横浜市・希望ヶ丘☆どんぐりひろばは子育ての不安を前向きな意欲に変えるお母さんと子ども(0~6才)の教室です。幼児期にこそ『見えない学力』を豊かに育てましょう。☆お問い合わせは下記HPのメールで。


by どんぐり先生
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

keimin-sweets DE おいしい学び

幼児教室どんぐりひろばへようこそ!060.gif


熊本でかわいそうな事件が起きましたね。

トイレに行くとき、どんな状況でも付き添う。
子どもをお持ちの方は必ずお守りくださいね。

大きくなっても、一人で行かない。せめて、周りの人に告げる。
まさか、そんな・・、ですか?いえいえ、気にしてください。

周りの人も「ついて行こうか?」「あれ、遅くない?」といった
気配りをしてあげましょう。

過保護と危険回避の知恵の境目が難しいこの頃ですが、
このような話を普段からおうちでするようにしましょう。060.gif

ポチッとしてからお入りくださいね。
 
 ↓    ↓    ↓
                 にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ



大人のおいしい学習会

b0177103_14422875.jpg

     keiminさんのブログよりいただいた画像。甘い宝石のようないちご達。


集まったのは近くで顔なじみさんが多く、
皆さん幼稚園児のお母さんでした。

でも、ちょっと緊張した面持ちで集まったお母さん方、
『学習会』だからでしょうか。

そんなこともあろうかと、
お楽しみのKeimin-Sweetsのいちごタルト登場です。

箱を開けると、甘~い香りが鼻をくすぐります。
花粉症だけれど、よく届く香りでしたよ。
b0177103_1531657.jpg

     私の撮った画像。暗くて黒っぽく写りましたが、とても綺麗でした。


学習会のことは一気にどこへやら、Keiminさんの話題で盛り上がり、
たのしい女子会の様相。

このお菓子はしっかりしていて中身充実、いちごぎっしり。
Keiminさん、採算とれているか、心配なくらいの贅沢さ・・・。
・・・といった具合に、ガールズトークが止まらない・・・。

とまあ、学習会→女子会→ガールズトーク、・・・それは言いすぎ?
でもちょっといい加減にしたら~、というくらい、
おいしいものの魅力で楽しい雰囲気になってきました。

そんな中、はい、ストップ。
皆さん、ご自分のフォーク遣い、持ち方は?
一瞬我にかえっていただきました。

高嶋先生の教えてくださった持つ位置、形などと比べてみると?
今回のお母さん方、おかしな持ち方0でした。

もともと、お母さん方に〇×を申し上げるつもりの学習会ではないですが、
ここは、軽く突破していただくと話が早いんですよ。

そこで、フォークやスプーンの持ち方の話が
おはしの更に前段階であることをお話ししました。

スイーツの後は、消しゴムを使った積み上げゲーム。
大人だって楽しいと夢中になります。
b0177103_16123645.jpg
b0177103_16145345.jpg

b0177103_16165746.jpg


面白い積み方も登場しましたね。

こんな遊びをしながら、持ち方の図を見て、
「私のは、持つところが少し下すぎるかしら?」とか
「ああ、そういうふうに持つと綺麗よね。」とか
大人ならではの振り返りやアドバイスが出ていました。

昨秋の高嶋先生のご指導付きの学習会に参加済みの方も
この日の学習会には来られました。

「こういう機会を重ねることで意識が高まる」
という声がいくつも聞かれました。

家族ぐるみで正しく持つ意識を共有する

はじめからうまく持てなくてもかまわないが、
持つ機会を継続する


みなさんのお話を伺っていてもその大切さが伝わりました。

だから、幼稚園で給食やお弁当の時間に
『スプーン・フォーク・おはし』の3点セットで年長まで過ごすというのは
大人の怠慢にほかならないと思います。

本当にもったいない話です。

メニューによって、カレーの時はスプーンね、
デザートのメロンはフォークを使おう、などと区別をしてあげることや、

いきなり今日からおはしです!というのでがなく、
手の発達の具合を見て少しずつスプーンをきちんと持つ、
それができた上でおはしを持ち始める、というステップを踏む、
ステップを踏んでいる少し大きい子が近くに居て、素敵に見える距離感にある、

そうことが、子ども自身がやりたい気持ちを育てていきます。

園にはいろんな子がいて、しかも多すぎるくらいいて、
本当はいろんな成長の差があることが子ども達を相互に刺激もしているのに、
横並びに『3点セット』を使わせるというのは残念でなりません。

気をつけてあげられるのはお母さんの賢い愛情です。

年長でおはしよりもフォークでばかり食べるという子がいたら、
すでに学習面でもかなりの黄色信号です。

月齢差はあっても年少の終わりにはおはしで食べられるように。

もし、障害(運動機能を除く)のあるお子さんでしたら
時間はかかってもむしろゆっくりでいいのでおはし遣いを教えてあげてほしいです。
将来的に美しく持てるようにしてあげられたらすごく自信がつきますよ。
by dongurihiroba | 2011-03-05 16:23 | おはし・えんぴつ