横浜市・希望ヶ丘☆どんぐりひろばは子育ての不安を前向きな意欲に変えるお母さんと子ども(0~6才)の教室です。幼児期にこそ『見えない学力』を豊かに育てましょう。☆お問い合わせは下記HPのメールで。


by どんぐり先生
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

効果的な復習で 授業を倍に活かす

どんぐりひろば は 

乳幼児とお母さん、

そして小学生の教室です。





リニューアルオープンしたどんぐりひろばの生徒募集の情報です。


『赤ちゃんのひろば』 10月より新規開講です。
     
         月曜日11:00~12:00(月に2回) 次回は11月。11月は11日と25日です。
                                
                                1回だけでも参加できます。
        
    



『(2014年度幼稚園入園の)新年少児のひろば』 11月より新規開講です。

        入園まで8回にわたり開講の プレ年少クラスです。

11月27日(水)スタートです。

        1回だけでも参加できます。



『小学生 冬期講習』12月開講です。

         12月21日(土)~28日(土)9:00または10:00~11:00     
     
         この日程で3~8日間、ご都合の良い日に通えます。
         


そして、追加募集の『入園前児(未就園児)のひろば』 

         毎週火曜日11:00~12:30です。

         最もたっぷり遊べる学べるクラスです。
        



詳細および予約やお問い合わせはホームページよりお気軽にどうぞ。 




ブログランキングに参加しています。
060.gif
にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ

上の『幼児教育』バナーをポチッといただけると とても励みになります。



教室の取り組みをヒントにおうちでどう取り組むか



9月のどんぐりまつり直前の頃、
手指を使う取り組みの中で『コマ回し』をしたクラスがありました。

子ども達は、コマを見たこともありましたし、
回してみた経験も少しはあったということでしたが、
うまく回せるよ、という子はあまりいませんでした。
それでも、複数の友達とそういう玩具を目の前にすると、
少しの時間ですが、夢中になって遊んでいました。

指先でひねって回せる簡単なものですが、
両の手のひらでコマの軸をはさんでてのひらをこするようにして
回転させてみたり、それぞれに工夫と回数を重ねていました。

子どもが進んでこのように取り組むときは、
その方法が稚拙であっても、
大人は口を挟まないでいたいものです。

完成形や成功、正解そのものよりも、
そこに至るプロセスを自分の力で試行錯誤する中にこそ学びがあります。

ただただ、達成した時の喜びを獲得したいという気持ちが
子どもの心にあるので夢中になるわけですから、
大人から見て、
多少トンチンカンでも子ども自身にやらせなければいけません。

もう少しやりたいな、という余韻を残して終わった活動でした。

さて、半月ほど経った頃の授業の日、
一人のお子さんとお母さんとが、
クラスの皆さんに折り紙のおみやげを配りました。
b0177103_093693.jpg

折り紙の「コマ」でした。

区役所の案内窓口で、もらったという折り紙の「コマ」。
4枚の折り紙でできたそのコマを持ち帰ったお母さんは
分解、折り方を研究してお子さんと折って楽しんだとのこと。

そして、クラスの人数分、おみやげに。

私もいただきましたよ。
裏には、ほら、名前を書いてあり・・・。
b0177103_095581.jpg

名前があることで、一人ずつ忘れずに持ち帰ることができました。
それと、しばしばお話してきたこと『お友達の名前を呼ぼう!』
と同じで、
『名前を意識する』ということをすると、
大人も子どもも、お互いに仲良くなれます。

私も
「わー、名前書いてある!」
ってうれしかったですよ。
子どもならなおのこと。

授業時、カメラを近くに持ってなかったので、
あとでいただいたのだけを撮りましたが、
いろんな色の組み合わせのがあって、
とてもカラフルでしたよ。

しばし、みんなが喜んで回していました。

この折り紙のコマは、中心になる部分がとちょうど持ちやすくて、
子ども達はずいぶんと上手に回していました。

4枚重ねてあると、裏の中心部分は
固くてややとんがり気味になっていてそこが回転の芯となり、
実によく回るコマでした。



『幼児教育』の進め方に関心があって
今日のタイトル、『効果的な復習』という言葉があったから
たまたまこちらに来たよ、という方はいらっしゃいませんか?

ここでいう効果的な復習というのは、
プリントをいつどれだけやるかというのとは違うのです。

だから、どの教材の話か?と思って見に来た方には
ちょっとつまらないのかもしれません。

でも、大人が小さな取り組みを子どもと共に楽しみつつ繰り返す、
やったことある活動に関連付けてアレンジする、というこのお母さんの遊び方は、
『学習』全般に共通する復習の仕方の基本を見事に押さえているといえます。

それだけでなく、学んだこと(子どもにしてみれば遊びそのものですが)の楽しさを
お友達にも伝えたい、分けてあげよう、という『気持ち』も育てる作用があります。

もらった子達もうれしいのですが、
「ぼくんちが作っていったんだよ。」というときのうれしい気持ちは、
テストの点が良い時のように得意な気分が高揚します。

テストやプリントができたときというのは、
母からの賞賛のうれしさで子どもは満たされます。

今回の『おりがみ』では、
人に喜んでもらえたことで、嬉しい気持ちの共有という喜びが加わりました。

誰かに何かをしてあげたい、そういう優しい意欲がを育つ点が見逃せません。

・・・こんなふうに、なんだかほのぼの~っとしていたのに、
なんだか、機嫌が悪くなった子がいたのですよ・・・。

あれれれ・・・。


この記事、続きます。
by dongurihiroba | 2013-10-29 00:48 | 園児のひろば