横浜市・希望ヶ丘☆どんぐりひろばは子育ての不安を前向きな意欲に変えるお母さんと子ども(0~6才)の教室です。幼児期にこそ『見えない学力』を豊かに育てましょう。☆お問い合わせは下記HPのメールで。


by どんぐり先生
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

大切な赤ちゃん期

幼児教室どんぐりひろばへようこそ!060.gif梅雨の晴れ間。貴重なお日様です。
布おむつを干している家は見かけなくなってきましたけどね。060.gif

よろしかったらポチッとしてからお入りくださいね。
 
 ↓    ↓    ↓
                 にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ



あかちゃんのひろば



 次回は7月26日(月)  11時~12時ですよ。

       おやつまたは離乳食つき
    (内容はその回により変わります。)

       参加費は1000円




月に2回実施の「あかちゃんのひろば」です。

これまで一番小さかったのは3か月の赤ちゃん。

ベビーマッサージに関心があって
体験に来られたのがきっかけでした。

どんぐりひろばのベビーマッサージは
お母さんとの絆、愛着形成を重視しているのはもちろんのこと、

ご家庭に戻ってからも、親子で楽しめるために
覚えやすくしています。

どうして覚えやすいかというと、
歌がついているからです。

しかも、正しい音、つまり絶対音で
耳に入ってほしいと思い、
私はピアノを使っていますので、
残念ながら、写真は取れないでいます。

お母さんの歌声もだんだんに大きくなってきて
本当に楽しい雰囲気です。

まだねんねのベビーも体で反応しています。

1歳前後の子は明らかに
「知ってる 知ってる、あれが始まる!」
という表情になっています。

予見して、次を期待する、
これは立派な発達ですね。

おうちにだけいるんじゃなくて
複数で集まっての活動の中では
我が子の成長がまた違って見えたりもします。

発達のことがわかるようになると
我が子がますます愛おしくなりますよ。

月齢の小さな子のお母さんは
我が子の少し先が他のお子さんを見ることで
お母さんの気持ちに少し余裕が生まれます。

少し大きい子のお母さんは小さい子を見て懐かしいし、、
後輩ママに優しいアドバイスができるようになります。


さて、最近のあかちゃんのひろばでは
1歳過ぎると、お互いに盛んに相手が気になり、
泣かせ合うことが多くなりました。

ほほえましく思うのが普通ですが、
「あの子はうちの子にいじわるする、と本気で思う人もいる。」
というような話も出ます。

発達の中でそういう行為が意味するものを
お母さん方が正しく理解をしていく場でもあります。

この時期からのお母さんの無理解のために
コミュニケーションが難しい子どもが育ってしまう場合があります。

私が「親育て」というほど上から目線ではないのですが、
発達やしつけについて正しい理解を深めていただけるように
お話しを進めています。

親子で集まる場はあちこちで提供されてきましたが、
親子で集まれば集まるほど、苦痛になる方もあるのです。

もちろん、大勢で楽しむことも大事、
お母さんがそういうところでおしゃべりしてストレス発散も大事、

どんぐりひろばでは、やりっぱなし、言いっぱなしではなく、
その先のフォローもしていきます。大人数ではできません。

お母さん次第で幼児教育は全然違うものになっていきますからね。


さて、今月1回目のおやつは・・・ リンゴ寒天 でした。
素材にはちょっと気を使っていて、
無農薬、非遺伝子組み換えのものを使います。
b0177103_10331310.jpg

離乳食の進んでいる子はみんな良く食べていました。
普通食になったら、未就園児のひろばのご案内を差し上げますよ。

離乳食はまだまだこれからの子のお母さんにも、
安全素材で、簡単に長続きする食事作りを
していただければと思って提供しています。

お帰り前に ポチッとまだの方はどうぞよろしく060.gif
にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ

by dongurihiroba | 2010-07-08 10:40 | あかちゃんのひろば