横浜市・希望ヶ丘☆どんぐりひろばは子育ての不安を前向きな意欲に変えるお母さんと子ども(0~6才)の教室です。幼児期にこそ『見えない学力』を豊かに育てましょう。☆お問い合わせは下記HPのメールで。


by どんぐり先生
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

未就園児からのお箸とえんぴつ

幼児教室どんぐりひろばへようこそ!060.gif

060.gif
園児対象の無料体験

『かたちあそびって おもしろい』


6月9日(水)15~16時 (おみやげ付き)


b0177103_1941443.jpg


ポチッとしてからお入りくださいね。
 
 ↓    ↓    ↓
                 にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ



一生の宝物をいただいて


昨日は日帰りで大阪に行ってきました。
さわやかな日で街もきれいに見えました。
b0177103_1965566.jpg


今ではご存知の方も多い 
「児童かきかた研究所」の高嶋先生にお会いしました。

私は8年くらい前から先生の教具はかなり持っていました。

私は学校の先生方のサークル「学力研」では
これまでもたくさんのことを教えていただきました

私は学校の先生ではないのに、
こちらの先生方はいつもよくしてくださいます。

『子ども達のこれから』を真剣に考えるのなら、
違う立場でも受け入れてくださる器の広さ・・・。

高嶋先生は、先日テレビで国分太一君が
お箸の持ち方を直していった番組で
ご指導なさった先生ですよ。

見た方はいらっしゃいますか?
国分太一君は左利きで、しかも
持ち方がとても変だったので印象深い方でしたが、
先生のご指導でかなり上手になったのでした。

脱線しますが、料理番組『男子ご飯』は大好きなので、
国分君の手元が美しくなるというのは
私にもうれしいことでして・・・。


『お箸とえんぴつの持ち方』はどんぐりひろばでも重視しているので、
どうしても直接ご指導いただきたかったのですが、この日、叶いました。

まずは、お世話いただいた学力研の先生方に感謝したいと思います。
ありがとうございました。

それから私などは教わる立場でしたのに、
「学びに来てくれてありがとう。」と言ってくださいました。
感激して、もったいなくて涙が出ました。

前にも記事にしましたが、私は左利きです。
いろんなことを右手に矯正しました。
(このことを「矯正」と呼ぶのはやめませんか、
と前に言いましたがね。)

でも、どうしても箸だけは右ではできませんでした。

それで、左ならば、右利きの人よりも
きれいにちゃんと持とう、と心がけてきました。

鉛筆は文字は右(左でも書けます。)絵は左。
いったいどういう配線なんだか。042.gif
持ち方は、自分で見ても左の方がきれい。

そんな私は何か、しっくり来ない何かを感じて生きてきました。

先生のお話と実技指導をいただき、
力の「抜き方」を知り、「抜け具合」を初めて体感しました。

お箸が右手でも持てるかも!

点と点が線につながったような、
ぱあっと視界が開けたというか、
開眼したというか、
ある種の興奮状態となりました。

高嶋先生も『お箸とえんぴつの正しい持ち方』は
『一生の宝物』とおっしゃいました。

「もちろんそうね」くらいの気持ちで行ったはずでしたが、
ずっと右手が使いづらかった理由が自分でわかって
それは私がいただいた遅ればせながらの『一生の宝物』かもしれません。

ありがたいありがたいと思って電車に乗り、飛行機に乗り、帰宅し、
そして一日経っても、ありがたい気持ちでいます。

b0177103_2094036.jpg

それは、明日からの教室の方への指導レベルをさらにアップできるからでしょう。

この項、しばらく続きます。


お帰り前に ポチッとまだの方はどうぞよろしく060.gif
にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ

by dongurihiroba | 2010-05-31 20:13 | おはし・えんぴつ