横浜市・希望ヶ丘☆どんぐりひろばは子育ての不安を前向きな意欲に変えるお母さんと子ども(0~6才)の教室です。幼児期にこそ『見えない学力』を豊かに育てましょう。☆お問い合わせは下記HPのメールで。


by どんぐり先生
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

にぎやかな今年の始まり~未就園児のひろば~

幼児教室どんぐりひろばへようこそ!060.gif

寒いけれど晴れの日続きで空気が乾燥していますね。
のどが痛い、咳が出る、という子もいますね。
しっかりケアをしてくださいね。060.gif

さあ今日もポチッとしてからお入りくださいね。
 
 ↓    ↓    ↓
                 にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ





赤ちゃんのひろばからの見学です



赤ちゃんのひろばに通う親子さんで
「未就学園児のひろば(通称 お弁当クラス)の見学どうぞ。」
と言われた方は、そろそろ赤ちゃん時代卒業の方。

先月より、ポツポツと参加ご希望があり、
昨日は3組の親子が見学・体験に来られました。

赤ちゃんより大きい、2才、3才のお弁当クラスの子達は
いつもと違う雰囲気にちょっとびっくり。

だけど、お兄さんお姉さんを気取っていいところいっぱい見せてくれました。
とはいえ、まだまだ幼くて、赤ちゃんに優しく語りかけるということはなかったですが、
子どもたちなりに小さい子のことを見ていたようです。

いつもはあちこちをうろうろ見て回ったり、いろんな物を触ったり、の赤ちゃん達ですが、
この日はみ~んな座卓の前にちょこん、と座った時間が長かったのです。
赤ちゃんなりにいつもとの違いを察知していたのですね。

なにかあると思っているのですから、聞く態勢バッチリなわけです。
赤ちゃんだからと侮るなかれです。

まず、赤ちゃんのひろばで馴染んでいる歌を大きい子達にも聞かせてあげました。
みんな上手になっていてとても愛らしかったです。
2.3才の子達も初めての歌にもすっと反応して楽しみました。
ここで、ちょっとした一体感ができました。

主活動は『形遊び』
自分たちのクラスではないと赤ちゃんたちにはわかりません。
参加したい気持ち充分なんです。
ここが、小さい子の特徴であり、大事な部分です。

周りに迷惑かけないようにするため、お母さんは
「〇ちゃんのじゃないでしょ。」と触りたいものを排除したり、体を拘束したりしがちです。


よその幼児教室では付き添いの弟妹については
そのように要求するところもあると思います。

付き添い分のお金は払ってないから、仕方のないことですかね。
でも、さびしいと思いませんか?

どんぐりひろばではそのようなストップはかけません。
みんなそんな時期を通過するものだと考えているからです。

だからと言って小さい子のやりたい放題では困ります。
もちろん、してはいけないことは「ダメ」ですよね。

しかし、ここはそんな子ども達の教室です。
さあ、こんなとき当事者のお母さんはどうする?とか、
周りのお母さんはどうする?、とか、
当事者でない他の子にはどう指導する?とかいうのも、
併せてこんな場面の課題になります。

大きい子にとっては「ちょっと面倒くさおじゃまな小さな子」でしょうが、
大人の関わり方一つで小さい子に優しくできるように育ちますよ。

あえてこうですよ、ああですよ、と言わないことも多いですが、
こんな場面に出くわしたときにこそ、コミュニケ-ションの力とか
子どもの心が伸びることが多いと思っています。
私の対応を見てお母さん方のヒントになることがあればいいなと思っています。

形遊びの内容に戻りますが、

すぐに手を出したい赤ちゃん達を優先して
色板(マグネット)をホワイトボードにペッタン!と楽しんで貼ってもらいました。

2.3才児達は時間かかってもちゃんと待ってくれています。
春~夏頃には存在しなかった「順番」を意識できるようになっているなあと思いました。

さてさて、順番が来た2.3才児には
赤ちゃんとは違う指示でもってボードの図形を貼り替えてもらいました。
できたら、みんなのほうを向いて
「これでいいですか?」
こんなこともちゃんとピシッと言えるようになりましたね。

次には、貼った形の色板をみんなで『お買い物』しちゃいました。
子ども達の好きなピアノの『音』もまじえて。

子ども達には勝手ばかりでもなく、課題ばかりでもなく、といった使い分けをすると
自分でやっている気持ちが高まり、活動にはよくノリます。



b0177103_12215625.jpg

写真はこの活動の後のお弁当のシーンです。
大きい子も、小さい子も入り混じってのお食事。
小さい子のお母さんはまだまだ食べさせるのが大変で
ゆっくりおしゃべりもできなかったかもしれませんね。

このクラスは、時間も長めに設定していますし、
たくさん遊ぶのでお母さん同士も毎年とっても仲良くなります。
お気付きだったでしょうか。

この日は人数が多かったため、写ってない方もありますが、
この黒いテーブル二脚を囲む人数でにぎわいました。
通常の一クラスはもっと少人数で、全員と食事の時のおしゃべりができるくらいです。

食事のあとにはどんぐりひろばならではの名物「かるた取り」でした。
すごかったでしょ?でも、この子達、3月までにはもっと凄くなりますからね。

悔しさ、思いやり、やる気、言葉の力、集中力、いろんなものが見に付く場面です。
昨日は、「取れないと悔しい」に目覚めた子がいたので、一番に列挙しました。
親子でだけ黙々と勉強していると決して得られないものを体感してほしいです。

入園前の子が集うこのクラスは火曜日の11時から12時半です。
いっぱいになりましたら木曜日の同じ時間のクラスとなります。
春に入園の子は、同じく火曜日の午後(15~16時の予定)の『年少児のひろば』
に移動となります。3月まではこの午前のクラスでいっぱい遊びましょうね。

とっても楽しいクラスです。お問い合わせはお早めにどうぞ。

お帰り前に ポチッとまだの方はどうぞよろしく060.gif
にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ

by dongurihiroba | 2011-01-12 12:30 | 入園前(未就園)児のひろば