさせたい気持ちもあって・・・。

どうせなら、効果が早く表れるもの・・・運動、音楽とか、
将来の教科に直接役だつもの、・・・英語や計算とか、
にはわりと人気があつまります。

でも、どんぐりひろばにおいでのお母さん方は
みんなお気づきです。

ここで過ごせたなら、
その後は他の習い事にも集中する力が付いていると。

それがわかっていただけている、
こんなうれしいことはないです。

幼児教室どんぐりひろばは、家庭教育の支援です。
それにより、ラクに学習をすすめる素地を作ります。
親子共に『良い仲間を作っていける自分育て』のできるところです。

体験教室に遊びにいらっしゃいませんか?

お弁当クラスこと『入園前児のひろば』は、

26年度は火曜日11時~12時半に開催します。



お問い合わせ・お申し込みはこちらへ→030.gif

















お帰り前に ポチッとまだの方はどうぞよろしく060.gif
にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ

by dongurihiroba | 2014-03-06 20:12 | 入園前(未就園)児のひろば