横浜市・希望ヶ丘☆どんぐりひろばは子育ての不安を前向きな意欲に変えるお母さんと子ども(0~6才)の教室です。幼児期にこそ『見えない学力』を豊かに育てましょう。☆お問い合わせは下記HPのメールで。


by どんぐり先生
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

はさみ・のりの導入ー3

 


~ 家庭の遊びにて 応用  ~


前回記事の続きです。

はさみとのりを使って、『おうちの本』を作りました。

この豆本は、とっても簡単にできるので、
家庭のA4紙、またはそれ以外の紙でもOKですね。

手間・暇いらずで、簡単に遊べる、そして、奥が深いのです。

電車好きの子なら、『でんしゃの本』もいいでしょう。

チラシにはいろんなものがありますね。
『たべものの本』
『かばんの本』
『おもちゃの本』
『ようふくの本』
・・・などなど簡単に作れます。

また、絵本をコピーして切り取って
『どうぶつの本』
『すきなキャラクターの本』
・・・これも、いくらでもできます。

たくさん切るうちに、はさみやのりも上達します。
汚くても切り損じていても気にしない、気にしない。

そこに、『ロマンスカー』『ドクターイエロー』などと書き込んであげると、
次は自分も書きたくなります。
もちろん、かたかなや漢字も使って構いません。英語も。
好きなものなら、子どもはどんどん、覚えますからね。

文字もこんなふうに練習(子どもにとっては遊びそのもの)するのは、
学習好きにもつながりやすいです。

書きたい内容もいろいろ思いつきますよ。
子どものアイディアをみんなで楽しんでみてください。
考えるのも大好きになりますよ。

元々、お金もかかってないから、お母さんも好きにさせられます。

購入したばかりのワークブックだと、
雑に扱うと許せないお母さんも少なくないでしょ?
ワークの指示とちがう使い方をしたら、もったいないと思う方もあるはず。

でも、ワークの通りにやろうなんて、そもそも子どもは思ってないですし、
ちまちまと、『これでいい?』なんて気にする勉強ばかりしていると、
『決まりきった答えを出すマシン』みたいになりそうで、残念ですよね。

実は、この『好きにさせてもらえる』ところに、
子どもにとっての可能性がつまってると思うんです。

もちろん、指示が通るようにする指導も大事です。
でも、それは、こういうときにする必要はないでしょう。
どういう場面でするか、は、教室でリアルにお伝えしています。

さて、お母さん方には、そのほかに、
『「か」のつく本』のようなテーマを意識するのもいいですよ、
それから、背表紙にマスキングテープを貼る(簡単なので)と本っぽく見えます、
とお伝えしてます。
その他、ページがあることを利用して思いつくことは、まだまだあるでしょう。

子どもとおうちで遊ぶ際に、ヒントにしていただければ幸いと思っています。

さっそく、やってみたおうちの方から、写真いただきましたよ。
b0177103_11105697.jpg

お母さんと一緒に2冊作ってきました。
青いマスキングテープがアクセントになってますね。


b0177103_11114174.jpg

『いろの本』。絵本をコピーして切り抜いたそうです。

b0177103_11113478.jpg

レイアウトも自由きままに・・・。
でも、そのうちに、自分なりのルールができたりすることもあるでしょう。
見せてもらっているだけのお友達も感じるところがあるはず・・・。



b0177103_1112893.jpg

子ども(3才)が表紙を描いた方のは、『すうじの本』。カレンダーを使ったそうです。

教室では、ほんの短い時間の活動ですが、
親子、友達と時間を共有して作業した中身は濃くて、
おうちで思い思いに取り組むときにはいろいろ応用が効くのですね。

与えられたキットだと、すぐに飽きる子もいて、
場合によっては、お母さんだけが必死に仕上げることにもなりかねません。

教材を子どもに合せないで、一人ひとりのお子さんの興味に合わせて、
遊びの方をカスタマイズすればいいのです。
いろんな家庭教材で、四苦八苦している方がいないかしら?と心配します。


さて、幼児教室というと、子どもが何をするかを皆さんは気になさるでしょうが、

幼児期の学びの半分以上は『子どもの活動』よりも、
『おかあさんの学び』と私は思っております。
せっかく教室に来ていても、幼児がほとんどの時間を過ごす『家庭』で
その学びが活かされなければ、教室活動の意味は半減します。

みんないっしょの教室では、大人同士も仲良くなり、
小さな親子のコミュニティは、子どもの心も育てます。

母子分離をせずに、幼児のクラスではすべてお母さん同伴なのはそのためです。
(小学生は、子どものみの学習教室です。)


教室する立場から言えば、母子分離でお子さんだけを預かり、
その間にお母様はショッピングをお楽しみいただけますよ、
お帰りの際に様子をお伝えしますね、
という謳いの方がはるかに楽です。
教師もお母さんも楽です。

どんぐりひろばは、楽にできるもの、すぐに役立つもの、
・・・そういうのをお求めの方には合わない教室です。


新年は1月7日(月)が
 どんぐりひろばのスタートです。

体験教室(500円)も、受付中です。

ご案内書を希望される場合も、
メールでご連絡くださいね。

    ↓   ↓   ↓


[❤お問い合わせ・お申し込みはココ」  
  






お帰り前に『幼児教育』バナーを ポチッと押していただけませんか?
皆さんの応援を励みに来年も頑張ります!060.gif
にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ

by dongurihiroba | 2012-12-28 11:24 | 入園前(未就園)児のひろば