横浜市・希望ヶ丘☆どんぐりひろばは子育ての不安を前向きな意欲に変えるお母さんと子ども(0~6才)の教室です。幼児期にこそ『見えない学力』を豊かに育てましょう。☆お問い合わせは下記HPのメールで。


by どんぐり先生
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

音感教育~小さくてもわかる「音」の感情~



「悲しい気持ちになるんだよ。」

「それ、まちがっているよ。」



未就園児クラス『入園前児のひろば』では、
ピアノの音を使うことがしばしばあります。

みんながそろったときの「ごあいさつ」も、
お弁当前の手洗いの歌の時も。
何かが終わって、けじめをつけたい時にも。

ピッとしてほしいちょっとの時間。
でも、全員が同じタイミングでピッとなんて、
2才前後では特に難しいものです。

でも、「ちゃんとして!」とかって大声出したり、叱ったりはしなくても
どんぐりひろばで、少し経った子達は、じきにピッと座れます。

・・・のはずなのに、一人だけ、フラ~っと立ったりしたら・・・。

いつもの音楽が、いきなり、マイナーに転調してしまうのです。

説明なんかはしません。
ただ、いつもの音楽がなんか違う。

「なんか悲しい気持ちになるんだよ。」
と難しい表情で訴えてくる子がいたりします。

そのうち、
「だれか、座ってないのかなあ・・・。」
と、周りを見回します。

「どんぐり先生のピアノがまちがってるよ。」
と指摘する子も。

でも、みんながピッとなるまでは、短調のまま。
みんなこの短調が気持ち悪いんですね。

「〇〇ちゃん、座ろうよ。」
優しい声かけが聞こえます。

時には、ピアノの音の不具合さに自分で気づいて、
ピッと座る子も。

音楽を聴いて、子ども達は気持ち悪いというのがわかるのです。

ちゃんとさせるためにといって、叱らなくてもいいんです。
音楽が元通りの安定した音になってほしくて、
ピッとしなくっちゃと自分でわかるんですから。

(この場面は「ピッ」と座るための音楽ですが、
どんぐりひろばでは、『音』の聞き取りや『話』の聞き取りも学習していきます。)

2才の子ども。萎縮して固まるような空気では面白くありません。
じっとしていたら、動物としては気色悪いくらいです。

でも、ほんの短い少しの時間。
「ピッとできたねえ!」と言われたらそれだけでうれしい子ども達です。
ほとんどの時間を自由に過ごしているはずです。

ほんのちょっとだけきちんとしたって、
具合悪くなんてなりません。


小さい子にも「ピッ」と集中できる時間をほんの少し作りたい。
そう思っていつも進めている教室です。

わずかなことですが、これができているかどうかで、あとあと全然違ってきます。
2才の集団でかるた取りができるというのも、こういう時間の積み重ねがあるからです。

そして、それは、自ら、座ろうという意識のある場合にのみ可能になってきます。
意識のない子に無理には座らせません。
フーラフーラしてる子も時にはいます。
でも、大丈夫、とお母さんにはお伝えしています。

ただ、あいさつのときは、強制確保で、座ってもらっています。
泣こうがわめこうが問答無用で。

大人はとかく、子どもの「活動の内容」に目が行きがちですが、
良くも悪くも、子どもの「行動」には意味があるということを踏まえて
「好ましい行動を動機づける」ようにしていかないと、
結局は、実りある「活動」にたどり着かないということが多くなります。

子どもの行動の意味とそれを修正する方法を
教室でのやり取りの中で理解できるお母さんは
その経験を元にそれぞれのご家庭でもうまくしつけができます。

和気あいあいとした雰囲気の中でも、おしゃべりしすぎず、
教室でのやり取りをきちんと観察なさっているのがわかります。

少人数制なので、タイミングを逃さずに
「こういうときって・・・」と、質問もなさいます。
立派なお母さん方だなと私は感心しています。

幼稚園前から教室になんて・・・と言いながら、
入園前に
「幼稚園になったら、そんなんじゃ困るよ。」
などという言葉かけの方、いませんか?
・・・言われた子どもはかわいそうになあ、と思うんです。

子どもにしてみれば、今までと同じことをしているだけなのに、
入園が決まった途端になぜか急に脅される。

ってわけですから、わけもわからずお気の毒。
幼稚園って、どんだけ、堅苦しいトコロなんだか・・・。

小さくてもできることを、できないままにしておいて、
ある日ある時、急に指示が真逆になると、子どもは混乱します。
そういう指示をする大人に不快感を感じます。

私は楽しんでいろんなことをしたいなといつも思うのです。
楽しんでする勉強は、子どもにとって楽しいものです。
音楽はさらに、説明なしでも感じ取れます。

そういうの、使わない手はないですよねえ。

お帰り前に 『幼児教育』のバナーをポチッとどうぞよろしく060.gif
にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ

by dongurihiroba | 2012-11-05 00:05 | 入園前(未就園)児のひろば