横浜市・希望ヶ丘☆どんぐりひろばは子育ての不安を前向きな意欲に変えるお母さんと子ども(0~6才)の教室です。幼児期にこそ『見えない学力』を豊かに育てましょう。☆お問い合わせは下記HPのメールで。


by どんぐり先生
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

夏休みのお出かけ~どんぐり繋がり!?~




キラキラ美しいキャンドル制作


先週26日(金)27(土)の二日間に分けて、
どんぐりひろばの皆さんと制作イベントに出かけてきました。

行き先は、旭区(道一本隔てて瀬谷区という区境になります。)の
レストラン「レ・ドア」さんの2階

『三ツ境どんぐりヒルズ』さん。


なんか耳なじみのいい響き~と思ったら、
どんぐりひ・・・まで、同じなんですねえ。

どんぐりひろばの年少~6年生までの子どもとお母さんとで行ってきましたよ。

b0177103_0182525.jpg

ちょっとおしゃれな、よそいき気分の空間。
とまどいもあって、ちょっとおとなし目の子ども達。

でも、きれいな色砂が置いてあったり、
なんか、素敵なことの起こりそうな予感はしていましたよね。

b0177103_0203852.jpg


パンダ、ニモ、アライグマ、ひまわり、などのガラスのチャームを1個ずつまずは選びましたよ。
どれにしようかな・・・。

グラスに色砂を入れるときも、
色のバランス、量、模様、などを考えながら・・・。

飾りになる貝、ビーズ、スパンコール、ガラス玉などを選びながら配置。
ピンセットで微妙な位置を整えて。

子どもだけ参加!?のつもりが、お母さん方も参加。
結構、夢中になって全員取り組みましたよ。

b0177103_0263173.jpg



b0177103_02786.jpg
b0177103_0272730.jpg


「きれいねえ。」
「ねえ、私の見て見て。」

小さい子も本当に丁寧にできましたね。



この後の仕上げは、指導の先生がやってくださいましたよ。
b0177103_0282139.jpg

グラス中央の「芯」が曲がったり沈んだりしないように割り箸で押さえるの、かな?

b0177103_0305135.jpg

グラスに注ぐこの液体こそ、『キャンドル』のロウです。
これは、飲み物じゃあないのですよ。

これが固まるまで、
冷たい『どんぐり茶』をいただきながら、おしゃべりをしたり。
b0177103_0355429.jpg


26日には、私が持っていた
『どんぐりころころ おやまにかえる だいさくせん』
という絵本をお見せしました。

気が付けば、途中から、レストランのスタッフさん達も、
聞いていておられ、(ちょっと照れました)
終わった後には、拍手もいただきましたね。

どんぐりつながりだけに、
なんか一体感があったなあ、っと思うのは私だけでしょうか。


27日には、待ち時間に、どんぐりヒルズさんが折り紙を持ってきてくださいまして、
子ども達は、思い思いの折り紙を楽しみました。
b0177103_0374798.jpg
b0177103_0383416.jpg

b0177103_0403962.jpg


b0177103_0453274.jpg

さあ、できあがったら、かわいくラッピングしていただき、おみやげに。
こちらのキャラクターのどんぐりちゃんのシールを貼ってもらうと華やいだ感じになりました。


指導のスタッフさん方と共に、2日目だけ、写真を撮りました。
b0177103_048546.jpg

三ツ境どんぐりヒルズの皆様、ありがとうございました。

27日参加の方々は、このあと、1階のどんぐり料理のレストラン『レ・ドア』さんにて、
ランチして帰ったということです。


みんなのおうちで、キラキラ輝くキャンドルです。



お帰り前に ポチッとまだの方はどうぞよろしく060.gif
にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ

by dongurihiroba | 2013-07-30 00:53 | 行事・イベント