横浜市・希望ヶ丘☆どんぐりひろばは子育ての不安を前向きな意欲に変えるお母さんと子ども(0~6才)の教室です。幼児期にこそ『見えない学力』を豊かに育てましょう。☆お問い合わせは下記HPのメールで。


by どんぐり先生
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

色と形と影あそび

幼児教室どんぐりひろばへようこそ!060.gif

とても暖かな立春となりましたね。
気持ちのいい一日でした。


060.gif

いつも応援ありがとうございます。
今日もポチッとしてからお入りくださいね。
 
 ↓    ↓    ↓
                 にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ



色板あそび

どんぐりひろばの教室にあるマグネットの色板は、
一人分がたくさんあるわけではありません。

正方形の大と小。

長方形の大と小。

丸の大と小。

正三角形の大と小。

直角三角形の大と小。

これらが赤・黄・緑の3色あります。

人数分ないことを利用して、どんなふうに分けるかを
いろいろに考えます。

今週の火曜日の未就園児のひろばでは、
2才1か月の子~春には4才になる子達の集まりでした。

順番に好きなのを一つずつもらっていくやり方にしました。
でも、2才には順番を待つことや「ひとつずつ」は簡単ではありません。
早速、両手づかみのうえにもっともっと・・・と欲しがりました。
さらに順番の認識ももちろんない。

そこで感情の高ぶりも生まれます。順調に育っているから当たり前ですね。
それもアリ。ここではなんの問題もありません。
自然なことと受け止め、だけど、対応の仕方は
お母さん方にもそれとなく学んでいただいています。

「順番」がわかっている3才児達はそんなことはしませんが、
目ざとく「ずるい!」と言うこともしません。
あっけにとられている状況です。ぼ~っと見ている、といった感じ。
もう少し成長すると、逆に「それはルール違反!」という行為には
厳しい見方をする時期もおとずれるでしょうけどね。

このクラスのいいところは、学年が混在するところです。
前にも何度も言いましたが、子どもは交流してないようでも
お互いをよく見ていて、刺激を受けています。

学年が同じだとお母さん同士も比べすぎて疲れたりもしますが
年齢に幅があることで、お母さん同士も気持ちの余裕ができます。

この時期の子ども同士、お母さん同士のコミュニケーションが
のちのち、とっても良かったねということに
どのクラスもなっていきます。

さて、分けた色板で、各々、早速遊び始めます。

b0177103_1718972.jpg

上のは、『動物』。 『ライオン』って言っていたかな!?


b0177103_17193864.jpg

こちらは何だと思います?
『夕日』ですって。

読書量が多く語彙の豊富なこのお子さんは
作りながらもストーリーがたくさんあふれてきます。
赤い丸の上部がほんの少し、緑の後ろに出ているでしょう。

これは『夕日が沈んでいっているところ』なんだそうで、
赤い丸はどんどん見えなくなっていくのでした。

そのあと、テレビより大きなスクリーンの画面に
みんなの作品を映しだし、ハイ、ポーズ!
b0177103_17363639.jpg


みんな大喜びでしたよ。
この項、続きます。

お帰り前に ポチッとまだの方はどうぞよろしく060.gif
にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ

by dongurihiroba | 2011-02-04 17:39 | 入園前(未就園)児のひろば